ここから本文です

マー君

  • 527
  • 1
  • 2017/11/14 22:46
  • rss
  • <<
  • 527 508
  • >>
  • 527(最新)

    kur***** 11月14日 22:46

    >>526

    ロスチャイルドコーチ続投だそうです。私としてはなんだか少しホッとしてます。

    考えてみると、今季のヤンキースの投手陣は中々良かったのかなと思います。

    >大谷が二刀流振りかざしてメジャーへ殴り込んでくるようですが(^^)、来年はまだvs田中は早いかもですね。

    でも、今季のようにボールの仕様が不規則だと投手不利という問題が心配。

    マー君の宝刀スプリットが健在であれば、大谷など木っ端微塵に粉砕‥の筈^^;

    楽しみだー♬

  • >>525

    …元インディアンス、マリナーズ監督だったエリック・ウェッジもヤンキースの面接を受けたそうで。

     大谷が二刀流振りかざしてメジャーへ殴り込んでくるようですが(^^)、来年はまだvs田中は早いかもですね。

  • >>524

    >来季のボスはだれになるのか、興味深いですね。

    先ずは、トムソン氏と面談開始とあります。ジラルディの監督代行の経験があるそうです。

    話は変わりますが、今季NPBからMLB挑戦する日本人選手が結構いますね。と、なると、MLB監督もある程度日本語ができると良いかなと思います。当然、マー君にとっても。

  • >>523

    > マー君はボロクソに言われるのが似合ってるのかも^^;
    > 吠えろ、ブルドック!

    …反骨心がパワーの源であるなら、そうなのでしょうね。ゴチャゴチャ言う奴を力=結果で黙らせる、のもプロの醍醐味だそうですからね。

     来季のボスはだれになるのか、興味深いですね。

  • 余談ですが

    マー君はボロクソに言われるのが似合ってるのかも^^;

    同情など一切無し!

    吠えろ、ブルドック!

    来季も楽しみだー!

  • >>521

    …まぁメジャーは監督になるまでに長い長い下積みを求めますから、日本みたく往年のスター選手が引退後すぐ監督に、はありえないでしょうけど、松井秀喜の場合は将来コーチや監督になりたいのかどうか、今一つ不鮮明なんですよねぇ。

  • >>520

    >日本人投手を知る面々ならいいかもですね。

    個人的には、今までのマー君の事を考えると、賛成ですね。

    その他、内部昇格とか、あっと驚く松井秀喜氏とか^ ^

  • >>518

    >あとは監督ですか?

    …ヒルマン、ファレル、マッティッグリー、と日本人投手を知る面々ならいいかもですね。

  • >田中将大、ヤンキース残留を発表 契約破棄の権利行使せず「世界一を目指す」
    >田中将大は3日(日本時間4日)、契約を破棄してフリーエージェント(FA)となれる「オプトアウト」の権利を行使しないと球団を通じて声明を発表した。来季以降もヤンキースでプレーすることが決まった
    >2014年にポスティングシステム(入札制度)を利用してヤンキース移籍。7年総額1億5500万ドル(約176億8000万円)の大型契約を結んだが、4年目終了時点で契約を破棄してFAになれる「オプトアウト」の権利が盛り込まれていた

    >権利を行使するか否かはワールドシリーズ終了から3日以内に決めなければいけなかったため去就に大きな注目が集まっていたが、ヤンキース残留を選択。ヤンキースとは3年6700万ドル(約76億4000万円)の契約を残している

    >田中は球団を通じて以下の声明を発表
    >「この度、ヤンキースの一員として今後もチームに残る決断をさせて頂きました。この4年間、選手としてヤンキースという球団、並びにヤンキース・ファンのためにプレーできたことを心より嬉しく思っております。ですので、ヤンキースに残るという決断は私にとって決して難しいものではありませんでした。今後も、スタインブレナー一家、球団、そしてヤンキース・ファンのために、素晴らしいチームメートと共にワールドシリーズ制覇を目指して頑張っていきたいと思います」

    >今季は浮き沈みの激しいシーズンを送り、30試合登板で13勝12敗防御率4.74の成績だったが、ポストシーズンでは圧巻の活躍
    >3試合で2勝1敗防御率0.90とチームを牽引し、絶賛を浴びていた
    >メジャー4年間では通算105試合登板52勝28敗防御率3.56の成績を残している
    >(Full-Count編集部)

    …無能監督ジラルディがやっといなくなって、ヤンキースに腰を落ち着ける選択は悪くない。新監督が誰になっても、来季は少しマシなシーズンになると期待できるだろう。来年2月までしばしの休養と充電に充てて貰いたい。

  • よし、ヤンキース残留決めたか。

    さあ、これからは来期に向けて集中だな。

  • なんや。マー君、ヤンキース残留か
    なんかつまらんの

    次FAになる時は30超えてるから
    多少年俸が落ちても20代の今のうちに新しい長期契約を結び直した方が
    より安定した地位と、総年俸にすればより多く得られそうやのにね

  • >注目浴びる田中将大の決断、契約破棄か残留か
    >11/3(金) 9:47配信 Full-Count
    >ワールドシリーズを終えたメジャーリーグではストーブリーグがスタート。現地メディアも報道が活発化する中、ニューヨークの地元メディアがヤンキースの決断が絡む今オフの注目の動きを特集。田中将大投手の動向を筆頭に挙げている
    >今月1日に29歳を迎えた右腕にとって今年は好不調の波が激しいシーズンとなった
    >開幕投手を務めたレイズ戦は3回途中7失点と炎上。その後も苦しむマウンドを経験したが、徐々に調子を上げ、結局30試合登板13勝12敗と4年連続2桁勝利
    >一方、勝率.520、防御率4.74は自己ワーストで目標としていた200イニングにも届かなかった
    >それでもポストシーズンに入ると強烈な輝きを放ち、リーグ優勝決定シリーズでは今季ワールドシリーズ覇者となったアストロズに7回3安打無失点と好投
    >プレーオフ3登板で計20イニングをわずか2失点、防御率0.90と勝負強さを発揮した

    >7年契約4年目を終えるタイミングでオプトアウト(契約破棄)行使が可能。評価を一気に高めた右腕の去就が大きな注目を浴びている
    >NY紙は田中のオプトアウトの話題を掲載
    >「プレーオフ前は球界の多くが、二流のシーズンを終えたタナカについて球団に留まるだろうと考えていた。素晴らしいポストシーズンの結果から彼は公開市場へとダイブするだろうか? 紙一重だろう」

    >地元メディア「ノースジャージー・コム」
    >「ステイかゴーか? ヤンキースのマサヒロ・タナカに決断の時が訪れる」
    >「契約延長は期待しないように」
    >「内情に詳しい関係者によると、田中は(契約延長の)シナリオ上にはなさそうだという」
    >「近年の傾向を考えると、タナカはオプトアウト条項を行使する方向に傾くだろう」

    >米メディア「ファンラグ・スポーツ」敏腕記者ジョン・ヘイマン氏
    >「レギュラーシーズンの大いなる結末と素晴らしいポストシーズンを受けて、大多数はマサヒロ・タナカが自身の契約をオプトアウトするだろうと見ている」

    >田中はワールドシリーズ終了から3日以内でオプトアウトの権利を行使するのかどうかを決めることになる
    >どのような決断を下すのか。その動向から目が離せない

    …ヤンキースの監督人事を確かめる時間はないようだ。権利行使もアリだろうね。

  • >>513

    ところでヤンキースの次期監督候補にはヒルマンやファレルやマッティングリーの名前が挙がっているとか。

    そういう面々なら、田中は残留して良しでしょう。

  • >バーランダーの発言の影響力は凄いな、と思いました。

    ホントですね。

    マー君は今季、いろんな事を学んだと言ってました。その中にはこう言った、いわゆるMLB事情というのも含まれているのかなと思いました。結局、どんなに状況が変わったとしても対応策を模索し生き残る他、道はないということじゃないでしょうかね。

    ボールが曲がらないなら曲がるようにフォームを研究する、それがダメなら速球系を工夫するなど。

    実際、今日の試合はロースコアでしたけど、投手陣はしのぎを削った本当に厳しい試合でした。どんな環境下でも選手達は勝たなければ意味は無いのですから。

    マエケンもピンチを凌いだとはいえ、危なかった。いっぱいいっぱいでしたけど、色々な事情を踏まえてるからこそ、ロバーツ監督は称えたんだろうと思いましたね。

    明日はダルビッシュ、恐らく、厳しい試合になるでしょうね。

    MLB事情、私も考えさせられました。

  • >>511

    >『ボールが滑る』は、流石になす術なしのような感じがします

    …投手は誰よりも長くボールに触りますからね。表面が酷いボールでは変化球が変化せずに棒球になってパッカーン、が繰り返されたらそりゃ投手は怒ります。こんなんで野球になるかよ!と。

     一方で打者側は散々オイシイ思いをしたでしょうから、選手会も投手組と野手組の間に隙間風が吹くかもしれませんねぇ。でも今日のワールドシリーズ第6戦はボールもまともだったようで、バーランダーの発言の影響力は凄いな、と思いました。

  • >>510

    >シリーズ終了後、選手会からコミッショナーに「とぼけるな調査しろ」と抗議が出るんじゃないでしょうか

    そうなれば、当然1個人では有りますが支持します。でも、なんだか泣き寝入りのような気がしますね。

    現実問題として、今季は以前から『ボールが飛ぶ』という噂がひろがり、投手は対応策として変化球の割合が多くなり、反対にバッターはすくい上げる打法が目立って来たと言われてました。投手としては、それでも何とか対応策を模索する道が残されていたように思えますが、『ボールが滑る』は、流石になす術なし、のような感じがします。

    たまたまなのなら良いのですが‥

  • >>509

    > 何ですか?このWSは?
    > ダルビッシュが打たれ、カーショウが打たれ、カイケルが打たれ、マエケンが打たれ、打たれないピッチャーなど、もはや存在しないではあ〜りませんか
    > なんなんでしょうね?

    …ボール飛び過ぎ滑り過ぎ、のようで。おそらく田中も「酷いよなぁこりゃ」と思っているかと。シリーズ終了後、選手会からコミッショナーに「とぼけるな調査しろ」と抗議が出るんじゃないでしょうか。

  • >来季の田中将にはそういう次元の高い課題が課される事になるでしょうね。

    来季が非常に楽しみです‥と、思いきや、
    何ですか?このWSは?

    ダルビッシュが打たれ、カーショウが打たれ、カイケルが打たれ、マエケンが打たれ、打たれないピッチャーなど、もはや存在しないではあ〜りませんか^^;

    なんなんでしょうね?

    まぁ、それでもお客さんは、最高に喜んでくれるから『良し』何でしょうけども。

    マー君、大丈夫かな?

  • > 敵チームは前半、マー君のスピリット対策で低めに手を出さない、後半はスライダー対策でステップによりプレート位置を変えてきた
    > これらは監督指示によるものではなく、個々の創意工夫によるものだろう
    > アストロズとのPS第1戦目、アルテューベによる盗塁がマー君の集中力を剥ぎ、コレアのタイムリーを引き出した
    > 全て直接監督指示とは思いませんが、そういったチームを作るのは監督ではないのかと

    …そういう戦術面の指示は打撃コーチやヘッドコーチ(ベンチコーチ)の役割でしょうね。エンゼルスのソーシアみたくやたら詳細な指示を自らやる監督もいますけど。

     相手チームのその日の戦術を見抜くのが捕手の才覚なら、それを聞いて最善の対応策を実践するのが超一流の投手だと思います。来季の田中将にはそういう次元の高い課題が課される事になるでしょうね。

  • <<
  • 527 508
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン