ここから本文です
  • トンネルを抜けるとそこは雪国だったは川場康成の小説で列車は東京から雪国に向かうが

    トンネルを抜けるとそこは世界に向かっていたは雪国から東京を目指す
    田中角栄は日本と中国の橋渡しをして世界史に名を残す人物になった
    水島新司も雪国から東京に向かい野球漫画で日本有数の作家になった

    智子さんはトンネルを抜けて東京からアメリカに向かいそして日本に戻りゼロから事業を立ち上げ今野球界に革命を起こそうとしている

    チームは若く可能性は無限だ
    戦いに終わりはないがDeNAを起点に世界の野球に革命を起こして欲しい

    そんな智子さんに愛を込める

  • <<
  • 126 107
  • >>
  • 126(最新)

    mor***** 9月23日 11:46

    >>124

    9・16に今永が背信投球したからその代わりなんでしょう。先発できる=4イニングは投げれるとなると石田しかいないからって消去法で選ばれたのでしょう。
     ただ、2軍で完封したウィーランドもいるけどエスコバー、パットン落とせないってラミレスは臆病だから上げられない。左が貴重ならパットン落とせばいいのに
    9・13に久々先発した飯塚もホームラン2本で即2軍に落としたから他にいないってことかな
     打たれたらまた中継ぎに降格させ、その時はエスコ落としてウィーランドの昇格じゃないのか

    左の中継ぎ、田中健や中後 一軍では使えない投手ばかりだから
    エスコ落とすと砂田しかいない 今永は不安
    大だもんね

  • ファンをナメてるラミレス!

    明日の先発は石田
    この投手で今季何回苦杯をなめたことか
    ここにきてこの投手の先発は許されない
    勝てばいいと言うものではない
    この監督が指揮をとるのは今季までにして欲しい
    こんな監督はいらない
    この采配は許されない

    🙅

  • 打者の貢献度!

    打者の貢献度を先制打、同点打、勝ち越し打に分類してそれぞれに5点を配分する

    昨日の試合は
    まず同点打
    大和が二塁打、宮崎が1ー2塁間にごろを打って3塁に送ってソトが犠牲フライ
    大和とソトが2点、宮崎が1点
    次は勝ち越し打
    桑原がホームランで5点

    その前の読売戦
    先制打
    大和がで5点

    その前の阪神戦
    先制打
    大和がヒットで盗塁から宮崎タイムリー
    大和が2点、宮崎が3点
    同点打
    ソトが2ランホーマー
    宮崎が1点、ソトが4点
    もう一度同点打
    宮崎がホームランで5点
    勝ち越し打
    宮崎ヒットでソトがホームラン
    宮崎2点、ソトが3点

    合計すると
    桑原5点
    ソト7点
    大和9点
    宮崎12点
    ほとんどが1ー2ー3番で中でも宮崎が突出している

    😁

  • 先取点!

    当たり前のことだが先取点を取ることはゲームを有利に進める絶対条件だ
    投手は野手が先取点をとってくれるまでゼロに押さえる
    野手は何としても先に点を取る

    阪神戦の大敗もあったがここのところ投打が安定してきている
    理由は1番から6番を固定できていることとキャッチャーの起用が見えるようになったことだと思う

    打線はこれがいいという訳ではないが、とにもかくにも1番大和ー2番宮崎ー3番ソトー6番桑原と固定してきている、いい意味で準備できているのだ

    キャッチャーにしても阪神戦の今永に嶺井は違和感があったが、ここ一番では、平良に嶺井ー東に伊藤ー山崎には嶺井と見ていてこうだろうと思うような采配になった

    今年は低迷していると言ってもラミレス野球の2年間は順位はともかく少しの借金で3位と少しの貯金で3位とそんな程度だ
    それでも低迷の原因は何だろうと考えれば投打に固定できなかったことだ
    固定して戦略を練るー間違ってもファーストストライクを打ては駄目だ

    1番気になることは先発投手を決めた段階で受けるキャッチャーを決めているかということだ、キャッチャー二人制でもいいが、当日スタメンが決まるようでは話しにならない

    まあ、今更の話しだったが!

    😂

  • 先発が足りない!

    先発が足りないらしい
    バリオスならともかく石田では困る
    どうしても足りないならば砂田でどうだ!
    砂田は10代でデビューしたがその頃はまだ体ができていなかった
    ようやく体もできてきた
    元々コントロールはいい
    球種も多彩だ
    初回から押さえのつもりで投げたら結果も出ると思うが!
    負けても来季につながる

    😉

  • 細川!

    使いたい
    実践向きな選手だ
    クレバーさと集中力がある
    問題はどこを守らせるか
    ライトはソトで埋まった
    昨日のようにソトを内野に持ってきてライトもいい

    秋期の猛練習でショートはどうだ
    少年野球では投手は投げない時はショートを守る
    肩は全く問題ない
    フィールディングも投手だからできる

    😉

  • 神奈川の星、山本昌!

    山本昌!
    ベイスターズの監督にどうだ
    バッターは外野は筒香ー桑原ーソト
    ファーストロペス、サード宮崎は不動
    二遊間は倉本ー大和を鍛え直す
    嶺井を打てるキャッチャーに仕立てあげる
    言って見れば現有戦力を鍛えれば十分戦える
    秋のキャンプは地獄の特訓をする

    問題は投手
    135キロのストレートで220勝をあげた山本昌に投球術を伝授してもらう

    問題はヘッドコーチだ
    ヘッドコーチは上田でどうだ
    高田GMの懐刀とみた

    🎎

  • ヤクルト戦から!

    井納ー今永ー平良の三人の投手を比べるといかにストライクを先行させることが大事を改めて認識した
    井納は完璧
    平良は山田に二本打たれたが常にストライクを先行させて追い込んでいた
    今永はその逆で多くをボール先行で自らが追い込まれていた

    平良が山田に打たれた二本
    攻めたのはよかった
    しかし打たれた
    どうすればいいか
    緩い球を覚えること
    ホームランバッターには緩い球を勝負球にすること
    そうすれば少なくとも二本打たれることはなかった

    一方の今永
    ボールが先行する苦しいピッチングだったが唯一よかったことはホームランを打たれなかったこと
    悪く言えば逃げのピッチングの成果とも言えるが?
    球速を落としてかわすこれはいい

    打つ方でも意識してやっていたのかわからないがフォアボールをとれるようになった、自軍の投手のが反面教師のように、相手投手にボールを先行させて追い込んでから打つ、少しづつできるようになってきた

    😂

  • カープとの違い!

    初回
    桑原がフォアボール、素晴らしいの一語に尽きる
    宮崎1ー2塁間にヒット、最低でもランナーを2塁に送ることができるチームバッティングだ、素晴らしい
    ロペスは初球をレフトスタンドへ、完璧だ
    制球が
    定まらないカラシティ
    筒香もフルカウントにしてしまう
    フルカウントから投じられた糞ボールを空振りし三振
    選べばフォアボール
    ベイスターズの攻撃は続く

    カープならフォアボールをありがたく頂く

    😭

  • もしも今季監督が原さんだったら?

    大和も伊藤も行きなりレギュラーでは使わなかっただろう
    仮に使っても結果が出なかったらさっさと放り出していただろう

    勿論、原さんだっていきなり使う人材もいる
    杉内も使うし村田も使う、それはそれだけの実績があったがこの二人はそこまで大物ではない、はっきり言って力の差がない

    😃

  • さて、今永!

    昨日の井納は私が考えた通りに投げた、狙い球を微妙にボールにしてそれ以外のボールでカウントを稼ぐ、ストライクを先行して追い込めばフォークボールがある、これができたのはコントロールがあるからだ

    今日の今永、ヤクルトの狙い球はやはりスライダーだろう、しかし、井納のようにうまくいくか?難しい!何故なら今永には決め球がない、決め球を作る、どうやって作るか?

    読売の杉内の全盛期のストレートは140キロ前半、これでも押さえられるのだ、今永のストレートを5キロくらい落とす、5キロくらい落として球持ちをよくする、そして、ここ一番で一段ギアをあげたストレートを投げる

    もうひとつ、ホームランバッターの決め球にはカーブを使う、メジャーではフライボール革命で一番有効なボールはカーブだと言われている、緩いボールをスタンドインさせるのは難しいからだ、タイミングを外し緩いカーブを投げ込む

    😃

  • ヤクルト戦の難しさ!

    ヤクルトというチームは相手先発投手に対してチーム一丸のバッティングをしてくる、これが読売との違いだ、読売は打線にベテランが多過ぎてこれができない、過去に実績のあるバッターには失礼なのだ

    井納はもともと球種が少ないピッチャーでより狙い易くなる
    恐らくスライダーをコースを決めて打ってくるだろう
    バッテリーは早くそれを見極めて対策を立てなければならない
    まず、狙い球からはずれたボールをでカウントを稼ぐ
    次に狙い球は微妙にボールにする
    これが出来なければ早い回での大量失点が待っている

    😌

  • いい監督!

    原さんは嫌いだとか、谷繁は裏切りものだとかいろいろ言うが、所詮都合のよいのは勝てる監督だ

    ベイスターズも過去に古葉さんや森さんを三顧の礼で監督として迎えたが勝てなくてひっそりと去って行った

    勝てば官軍とはよく言ったもんだ

    金本だって、高橋だって、ラミレスだって結果がでなければ首さ

    では勝てる監督って何だ

    三割20本のバッターが4人もいるんだから打線についてはもういいだろう、あとは脇役を鍛えればいい打線になる

    足りないのはバッテリーを育てる監督だ

    バッテリーの育て方には二通りがある

    まずはストレートに投手を鍛える

    もうひとつはバッターがピッチャーを育てるというやり方がある
    これはヤクルトがやっているやり方だ

    ピッチャーを育てる監督を選択すれば投手力は高まるけど優勝するには時間がかかる

    バッターがピッチャーを育てる場合はとにかく打線優先でやること、チャンスで投手に打順が回ってきたら即代打
    これなら原さんでもできる

    まあ誰でもいいが勝てる監督を選んでくれや!

    😂

  • ベイスターズ希望の星!

    東だよね
    昨年のドラフトで単独指名に成功
    今思えば奇跡だった
    出塁ランナーをバントで送ってスクイズしても得点をして援護

    東の武器はカーブ
    150キロを超えるストレートにカーブ

    フライボール革命に対抗するボールとしてメジャーでは改めてカーブが見直されている

    カーブを投げる副産物としてストレートがより速くなるという
    ストレートの球持ちがよくなる

    ベイスターズの何の工夫もない打線
    ファーストストライクを打てはなんとかならないか?

    😰

  • DeNAの打線の問題!

    一言で言うとファーストストライクを打て!
    これがいけない

    ヒットやホームランが多いだけでは強力打線とは言えない、重要なのは出塁率だ

    打率3割、ホームラン20本打てるバッターが4人もいるのに得点力が弱い
    打てるキャッチャーが欲しいなど言っているが、セ・リーグを見渡してもそんなチームはない
    センターの桑原は2割7分を打てて守備も一級品レギュラーとして問題ない
    二遊間は今年は弱いが問題はそこだけではない

    問題はフォアボールが極端に少ない
    大げさに言えば広島の半分だ
    フォアボールが少ないと何が問題か?

    まず相手投手が疲れない
    逆に言うと投手がフォアボールを与えると得点率が高い
    その恩恵を受けていないのだ
    投手にはフォアボールを出してはいけないと言いながら自軍はフォアボールを選ばない

    次にバッターの視点で言うと
    狙い球が見えない
    狙い球を決めてバッターボックスに入りファウルで粘りながら待つ、そういうバッティングをができない
    唯一そういうバッティングができた倉本も今は打線にいない

    先日の阪神戦
    初回
    ワンアウトランナー2ー3塁
    バッター筒香
    外野フライひとつ打てない
    そういうボールを待って打つ技術がないのだ
    こんなものは監督の責任だ
    4番バッターといえどここ一番ではチームバッティングをさせろ
    打ってはいけないボールはフォアボールで粘るとか、バットを短く持ってコンパクトに当てていくとか
    あの天性のホームランアーティストと言われた田淵さんだって時にはバットを短く持って打った

    😂

  • 平良と京山と石田!

    最近見たあと一歩という投手を比較してみた

    平良は前回登板のあと抹消された
    理由はわからないがこの三人の中では一番マシな投球をした

    京山は話にならない
    時々はいい球もくるが、コントロールがバラバラ使いものにならない

    石田は確かにこの三人の中では球に力があるが打たれだすと止まらないのは何故だろう
    多分、一歩先をみた投球ができないからだろう
    要するに組み立てがないのだ
    誘う球、決め球のメリハリがないのだ

    平良はローテーションに組み込む
    京山は二軍調整
    石田は敗戦処理というところか?

    😂

  • 伊藤捕手が来てから対戦相手が一回りして,彼も相手打者への攻め方が分かってきた。ここのところ実にいいリードをしている。やはりベストナイン・GGを取っている実績はだてじゃない。実にいいお手本が身近にいることは,嶺井や戸柱にとってもいいことだ。CS出場のためには,この後の試合は全て伊藤捕手でいってほしい。



  • セ・リーグの監督は楽だ、先発投手のバロメータをみるのに筒香を見ればいいのだ
    筒香の攻め方は確立している
    決め球は内角ストレート
    ここを打たれなければ今日はいける
    この前の読売戦
    山口は初回力のないストレートを打たれて敗戦
    まあ、145キロを超えるストレートはほとんど打てないのだからたいしたリスクもない

    中日は井納対策をしっかりしてきた
    DeNAは相変わらずファーストストライクを打てだ!
    筒香はファーストストライクを打たないが
    決め球の内角ストレートをほとんど打てない

    初回のロペス高田ファウルを彷彿するようなファウルをレフトスタンドに打ったがあれはホームランだろう
    少なくともビデオ判定くらいさせたらどうかね!

    8回?
    嶺井への危険球かと思う左肘へ当てたボール
    デッドボールではない?
    星野さんなら審判をぶん殴っているわ
    それが指揮官の姿勢であり
    チームを鼓舞して奮起させる

    戦う姿勢が悪い!

    😠

  • 平良ー予想された降板!

    平良、良くなったね
    昨年に比べ体ができてきた
    自信なのかコントロールが良くなった

    ソト、すごいね
    ソトのホームランはいつも文句なし
    飛距離がでる

    嶺井、ソトと打撃フォームはそっくり
    ソトに刺激されたのか
    絶好調

    ウィーランドや今永は完全にノックアウトまで投げさせた

    今のラミレス
    もう勝っている時は投手を替えたくて仕方がない
    確かに昨日は勝ったが
    来年以降のことを考えたら6回は投げさせて欲しい

    😰

  • <<
  • 126 107
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!