ここから本文です
  • <<
  • 32 11
  • >>


  • 楽天・嶋 「移籍の迷い」を断ち切った星野副会長からの電話

    日刊ゲンダイ 11月6日 9時26分配信



    楽天・嶋 「移籍の迷い」を断ち切った星野副会長からの電話



    コラム【橋本清の取りたて直送便 “本音を聞きたい”】



     先月30日、本拠地のコボスタ宮城で会見した嶋は、「来年も楽天でやらせていただくと伝えました」と表明しました。

     国内FA権を取得した昨年から、新聞などで移籍の可能性が取り沙汰されており、昨オフは「悩めるだけ悩みたい」と熟慮したうえで、権利を行使せずに残留。それだけに、今年はスンナリ決断した印象があります。

     先の会見で「星野さんが副会長に就任され、梨田監督が来られ、もう一度新しい環境でプレーしたいと思った」と決断の理由を語っていた嶋。やはり、シニアアドバイザーから球団の取締役副会長に就いた星野仙一元監督の存在が大きいのか。

     改めて本人に聞くと、「それは、やっぱり大きいですよ。実は……」とこんな舞台裏を教えてくれました。

    「シーズン終了後すぐに星野さんから電話をいただいたんです。『おい、おまえ、どうすんじゃ』と(笑い)。思わず、『残留します!』と即答しました。いや、実際、もう一度このチームで優勝したい、とすでに気持ちは固まっていました」

     嶋が星野監督の下でプレーをしたのは、11年からの4年間。13年には球団初のリーグ優勝、日本一の歓喜を分かち合いました。それだけに特別な存在のようです。

    「星野監督の1、2年目は特に怒られた記憶しかありません。監督の目に逃げるような配球と映った時は、『なんでインコースに行かんのや!』と雷を落とされました」

     そんな“師弟関係”に変化が生じたのは、優勝した星野監督の3年目。この年、4月を終えた時点で11勝14敗と借金が先行すると、5月に星野監督から「嶋、ちょっと来い」と監督室に呼び出されたといいます。恐る恐るドアを開けるや、「明日からおまえが全部のミーティングをやれ」と言われたそうです。

    「それから毎日、早くに球場に行ってまずスコアラーさんからデータをもらい、自分なりに分析して、バッテリーだけではなく野手のミーティングもやりました。その成果だとはまったく思っていませんが、優勝した直後にあの時と同じように監督に呼ばれたんです。ドアを開けると、『ようやった!』と初めてホメてもらい、時計をプレゼントしていただきました。あれは忘れられません」

     そんな星野副会長の下、楽天は辞任した大久保監督に代わって梨田新監督を招聘し、V奪回を目指します。

     秋季練習で顔を合わせた梨田さんの印象は?

    「第一印象は柔和で爽やかで、仏様のような方だな、と(笑い)。まだ、深くお話はできていないので、梨田監督と一緒にやられたことのある選手やOBの方にいろいろと取材をしているところです(笑い)。取材の成果ですか? グラウンドの外ではイメージ通りの温和な方だけど、試合に入ったらまったく違うぞ、非常に厳しい人だぞ、とは聞きました。いずれにしろ、この2人を含めてチーム一丸となってもう一度優勝したいです」

     そう言って、近くにいた則本昂大(24)、松井裕樹(20)と顔を見合わせた嶋。3人は11月8日に開幕する野球の国際試合、「プレミア12」の日本代表に選出されています。V奪回の前に“世界一”を目指し、「やるからには勝ちたい」と声を揃えていました。

    (野球評論家)


  • 楽天・嶋 FA権取得も残留に含み 星野氏副会長就任で

    スポニチアネックス 10月7日 9時0分配信

     ◇パ・リーグ 楽天3-9ロッテ(2015年10月6日 コボスタ宮城)

     楽天・嶋は保有する国内、海外両FA権の行使について「球団と話し合ってからです。家族とも話し合って一番いい結論を出したい」と話すにとどめた。

     9月に前監督の星野氏が副会長に就任。チーム編成の全権を任されたこともあり「間違いなく僕の人生の分岐点になった人だと思いますし、まだその恩をすべて返せていない気持ちがある。そういったことも含めて結論を出したい」と残留に含みを持たせた。



    監督も変わったし
    仙さんもチーム編成の親分になったし
    残るんちゃうかなー


    いや!

    残って貰わな困る。

  • 楽天・星野副会長 サプライズで斎藤に花束贈呈「これからが勝負」

    スポニチアネックス 10月5日 7時4分配信
    5

     ◇パ・リーグ 楽天4―5ソフトバンク(2015年10月4日 コボスタ宮城)

     楽天の星野仙一球団副会長が斎藤に花束を贈呈した。セレモニーの終盤にサプライズで登場すると球場はどよめき、「これからが勝負だぞ!」と言葉を掛けて抱擁を交わした。

     優勝した13年にブルペン陣の精神的支柱でもあった右腕について「リーダーとしてよくやってくれた」とねぎらった。セレモニーでは斎藤と同時期にメジャーで活躍した広島・黒田、元ヤンキースの松井秀喜氏らのビデオメッセージも流された。



    隆はん、ほんまお疲れ様でした。

    特に2013年は
    中継ぎの柱として
    必要不可欠な選手でした。

    昨日NHKで
    隆はんが
    仙さんからの花束贈呈が一番感動したと言うてはったな。

    仙さんを悪く言う人多いけど
    なんやかんや言うても
    選手から人望がある人やと思う。


    てか、
    時代の流れとはいえ
    隆はんも部長も引退とは寂しいな。




    あまりここには
    コメントしないけど
    シーズン終了後に
    イーグルスの未来?を
    独り言のように述べたいと思う。(^^;;

  • コボスタ宮城30億円大改修 内外野天然芝、世界に誇れるBPに
    スポニチアネックス 10月1日 10時52分配信
    769
    コボスタ宮城30億円大改修 内外野天然芝、世界に誇れるBPに
    コボスタ宮城が来季、世界に誇れるボールパークへと生まれ変わる
     総額30億円の大改修だ!楽天が本拠地で開幕を迎える2016年シーズンに向け、今オフにコボスタ宮城の大規模な改修工事をすることが30日、分かった。最大の目玉はメジャーで主流となっている内外野の天然芝化。その他にも左中間に「公園席」を設置し、観客動員数も3万人を超える見込みだ。11月下旬に着工予定で、ボールパーク化をさらに進める。梨田昌孝氏(62)が監督に就任する来季は球場、首脳陣ともにリニューアルし、2年連続Bクラスから巻き返す。

    【写真】懐かしい…楽天が本拠地にする前の仙台宮城球場

     目指すはファンが世界に誇れるボールパークだ。ここ数年、バラエティーに富んだシートを設置するなど毎年のようにコボスタ宮城の改修を重ねている楽天は、前日29日に都内で行われた球団取締役会で今オフに大規模な改修工事を行うことを正式承認。球団関係者は「来年はさらに東北のファンの方々が楽しめ、誇りに思えるような球場にしたいです」と話した。

     最大の目玉は内外野の天然芝化だ。球団では12年から美しい景観と選手の足腰への負担も軽減される天然芝への張り替えを本格的に検討。昨年8月には天然芝のサブグラウンド「グリーンフィールド」を設置した。投手練習や野球教室で使用すると同時に寒冷地で天然芝の採用が可能であるかのデータも収集。コストや芝の管理に向けた技術面の問題もクリアされ、天然芝の採用に踏み切った。現在、12球団本拠地で天然芝は阪神の甲子園と広島のマツダスタジアムだけ。パ・リーグでは唯一となる。

     今季は2年連続でBクラスが確定しており、大久保監督は今季限りで退任する。来季は経験が豊富な梨田昌孝氏が監督に就任する。球団も全面支援する方針で球場改修もその一環だ。今季は成績不振と対照的に9月20日のオリックス戦(コボスタ宮城)で主催試合の観客動員数が過去最多だった昨季を上回り146万を超えた。星野仙一副会長(68)も事あるごとに「職員の営業努力には本当に頭が下がる」と感謝している。来季に芝と土のにおいを感じることができる天然芝の球場となれば、さらなる集客が見込め、チームの力になるはずだ。

     今回の改修では天然芝の他にも左中間席の後方にパドレスの本拠地であるペトコ・パークを手本とした広大な敷地の「公園席」を設置する予定。収容人数は3万人以上(現在は最大2万8451人)となる見込みだ。また中堅のスコアボードも全面改修される。総工費約30億円の大改修は、11月下旬にも着工される。





    ドーム化は完全に消えたって事やね。

    遠方から応援に行くファンには
    ドームの方がありがたいと思うんやけど…

    とにかく
    天然芝のコボスタ早く見てみたい。


    てか、

    30億って

    日本プロ野球機構?から返ってくる
    預かり保証金の25億が充てられる⁉︎

    もう10年かぁ…

    早いな。

  • 明大OB 楽天・星野副会長6年ぶりに観戦も特定選手に言及せず

    スポニチアネックス 9月28日 8時8分配信
    10

    <明大・早大>
     ◇東京六大学野球秋季リーグ戦第3週第2日 明大3-2早大(2015年9月27日 神宮)

     楽天・星野仙一副会長が6年ぶりに東京六大学秋季リーグ戦を観戦。来月22日に迫った今秋ドラフトを見据え、上位候補に挙がる早大・茂木や明大・高山らを直々にチェックしたが「他にも選手はいっぱいおる」と、特定選手の言及は避けた。

     また、明大OBの星野副会長は高山が自身の1学年先輩であるDeNA・高田繁GMが持つリーグ最多127安打の記録に並んだことに触れ「時代が違う。ピッチャーのレベルが違うし比べようがない」とした。

     ▼巨人・山下哲治スカウト部長(高山は)記録のプレッシャーがある中で打ったのは凄い。春に比べて打ち損じがなくなった。守りも良く足もある。総合的に抜けている。1位でいかないと獲れない選手。

  • 引退発表の中日・山本昌に星野氏が温かいゲキ「野球だけを考えて一生を終われ」

    Full-Count 9月26日 19時10分配信
    26


    かつての恩師がメッセージ「アメリカに置いてきて良かった、唯一の男」


     今季限りでの現役引退を発表した中日・山本昌投手(50)について、かつての恩師である楽天の星野仙一取締役副会長がコメントを寄せた。

     山本昌は1983年のドラフト5位で中日に入団。以来、中日一筋でプロ人生を歩み、今季限りでユニフォームを脱ぐことを決断した。

     かつて同球団を率い、ともにリーグ制覇も経験している星野氏は現役最年長選手の引退に「アメリカに置いてきて良かった、唯一の男だ。何よりも恵まれた体を親からもらっていた。球は全力投球しても遅かった。その遅い中で、いかにして威力のある球を投げて打者を抑えていくか、という術を覚えていった。50歳まで投げて、これから遊ぶ余裕のある年齢ではないだろうから、野球のことだけを考えて一生を終われ」と温かいメッセージを送っている。

     中日が88年にドジャースと同じベロビーチでキャンプを行った際、山本昌は他の4選手とともに野球交換留学として米国に残った。これが飛躍へのきっかけとなっただけに、恩師は当時の決断を懐かしんだ。



    こうるさい親父らしいコメント。
    50歳のレジェンドも仙さんの前では
    まだまだお子ちゃまやな(^^;;


    とにかく昌さんお疲れ様〜


  • 闘将と斎藤隆のきずな 2年前の雨降る夜に…


    スポニチアネックス 9月24日 8時33分配信




     2013年9月15日、細かい雨が降る静かな夜だった。Kスタ宮城(現コボスタ宮城)のオリックス戦は雨天中止となり、当時の楽天・星野監督(今季からシニアアドバイザー、9月7日から副会長)は仙台市内の自宅に戻り、くつろいでいた。そこに突然、インターフォンが鳴った。訪問者は斎藤隆だった。

     斎藤は老齢の男性を伴っていた。腰痛に苦しむ指揮官のために自身が懇意にしていた整体師だった。「どうしたんや、いきなり」。口ではそう言いながら内心はうれしかった。その後、松井稼も訪問。2人と野球談議に花を咲かせながら心地よいマッサージを受けた。

     記者は12~14年に楽天を担当した。13年の9月といえば球団初優勝に向け、チームは順調にマジックを減らし、担当記者は日々の原稿に追われつつ「Xデー」に向けたネタの仕込みにも動いていた。翌16日、球場で「きょうは腰の調子がええ」と上機嫌で話す星野監督の表情を見て心の中で「何かあったな」と直感。「いい整体師でも見つかりました?」と質問したが「まあ、ちょっとな」とはぐらかされた。その後に周辺を取材し、斎藤の「心遣い」を知った。

     星野監督が持病の腰痛を最初に悪化させたのは楽天監督に就任して間もない10年秋。その後は小康状態が続いたが、エース田中(現ヤンキース)を中心に快進撃が始まった13年の7月頃から痛みが再発した。座骨神経痛からくる足のしびれや腰の痛みは増す一方。それでも「選手はいつも監督の顔色をうかがう。だから絶対に痛い素振りは見せない」と体に鞭打ち、痛み止めの薬を服用しながら指揮を執り続けた。当時は試合後に監督室に戻るとソファに倒れ込み、靴下を脱ぐにも職員の助けを借りていたほど。そんな症状を密かに知った斎藤は「自分にできることはないか」と考え、行動に移したのだった。

     チームは9月26日、西武ドーム(現西武プリンス)での西武戦でリーグ優勝を決め、日本一まで駆け上がった。メジャーから8年ぶりに日本球界に復帰した斎藤も救援で30試合に登板し、3勝0敗4セーブ、防御率2・36。仙台出身のベテラン右腕は、11年に東日本大震災を経験した東北にとって、まさに「復興のシンボル」となった。

     大物選手の引退が相次ぐ今季、45歳の斎藤も通算24年の現役生活に終止符を打つ。先日、星野副会長に会う機会があり、整体師の話を振ると「あの時は隆の気持ちがうれしかったな」と遠い目をして振り返り「あいつがいなかったら日本一はなかったよ」とも言った。田中を筆頭に功労者は多いが、斎藤がグラウンド内外で示した存在感は大きかったと、記者も思う。(山田 忠範)

  • 魂の歌、楽天・則本に勇気を 滋賀・長浜の音楽ユニット制作


    京都新聞 9月23日 17時0分配信




     滋賀県多賀町出身でプロ野球楽天イーグルスの則本昂大投手の登場曲を、長浜市を拠点に音楽活動を続ける男性ユニット「~Lefa~(リーファ)」が作った。仙台市にある本拠地の楽天Koboスタジアム宮城(コボスタ)で則本投手が登板するたびに流れている。
     則本投手は八幡商高から進んだ三重中京大で力を付け、2012年秋のドラフト会議で楽天から2位指名を受けた。1年目に15勝、2年目に14勝を挙げるなど活躍している。
     リーファのボーカル担当で長浜市出身の北川陽大さん(37)が昨年6月、則本投手を中学生からプロ入り前まで指導した野球教室コーチの小寺学さん(34)=近江八幡市=と知り合い、意気投合。小寺さんから則本投手の応援歌の制作依頼を受けた。
     昨年12月、則本投手の後援会発足の催しでリーファが歌を披露したところ、気に入った則本投手が今シーズンの登場曲に採用することに。自ら「魂~ユメノミチ~」とタイトル名を付けた。
     「信念を貫いて魂燃やせ」「何度でも何度でも立ち上がる君の強さ」の歌詞は、則本投手を支えた人たちの言葉や思いをくみ取り、北川さんが作った。
     則本投手は「タイトルは自分のモットーの『魂』。感謝の思いを絶対に忘れず、プレーでしっかり結果を残したい」とコメント。リーファは8月22日に試合前のコボスタで歌を披露し、北川さんは「則本投手と被災地の皆さんを勇気づけようと歌った」と振り返る。
     CDも販売中で、ウェブショップなどで購入できる。問い合わせはワーナーミュージック・ジャパンTEL03(6439)8600。


    トピズレですいません。
    m(__)m


  • 星野SA 清宮いじり「なんでお前が選ばれてるんだ」


    スポニチアネックス 8月27日 7時44分配信



     ◇壮行試合 高校日本代表2-9大学日本代表(2015年8月26日 甲子園)

     高校日本代表の清宮が試合前、視察に訪れた楽天・星野仙一シニアアドバイザー(SA)から激励された。父・克幸氏(ラクビートップリーグ・ヤマハ発動機監督)が星野氏と親交があり、小さい頃から面識があった。

     ベンチ裏で対面すると頭を撫でられ「元気か。なんでお前が選ばれてるんだ」といじられながら握手。1安打を見届けた星野氏は「大したもの。低め(のボール球)にしっかりバットが止まる。ポイントが近いのが良い」と評した。



    星野SAのラグビー好きは知ってたが
    まさか清宮パパと親交があるとは
    知らんかったなー

  • 楽天・星野SA U18代表VS大学代表視察へ 狙いは即戦力腕




     闘将が生チェックだ。楽天の星野仙一シニアアドバイザー(SA=68)が、今月26日に甲子園で行われる「侍ジャパンU―18高校日本代表VS侍ジャパン大学日本代表」戦を視察することが17日、分かった。

     28日から日本で初開催されるU―18ワールドカップ(W杯)に向け、今夏の甲子園出場選手を中心に選抜される高校日本代表の壮行試合。早実の1年生スラッガー、清宮も選出される可能性があり、日本野球機構(NPB)の関係者も「スカウトが勢ぞろいすると思う」と予想する。星野SAは阪神監督時代の本拠地だった甲子園のバックネット裏に陣取り、金の卵たちに熱視線を送る。

     星野SAがアマチュア選手を視察することは極めて異例だ。監督だった昨季までは上位指名候補を映像でチェックしていた。常々「楽天はドラフトで失敗できない」と話しており、現職となった今年は全国の大学、社会人チームの人脈を駆使して情報を集めている。球団から受けた今回の視察のオファーも快諾した。

     ドラフトの補強ポイントは例年同様に即戦力投手。特に仙台大の152キロ右腕・熊原、富士大の151キロ右腕・多和田ら地元・東北の投手に注目しているが、一方で生え抜き野手の育成が課題だ。近年で入団からレギュラーを奪い、定着したのは嶋と銀次のみ。それだけに関東第一のオコエや仙台育英の平沢の評価も高い。

     ドラフト1位を即戦力の大学生か、将来性ある高校生にするかを決める判断材料になる一戦。当日はグラウンドだけでなくバックネット裏も豪華な顔触れとなりそうだ。




    出来れば投手より強打者を求む!!


  • 星野仙一が「管理職の理想の上司」2位にランクイン、
    マイナビニュース 7月2日 16時14分配信


    保健同人社はこのほど、2014年度の管理職および新入社員を対象に実施した「理想の上司イメージ」の結果を明らかにした。調査は2014年4月1日~2015年3月31日にかけて行い、274人から有効回答を得た。



    「管理職」が理想とする上司イメージで最も多かったのは「面倒見がよい」上司だった。イメージに近い有名人としては星野仙一さんが挙げられている。叱咤(しった)激励のなかにも選手への信頼があり、ここぞという場面では選手を守ろうとする姿勢が、理想の上司イメージとして支持されたようだ。その他、「責任感が強い」「配慮ができる」などの特性を求める傾向が見られた。

    実際の有名人では誰が「理想の上司」かを管理職に聞いたところ、高倉健さんが1位となった。スポーツ界では2位に星野さん、5位に野村克也さんと、2人がトップ5入りを果たした。同じく野球関連では6位に読売巨人軍の監督を務める原辰徳さん、9位に世界の本塁打王として名高い王貞治さんがランクインした。

    「新入社員」が理想とする上司イメージで最も多いのも、管理職同様に「面倒見がよい」だった。実際の有名人としては、多彩な役柄をこなす俳優「堺雅人」さんが最も多く挙げられた。優しい口調や穏やかな雰囲気と、時折見せるコミカルな一面が、理想の上司として支持されたようだ。そのほかでは、「明るく振る舞う」「責任感が強い」が上位となっている。


    堺さんのほかに新入社員が選んだ「理想の上司」の有名人は、スポーツ界からはサッカーの長谷部誠選手と原監督がそれぞれランクインしている。

    (フォルサ)

  • 星野SAがマー君の開幕戦を斬る…敗因は配球に酔ったバッテリー



    スポニチアネックス 4月8日 9時30分配信
    星野SAがマー君の開幕戦を斬る…敗因は配球に酔ったバッテリー

     ◇ア・リーグ ヤンキース1―6ブルージェイズ(2015年4月6日 ニューヨーク)




     楽天の星野仙一シニアアドバイザー(SA=68)が、スポニチ本紙に観戦記を寄稿した。13年の監督時代に田中が24勝0敗1セーブをマークし、球団初の日本一を達成。メジャー2年目で初の大役を務めた元エースの投球は同じ投手出身の闘将の目には、どう映ったのか。

     まずはメジャー2年目で名門ヤンキースの開幕投手に選ばれたことは、同じ野球人として凄いことだと思うし、うれしい。開幕投手は楽天にいた2012年以来みたいだけど、日本とメジャーで、また雰囲気も違う。でも、ヤンキースには他に投手はいないのか?将大は(昨年)肘を手術するか、しないのかと言われていた投手なのにね。

     今回の大きな敗因は初回、2回に変化球を多投して抑えた配球にバッテリーが酔ってしまったことだね。特に初回の先頭レイエスがあんな手前でワンバウンドしたスプリットを振って3球三振。それで「変化球でいける」となってしまった。俺からしたら、捕手は何をやってるんやだよ。打順が一回りした3回も変化球ばかり。将大もほとんどサインに首を振らなかった。相手が「追い込まれるまでは低めの変化球を捨てよう」という雰囲気になっていたのにね。

     そこで、ひとつポイントを挙げるとしたら3回無死一塁から9番、しかもルーキーに与えた四球。振ってくる雰囲気がない相手に大胆に攻めればいいのに、変化球で際どいコースばかり。数は少なかったけど、将大はいいフォーシームも投げていたし、速い球がなければ変化球も生きない。嶋(楽天)なら、もっといいリードをしとるよ。

     90球という球数制限の中で試合をつくらなくては、という気持ちもあったと思う。十分につくれる能力はあるけど、ファウルを繰り返されたり、見極められたりすると無意識に「早く勝負しなければ」となる。ツーシームでゴロを打たせることを覚えるのはいいことだけど、捨て球(内角へのボール球)にすれば外角で勝負しやすくなる。でも球数制限があると、なかなか捨て球を投げられないし、3回に被弾したような失投になりやすい。これから状態が上がって球数制限も増えれば、将大らしい投球ができるようになるよ。

     去年の1月、渡米する前に仙台で将大があいさつに来た時に「肩、肘のコンディションには本当に気をつけろ」と言ったのを思い出す。PRP(多血小板血しょう)療法もアスリートの成功例は少ないみたいだから、将大がそうなってほしい。

     点数を付けるなら60点。次回の目標は6、7回を1、2失点ぐらいかな。三塁手もしっかり守ってほしい。まだ銀次(楽天)の方がうまいぞ。(東北楽天ゴールデンイーグルスSA)



    嶋や銀次の名前出すところは
    イーグルス愛を感じる。(^^;;


  • 仙さん監督復帰へ前向き!? 「早くムズムズするように」
    デイリースポーツ 2月4日 20時54分配信




     楽天前監督の星野仙一氏(現楽天シニアアドバイザー)が、4日放送のテレビ朝日系「出張!徹子の部屋8弾“おかげ様で40年突入徹子マツコ辛口SP”」に出演。「最強アスリートと夢トーク」のコーナーに登場し、今後の監督復帰へ向けて含みを持たせた。

     司会の黒柳徹子から「どこかの監督になりたいっていう気持ちは?」と問われると「いやあ…今はないですね」とまずはこれまで通り復帰の可能性を否定した星野氏。しかし「阪神のときも“もういいや”と思って辞めて、数年たつとお尻がムズムズしてきた」と続けた。

     黒柳がさらに問うと「年齢(68歳)が年齢ですから」と現実的ではないと苦笑した。それでも「辞めるとさみしいですね。次の監督(楽天・大久保監督)がいろんな指示をしていると“オレだったらこのまま(方針などを)続けてやるけどなあ”とかなんとか自分なりに考える」という本音もチラリ。

     最後は笑顔で「早くムズムズするように」と監督復帰へ前向きとも受け取れる言葉で締めた。


  • 【楽天】星野SA、安楽ら新人9選手と初対面



     楽天の星野仙一シニアアドバイザー(SA=67)が19日、仙台市のコボスタ室内練習場を訪れ、ドラフト1位・安楽智大投手(18)=済美高=と初対面した。

     新人9選手からあいさつを受け、自身の現役時代と同じ背番号20のビブスを付けた安楽を指さし、「いい番号やな」と笑顔。安楽は「はい!」と直立不動で返事をした。

     星野SAは、ルーキーたちに「体だけは気をつけて」と言葉をかけた。

     これに先立ち、サプライズで一足早く、68歳の誕生日を祝福された。球団事務所に入ると、職員ら約50人が拍手で出迎えた。

     誕生日は22日だが、前祝いで花束や、特製ラベルの高級シャンパン「ドンペリ」3本をプレゼントされた。「ようやく58歳になりました」と冗談を交え、笑顔であいさつ。「もうユニホームを脱いだのに…。みなさんは仲間です。涙が出るほどうれしい」と感謝した。

     また、「今年はデーブ(大久保監督)が指揮を執りますが、重いようで軽い(笑い)。支えてあげてください」と呼びかけ、「今年の優勝旅行は社員も連れて行きたい。(三木谷)オーナーにも言っておきます」と話すと、職員からひときわ大きな拍手が起こった。



    直立不動w


  • サンケイスポーツ 11月25日 10時45分配信


    楽天・銀次、来季首位打者宣言 「星野監督から車をもらえるように」


     来季は首位打者! プロ野球、楽天・銀次内野手(26)が24日、岩手県滝沢市の岩手産業文化センターで行われたシーズン報告会に参加し、故郷岩手のファンへ向かって、プロ9年目の来シーズンに首位打者を獲得する目標をブチ上げた。今季はリーグ2位の.327をマークし、三塁手のベストナインを初受賞。前監督の星野仙一シニア・ディレクター(SD)と交わした“約束”を果たそうと鼻息が荒い。

     東北6県の計10会場で同時開催された楽天のシーズン報告会。故郷の岩手に凱旋(がいせん)した銀次は、自らを鼓舞するように来季の熱き目標を口にした。

     「来年は違うタイトルを取りたい。バットの方で。首位打者を目指して日々努力したいです」

     約1100人のファンは、歓声と拍手で地元の英雄を称賛した。銀次は今季、117試合に出場して打率・327、4本塁打、70打点で三塁手のベストナインを初受賞。自身初タイトルを得て、一層の飛躍を誓った。

     今年2月の春季キャンプで、星野監督(当時)とひとつの約束を交わした。「首位打者を取って星野監督から車をもらえるように。その約束を自分が守りたいです」。監督を退任した星野SDは忘れているかもしれないが、一方の銀次はしっかり覚えており、変わらず発奮材料にしている。

     盛岡中央高から入団8年目の今季は、腰痛で5月24日に出場選手登録を抹消された。仙台市内の病院で検査を受け「第2腰椎横突起骨挫傷」と診断され、6月19日の再登録まで戦線離脱した。

     だが、復帰後の夏場に調子を上げた。きっかけは「(構えるときに)バットのグリップを落として。上げると肩に力が入っていましたが、落としたら力が抜けて、バットがスムーズに出ました」という構えの微妙な変化。シーズン終盤には、オリックス・糸井と首位打者争いを繰り広げた。

     報告会では質問形式のトークショー、抽選会、ファンとのハイタッチなどを行い「岩手で応援してくれる方々の顔を見れて、うれしかったです」と生まれ故郷の岩手県民と温かく触れ合った。

     昨季は球団創設9年目で初の日本一を経験したが、今季は一転して最下位に転落した。「リーグ優勝、日本一を毎日思いながら」。銀次は2008年のリック、09年の鉄平(現オリックス)に続く楽天3人目の首位打者を目指しながら、V奪回に力強く貢献する。(山口泰弘)

  •  
    フジテレビ系で22日(土)に生放送される『さんまのまんま2014大阪から生放送SP』に、楽天の星野仙一シニアアドバイザー(SA)が出演することが決まった。

     約4年半ぶりに『さんまのまんま』に出演する星野SAは、同番組MCの明石家さんま氏と親交があり、オフには一緒にゴルフをする仲。“お笑い怪獣”の異名を持つ明石家氏と、“闘将”星野SAが生放送でどのようなトークを繰り広げるか、注目だ。

     星野SAは中日、阪神、楽天の3球団で監督を歴任し、中日時代には2度(88年、99年)、阪神時代に1度(03年)、楽天時代に1度(13年)と合計4度のリーグ優勝に輝いており、楽天時代にはチーム創設初の日本一へと導いた。

    <放送予定>
    ◆さんまのまんま2014大阪から生放送SP【楽天・星野仙一SA】
    2014年11月22日(土)15時~17時25分(生放送)

    BASEBALL KING

  • 星野SAティーボールチームの名誉監督に?
    日刊スポーツ 11月13日 18時59分配信

    ティーボールチーム「フェニックス」の子どもたちと記念撮影する楽天星野SA(中央)(撮影・古川真弥)


     楽天星野仙一シニアアドバイザー(SA)(67)が13日、岡山の社会福祉法人・旭川荘を訪れた。現役を引退してから毎年オフに行っており、今年で30回目となった。



     肢体の不自由な子どもたちのティーボールチームである「フェニックス」とも交流した。もともと、星野SAが旭川荘にティーボールを紹介した縁がある。大会で準優勝だったことを聞くと、「準優勝は立派。うちなんか最下位だったから。惜しかったな。でも、惜しい、惜しいだけじゃね。来年はもっと点を取って優勝して下さい。みんな上手になったね」と励ました。

     サプライズもあった。子どもたちの代表から「フェニックスの終身名誉監督になって下さい」とお願いされ、背番号77のユニホームを贈られた。「他のチームで監督ができなくなるな。しっかり絞るからな。覚悟しとけよ」と目尻を下げた。

    ★星野SA??
    う〜ん、なんか違和感有るけど
    じきに慣れるやろ(^^;;

    てか、

    毎年恒例の旭川荘の訪問。

    忙しい合間をぬって
    毎年欠かさず30年。

    口では簡単に言えても
    なかなか実行出来る事では無い。


    闘将が阪神監督時代、
    赤星も影響されて
    盗塁の数だけ車椅子を寄付する活動してたのを思い出した。

  • 「星野とはそういう男だよ」と言ったのは、球界のベテランOBだ。

     前楽天投手コーチの佐藤義則氏(60)と、同内野守備走塁コーチの鈴木康友氏(55)は、すでにソフトバンク入りが内定。その2人の就職先めたのは、今季限りで辞任した楽天前監督の星野仙一氏(67)だったからだ。

     星野監督が病気で休養中に開催された今年の球宴は、佐藤コーチがパの監督代行を務めることが決まっていた。ところが楽天は急きょ、大久保二軍監督(47)の新代行就任を発表し、球団内の内紛が露呈。

     そんなドタバタ劇や大久保新監督が二軍で同じ釜の飯を食った若いコーチ陣を大量に一軍へ上げるといった事情から、年上の佐藤、鈴木コーチは退団に至った。そこで親分が動いた。前出のOBが言う。

    「鈴木康友は星野が中日の監督時代からかわいがっている。佐藤は阪神の監督時代に投手コーチに呼び、リーグ優勝に貢献した指導者です。2人は親分の監督辞任で職を失ったようなもの。星野という男は信頼できる子分の面倒はとことん見る。佐藤、鈴木の退団が決まると、すぐにオリックスの関係者へ連絡した。オリックスは今季、森脇体制で好成績を残したのでコーチの大幅な入れ替えはできないと言われ、秋山監督が辞任するソフトバンクの王さんに頭を下げたわけです。ソフトバンクは投手コーチの郭泰源が退団するし、新監督の工藤が人脈に乏しいことも幸いしたようです」

    ■面倒はとことん見る

     星野氏は、契約を1年残して辞めた阪神の監督時代も、自分が連れてきた達川バッテリーコーチや西本投手コーチらの処遇を気にかけていた。

    「あの時、達川、西本も退団したが、星野は自分が連れてきたコーチには、『契約が残っているなら、絶対に自分から辞めると言うな』と教える。契約期間中に球団からクビを切られたら、翌年の給料は保障されるからね。星野は明大時代、島岡御大(監督)が補欠選手の就職先を決めるために頭を下げて回っていたことを知っている。それを今も実践しているんだから大したものだが、星野は楽天のフロントに残るというんだから、要望を聞き入れた王さんは、器がさらには大きいね」(前出のOB)

     闘将と言われる星野氏だが、心配りは実に細やかなのだ。


    ★この前、甲子園に現れて
    王さんに挨拶したのは
    こういう経緯があったんやな。

    この気配り、心配りが
    選手、助っ人、コーチに慕われる理由なんよな〜。

    さすが親分!!


  • デイリースポーツ 10月30日 6時59分配信


     退任した楽天の星野仙一前監督(67)が29日、仙台市の球団事務所に姿を見せ、安部井チーム統括本部長と会談。球団に対する不満から退団する意向を見せていたが、話し合いが前向きに進んでいることを示唆した。

     「まだ何も決まってない」。多くを語らなくても、そのすがすがしい表情がすべてを物語っていた。関係者によると、まだ最終調整が必要な段階だが、星野前監督の気持ちは残留に固まりつつあるという。

     三木谷オーナーの決断が鈍り、新監督を含む組閣が遅滞したことに怒りを募らせていた前監督は、アドバイザー的な職を用意していた球団の慰留にも「俺は名誉職ならいらない」と拒否する姿勢を示していた。しかし譲歩案も提示されたとみられ、態度は軟化。ようやく決着が見えてきた。


    ★この記事が事実なら嬉しい。

    銀次か1番喜んでる…はず!

  • <<
  • 32 11
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ