ここから本文です
  • <<
  • 622 603
  • >>
  • 622(最新)

    iig***** 10月21日 09:11

    >>612

    > >イチローはやはり“個人記録の男”
    > >いかに達人でもこれではリーグ優勝=ワールドシリーズ出場はムリ
    > >“個人記録の男”に“個人タイトルと無縁の偉大な主将”はどんな言葉をかけるのか
    > >オールスターでは全アの1,2番コンビを何度も組み、
    > >アの連勝記録に貢献(イチローがスタメン出場したオールスターでは全アが全勝)した間柄のジーターだからこそ、
    > >言わねばならない事がある筈だ
    > 少なくとも「何も言わずに期限切れで自動的にFA」というのは酷いから、ジーターはきちんとイチローと面談して口頭で伝えるべき

    …私がジーターの立場ならイチローとサシで面談して、「ヒデキ・マツイは2度リーグ優勝し1度はワールドチャンピオンにもなった。ユーとどこが違うと思う?」を質問し、イチローが正確に返答するのを確認した上で、「ならば契約オプション行使の条件は一つだ。全てチームの勝利のために、ユーの仕事は“走者を進塁させる事”だ。呑めるか?」と問う。イエスなら契約を延長する。おそらくそんなやり取りができる人間はジーター以外にいないだろう。

     マイアミマーリンズがイチローブラックホールを浄化できる球団となりうるか、はジーターのフロント側としての判断にかかっている。ムリなら「サンキュー、グッドラック」で別れを告げるべし。

  • >>605

    ↑これなど全文が記事の引用でイチロー自身の発言の掲載に過ぎないのに「そう思わない」に15匹。

    イチ信者蛾は字が読めないから昆虫脳なのである。

  • >>601

    > >野球が解らない奴がイチロー信者になっている事実ほど滑稽で悲惨な事はない
    > >結局、これに尽きるんだよな
    > しかも自分でそこをこれでもかと晒し回るし

    …批判が的を射ているからこそ野球音痴のイチ信者が「そう思わない」にたかる。群れる事で安心する。まさに“蛾”だ。

  • >>603

    >もし私がジーターに指名されて「イチローと選手契約を延長した来季のマーリンズの監督をやる」ならば、来季のイチローの起用法は次の3つで徹底する

    > 1.代打イチローは「得点圏(2塁か3塁)に走者がいる時」にしか使わない

    ↑イチローの安打を全て得点に繋げると共に、走者を進塁させる責任を第一にさせるためだ。

    > 2.スタメンで「無死か1死で1塁にだけ走者がいる時」にイチローが打席に入ったらバントのサインを出す

    ↑走者を進塁させる責任を第一にさせると共に、まだ並の選手よりずっと速い走力を活かして敵内野陣を揺さぶるためだ(失策や内野安打も大いに期待できる)。

    > 3.僅差で逃げ切りを図る試合では最終回の守備固め、大差で投手陣を休ませたい試合では敗戦処理投手としてイチローを出場させる

    ↑守備では敵打者の安打性打球をアウトにし、敵走者の進塁を阻みチームの勝利に貢献させると共に、捨てゲームでは味方投手陣の消耗を軽減する間接支援をさせるためだ。

    >野球を解っている者ならこれが「偉大なレジェンドだからこそ、勝利のための駒として最大限活用する」手法だと思うだろう
    >「そう思わない」のが野球音痴なのさ

    …イチ信者は野球音痴ばっかしだから“勝利のための駒”の意味が解らない┐( ̄ヘ ̄)┌。24匹もいやがる。

  • >>617

    何人でもいいだろ(笑)
    くだらないことにこだわるね。
    ってお前も日本人メジャリーガーしか知らんやん( ̄▽ ̄)。

  • >>613

    > なるほど野球音痴が16人ね

    …24人に増えたからといって野球音痴は一緒だ。百人超えたって同じ事である(-.-)。

  • >>612

    どうしてイチローだけ応援しないの?
    やっぱりWBCでの韓国への発言が引っかかるの?

  • >>610

    >イチローはやはり“個人記録の男”
    >いかに達人でもこれではリーグ優勝=ワールドシリーズ出場はムリ
    >“個人記録の男”に“個人タイトルと無縁の偉大な主将”はどんな言葉をかけるのか
    >オールスターでは全アの1,2番コンビを何度も組み、
    >アの連勝記録に貢献(イチローがスタメン出場したオールスターでは全アが全勝)した間柄のジーターだからこそ、
    >言わねばならない事がある筈だ

    …今はポストシーズン中だから静かにしているとしても、少なくとも「何も言わずに期限切れで自動的にFA」というのは酷いから、ジーターはきちんとイチローと面談して口頭で伝えるべき。そこだけは確かだ。

  • >>606

    >確かにイチローはイチロー。やはり“個人記録の男”
    >いかに達人でもこれではリーグ優勝=ワールドシリーズ出場はムリ

    …その“個人記録の男”に“個人タイトルと無縁の偉大な主将”はどんな言葉をかけるのか。オールスターでは全アの1,2番コンビをなんども組み、アの連勝記録に貢献(イチローがスタメン出場したオールスターでは全アが全勝)した間柄のジーターだからこそ、言わねばならない事がある筈だ。

  • >>1

    イチローブラックホールを浄化するチームはあるのか?あるよ!強いチーム!

  • >>603

    ぶっちゃけイチローの批判ばかりする人ってWBCでのイチローの韓国に向けての発言を根に持ってますよ(笑)
    ってことはやっぱり‥おっと誰か来たようだ( ̄▽ ̄)。

  • >>578

    >ジーターが万一契約オプションを行使してイチローと選手契約を延長する気なら、面談でイチローが一番嫌がる質問をすべき
    >「ユーはリーグ優勝経験がない。ヒデキ・マツイは2度リーグ優勝してワールドチャンピオンにもなった。ユーとヒデキの違いは、どこにあると思う?」

    …松井秀喜はメジャー1年目の2003年、本塁打は16本止まりだったが「走者を置いた打席で走者を進塁させる結果」をなんと50%以上の確率で残している。そこを当時のヤンキース背番号51バーニー・ウィリアムスは凄く高く評価していたのである。

     この話をイチ信者は忌み嫌うのだ。野球音痴だからな。

  • >>605

    >それでも転機は6月8日からのピッツバーグでの4連戦で3安打1本塁打
    >レギュラー時代でも1カ月100打席はかかった微調整を80打席ほどで終え形にした
    >後半戦の打率は.299。代打では打率.273。1日1打席でもイチローはイチローだった
    >「通常の状態になるまで2カ月以上かかりましたから。6月のピッツバーグからです。1日1回だけですから。それも仕方ないですよね。それで見つけられなかったら、どうしようもない。それを今回も見つけましたから。今の自分は嫌いじゃないです」
    >メジャー歴代22位の3080安打。日米通算世界歴代最多4358安打を放つプロ生活26年目の43歳が
    >「今の自分は嫌いじゃないです」
    >経験、年齢、成績を積み重ねても終わりがないのがアスリートの世界。50歳までの現役を目指すイチローは今季をこう総括した
    >「代打でのヒットの数、その記録と遭遇するとは思っていなかったからね。その数字自体も関心のあったものではなかったし。ただ、やっていれば、こういうものに出会う、そういうシーズンではあった。長いことやっていることはそれなりに意義があると思いましたね。新しいチャレンジ。確実にそうでしたから」
    >22日で44歳。来季へ向けたイチローの準備が始まる
    >(「イチ流に触れて」笹田幸嗣 = 文)

    …なるほど確かにイチローはイチローだ。やはり“個人記録の男”なのだ(-.-)。いかに達人でもこれではリーグ優勝=ワールドシリーズ出場はムリだ。

  • >イチローが今季探した代打の奥義
    >10月1日、2017年シーズン最終打席はシーズン最多代打安打記録28をかける1打席となった
    >持てる技を駆使し懸命にバットを振り勝負に臨んだ。27歳救援右腕ダン・ウインクラーに2球で追い込まれたが、ボールを2球見極めカウント2-2から見応えのある勝負が始まった。145km超カットボールに合わせながら130kmスライダーと150km直球に対応する技を見せ、内角球は右方向へ、外角球は左方向へファールで粘ること4球
    >打席内でクールに振る舞うイチローが必死にボールに食らいつく姿を見せていた
    >9球目は内角に大きく外れフルカウント。10球目。外より93マイル(約150km)直球に少しだけ遅れ左邪飛。シーズン最終戦でメジャー記録をかけて挑んだ1打席10球の攻防。結果とは別のプライドをイチローは示した

    >「これまでいろんな場面を体験して、それを乗り越えたり、乗り越えられなかったり、様々でしたけど、そうやって得た自信を自分の中であらためて思い描いて、それを支えとして立った打席ですね。やられましたけど」
    >常に頂点を目指して切磋琢磨してきたイチローには、95年にロッキーズに在籍したジョン・バンダーウォルが記録した28本に1本及ばなかったことが悔しかった
    >「2位じゃダメなんですよね。By蓮舫(民進党前代表)ですね。うん。2位じゃ忘れられちゃう」

    >メジャー17年目シーズンは136試合出場196打数50安打3本塁打20打点、打率.255。出場、安打ともに最小の数字に終わった
    >平均年齢26歳のスタントン、イエリチ、オズナの3人に怪我もなければ先発が少なくなるのはシーズン前から想定内だったが、先発出場わずか22試合の少なさは想定外だった
    >16年の62試合にも遠く及ばず来る日も来る日も代打稼業が続いた
    >打撃は足し算と考えるイチローにとって1日1打席は「リセットの連続」であり、打席数を積み重ねることで研ぎ澄まされていく打撃感覚を構築できずに苦しんだ
    >5月終了時点での打率は.176。代打の難しさを痛感していた
    >「何かを悟ることはないですね。毎日レギュラーで出ていれば打撃だけは簡単になる。打つことは簡単になる瞬間があるんですよ。代打ではそれは絶対にないですね。これだけ長い歴史があっても28本という数字にそれが集約されていると思うんですよね」

  • >>603

    > 前田健太、好救援で評価上昇
    > 10/11(水) 16:16配信
    > 地区シリーズで救援で起用され快投を見せた前田健太投手。2試合連続で無安打無失点で切り抜けた投球により評価が高まりを見せている
    > レギュラーシーズンで25試合に先発登板した前田は2年連続2桁13勝(6敗)を記録
    > 4試合で救援登板も経験し、デーブ・ロバーツ監督はポストシーズンで救援起用する方針を固めた
    > 終盤から中継ぎでの登板をテストし迎えた地区シリーズ第2戦で1点リードの5回1死から1回を無安打無失点2奪三振と好投すると勝利投手
    > 第3戦では2点リードの8回にセットアッパーを担い1回を無安打無失点2奪三振と快投
    > 安定感抜群の投球で守護神ジャンセンへとつなぎ、キャリア初のホールドをマーク

    > 「もうだいぶ慣れてきましたし、スイッチは入りました」
    > 「今はポストシーズンということで、とにかくチームの勝利に貢献したいという思いが強いので、そういう意味で、こうやって勝ち試合に投げさせてもらってチームに貢献できたということは、選手としてすごくうれしい」

    > 「ESPN LosAngeles」のラジオ番組「MASON AND IRELAND」では今後も前田を「勝利の方程式」として起用すべきとの声が上がった
    > スポーツキャスターのジョーン・アイアランド氏
    > 「ケンタ・マエダがあんなに激しく投球したのを見たことがあるか? 相手の選手をアウトに仕留めた時、感情をあらわにしていた」
    > スポーツキャスターのスティーブ・メイソン氏
    > 「彼はクローザーのような立ち振る舞いだったね」

    > アイアランド氏
    > 「ドジャースは次のシリーズで彼をどのように使えるかが分かったと思う。先発が6回まで投げ、ダルビッシュは素晴らしかった。そこからマエダを7回、もしくは8回に投げさせる。そしてマエダと誰かをプラスして継投していく」
    > メイソン氏
    > 「マエダ、モロー、ケンリー(ジャンセン)でいくだろう。昨日はモロー、マエダの順で登板させたのは、モローの起用により自信があったからだろう。よりタフな状況で投げてきたから」
    > アイアランド氏
    > 「マエダの活躍を見てごらんよ。彼がどれだけ素晴らしかったことか」

    > リーグ優勝決定シリーズで前田はどのような場面で投入されるか。地元メディアからも快投に大きな期待が寄せられている

    …祝(^^)。

  • >>590

    >もし私がジーターに指名されて「イチローと選手契約を延長した来季のマーリンズの監督をやる」ならば、来季のイチローの起用法は次の3つで徹底する
    > 1.代打イチローは「得点圏(2塁か3塁)に走者がいる時」にしか使わない
    > 2.スタメンで「無死か1死で1塁にだけ走者がいる時」にイチローが打席に入ったらバントのサインを出す
    > 3.僅差で逃げ切りを図る試合では最終回の守備固め、大差で投手陣を休ませたい試合では敗戦処理投手としてイチローを出場させる

    …野球を解っている者ならこれが「偉大なレジェンドだからこそ、勝利のための駒として最大限活用する」手法だと思うだろう。「そう思わない」のが野球音痴なのさ。

  • <<
  • 622 603
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン