ここから本文です
  • <<
  • 11 1
  • >>
  • 柿田、山崎 が戦線離脱。 要するに1軍の試合で通用せず。

    山口投手が オープン戦で打ち込まれています。
    このまま先発で公式戦に使うと、昨年の三嶋の繰り返しになります。
    大幅な戦力ダウンどす。
    期待されている主軸の山口が打たれてばかりでは。
    ベイ信者は良いように解釈してその危機的な状況から目をそらそうとしていますが、中畑監督が昨年、オープン戦で撃たれてばかりした三嶋を何度も先発で使い、4月に大きく負け越したことは記憶に新しいでしょう。
    さらに打者でも調なのは、ロペスと筒香と梶谷だけと言う状況では、かなり危機的な状況です。

  • 結果を出さないで留任とは、中畑監督もおこがましいよね。(^^)/
    ベイスターズの現有戦力では、上位に進出するのは極めて難しいと思うよ。
    一に二にも投手陣だけど、不安が付きまとうよ。
    毎試合、先発で安定して無失点のイニングを重ねて行ける投手がベイスターズには少ないよ。
    だからどうしても1点や2点を争う試合になると、たいていベイスターズの投手が先に相手に点を与えて、工夫のない打線が凡打を繰り返して、そのまま点が取れないで負けてしまう試合が多いよ。
    昨シーズンのベイスターズのほぼ全試合を観戦したけれど(僕は横浜スタジアムの年間予約席を毎年買っています。本拠地で試合がない時には、東京なら球場にまで足を運んで、地方の試合はテレビ観戦です。) 、弱点が見えてきたよ。

    監督の采配の弱点は、投手力を補おうと策に溺れてしまうところだよ。
    良いピッチングをしている投手に変えてリリーフを送ったら、そのリリーフ投手が打ち込まれて負けてしまうことが多かったよ。
    明らかに中畑監督が策に溺れた結果だよ。
    投手も数を使うと、どうしても出来不出来があるから、試合に勝つ確率が下がってしまうよ。
    8回や9回だからと言う理由で、リリーフを馬鹿の一つ覚えのように送る采配は間違っていると思います。

    先発投手やいま投げている投手の出来と力量を見極めて投手を起用しないといけないよ。

  • 高田GMの編成を見ると、投手力と守備力を中心に、機動力と小技を中心としたスモールベースボールでの勝利を目指しているのは明白だが、この機動力と小技を絡め一点を取るということは、3年間のキヨシ政権下でもできていない分野なので、現状かなり悲観してます。

    一部ファンにもまだTBSのせいにするのがいますが、DeNAになって3回のドラフトを経験し、トレードも数多く行われており、3割から半分近くは入れ替わっているはずなので、もうTBSのせいにはできないと思います。

    キヨシの監督続投は今でも反対ですが、監督やる以上今シーズンはきっちり結果を出していただきたいです。

  • >>1

    私はキャッチャーの補強がないのが心配です。ここがパンクすると試合すらすることができなくなります。

  • >>1

    ブランコと金城、ソトはともかく、他は藤井は一軍に居ませんでしたし、藤江と中村は無しでもいけたので大丈夫ではないでしょうか?
    補強はしてもらわないと困りますが、ソトとブランコの穴埋め、左と内野の補強ですしね。
    金城は交流戦辺りまでは活躍していましたが、今の外野は完全に飽和状態で代打もうちはそれなりにいるので、心情はともかく悲観するほどの戦力ダウンにはなりませんよ

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン