ここから本文です

タイガース覚え書

  • 8,529
  • 7
  • 2018/12/08 03:29
  • rss
  • <<
  • 8529 8510
  • >>
  • 8529(最新)

    mushaku 12月8日 03:29

    秋山が岩貞を始め、同じ世代の6人が中心にならなければ・・・なんてことを言うとります。

    秋山 91-4-26
    岩貞 91-9-05
    岩崎 91-6-19
    陽川 91-7-17
    梅野 91-6-17
    原口 92-3-03

    なるほど錚々たるメンバーだ。揃って27歳。原口は早生まれなのでまだ26歳。
    しかし、もう若手とは言えませんなあ。立派な中堅選手達だ。
    ほんまに各自、自覚をもって、チームを引っ張って行ってもらいたい。

    この下に糸原・中谷・江越、1年違いで高山・板山・坂本。
    さらに1年違いで、藤浪世代、藤浪・小野・北條・大山。

    この選手達、あと少し壁をぶち破ってくれたら、強いチームになるんだがなあ!

    さらにさらにこの下には青柳・才木・望月・高橋・浜地等
    期待の若手投手陣がずらり。
    野手では島田の打球が力強くなってます。

    今年入団の7選手 どれほどのものか? あれやこれやで、もう春季キャンプが待ち遠しい。

  • この時期、話題は補強と契約のことが中心。
    西の阪神入りが決まった。頑張ってや!
    ナバーロも、ドリスも再契約。

    藤川球児がええ事言うてます。
    「この3年間、(金本前監督の下で)やってきたと思うけど、他のチームからすれば誰がレギュラーになって出てきても関係のないこと。大事なのはもっと相手に怖いって思わせなければいけない。相手に強くならないと」

     続けて「例えば相手のショートと競うとか、そうやっていった方がチームは強くなる。自分のチームの庭のことばかりで、外が見えなくなって結局こういう順位になる。どんぐりの背比べみたいにしてほしくない。僕は常に(身内の選手より)相手の成績を意識していて負けたくないと思っていた。そこは年齢に関係なく(上を目指すためには)重要」

    全くその通り、内なる競争に明け暮れていると、どんどん視野が狭くなり、
    悪くすると足の引っ張り合いになる。ここら辺も意識改革が必要。
    超一流を目指せ!素質のある選手は多いよ!

  • 12/7 WL 西軍対日本社会人
    2-1 西軍久しぶりの勝利。2勝目
    何とも渋い勝ち方。

    藤谷 2-1 犠飛1 打点1 二塁打1
    犠飛で同点。決勝点は、8回無死、藤谷の二塁打から。いづれも得点に絡みました。


    毎回試合結果は追いかけていますが、阪神勢はパッとしませんなあ。
    いや、西軍があきまへん。ヒットは出るんだが得点できずが続いている。
    今年の、どこかの球団と似とります。

    先日は浜地の顔面を打球直撃、担架で運び出される事態。
    幸い打撲だけで済んだようでやれやれ。

    残り試合西軍の奮闘、阪神勢の活躍期待!

  • 続 OB 総会
    ーー同じく日刊スポーツ

    川藤OB会長が壇上でマイクを握り、声を大にした。視線の先には、揚塩球団社長がいた。
    「社長、焦らんでくださいよ! 金本(前監督)が3年かけてやってきた。若い芽も育ちつつある。よそのわけの分からん球団が補強しているが、今こそ腰をドシッと据えて、将来のタイガースの礎を、本当に強いタイガースを矢野監督の下で作ってください!」

    「育てて一人前にしないと意味がない。(若い)芽を摘むようなことはしてはいけない」。さらに、オリックスからFA宣言し、交渉を重ねている西については「プラスアルファで考えないと。まずは藤浪(の年齢)以下の投手を育てる方が大事」と説明した。

    「ファンあってのプロ野球。(ファンは)そんなに待ってくれない。1年、2年、よく待って3年。そこで『こいつだ!』というめどを立てないと。生え抜きのエースと4番を育てるということが基本。今更フロントが右往左往するんじゃない!」
    ・・・具体策の提示は何もないが、基本的な考え方には同意。

    先日のトラ番、矢野監督が登場。
    丸の巨人入りについて、「もう笑うしかない。笑うてまうでしょう。今のうちに笑うときましょ」
    「強い相手を倒すのはやりがいがある。今まで以上に知恵を使わなあかん」

    その意気やヨシ!頭脳勝負では絶対負けないだろう!負けたらあかん!

  • 矢野監督 OB総会出席

    阪神矢野監督は1日、OB総会の親睦会で先輩各氏から激励を受け、決意を新たにした。吉田義男氏や安藤統男氏ら元監督経験者から「思い切ってやれよ」と激励され、「すごくうれしかった」と笑顔。「昨日、今日できたチームじゃない。僕たちは歴史、伝統を背負っていかなアカン部分もある。歴史をつくってきたみなさんに喜んでもらえるように」と14年ぶりの優勝奪回に思いをはせた。
    壇上のあいさつでは「来年以降も球場、キャンプにOBの皆さんに来ていただいて、チームにも選手にもいろんな形でアドバイスしていただいて、皆さんの力を合わせて、強い阪神をつくっていけたら」とOBも一体となってチームを作る方針を明言。また、選手への技術的な助言についても「ある程度ウエルカム。そういう気持ちでいる」と歓迎の意向を示した。・・・by 日刊スポーツ

    今度はうるさいOBを取り込んだようです。なかなかであります。
    監督就任が決まって、すぐに野村前監督の自宅まで挨拶に行ったらしい。(野村本人談)
    「礼儀正しくて、素晴らしい」と褒められとります。
    気配りは万全。これでしばらくは足を引っ張られることもありますまい。

    ーー選手への技術的な助言についても「ある程度ウエルカム。そういう気持ちでいる」と歓迎の意向を示した。
    ・・・少し引っかかるが、上手くプラスにしていくでしょう。

  • ファン感
    阪神の映像に飢えている。詰まらんと思いながら、
    虎テレの配信を待ちわびて全部見てしまったではないか。
    それにしても寒い中、恐ろしく客が入っている。
    4万人超えているとか。有難いことでございます。
    徹夜組も居たそうだが、なんで?
    福袋目当てなんだって。あっという間に売り切れるらしい。
    中にはロサリオのものばかりだったと怒っている人もいたんだとか。
    いやいや、これからのロサリオの活躍次第だが、阪神不遇時代の貴重なグッズになるかも?

    ホームラン競争
    出場選手は、大山・江越・高山・原口・中谷と投手の藤浪
    藤浪だけが金属バット。上位2名が決勝進出。
    決勝に残ったのは大山と藤浪

    決勝では藤浪は木製バットで打席へ。
    「大山とは同級生なので、フェアーに」
    ー自信の現われなんでしょうか?
    「さあどうでしょう。勝ったらその時は4番代わってもらいます。」
    冗談が出るようになった。前にも触れたが、いい顔してますよ。
    一時の挑戦的な、ねめあげるような目つきが無くなりました。
    真っすぐ素直なまなざし。なかなか男前です。
    再度言いますが、来期は絶対活躍するでしょう。間違いない!


    大山が優勝。辛うじて4番を守りました。って、
    仲間内も大山4番を認めるようになってきたのかな?

  • 問題の打線

    期待の若手は揃ってきているが、軽く打っても、反対方向でも楽に飛ばせる、
    本当のホームランバッターは、まだ育っていない。

    特にキャンプの終盤、フリーバッティングで、外角を前足の膝を折り曲げて、
    反対方向に打つ練習をしていたのが印象的。
    高山は勿論だが、原口・中谷・大山や江越・隼太まで、ほぼ全員が、チャレンジしていた。
    何でもかんでも前足を突っぱねて引っ張るスタイルからかなり変わってきている。

    私も野球は少しかじった程度で技術的なことは詳しくないが、
    膝に余裕のないのが凄く気に成っていた。脆いのはその所為ではと思っていた。
    自発的?あるいは首脳陣からのアドバイス?
    前で捌く訓練のため? 
    良く分らんが、ミート力は間違いなく上がっている。
    何時か言っていたが、ホームランはヒットの延長と捉えているのかな?

    あれやこれや、1年間は監督の思うようにさせてみれば!
    当然問題点も出てくるだろう。上手くなければ、即修正を掛けると思う。

    勝ち負けは別にして、面白い野球が見られると思う。
    ペナント争いもいきなり優勝はきついかもしれないが、いい線行くと思うよ。

    時折妄想しとります。
    先発 一塁原口 捕手梅野 状況に応じて捕手と一塁が入れ替わる。
    (梅野の一塁守備は大変うまい)
    野村監督の時のように、あれは投手と一塁だったが、遠山・葛西、遠山・葛西の
    捕手版が見られるのでは?なんてことを楽しみにしている。

  • 矢野監督は状況対応型?

    金本監督は自分の決めるオーダーに理想とする選手の技量や役割を求めていたんでしょうなあ。
    そこに選手を当てはめようとして、いずれも期待外れ。それがとっかえひっかえの原因では?。
    誰かが機能型野球と言っておりましたが・・・。
    悪いことに、そのタイプではない選手を無理やり作り出そうとして失敗。

    矢野監督は状況対応型?
    今いる選手で取りうる最善策を講じようとしている。
    やりくり野球と言うか、かなり柔軟な考え方をしている。
    ホームランバッターが居なければそれに即した野球をやるだろう。
    無理に補強してまでとは思っていないのでは?

    就任直後、補強のことを訊ねられて、「特別お願いしていない」と答えたのは、
    今いる選手で十分戦えると踏んでの事だろう。
    だから監督も球団も何が何でもとは考えてはいないはず。

    投手は何人いてもいいと言われるが、その投手でも期待の若手がずらり。
    西なんかでも、来ればヨシぐらいに捉えているのでは?
    その余裕がいいと思うけどねえ。

  • 9回終了 2-0 西軍、やっと勝ちました。

    長坂 第4打席は遊ゴロ併殺打。4-0
    打つほうは冴えなかったが、今日は9回最後まで投手を上手くリード。
    0封に貢献。

    藤谷は3打席で下がりました。1試合1安打は出るかなあ、
    打ってほしいなあと思っていたが、甘くはない。

    やはり、最低1年はかかるんでしょうねえ。
    インタビューで「外角への変化球は見えません。全部振っちゃいます」
    と正直に述べていた。慣れだろうと思うが、変化球への対応がカギ。
    それでも、応援せずにはおれない。期待せずにはおれない。
    大器に育ってほしい。

  • 途中経過 6回終了 2-0 ウェスタンリード
    藤谷 三振 三ゴロ 三振
    長坂 三ゴロ 三ゴロ失 三振 打点1

    両選手ここまで安打なし。しっかりアピールしろよ!

  • 11/29  イースタン戦
    先発
    藤谷 7番サード
    長坂 8番捕手


    2回の裏無死満塁
    藤谷 三振。 
    長坂 三ゴロ 1打点


    う~~~ん 無死満塁 バッター藤谷!満塁ホームラン!!!!と言わせてくれえええ!!!

  • 11/28日のWL 結果 4-4 同点引き分け
    9回裏2死から追いつかれた。ウェスタンいまだ勝ち星なし。2敗2分け

    それこそ、勝敗など、どうでも良くて、ただ阪神の選手の活躍ぶりだけが気がかりなんだが、
    適当に勝ってもらわないと、負け癖が付いてしまいまっせ。
    大事な阪神のこれからのホープたちに勝ち癖付けてやって!

    今日はイースタンとの対戦。勝ちを意識した試合を!その中での若トラたちの活躍を見たい。
    たのんまっせ!関川はん!

  • 11/28 WL  韓国戦 途中経過
    7回終了 4-2 リード

    先発 浜地 5回 安打8 四死球0 三振4 失点・自責点2

    一寸打たれすぎ。よく2点で凌いだ感じ。四死球0が救い。
    まだボールになじまない?いい経験にはなっているでしょう。

    長坂 DHで先発 死球と三振 う~んパッとしないなあ。

    藤谷を出してくれぇ~~~~!って書いている間にPHで出てきたが凡退した模様。

  • >>8514

    浜地
    もともと石井の登板予定のところ、間違えて浜地にしたら修正できなくて、
    体調不良にして回避したとのこと。
    ええ加減やなあ!(笑)

    浜地は大丈夫とのことです。
    今日あたり登板するのかなあ?

  • >>8513

    こんばんは!
    こちらこそ、何時も選手への暖かい、時には熱いコメントを楽しませていただいております。
    この掲示板も残り1か月少々。せっかく知り合えた心ある方々とのお付き合い、
    何とか続けられないものか?思案中です。何かいいアイデアは無いものだろうか?

    ・・・・・・・・・・・・
    11/27 WL ウェスタン対日本社会人
    9-9 同点引き分け

    日職西軍先發投手:浜地真澄
    日職西軍投手因身體不適換投手:石井将希

    浜地が先発予定だったのが、体調不良で石井に代わったとのことなんだが、
    どうしたのか?また豆が潰れたのかねえ?
    急遽登板の石井、5回投げて5失点。かなり打ち込まれた模様。

    藤谷 三振、右飛、ライト方向へ2塁打? 代走送られて3-1
    長坂 途中出場 四球

  • >>8512

    ありがとうございます。

    私の阪神に対して、思いれの原点は、中学時代の同級生が阪神に入団したこともありますが、
    何といっても 安芸キャンプにあります。

    古くは江夏、掛布、鳥谷、星野監督、平田、今岡、浜中。
    最近は、 原口、陽川、才木、望月、高山、江越、守屋。

    それと、何といっても、阪神ファンとのふれあいです。
    ファンのマナーも、すっかり良くなりました。
    キャンプで感じることは、阪神の選手全員にそれぞれファンがついていることです。
    阪神ファンは最高です。

    矢野監督への思い入れも、全く同じです。
    選手時代家族一同好きで応援してたんですが、
    ある時、得体のしれない組織との関係を知った時から、 熱がいっぺんに冷めていました。

    しかし、今年のキャンプから 少しですが期待をするようになってます。
    練習をする選手とファンの垣根が、少なくなり、身近になってきました。

    野球に対する技術論は、全くの素人ですが、野球に対する取り組み、猛練習をする姿を見るのは、
    大好きです。 苦労した選手が 活躍すると有頂天になります。

    musyskuさんの情報やお話が まもなく聞けなくなると思うと、限りなく寂しいです。

    私は、musyakuさんの 追っかけです。

    とりとめのない話をして すみませんでした。

  • お気づきのように、今年の半ば辺りから、私はかなり矢野監督を買っております。

    現役時代の右打ちは大好きだったが、
    ベンチの中に入り、露骨な坂本びいきの発言や、
    現役時代の「必死のパッチは僕が言い出した言葉です。
    返してください!」と関本に投げかけたあほな発言。
    何より、バックに得体のしれない組織(この組織には個人的に過去嫌な思い出しかなかった)
    があるとの情報などから、あまりいいイメージは持っていなかった。

    二軍監督就任時から、次々打ち出される新機軸。あれ!これは思い込みとは違うようだと、
    一度心の中をフラットにしてみました。
    何をやっているのか?何を重要視して語っているのか?事実だけを見てきたつもり。

    贔屓のチーム、そのトップが容認できなければこんな不幸なことは無い。
    金本政権が続き、同じような方法論を取るなら暫くは阪神を離れようとも思っていた。
    幸い矢野監督には見どころが多々ありそうです。

    大所で容認できれば後は応援するのみ。

    シーズンが始まれば、采配的に拙い面も出てくるかもしれないが、
    ファン第一、選手目線 自分で考える野球 等々、今まで紹介されてきた考え方、
    これで戦ってくれたら、いい線行くと思っています。

  • >>8510

    新キャプテン糸原

    「矢野さんには“しっかり自分の事をやってくれれば良い”と言われているので、まずは自分のことを。そのなかで、チームが暗くなった時には盛り上げられるように、自分が率先して。プレーでも引っ張っていけたら、と思います」

    そう、それでええ!下手にまとめ上げようなんて考えんでもええ。
    フレッシュ賞を獲得したばかり。チーム内外、みんなが納得しての新キャプテン。
    何時でも明るさを発揮してくれるだけでええ。ええ経験にもなるやろし。

    矢野の持っていき方が慎重だったようで、
    福留・鳥谷から全面的にバックアップするとのコメント。外交辞令かもしれないが・・・。
    ご両人、糸原が困った時の相談相手はいいが、出しゃばらんように願いますよ!

    来期こそはファンも含めて、チーム一丸で戦ってほしい。

  • >>8509

    若返りを大義名分に、福留をキャプテンからは降ろした。
    次の段階はどうするか?徐々に先発を少なくして、代打専門に持っていくのか?
    どこもかも聖域はなし。総て競争と明言している以上、いきなりの代打専門は
    できない相談だろう。
    しかし、総合力云々は別にして、全力疾走が出来なくなったら、即先発を外し、代打へ。
    これがチームの為でもあり、福留の活かし方でもある。

    代わりはなんぼでも居ります。矢野はいやっちゅう程分かってます。

  • <<
  • 8529 8510
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!