ここから本文です
  • さいたま市を代表する浦和レッズは 全国で知名度は高く
    海外でも知名度はあります 常に上位争いでタイトルもあります

    反対に大宮アルディージャは存在感が薄く 存在意義が無いようにも感じます
    J1降格争いを毎年するなど 格差が広がる一方です 

    さいたま市に2チームは必要ないとの意見も寄せられます
    ここまで堕ちてしまった大宮アルディージャの存続意義を示すのならば
    浦和レッズの下部組織として 再出発することがお勧めです

    そうすれば常にJ1に居座れるし 多くのさいたま市民も納得してくれるはずです
    埼玉県だけでなく日本サッカー界にとっても 面白い提案だと思います