ここから本文です
  • 表題に合わせ『看板選手 の 移籍』を考察する。

    無論『トレーディング対象チーム』は、ヤクルト・スワローズ である。

    【中日ドラゴンズ】
    ★マット・クラーク(27) 元ドラゴンズ 内野手・右・左《《【保有権・完全売却】》》
    //昨年度ドラゴンズに所属し『.238 HR25 打点70』の数字を残す。
    『米国3A、又は独立リーグ に、保有権を残したまま《《レンタル移籍選手》》として来日する』事となる。((年俸は、1,000~2,500万円 + 出来高 になると想定される。))

    ⚫︎堂上 直倫(26)内野手・右・右
    //『目指せ、神宮の星!』2020年に開催される『五輪での日本代表』を目指し『ヤクルトの小さな大打者「若松勉」』に追い付け、追い越せ!
    《《ドラゴンズの『背番号1』は、高橋周平 選手 へ。》》


    ⚫︎堂上剛裕(29)外野手・右・左
    //ヤクルトならば『常時クリーンナップでの出場 & .320以上のハイ・アベレージ達成』も夢では無い。内野((一塁、三塁))も守れる為、出番は増えそうだ。

    ←← トレーディング締結
    →→

    【ヤクルト・スワローズ】
    ★トニー・バーネット(31)投手・右・右《【保有権・完全買取】金銭トレード》((2.0~3.5億))
    //米国「ダイヤモンド・バックス傘下3A」で調整し、後、合流する。
    尚、『仕上がりの度合い』によっては、米国、日本、韓国、台湾、その他の国、又は地域での登板を想定し
    【『TPP労働ビザ』対象選手((レンタル移籍〔=保有権を所持したまま、他のチームへ譲渡する契約〕可能な契約))】とする。《《MJ就労・コングロマリット戦略✴︎》》

    ✴︎: 中日ドラゴンズ と 同一リーグ への移籍の場合、八百長疑惑が持ち上がる可能性を考慮し、『日本でのプレイならば、ドラゴンズのみ。日本以外の国、又は地域でのプレイにおいては、支障をきたさない 事を示したもの((契約条件))。』


    ⚫︎畠山 和洋(32)内野手・右・右
    //三塁、一塁 での起用。クリーンナップ選手として期待((復活へ、落合GM直々の指導を!))。
    《《ヤクルトの『背番号33』は、“古田敦也2世” 西田明央 選手 が継承する。〔内野兼務で『未来の日本人4番打者誕生』へ!〕》》


    ⚫︎八木 亮祐(24)投手・左・左
    //愛知県・享栄高出身。地元「愛知」で、『大野、岡田 と共に 左腕王国を形成する!』。


    以上。

    いかがでしょうか。
    双方にとって、高いメリットが有ると思われます。

    看板選手【クリーンナップ & ローテーションの柱、そして、元セーブ王】の獲得!!

    ご活躍を期待致しております。

  • <<
  • 13 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン