ここから本文です
  • <<
  • 10 1
  • >>
  • 梶谷の盗塁数 今年は異常に多いのに築きました。
    安打数、2塁打数、四球(死球含む)が34に対して盗塁が9です。
    これ完全にベンチの指示なんでしょう。
    中畑監督は梶谷には自由に盗塁する権利が与えていて打席で気になるノリさんが
    止めてもらえないかって申し入れたことが監督批判で干されました。
    この事件の時、盗塁なんてベンチが指示だすのがおかしいのかなって思ってましたが、
    2014,15年よりはるかに多い率です。
    梶谷の多さは明らかにベンチの指示と思われます。
     今、梶谷の盗塁がベンチからの指示とするならノリさんの要求は妥当であって監督批判に当たらないの
    ではって思えてきました。
     今のDeNAの弱点は、三塁手を守れて打てる選手がいないってこと
    中村ノリをクビにさえしなけりゃ今も現役でやれて白崎なんて2軍だし
    エリアンなんて不要なのに
    本当に中畑と高田はDeNAをめちゃくちゃにしたA級戦犯です。

  • >>8

    一年目には期待されたけど、その後は進歩ないね
    ラミレスの信頼を取れなかったんでしょう。DeNAで信頼してるのは山口だけでしょ。

  • キャッチャーの高城どう思いますか。
    何年同じ事やってるのかと思ってしまいます。
    今年は光山コーチになったのにいっこうに変わらず。

  • ラミレスDeNA絶好調
    5月に入っての勝ち越しの連続の理由は、監督の意向を選手が理解しそれを実践
    していることに尽きると思う。
     ラミレスは就任早々からDeNAの投手陣とキャッチャ‐の弱点を指摘し、内角攻めを新人戸柱に指示し、最初はベンチからサインを出すと言っていたが開幕早々から
    戸柱に全幅の信頼を置いてベンチからのサインも出していない。
    投手も戸柱に従ってれば勝てるので好循環
    打つ方もミスを選手のせいにしないため監督との信頼ができつつある。
     考えてみるとヤクルトで名監督と言われた野村監督も古田という信用できる
    キャッチャーが入団して、古田に全権の信頼を置いたから
    野村監督はヤクルトやめて阪神と楽天の監督をやってるが
    再生工場で山崎をホームラン王にしたが優勝はできずだった。
    横浜の98年の優勝、前年大家監督が2位になり後を継いだ権藤監督が
    谷繁に全幅の信頼を寄せての優勝できた。
    一方、野村ID野球の申し子尾花を監督にしアナライジングベースボールを目指したが、
    まったくだめで最下位だった。
     元巨人の原監督も阿部を信頼しキャッチャーに据えてるまでは何回か優勝したが、
    阿部をファーストにコンバートしてから巨人が勝てなくなった。

     要は監督の意向を理解し実践できるチームが優勝の可能性が極めて高いと
    いうこと。
     中畑ではファンから愛されても、選手の意向など尊重しないし
    自分好みの選手ばかりをかわいがる
    これでは何年たってもクライマックスにいけないってのがよくわかる今日この頃
    です。

  • 昨晩のSPORTSウォッチャーにて7回の投手交代のタイミングで中畑がラミちゃん成長したって評して
    ました。
    7回も今永はごく自然ですが、2アウト満塁で須田に
    菊池は2本ヒット打ってるし変えるのは判るんですが、三上じゃなくて須田ってとこ
    投手コーチの篠原の意見尊重? それにしても頭冴えてるって思った。
     当の中畑は番組冒頭、DeNAは台風の目どころか主役って興奮気味に喋ってましたが
    去年も交流戦前貯金11でしたってふられたら言った人に真顔で怒ってる感じがしました。
     明日も5・29もBSTBSで放送あるけど大魔神の解説かな?
    ラミレスを評価するか見ものです。

  •  ついに4連勝で借金返済も時間の問題になってきました。
    真に強いDeNAベースターズが存在することが夢ではなく現実なんだという嬉しさ
    をかみしめながら、試合経過を追っております。
     DeNAがここまで強くなったのは明らかにラミレスが主張してきた捕手を
    中心とした古田式の守りの野球ですが、日本の解説者たちはラミレスを褒めると
    自分達の存在に影響すると思うのか、評価しませんねえ。
     DeNAがAクラスを予想した解説は何人いるんでしょう?まあ横浜出身のOBでも
    いたかな?ぐらいだから
    ここにきてロペスが絶好調なのもラミレスの助言があったのだろうと察してますし、中日 若松に対してほとんどの選手が引っ張るのではなく流しに徹して
    いるのもラミレスの研究からの指示ではないのか って思う。
    A.ラミレス>中畑清、こんな人と比較して失礼でした。
    A.ラミレス バンザイ!

  • >>3

    寵愛というよりも、白崎は期待しているということの現れでしょう。
    なぜなら、オープン戦では白崎は好調に打っていましたからねえ。

    それから石川はいろいろ批判もされていますが、俊足で守備もそこそこ、いったん打ち出したら手が付けられないほどの固め打ちをする選手ですから、復調を待っているのだと思いますよ~う。

    ロペスもシーズン終了時までに成績の帳尻を合わせてくる選手ですよねえ。
    ラミレス監督は選手の適性や能力を現在のうわべの成績だけでなく、潜在能力も含めてよく見ていると思いますよ~う。
    ラミレス監督なら、これからベイスターズは強くなっていくと思いますよ~う。
    正直言って、今シーズンの優勝も夢ではないのではないですかねえ。

  • スポーツ報知のインタビュー企画「ラミスポ」を読んで関心しました。
    この人には反省があり、「自分の中途半端な意思決定で負けた試合もある」
    と反省してて、決断力 今は「100%」だそうです。
     ここ3試合、石川をスタメンから外すは今日にいたっては宮崎を3番で梶谷を
    2番にした。これは梶谷に対しチャンスメーカーになってほしいという監督の想い
    と思える。
     今日の勝利でヤクルトと阪神までは交流戦までに抜けそうだ。
    前監督とは雲泥の差だね。
    A.ラミレス がんばれ!

  • A.ラミレスも選手の好き嫌いがあるのか?
     ロマック・白崎・石川・ロペスをレギュラーで使い続け借金10まで増やした。
    前監督の偏見・寵愛とGMの出鱈目で上の人に代わる
    内野手がいないのは判るが、2割そこそこそれ以下の内野手が3人/4人
    先発メンバーで使い続けるしかないのか?
     新人柴田はどうした?
     今年の交流戦、先発投手がいいので楽しみ
    後は打線が繫がれば、交流戦終了時に5割も夢じゃない。

    A.ラミレス がんばれ!

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン