ここから本文です
  •  ユニーグループ・ホールディングスが、傘下のコンビニエンスストア業界4位「サークルKサンクス」の売却を検討していることが分かった。

     セブン―イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートの3強に対し、店舗数で劣るサークルKサンクスは苦戦を強いられている。コンビニ業界の大型再編に発展する可能性がある。

     関係者によると、ユニーは、競合する複数の企業に、サークルKサンクスの売却について水面下で打診を始めた。売却先は未定だが、売却額は1000億円規模に上るとみられる。

     サークルKサンクスは2004年、サークルKの運営会社とサンクスの運営会社などが合併して誕生した。

     今年6月末時点で約6300店舗あるが、年間1000店規模で出店を繰り返すセブンやファミマなどに水をあけられ、業績も低迷していた。
    (以上、ヤフーヘッドラインニュースより)

    てことはサーケイもいずれ姿を消すんですね。

    ま、こんな感じで経済、株価、企業情報を語りましょう。来る人居るんか知らんけど。

  • <<
  • 307 221
  • >>
  • <<
  • 307 221
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン