ここから本文です
  • 震災から3年が経ちました。三陸鉄道が無事復旧開通しました。しかしその陰では沿岸沿いの町の復興は進んでなく 原っぱの空き地が目立ち 多くの瓦礫が残ってます。失業した人は今でも職が決まらず 仮設住宅に細々と身を寄せる被災者も数多く存在してます。水産業も壊滅的な被害から中々復興が進まず廃業した業者も数知れずいます。こうした現状を打破するきっかけや被害者の心の傷を埋めるべく手段として プロスポーツチームの存在が一番大きいはずです。岩手県にはグルージャ盛岡というJ3のチームがあるが 資金力がかなり乏しく戦力も充実されてないのが現状です。このチームに岩手の復興のシンボルには 荷が重すぎて現実は厳しいです。そこで個人的な意見ですが大宮アルデージャに岩手県に移転してもらうのが 一番妥当だと思います。さいたま市では存在意義が曖昧で浮いたような存在だと聞いてます。もし岩手県に移転してくれるならば 県民も暖かく迎え入れてくれるはずだし 県民総サポーターとして後押しもあります。一気に強豪人気チームにもなるので これは大きなメリットもあります。知人らにこの話をしたら 皆賛成してくれました。場合によっては誘致に向けた署名活動を検討してます。今とこれからのために 県民の復興のためにも大宮アルデージャが必要なのです!

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン