ここから本文です

高田GM

  • 102
  • 1
  • 2018/10/25 21:46
  • rss
  • <<
  • 102 79
  • >>
  • >>99

    morさん
     お久しぶりです。
     いつも率直な感想を述べるあなたの投稿は、賛否とは関係なく好きです。 
     
     そう思う、そう思わないは、別に気にすることないと思います。
     (どなたかが何度も押しているかもしれないですし。)
     私も、きっと、そう思わないが大量に付いている過去の投稿はあると思います。
     それよりも、飾らない意見を述べると、有意義な意見交換ができるので
     新たな発見が出来ると考えています。

  • >>99

    尚成ってDENAベイスターズでは、高額年俸を貰いながら、1勝もできず、ただ負け星を積み重ねただけの投手でしたよねえ。

    巨人からメジャーリーグに行ったものの、使い物にならなくて帰国してきたところを高田GMの温情で拾ってもらった投手でしょう。
    打ち込まれるばかりしているのに、ファームに落ちないで、連続して1軍で先発登板したけれど、1勝もできないまま負け星を積み重ね、DENAにとっては疫病神のような投手でした。
    実績と言ったところで、巨人時代のものですからねえ。
    それで引退試合までDENAはしたわけです。
    まあ過去の実績からするなとは言いませんが、DENAベイスターズには貢献0の投手でしたから、DENAのファンが冷ややかな視線で見たのも無理はないですよ~う。

    私から言わせれば、多村仁選手こそ、最後は中日ドラゴンズで引退しましたが、ベイスターズで引退試合を主宰してもらいたかったです。
    本当のDENAベイスターズファンなら、尚成投手よりも多村仁外野手の方がよほど思い入れがありますよねえ。
    多村仁選手は、ベイスターズに多大な貢献をしていた選手なのに、ソフトバンクにトレードされて、FAで戻ってきても中畑監督の下で冷遇され、最後は解雇されてしまいました。
    一時は日本を代表する外野手として、グリエルなんかからも一目置かれた凄い選手です。
    多村選手の引退試合を横浜スタジアムで見たかったです。

    今でも時々DENAベイスターズの試合解説にテレビ出演されている時には、懐かしいなと思いながら、その解説を聞いています。
    多村仁さんの人柄の良さがにじみ出ていて、心地の良い解説です。

  • >>97

    愛 love youさん
    >周りのベイスターズファンは、冷ややかな視線で見守っていただけでしたよ~う。
    そうでしょう。それで安心しました。

    自分はyou tubeの動画で確認したのでは、尚成が挨拶終わったあとだったか
    巨人ベンチへ出向き尚成を知ってる選手と抱き合ったりしてました。
    尚成はその後来場者に手を振りながらグランドを一周してたような
    DeNAの選手は挨拶が終わったら解散したのか知りませんが、尚成とのお別れを惜しんでる映像は
    ありませんでした。

    それにしても頭にくるには、私のことを 心の狭い無知な人間とバカにする。
    その投稿にそう思うが15票 そう思わないが3票
    いかにもほとんどのDeNA ファンはそう思ってるように装う。
    大体、中畑が監督になってファンになった野郎はほんとどこかに消えてほしい。

  • >>84

    別に構いませんけど、YKHMさんって、どこのスレに行っても投稿がありますね。 笑い

  • >>95

    >の周りの人はほとんどが涙していました。

    嘘ばっかり。
    尚成投手の引退試合では、周りのベイスターズファンは、冷ややかな視線で見守っていただけでしたよ~う。

  • >>87

    あなたがご自身で投稿して、それにあなたが使用する別のIDで返信する。
    それってどんな意味があるのでしょうか。

  • >それは礼儀的な拍手よりも
    その選手の活躍が思い出されてファンも選手も一緒に涙する。
    ほとんどのベイファンに涙なんかないでしょ 

    私このとき球場にいましたが,ファンの拍手は真剣で温かいものと感じました。儀礼的なんて微塵も思いませんでしたよ。涙している人もたくさんいました。感じ方は人それぞれでしょうが,多くのベイファンは,尚成投手がベイで活躍できなかったから,感動しないなんていうケチな根性ではなかったです。私の周りの人はほとんどが涙していました。

    >そんな選手すべてに引退セレモニーしてたらDeNAも大変だね

    別に引退試合の設定なんて,全然大変なことなどありません。
    DeNA球団は球界の功労者に対して,素直にそれを称えることを目的に引退試合を行うのであって,やれ人集めだとか金儲けなんていうのを,穿った見方というのです。そんな会社ではないことは,これまでの7年間を見ていれば,普通にわかることです。

    >中畑の去就も決まってなかったから
    何か発言があるんじゃないかで球場に人が多かったのではないですか

    正式表明がなかっただけで,ほとんどのスポーツ紙が退陣を報じていました。
     ここに集まったファンは,純粋に引退試合を見に来た人たちです。

  • >>90

    たくさんのベイファンは一緒に泣いてました。
    2015年の10/2日 もう順位はきまってるし
    巨人ファンは少ないのは当然だよね。一応応援団はいましたが
     私のイメージする引退セレモニー それは礼儀的な拍手よりも
    その選手の活躍が思い出されてファンも選手も一緒に涙する。
     先日、中日 荒木、岩瀬の引退試合やってたけど応援してないチームながら見てて感動した。
    福留なんて岩瀬に対する時涙流しながら打席に入っていた。
    興味ない球団でも野球選手ってすごい って思わせるものでした。
     尚成は活躍が巨人とMLBだから巨人で完投してる映像とか
    見ても私には涙はでないし、ほとんどのベイファンに涙なんかないでしょ。
     球団の要請で選手を辞める人、怪我して治る見込みない人は
    これから増えるんじゃない。
    そんな選手すべてに引退セレモニーしてたらDeNAも大変だね

     2015年は首位から最下位になった年で中畑の去就も決まってなかったから
    何か発言があるんじゃないかで球場に人が多かったのではないですか

  • >>85

    横レス,失礼します。
     >引退試合について全くその通りです。翌年は厳しいと判断したベテランには、おそらく早めに引退を打診して、了承すれば引退試合など花道を作ってやり、拒否または少しでも現役続行の気持ちがあるなら他のところで頑張ってねと「送り出す」のだと思います。

     これはDeNAという新しいオーナー会社の素晴らしい政策だと思います。debさんやYKHMさんも言われているように,力が落ちればバッサリ切って捨てるというプロ野球のこれまでの慣習に一石投じました。ベイへ来てからの実績がなくても,それ以前に相当の実績のあった選手には,花道を作るというのは,DeNAが自分の球団だけでなく,球界全体の発展を考えていることです。
     私は高橋尚成投手の引退試合を球場で観戦しました。ちょっと驚いたのは,巨人ファンはごく一部で大半がベイファンなのです。そして,そのベイファンがたくさんの拍手を送り,大変盛り上がっていたことです。
     DeNAになってから大幅に観客動員数があがったのは,あなたのおっしゃる「DeNAの目指すエンターテインメント」を支持する人が多いからでしょう。そこには高田さんの人徳という要素もあり,経営陣・GM・監督・スタッフ・選手が一体となっている姿がファンにもわかるからですね。

     >こういう事情を鑑みないで、安直に球団はクソだ云々と騒ぐのは非常に困ったものですが

     まあ,どこにでも,心の狭い無知な人間はいるものです。もちろん,球場に足を運ぶ人間だけがファンではありませんが,球団やGMの実績を支持している人が多いからこそ,観客動員の大幅ことを増になったわけです。だから非常識な勘繰りでくだらんことを騒ぐ愚か者は,次第に淘汰されていくでしょう。
     私はあなたやdebさんやYKHMさんのように確かな目を持った常識人と共に,DeNAベイスターズを応援していきたいと思います。

  • >>87

     私は尚成の引退試合をなんでDeNAがやるのっておかしいんじゃないのって

     まあ、高田だとか中畑だとかが企画したのではなく当時の春田が客集めのために
    やったってことは判ってますが、普通の監督なら春田にDeNAで一勝もできなかった
    のにあつかましいんじゃないのかぐらい進言するんじゃない。
    だから駒大出身だから?って思えちゃう。
      
     you tubeでその時の動画みたけど、喜んでるのはほんの一部の巨人の尚成のファンでした。
    それと調べたら、尚成って巨人が優勝したときに尻出しでテレビに映ったり
    DeNAへきてハマスタでホームラン打たれて負けたのを球場のせいにする
    大馬鹿野郎
    こんなんあきらかに球団批判なのに、2軍へいってもまた一軍へあげる。
    こんな野郎になんでDeNAが引退試合???

     Bay starsの引退試合 BEST3ってもついでに見たけど、
    小池、石井琢朗、番長 で確かに今見てもジーンってくる映像
    石井琢朗なんて広島のユニホームだけどDeNAが主催
    それでも横浜での貢献、当時のファンのこと考えたらなんの違和感もない
    だけど尚成はDeNAへの貢献ゼロていうか
    中畑の就任時だったか5連敗してもまだ一軍だったし、明らかに最下位になった戦犯
    だよ
    尚成の映像見ても涙ひとつ見せないしシラケたシラケた。


     巨人→日ハム→MLB→SB→DeNAへ来た岡島、この人だってすごい実績だけど
    なにもやらなかったよね それとも本人が辞退したのか?ね。

  • >>85

     にしんさん,引退試合に関して御同意のコメント,ありがとうございます。
     詳細に解説していただき,改めてあなたの意見が,至極もっともだと感心しています。
     >こういう事情を鑑みないで、安直に球団はクソだ云々と騒ぐのは非常に困ったものですが、DeNAファンのどこにも一定数いるのが残念です。

    そうですね。しかし,そういう人はごく少数です。球場に来るファンは,大半がDeNAの新しい考え方を支持しています。YKHMさんのコメントにもありましたが,あなたのように経験豊富なひとほど謙虚に見ているという傾向は,間違いないです。

  • >>82

    あなたが、今シーズン中にそのIDで作成されたスレッド、「3年連続Aクラスが確実なベイスターズは何が良くなったのか」 と言うお題のスレッドの空虚さが笑えます。
    DENAベイスターズは、結局、Aクラスが確実などころか、最後までハラハラドキドキさせられる展開で、最後には力尽きてBクラスの4位に転落してしましました。
    それと、DENAベイスターズが下位に沈むにしたがって、あなたの作られたスレッドへのあなたの投稿がなくなってしまったことが気がかりです。  笑い  (^^)
    いろんなIDで投稿されているようですが、自作自演はまだしも、自作自演で応援投稿するなんてみっともないよ、 ですよ~う。   爆笑  (^^)

  • >>82

    横入り失礼します。
    引退試合について全くその通りです。翌年は厳しいと判断したベテランには、おそらく早めに引退を打診して、了承すれば引退試合など花道を作ってやり、拒否または少しでも現役続行の気持ちがあるなら他のところで頑張ってねと「送り出す」のだと思います。小池や尚成、加賀などは前者、多村や金城、下園などは後者だったというだけで、球団の対応としては問題ないどころか、より適切と思います。また、前者であっても、篠原や高崎などのように、一軍での花道を固辞する人もいます。

    後者のパターンで「引退試合をしない球団はベテラン軽視」なんて頓珍漢な人が当時あちこちに現れましたが、彼らは引退を望まない選手を無理やり引退させるてまで自己満足を果たしたいのかと思いました。由伸のような悲劇は起こしてはならないのです。
    また、後者の現役続行パターンは、その選手たちのその後を考えると、チームとしていつまでも置いておけるものではなかったことは、残念ながらその後の彼らの現役としての末路を見ると明白です。プロ野球選手とは野球という特殊技能で稼ぐ個人事業主であり、相応の年齢で相応の結果が出せないと、肩を叩かれるのは当然です。枠の問題もあり、終身雇用は不可能ですね。

    こういう事情を鑑みないで、安直に球団はクソだ云々と騒ぐのは非常に困ったものですが、DeNAファンのどこにも一定数いるのが残念です。

  • >>82

    > 高橋尚投手の引退試合をしたDeNAの姿勢は,ベイスターズでは活躍できなかったとはいえ,プロ野球全体を考えれば,花道を作ってあげるべき選手だと,拍手喝さいすべきものです。


     書き忘れていました。田代コーチが楽しみなのも同意見ですが、
    DeNAは、新興球団でありながら、地域へのボランティアとか、野球界全体の盛り上げや将来性を
    考えるなど、他の古株球団が見習うべき点がいくつもあるのではないでしょうか。
     
     引退試合の件も同様です。
     
     こういった姿勢が、DeNAの目指すエンターテインメントなのか
    それとも、高田GMの人徳なのかは、私は分かりませんが、ファンとして誇りに思います。

  • >>82

     あなたのような野球通から、お言葉をいただけて光栄です。

     プロ野球を掲示板と一緒に応援したシーズンは初めてでした。
     とても勉強になりました。
     感じたことは、大きく次の3つです。

    1)長期的目標と短期的目標は、異なり、場合によっては相反すること。
     そして、長期的には上昇曲線でも、短期的には下がることがあること。

    2)野球は確率のスポーツ。偶然を排除することはできないので
     できるのは、確率を高めることだけである。

    3)1勝した後の称賛に比べて、1敗した時の罵倒は、数倍若しくはそれ以上。

     いずれも、社会一般に通じる気がしたので、大変勉強になりました。

    1)は、繰り返しですが、ベイスターズでは、高田GMが見事に長期的戦略に則って
    成功させてきたと思います。 
     「DeNAスタート時,素人集団の経営陣が,DeNAという会社の考え方を理解した中でチーム作りのできる人という観点から選ばれた人です。高田GMの7年間でチームはいい方向に大きく変化したと言えるでしょう。」
     と言うのは、まさにその通りです。
     フェローにするのは、(水を飲む人は)井戸を掘った人を忘れない、という意味もあるはずです。

     また、短期的な成果がなかなか出ない時や、上昇時のジグザグで、
    的外れな非難や中傷を受けても、それに耐えるのも野球のうちだと思いました。

    2)広島が独走と言っても、約4割の試合は敗戦です。
     平均よりちょっと良い人と平均点の人とは、実力差は数倍あったりしますが
     結果を数字にすると、大きな違いはないものですね。
     また、偶然が入って、実力通りの成果が出ないこともあり得るわけですから
     負けた時に、外からの的外れな非難や中傷を受け流して
     ブレナイという信念が大切だと思いました。

    3)これは説明するまでもないでしょうが、負けた時にもプラス思考でいるラミレス監督の説く
     メンタル面の重要性を裏付けていると思います。

     他にも色々とありますが、野球を観ると、いつも自分の身に置き換えて反省させられることが多いです。
    そう考えると、選手や監督を安易に批判できません。
     そして、決して、選手や他に責任転嫁をする発言をせず、選手の良いところを褒める
    のを忘れないラミレス監督の態度は立派だと思います。
    この点が、辞任を余儀なくされた監督と大きく違うのではないでしょうか。

  • >>81

    プロ野球に関する根幹的な考え方については,貴殿と私は同じだと思っています。というより,貴殿のコメントを読んで,「なるほど」と感心することが多いです。
     細かいところで意見の違いがあるのは当然ですし,自分と違う意見にも耳を傾けるというのは,当然のことでしょう。その点,今回田代さんのコーチ復帰は,プラス面が大きくなる出てくるでしょう。田代さんの打撃理論とラミレス監督のそれとは若干違いがありますが,選手のタイプによって両者の意見を使い分ければ,いい結果に繋がるのではないですか。
     確かにラミレス監督就任のとき,DeNA内での言い出しっぺは高田さんです。これは中畑監督のときと違う点ですが,まあ「推薦」したということでしょう。でもラミレスさんから見れば「高田さんのおかげ」と考えるでしょうから,言われているとおりニュアンスの違いはありますが,間違っていないと思います。
    >資金に制約があるなかで、長期的な展望を実現させてきた高田GMは評価されるべきだと言うのは
    巨人、阪神を比べても思います。
     そうですね。DeNAスタート時,素人集団の経営陣が,DeNAという会社の考え方を理解した中でチーム作りのできる人という観点から選ばれた人です。高田GMの7年間でチームはいい方向に大きく変化したと言えるでしょう。
     尻の穴の小さい人間の意見というのは,大局観がないからだめです。高橋尚投手の引退試合をしたDeNAの姿勢は,ベイスターズでは活躍できなかったとはいえ,プロ野球全体を考えれば,花道を作ってあげるべき選手だと,拍手喝さいすべきものです。それをやれ中畑の後輩だから依怙贔屓だとか,本当に人間が小さいなあと思いました。

  • >>80

     あなたのコメントを読んで、私の78のコメントを一部訂正します。
    正しくは、ラミレス監督をベイスターズの監督に推薦したのは、高田GMです。
    おかげですと言うと、ちょっとニュアンスが違うと思いました。

     ラミレス監督の責任発言は、男らしさの表れだと思います。
    だから反省するべき点は反省すると、素直に認めています。

     高橋監督や、金本監督は、辞任することによって責任を果たしたとも言えますが
    逆に、辞任と言う事実により、どこが悪かったのかを、ファンから見ると
    曖昧にしているように見える気がします。
     
     その点、ラミレス監督は、コーチ陣とのコミュニケーションと言う点を
    ハッキリと述べているのは、ファンから見て潔いのですが、私の考え過ぎでしょうか。

     重要人事の進退を見ていると、感情的に判断しがちなので、おかしいと思ったら
    ご指摘いただければ幸いです。

  • >>77

    >DeNAの監督になれて3年間やれたのは誰のおかげって判ってるか
    ってきかれラミレスも反省の弁を述べたんじゃないの

     こういう変な想像をするのは,自分の感覚で人の言動を考えるからなんでしょうね。
     プロ野球人としてここまでやってきた人というのは,野球眼や技術だけでなく,人間的にも優れていなければ,やれません。高田氏がそんな恩着せがましいことを言うはずはないし,第一常識的に判断すれば,何年も前から辞意を表し,慰留されてここまでやってきた人が,もうここまでと宣言したら,余計で下劣なことを言うはずはないでしょう。
     ラミレスのコメントは,「責任は全て自分にある」という彼の男らしさの表れです。
     実際にはコーチに相談しながらやってきていても,そう言ってしまうと,責任の一端をコーチに押し付けていると捉えられてしまうでしょう。だから敢えて実態とは違うコメントをしたものでしょう。

  •  高田GM、現役時代のサヨナラ安打の映像です。
     2:00 くらいから、高田GMが登場します。
     心なしか、スイングが、ロペス選手に似ている気がいたします。

    https://youtu.be/vdCTDzG_m2I?list=PLzqc9cS3PlpPSGSA6QnOOaivue6BuHbE5

  • <<
  • 102 79
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!