ここから本文です
  • <<
  • 1774 1750
  • >>
  • 1774(最新)

    Toratorausa 2月22日 10:00

    >>1773

    >良いシステムを悪用?

    Ouenさんも疑問符をつけておられるように、もともと「宇宙生命」探しという計画そのものが、どこまで真面目(もちろんNASAは、真面目ですが)なのか、50%遊びといってもよいでしょう。

    マイニングに重要なのはコンピュータの冷却ですが、これは気温が低い方が有利で、緯度の高い土地、ヨーロッパならアインスランドは非常に盛んだそうです。

    そして、今年のアイスランド一国のマイニングによる電力総量は、アイスランド全体の普通の電力消費を上回るとのことです。

  • >>1772

    良いシステムを悪用?しょうと。
    仮想通貨。国関係なしの、仮想通貨。
    信頼できるのかな? 
    いっぱいあるらしいけど。
    詐欺の匂いがプンプンします。
    あっしは〈紙〉で生きますw

  • >>1771

    Ouenさん、

    まだ、トラバクさんの興味深い「連載」が終わっていない模様だけれど、仮想通貨の「マイニング」が一見関係の乏しそうな「宇宙人探し計画」に影響を及ぼしています。

    そもそもこれはSETI(Search for extraterrestiral intelligence, 地球外知性体探査)といってNASAなども協賛する、列記とした世界レヴェルでの計画です。端折ると、中心となるグループは、高性能のコンピュータを24時間稼働して、いつ来るかわからない地球外からの通信をキャッチするわけですが、それの支援体制として、世界中のコンピュータユーザーが、PCを使っていないとき、バックグランドで、宇宙外からの通信を解析するためにCPUを貸すという仕組みで、25年ほど前、インターネットが発足したころから細々と続いています。草創のころ、私も自分のPCを貸していました。

    それが、最近の仮想通貨のマイニングの狂騒状態でいろいろと支障をきたしているというものです。

    ttp://japanese.engadget.com/2018/02/15/gpu-seti/

    もともとSETI時代が少し世離れしていて、仮想通貨のマイニングとどっこいだという意見を感じる人が多くても不思議はないのですが・・・

  • >>1770

    ハムちゃんのマイニング、
    生きるため頑張ってますね。微笑ましい。

    あっちのマイニング、欲得で
    どうも、微笑ましくないw

    こちらは、おはようございます。です。

  • >>1769

    >あ、やんちゃなハム元気ですか?
    また、けったいなことしてませんか?w

    これは、元祖サイトの話題ですね(笑)。

    満一歳になりました。
    一代目と同じことをするようになりました。

    餌を巣に運んで、外にでて、巣を外から持ち上げて、隅に隠した餌を全部餌袋に収めて、ホクホクと中にもどって、貯蔵。

    それをまた外に出て「マイニング(発掘)」、これを何時間も繰り返しています。

    ビットコインのマイニングは、高速高性能のPCを24時間365日稼働させ続けなければならないようで、電気代やPCのグレイドアップの投資額を取り戻すだけでも、大変時間の掛る作業のようです(序に、相当の頻度で、過熱したPCの部品が、ワヤになるようです)。

    興味のない第三者からみれば、ハムスターの「ご飯発掘無限ループ」と同じくらいコミカルなのかもしれませんね。

    巣を何度も持ち上げるのはかなりの労働なので、良い運動だと思っていますが、真夜中に「どっすんどっすん」とかなりの音で、2階の寝室からでも注意していると聞こえることがあります。

    確かにやんちゃな奴です。

    今、西へ向かう飛行機の中です。
    日本は深夜ですね。
    おやすみなさい。

  • >>1768

    ま、そもそも投資する元手がないのでw
    浮かれ、踊りようがありません。

    あんなもん小豆相場や。と、
    年上の居酒屋の店主が言うてました。
    投機対象なら、定着できんと思います。

    あ、やんちゃなハム元気ですか?
    また、けったいなことしてませんか?w

  • >でも、大丈夫なのかな?という不安

    もしビットコインをはじめとしてこれから出てくる仮想通貨について言っておられるなら、全く同意ですよ。
    現状を見ていると、一夜にして予想もつかない形で価値がゼロになってしまうことはこれからも起こるでしょう。

    貨幣システムは、一応「国家」に対する投資・投機みたいなものですね。
    まだ、安全・・というか、これがコケるときは、皆コケる。

    再び、時事話題のSupervolcanoの噴火(破局噴火)みたいなもので、現在の文明レヴェルでは、生き延びるすべがありません。

    そういうことが起こったら笑って死にましょう。

  • >>1766

    どうも、じわじわ分かりかけてきたかな?
    お二人さんにありがとうございます。
    うん、そうやな。そうやな。

    でも、大丈夫なのかな?という
    不安ありますけど。

  • >>1762

    また向こうで時間を潰してしまった

    ouenさんの好きな紙幣
    これ自体が既に仮想を押し付けられ洗脳されてるんだね

    大した価値もない紙切れに額面を印刷しただけのものを崇める
    果てはそれを入手するために人を殺したり騙したり

    よく金持ちの老夫婦が金庫泥に殺害されたりしている

    貨幣はその個人がそれだけの資産を持ってることの証明にしか過ぎない
    貨幣は証明書のようなもの
    つまり仮想通貨

    他の証明法があれば面倒な証明書なんてもって歩く必要はない
    金庫に蓄える必要もない

    古い時代にそれ以外の証明法がなかったからとられただけ

    人間そのものに記録されていたらその人間を殺しても金は奪えない
    騙しても同じ
    落してなくすこともない

    たまたま貨幣の時代に生まれて生涯かけて取り組んできたから貨幣を崇めてしまう
    遠い昔にPCがあればもっと違っていてそれをすんなりと受け入れていたはず

    ここらは野球の古いルールに縛られているのと同じ
    まあ自分の体験を通してしか見られないのは仕方がないけどね

    ただその枠から外れた一部がより合理性のあるやり方はないかと考える
    はみ出し者 天邪鬼 へそ曲がりだね

    個人が幾ら持っている
    幾ら使ったかかが分れば別に貨幣を受け渡す必要性はない

    カードや電子マネー・キャッシュカードなんてのはそれへの一歩

    俺は習慣で買い物はクレジットカード
    日本じゃマクドナルドでもようよう導入し始めた

    コンビニでお茶を買ってカードを出したら店員がカードですか?と聞いたことがある
    200円でも100人が使えば2万円
    一人で100本買うのに同じって原理が理解できないらしい

    現金ならポイントはつかないしね
    カードのポイントは結構たまる
    使えるところでは全てカードを使う

    見栄を張って年会費がいるようなのは使わない
    今はスーパーやスタンドなんかの割引もある
    利用価値の高いカードを少額で入手する
    カードと店独自のポイントが二重に付与されたりする

    悪名高い楽天カードもネットでは使用
    これは相当ポイントがたまる
    ポイントでかなり高額の買い物ができる
    利点はポイントで買い物してもポイントが付与されること
    電器屋なんかと違うところ
    でKindleでなくKobo利用

    ケチでも倹約家でもない
    どちらかというと高級品嗜好
    ただ々物に対して余分に支払う必要を感じないだけ
    脱線し過ぎたかな

  • 明日から出張、久しぶりにSan Diegoを訪れる。

    いつもあそこに行くと「帰ってきたなあ」と感じる不思議な場所。
    この国に来て最初に棲みついた場所だからなのだろう。

    日本に行っても、そうは感じなくなってしまった。

    今回は、ダウンタウンに滞在。
    ハーバーを散策するのも悪くない。

  • 独白・・・

    学校で銃乱射事件があった。
    しかも今回のものは、犯人が「ランダムな殺人」を意図したものらしい。
    一体この国はどうなっているのかと思う。

    普通の常識を持つ人と会話していると、「こういうことが起こるのも銃を野放しにしているから」という至極全うな意見に落ち着くのに、なぜか「こういうことが起こるから、身を守る必要がある」というところに世論が行ってしまう。

    もちろん、国防問題において、「完全に身を守るすべを放棄する」という姿勢は支持しないが、それは「攻撃武器の規制」が国の単位を超えるとコントロールしにくいという問題があるからで、国内で銃規制を強化することの実現可能性とは比べ物にならない話・・・・・・

    こんなことで命を失ってしまっては、本当に「すべがない」。
    気の毒すぎてかける言葉も出てこない。

  • >>1762

    問題を整理すると

    価値ってどこから来ているのか?誰が作るのか?
    ということですね。

    比較的最近(1970年代)まで、金という「貴金属」が価値の基本だったのが、現在そういう「絶対的価値」がなくなってしまった。
    そして、金融的価値は「国家」(いわゆる中央バンクですね)が主体になって作るものだった。

    そもそも、金の価値だって、金の埋蔵量が本当にどれだけあるのかわからないから根本の部分は「想像」だったわけですけれども。

    ダイアモンドなんか、価値を落とさないために、発掘量もコントロールされているし、人口ダイアモンドが、本物のように見えないように「制作技術」を敢えて低いレヴェルにとどめていますね。

    ビットコインは、「希少行為」(例えば、作物を作ったり、工作物を組み立てるというのも、特殊技能と労働を必要とするから、希少行為ですね。それができた作品の値段になるわけです。ビットコインの場合、トラバクさんが説明しているマイニング(発掘)という行為です」が価値を生み出すという発想にのっとって「トランズアクション(価値同士の交換)」に使える新しい手段が生まれたということになります。

    例えば働いて対価として、日本円を貰う。
    給料です。

    しかし、下(上?)に書いたようにそれも、日本国という組織が機能している限り有効な「決まり事」「仮想」に過ぎません。
    何かあったら、貨幣が価値を失って、取り付け騒ぎというのは、過去の日本でも起こったし、世界的に見れば日常茶飯に起こっていること。

    既に、経済の多くの部分は、「約束事」と「前提」と「仮想」に基づいて動いているということでしょう。

    そもそも、金融とか経済の仕組みは、国によっても随分違います。

    日本からUSに来たとき、何でも支払いに「個人振出小切手」を使うのを随分珍しく思いました。

    電気代、新聞代、なんでも月末に郵便で通知が来て、同封の返送封筒のなかに、金額を書き込み、サインした小切手を同封して送り返す。

    そのころ日本では、銀行直接振り出しが盛んになっていましたが、USの銀行はテクノロジー的には簡単にそれに移行できるのに、長らく小切手を使うのが主流でした。

    でも本質は、どちらも実際のお金のやり取り(トランズアクション)ではなく、数字が行ったり来たり。
    だから、敢えて振出振り込みにする必要がなかったとも言えます。

    今でもそうですよ。
    時々、振り戻しに小切手が来て、それを銀行のATMに持っていて、預金する。
    そして、小切手帳が、日本における通帳みたいなもの。
    すべての支払いの記録ですから。

    日本の普通の人が、「小切手」を毎日やり取りなんて想像もできないことだと思います。

    サイン一つ、そして金額を書き込めばそれが「貨幣」であるかのように流通する。
    口座を持つ銀行が発行する「信用」を基にした「仮想」のシステムですね。

  • >>1760

    う~ん。解説ありがとうございます。
    う~ん。ついていけそうにない。
    分かりやすく書いてくれたんでしょうが、
    難しいな。どうも。仮想通貨?の単語に
    ひっかかるのかな?
    豊田商事ではないんやろうけどw

  • >>1760

    次は投機としてのヴァーチャルカレンシーについて
    今日はここまで

  • >>1759

    子供向けになったついでに

    紙幣にしてもコインにしてもどこかの国が作る
    その国が価値を保障するが怪しいもの

    ギリシャ・キプロス
    97年隣国みたいなことがある
    ギリシャ・キプロスはユーロ圏だけどね

    中国人が人民元を信頼してないのは当然だろう
    国のトップも海外に不正に貯めこんだ資産を移している
    愛国なんて言いながら子女は海外留学や移住
    子女だけでなく嫁まで海外移住
    いつ地位が失墜するかも知れないから逃げ場確保と不正資産隠し
    ビットコインに飛び付く一般中国人の気持ちも分かるというもの

    そのビットコイン
    考え方としては作られたものでなく採掘するもの
    誰かが関与して印刷したり鋳造するものでなく金や銀のように元々眠ってるものという考え方

    採掘(マイン)採掘者(マイナー)なんて言葉が使われる
    採掘したものに褒賞として与えられる
    その採掘者の手を離れて流通する
    採掘以外では新しいビットコインは出てこない

    現在流通している貨幣に永遠に出入りを記載できると考える
    この金は〇〇さんが仕事をして△△商事から給与として受け取ったと記載する

    コンビニで買い物をして幾らか支払う
    そこでコンビニが受け取った貨幣には○○さんが△△商事から受け取った給与の中の800円と記載される
    コンビニがそれを釣り銭に出せば○○さんが△△商事から受け取った給与で買い物して支払った金を釣り銭にしたと記載する
    銀行に売り上げとして入金してもそれらには同様の記載がある

    その貨幣がどう動いたかの履歴が全て分る
    泥棒や拾った金は使えない
    盗まれても落としても大丈夫

    少し簡単にしたがこれがビットコインのブロックチェーン
    貨幣なら書けないがパソコンなら可能


    ビットコインの移動があれば銀行や国でなく世界中のノードに送信される
    それを受け取った者が検証を行う
    トランクザンクションだね

    このトランクザンクションを一番速く正確になしたものを発掘者と認定してビットコインが与えられる
    これがマインでありマイナー

    ただ金銀と同じで無限ではない
    総量は決められている
    それがないとインフレになってしまうからね
    この褒賞も時期で半減したりする

    トランクザンクションによってどう動いてきたものかが分る
    盗んだり拾ったりできない
    不正に取得したものは検証で判明してしまう

  • >>1749

    >もうね、米と大根とか物々交換の世に
    戻らないかなw解りやすいし

    分りにくく混乱を起こすんじゃないかな

    寿命も30年に戻るよ
    漁師が陸の作物を食ったり山の狩猟物を食える
    漁師が逆に魚やコメ・野菜を食える

    俗に言うところの医食同源
    それぞれの食い物にはそれぞれの効用がある

    サプリメントを多用している俺が言うのもおかしいけどね
    サプリメントも取れないものや足りないものを補うものだからね

    自給自足なら交換は成り立たない
    だから生産性を上げる
    剰余ができて交換に回せる

    生産効率を上げるために鍛冶屋なんかの工業者が必要になる
    工業者は狩猟や農業・漁業はしないがそれを手助けする
    生産性が向上すれば工業者にも剰余を交換に与えることができる

    漁師が猟師に収穫を自分で交換に行くのは非効率
    その間作業が止まってしまう
    農業者も同じ
    代わりに運んだり取引するものが必要
    商業者が流通を助ける
    これも食い物生産に直接関わっていないが生産性の寄与して作業と剰余を交換する

    一人で釣りや農業をして交換に行ってたら大変だ
    生産性は上がらないで自分で食うだけで一杯
    物々交換に回せる剰余なんて到底できない

    なんて
    子供に教える自給自足時代から現代だね

    貨幣も金や銀なんて取り扱いが不便
    どこかの島にあるような人間の背丈以上もある石の貨幣も持ち運びが大変

    ようは何かを収入を得るようなことをして幾らか持ってることが証明できれば済む話
    紙幣だって必要としないはず

    もちろん財布はオシャレや見栄以外は必要としない

    要は幾ら持ってるからそこから取ってくれで済むんだね
    ただ昔はそれの証明ができなかったから金銀銅銭や石の貨幣が必要だっただけ

    仕事をしてその対価があることを証明する
    そこからコンビニや本屋なんかに相当額の数字だけを移動させる
    これでいいんだね
    持ち歩かなきゃ落とさないし支払い間違いなんかもない

    クレジットカードや電子マネーなんかもこういう考え方
    ただ取り扱い会社の利益が掛かってるからカードを持ち歩かなきゃならない

    これが会社や国家の管理を離れることができたら
    コンビニで商品と本人がゲートを抜けるだけで決済が終わる
    スーパーなんかでもレジに並ばなくても商品と本人がゲートを通るだけで決済できる

  • > 兌換性が廃止されて以降

    書いた後でこの部分がずっと気になっていたので・・・

    廃止じゃないね。
    「崩壊」だね。

    もともと、この世にある「富」を数量化するということ自体が不可能なこと (金の方が価値があるか銀の方が価値があるかで、世界経済が動いていた時代もあった、そして「鎖国」していたはずの日本がそのプレイヤーの一人だったということ自体は面白い)。

    その歪みが、崩壊を生み、以来「金融的価値」というものは完全に空想の領域になってしまったというのが個人的な見解。

    WWII中、日本軍は「軍票」という軍隊の中でしか通用しない「紙幣」を使っていた。困ったことに現地から物を買う時、これで買っていたらしい。
    もちろん、日本が敗戦した瞬間、これは紙くずと化してしまった。

    そのあと、日本国内で円の切り替えという作業で、古い「価値」をご破算にするということもしている(実際はもっと複雑だか敢えて簡便化するためにこう書く)。
    国の発行する「通貨」だってこんなもの。
    日本という国が世界から信用を失えば、紙切れ。

    前に書いたけれど、9条を今のまま運営して(外には通じない内輪の言い訳のまま)、一朝時もし仮に「敵対側」に立っているとすれば、「日本は政府を持たないテロ国家(自国の最高裁(国民の判断を代表するはず)が合憲という判断を下せない軍隊を使用するのが、正式な政府の行動とはいえない)」という宣伝を世界に向けて行う。

    で、もし仮にそれが世界の多くの国に受け入れられたら(今の世界情勢なら有得なくとも、将来は判らない)、日本の「富」は瞬時にしてゼロ。

    そうすれば武器調達も食料調達も、自国だけでするしかなくなり、本腰を入れて戦う前に自滅。

    まあこういうことにならないように、国家を運営してゆかなければならない。
    同時に、火遊びで「軍事力」を使った歴史(ノモンハン、満州)を繰り返してはならない。
    その「隙間」は非常に狭い。

    歴史は、「力を持った」国が、多くの場合それを濫用することで滅びたことを証明しているから。

  • >>1749

    前にレスしたんだけどね
    何故か消えてしまっている

    禁止用語でもあったかな
    予告編みたいなもので中味は書いてないんだけどね

    今日は早く戻れたから続きをなんて考えていた
    向こうで物分かりの悪いのにかかずらってしまった

    お互いが他者のデータなのに勘違いしてるよう
    俺が間違ってると錯覚してるんだろうね
    もしどちらかが間違ってるとしても参考元の間違い

    そこらが理解できないんだろうね
    馬券を買って外れたら責任を取れと言ってるようなもの
    敗因はなんだなんて買ったものに絡んでるようなもの
    分るはずのないこと

    昔よくいた読売が強いなんて自分の手柄のように吹く奴と似ている
    嫌いなチームが勝って贔屓チームが負ければ悔しいが別に自分のせいではない

    代理戦争でもやってるような錯覚に陥ってるんだろうね
    どちらが正しくても参考にしたものが偉いわけではない

    どちらも間違ってないってこともある

    なんてここにたどり着いたらいつもヘトヘト

    >紙幣が仮想通貨になる。

    紙幣って既に仮想通貨なんだけどね
    紙切れに額面を書いただけのもの
    その紙切れ自体に金・銀・貴石のような希少価値があるわけじゃない

    と今回も前置きだけ
    ヘトヘト

  • >>1745

    愚者の独り言。

    ペイパーレスと仮想通貨、特にビットコインなどの暗号型とは、違った概念だと思いますよ。

    ペイパーレスそのものは現在でもデビットカードやオンライン決済で、紙幣貨幣に何週間も触れない生活がすでに現実化していると思います。
    少なくとも個人的に過去1か月以上、お金に手を触れていません(苦笑)。

    でもその前に、貨幣や紙幣の価値ってなんでしょうね?

    兌換性が廃止されて以降、あれは本当に紙切れ・金属片に過ぎません。
    それに発行主体(ふつうは各国政府ですね)が信用というお墨付きを与えているだけのこと。

    そもそも、現行の金融システムの本質そのものがすでに大部分仮想になっていると個人的には思っています。

    政府のようなものだけが価値を創造できるのか?
    価値をエンドユーザー同士で、一切の中間ステップを経ずしてやりとりできるのか?

    投機や投資面は一切興味ありませんが、ビットコインなどの理屈はとても面白いですね。

    別カテで書いたことですが、もしかすると、近い将来我々の脳機能をすべて電子回路に移植することが可能になるかもしれない。

    肉体の一部である脳が作り出した意識、それが肉体を離れて独立の存在となることで、例えば死すら超えた存在になりうる可能性。

    ビットコインなども、「価値というコンセプト」に破壊的革新をもたらす入り口かもしれませんね。

    個人的には物の値段や貨幣が必要で無くなる社会が来ることを期待していますが・・・・

  • <<
  • 1774 1750
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託