ここから本文です

タイガース覚え書

  • 6,128
  • 7
  • 2017/11/24 01:10
  • rss
  • <<
  • 6128 6109
  • >>
  • こんばんは。初めてコメントさせていただきます。ずっと拝見はさせてもらっています。俺と思っている事が近いとも感じることが多く。楽しく拝見しています。
    どうしても気になって聞きたいのが原口の情報ですが、遅れていると書かれていますがもう少し具体的に聞きたいです。お願いいたします。

  • >>6126


    金本「北條・高山・原口 去年のキャンプでは状態は良かった。今年も春のキャンプは
       良かった。それが揃って急に悪くなった。何が変わったのか?
       多分、本人たちもよく分かっていないのではないか?」

    福本「ああでもない、こ~でもないと、ごじゃごじゃになったんやろうねえ」

    これも上手く伝わったか?
     
    すっとぼけてはいけない。彼ら達を指導していたのは片岡ではない。金本本人だ。
    くどいようだが、熱血指導で形にこだわらされた選手達が軒並みおかしくなったのだ。
    江越・横田・板山も入る。陽川は掛布が預かっていた。(一軍に上がったとき、
    どういう指導をされたかは不明だが)
    中谷はあまりいうことを聞いていなかった。
    時々金本がどついてやろうかと思っている。と冗談めかして述べている。

    江越については、連続本塁打を打った前後だったか?今二人で取り組んでいることが
    ありますので、と自分の指導を自慢していたのに、不調が長引くと、
    「江越には期待したが、だまされた」と公言している。

    さんざんやきもきしてきたが、キャンプ途中で、楽観的だが、少し変わってきたように思える。
    きっかけは多分廣戸さんとの出会い?
    廣戸理論が上手く当てはまるかどうかは別にして、人はそれぞれ違うんだということに
    気が付いてきたのかもしれない。
    肘がどうだ膝がどうだなどの、フォームチェックが影を潜めてきた。
    見張ってはいるが、口出しは我慢しているようだ。

    くれぐれも 人は一人一人全部違う。教えすぎるなよ!気付かせてやれ!

  • 福本ー金本 対談

    提灯持ちのアナが「桑原を見出されたのはどの辺を見て、抜擢されたのか?」
    と、さも2軍でくすぶっていた桑原の才能を開花させたのは金本だと言わんばかりの問。

    間違えとるよ!昨年桑原は2軍で絶対的な抑えのエース。
    他の中途半端な若手が一軍で試されている中、何故一度も一軍に上げなかったのか?
    何度も疑問を呈してきた。抜擢はむしろ遅すぎたんだ。
    若手優先の中、多分年齢的なものだったんだろう?

    金本がシャーシャーとさも自分の功績のようにしゃべるのを見て、
    なるほど世論と言うものはこのように形成されていくんだなあと、
    妙に納得もするが、このような言動に出くわすと、一言、言いたくなるのも事実。

    福本「広島の新井に打たれても、監督がこれからも使うていくぞと、言うたのが
       良かったんやない?いっぺん打たれたらすぐ落とされる世界で生きてきて、
       あの言葉で、落ち着いて出来るようになったんやない?」

    常々、解説の中で抜擢した野手にも、「しばらくは我慢してつこうてやらな!」
    と、とっかえひっかえに批判的だったが、金本にうまく伝わったか?

    「桒原のクセ球、150kを超えるカットボールはなかなか打てない、だからこれからも使っていくから、
    打たれたことは気にするなと言ったんですがね」
    と、まともに褒められたようにしか受け取っていないようだったが?

    トレーナーとしては優秀だと認めているが、これからは監督としても優秀になってもらいたい。
    頼むぜ!ほんまに!

  • >>6124

    安藤新コーチがいいこと言ってますねえ。
    Q:プロとして16年間やってこれた一番の理由は何だと思いますか?

    安藤:
    そうですね、プロ野球選手としてやっていくという強い覚悟を決めたことだと思います。僕はトヨタ自動車で社会人野球をやると決めてから腹はくくっていましたが、今から振り返るとその覚悟があったから、さまざまな野球人生のターニングポイントで、自分が後悔しないための決断を下せたんだと思います。自分はプロであるという強い意志を持つということは、どんな世界でも大切ですよね。何かあった時に、改めて覚悟を決めていく。その繰り返しが、いつしか僕の誇りにまでなっていました。

    Q: 現役生活を終えて、後輩たちにいま伝えたいことはありますか?

    安藤:
    偉そうなことはいえませんけど、やっぱりプロ野球選手としてグラウンドに立つと決めた以上、強い覚悟を持って日々の練習や試合に挑み続けてほしいですね。覚悟すればやらなきゃいけないって腹も据わりますから。成功する成功しない、一軍で活躍するとかそんなことは後回しにして、たとえ活躍できなくてもプロとして自分の野球人生をまっとうし、後悔のない現役生活を送ってほしいと思います。

    そうなんだ!周りは煽り立てるが、徒にライバルを意識しないで、
    プロとして、やるべきことをやればいいのだ!

    原口!梅野!がんばってくれええええ!

  • キャンプ中の坂本インタビュー

    インタビュアーは関本だったが、坂本は、なかなか研究熱心で弁が立つ。
    関本が、彼となら野球談議で徹夜しそうだと感想を述べたほど。
    怪我をして2軍で調整中に西岡にバッティングを見てもらっていたり、
    キャンプ後半に、居残り練習で平野が指導していたが、途中座り込んで、
    小1時間ほど熱心に語り合っていた。弁が立つから平野はやり込められるのでは?
    と思ってみていたが(笑)
    実際のプレーはさておき、いかにも野球IDが高そうな語り口。
    上司に好まれるのはこのあたりなのかなあ?

    拙いことに、紅白戦 2試合とも坂本捕手の白組の勝。
    勿論投手との兼ね合いもあるが、練習試合も捕手坂本で5回まで1失点。、
    梅野が3回で2失点。
    リードのことはよくわからないが、首脳陣の心証は坂本がやはりリード?

    金本監督は、キャンプ打ち上げの日の福本との対談で、
    原口の捕手は現状では無理と突き放している。

    福本が「谷繁が言うとったけど、2塁への送球はワンバンでも素早く投げてアウトにできたらええんとちゃうの?」
    と言っても現状は取り合うそぶりもない。

    原口・梅野 頑張ってくれ~~~!!!!!

  • キャンプ中の才木インタビュー

    才木株がうなぎ上りだが、来季の目標を訊ねられて、
    「ローテの5番目位には投げたい。最低5勝はあげたい。」
    インタビュアーが拍子抜けしていたが、なかなか堅実。
    徒に周りを刺激しないトークは、仲間内にも好感をもって受け止めてもらえるだろう。
    藤浪の後を追いかけていくのは才木だと勝手に未来のエースと折り紙をつけている。
    大きく育ってほしい。大きく育てろよ!

  • 柔軟身(にゅうなんしん)に柔軟心(にゅうなんしん)

    キャンプでのひとコマ。

    練習の合間に、江越の後ろから中谷が抱き付く、抱き付かれた江越も
    嬉しそう。北條が中谷にじゃれかかる。若手選手、対中谷とのスキンシップが目立つ。
    あけっぴろげの中谷、貴重な個性の持ち主。
    苦境の中でも深刻にならない、明るく柔軟で人懐っこい。
    黒沢の「七人の侍」の中で、千秋実が演じた林田平八を彷彿とさせる。
    映画の中では腕は中の下、中谷には、も少し腕を上げてもらいたいが・・・

    ホームラン30本打てるなどと、またプレッシャーをかけられているが、
    今年後半のうっとうしい顔は、中谷には似合わない。
    屈託のない笑顔で、常にチームを活性化させてほしい。

  • >実はこのキャンプ中に右肩痛に襲われていて、このオフは医者巡りになるとか。

    怪我の情報は、本来患者のプライヴァシーですから、信頼できる医療機関から簡単に漏洩されることはないはずです。

    私もウェブの記事で見て、気掛かりですが、見守るほかないようですね。

    肩関節や軟部組織の重大な損傷なら、手術と何か月もかけてのリハビリテイションになるから、「医者巡り」などというむしろ「軽い」発言は出てこないように思いますが・・・・と軽症であることを祈ります。

  • >>6119

    こんにちは!お忙しそうですねえ?

    こちらは飽きもせず秋季キャンプほぼ全日程を見終わりました。
    シーズン中の試合観戦よりも時間をとられました。

    これからしばらくはやっと仕事が出来そうです。
    阪神がオフの間に1年分働かねば!(笑)

    藤浪 来期、ダルやマー君並みに無双ぶりを発揮してくれるんではないかと、
       期待に胸膨らませていたのですが、
       今日、金村のラジオ番組で、いやなニュースを聞いてしまいました。
       実はこのキャンプ中に右肩痛に襲われていて、このオフは医者巡りになるとか。
       う~~~~ん!それで加減した投げ方だったのか?
       後になって、実は、の話が多すぎる。メディカルチェックはどうなってんだあ!
       まあ、ダルやマー君も故障を乗り越えてきているので、大丈夫と思いたいが、
       心身ともに万全にして、来季に備えてもらいたいと願うばかり。

  • >>6112

    「藤浪」

    持って生まれた才能では、NPB史上最上位に属する選手だと思います。
    どうやって活用するか、本人も含めてまだ判っていないのでしょうね。
    その才能を、フルに開花させる日が早く来て欲しいもの。

    古くは野茂、近年の田中、ダルヴィッシュらも、日本では無敵・無双の成績を残していますから。
    MLBに移籍するなら、やはりそれが最低限必要条件でしょう。

  • >>6117

    訂正
    記事をそのままコピーしたのだが
    これ間違えてますよね 「二皮ぐらい向けそう」
    剥けそうですよね。

  • 阪神・金本監督、大山に期待「二皮ぐらい向けそう」 秋季キャンプ打ち上げ

    目立った野手には中谷や大山らを挙げた。今季チームトップの20本塁打を放った中谷に「右方向に打つ時に下半身を使え始めた」と進歩を感じ取り、新人年で中軸を担った大山には「二皮ぐらい向けそうな気がする」と大きな期待感を口にした。・・・サンスポより

    大山は守備位置がどこであれ、何としても使う気満々。
    捕手もキャンプのありようを見ると、坂本第一で考えている節がある。

    陽川や原口には、まだまだ厳しい季節。
    組織の中では引いてくれる人間が必要なんだが、
    片岡や山田に期待したいと思っても、現状は厳しそうだ。
    認めさせるには自力で、打って打って打ちまくって、
    ファンに認めて貰い、無視できない状況をつくりあげる方が先決だ!
    糸原はかなり買われているが、陽川・原口、言うに及ばず、
    高山・江越・北條・梅野はこのオフも死ぬ気で鍛えるべし。

  • キャンプでの選手の鍛え方は、打撃技術指導を除けば、
    概ね大成功。現監督・コーチはトレーナーとしては優秀だと思う。

    打者への技術指導も、途中4スタンス理論の廣戸さんの講義あたりから
    変わってきたように思う。監督があまり出張ってこなくなった。

    秋元氏や廣戸氏招聘にみられるように、新しい理論や方法論を積極的に取り入れるのは、
    これからも大いにやって欲しい。
    ただその場合、指導者が先に学んでおく必要があるのじゃないか?
    現場で混乱を起こさせないためにも・・・・。

    北條や江越のコンパクトな打法への、新しい取り組みが上手くいきますように!
    個人的には今の取り組みの方が、方向性としては彼らには合っていると思うが????

  • 11/19 秋季キャンプ 最終日

    選手会副会長、梅野の一本締めで全日程終了。
    監督・コーチ、スタッフの皆さん、そして何より、最後まで頑張った選手の皆さん
    お疲れさまでした。

    途中離脱者は望月・小野の両投手。
    (小野は思ったより軽症で何よりでした。)
    野手は全員完走。去年から比べると一段と逞しくなりました。

    原口の捕手再挑戦、終盤になってからの、江越の両打ち挑戦
    大山の2塁(ショート)コンバート等、話題も豊富。
    キャンプ中の紅白試合や練習試合、昨年より活気のある、
    見ていても面白いキャンプだった。

    2月から始まる春の沖縄キャンプに参加できるよう、
    若手の選手諸君、オフの過ごし方に留意されたし。

  • 11/16 居残り練習
    二日前に戻る。

    原口は毎日居残りで捕球訓練。

    江越が右打席で新井良太コーチの指導を受けている。
       それもフォームをチェックしている。大丈夫なんかねえ?
       ひょっとして、観音打法は新井の指導?
       左にも挑戦。忙しいこっちゃ。

    北條 またもや平野コーチがぴったりと張り付いている。
       余程北條がお気に入りのようだ。
       この日は新しい取り組み。コンタクトの瞬間
       軸足(右足)を浮かせて、身体を前にスェイさせながら左足だけで
       踏ん張って打つ打法。確かに前で捉えられるように思うが、
       これって今までやってきたことと真逆なんじゃ?
       先日の金本の指導方針とまるっきり違う。
       平野に一任したのか?この辺の役割分担、指導方針のすり合わせは
       ちゃんとやっとるんだろうねえ?
       

    北條と江越は技術的に弄り回された。混乱をきたしてなければいいが・・・。
    もうこれ以上落ちようがないとの判断からの荒療治なんだろうか?


    秋季キャンプも残すところあと一日。それも明日は半ドン。
    とてもじゃないが固めるというところまではいかない。
    後は選手任せなのかねえ。

    本人たちが納得して、意欲的に取り組んでいるのならいいのだが。
    両コーチ、責任持てよ!選手の話も聴いてやれよ!

    いい加減、指導方針を固めてやってくれ!

  • >>6112

    秋山は意外に身体が硬い。

    見直したのは福永。固太りタイプながら身体は柔らかい。

    打者でも、投手でも怪我がしにくくて、運動能力に思いっきり関わってくる、
    身体の柔らかさは、それだけでも大変な特質だと思っている。

    昔は酢を飲めと言われたもんだが、今は、柔らかくさせる
    方法論は多分いろいろあるんでしょうねえ。
    イチローは柔軟性を保つべく、
    インナーマッスルばかり鍛えているらしいが。

  • あちこち録画を見て回っていたら、
    脳内時系列がぐじゃぐじゃになってしまった。(笑)

    18日午前 投手 ウオーミングアップ 柔軟体操

    藤浪 身体が柔らかくて動きが速い。他の練習を見ても、
       バネ・スタミナ申し分なし。身体が出来上がってきた感じ。
       嫌いと公言していた走り込みも積極的に取り組んでいる。
       足腰は相当鍛えられた模様。
       全体にバランスが計れてきたように思う。
       走りのプロ、秋元氏も「藤浪は陸上を目指していても、
       日本を代表する選手になっていただろう」と、絶賛。
       やはり、何もかも素材的には群を抜いている。
       体重を乗せて全力投球すれば、ストレートだけでも十分。
       あとは死球へのメンタル面のみ。多分克服するだろう。
       
       期するところがあるような顔つき(大谷を意識している?)
       どんな練習も手抜き一切なし。目標はあくまで大リーグにあると思う。
       来季活躍は間違いなしと思うが!!!???
       最低5年と言いたいが、3年は阪神で働いてからにせーよ!MLB行きは!(笑)

  • 先ほど虎テレが配信再開。
    江越と原口の姿を追っている。というか他の選手が見当たらない。
    別の場所に移動したのかな?

    江越 今日も左打席で(マシーン相手に?)打撃練習。
       本格的にスイッチ挑戦?そのあと右打席でも打撃練習。
       何度も繰り返すが、覚醒してくんろ!

    原口 江越の隣で一人黙々とキャッチング練習。残念ながら他の守備練習でも、
       私が見る限りかなり遅れている。
       めげずに頑張れよ!打撃練習も怠りなく!打てなくなったら元も子もなくなるぞ! 
       いばらの道だ。春には笑えるように!

  • >>6109

    お帰りなさい。残念でしたねえ。
    無駄足かけさせて却って申し訳ない。

    >球場には行ってきましたが 練習のできる状態ではありませんでした
    それでも熱心な阪神ファンはたくさんいました
    下の駐車場は満車  凄いです

    こんな情報でもありがたいです。
    こんな日に集まってこられたコアなファンが大勢居られるとのこと、
    なんだかほっこりします。

    こちらこそ、これからも宜しくです。

  • >>6108

    ただいま帰ってきました

    球場には行ってきましたが 練習のできる状態ではありませんでした
    それでも熱心な阪神ファンはたくさんいました
    下の駐車場は満車  凄いです

    今年の安芸キャンプは楽しかったです
    次の阪神を背負わなければならない若手が元気でしたし
    日に日に成長の跡が見えました

    才木 陽川 大山 中谷 高山 糸山 梅野 原口 北条
    あげれば 切りがありません

    西岡 俊介も 若手の足を引っ張ることなく よく頑張りました

    明日は最終日 
    アッというキャンプでした
    仕事の関係で 見送りできません

    春のキャンプには 安芸に来なくていいよ
    沖縄で 頑張って成果を見せてくれ

    これからは
    mushakuさんの お話 レポートで 楽しみます

    これからも よろしく

  • <<
  • 6128 6109
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン