ここから本文です
  • <<
  • 328 306
  • >>
  • ジュビロ同窓会でも開くのか?

    レンタルで獲得した森島以外は元ジュビロ磐田に所属していた選手ばかりだ。コーチ陣も名波監督が現役時代に一緒にプレイした人達ばかりだ。

  • 加入情報

    ・川崎FからFW森島を期限付きで獲得。
    ・森下の移籍期間を1年延長。
    ・大宮からMF上田を完全移籍で獲得。


    戦力収支は大赤字ですな。前田・金園・山崎の放出はダメージ大。外国籍選手2名はDFとFWらしいが、もしかして先日練習参加していた韓国人選手か?



    磐田は変わるのか?それとも変わらない?

    今までのサッカー、今居る選手の力ではまともに戦えるチームではない。相当な意識改革とポジション争いがないとチームは変わらない。先日静岡のサッカーについて語るTV番組があったが、静岡学園高の元監督の井田氏は清水・磐田の選手は試合に臨む姿勢・ハングリーさが弱く、プレイに反映されていないことを嘆いていた。
    磐田に関して言えば高校サッカーよりも魅力がない。勝ちたいという情熱がプレイに出ていない選手が多いのは確かで温度差でさえも選手個々に差がある。チームとしての結束力も極めて表面的。
    シーズン終盤に服部強化部長のインタビューが地元FMラジオで放送されたが、パスを貰おうとしている選手がどんなボールを欲しがっているとか、どういうプレイを得意にしている等の会話が出来ていないと話していた。名波監督も練習後の選手達の行動について選手同士のコミュニケーション不足を嘆いていて積極的に選手間で公私共にもっと話をすることを要求していた。
    練習が終われば選手が話合うことも無くばらばらに帰っていくそうじゃないか。これでは連携プレイが向上するはずもない。

    ポジション争いも特にないし、実力をもってレギュラーとポジションを奪った選手は今季移籍した山田くらいであとは空いたポジションに入っただけの選手。個人成績は芳しくないのに何故か試合に出続ける。そういう選手が磐田のレギュラークラスの大勢を占めることをフロントや名波監督はどう見ているだろうか。

  • 前田より山崎が痛いね。ただし、誰が去ってもそれほど強烈に喪失感を感じない自分が不思議。

    俺は松井とフェルジ以外のジュビロの選手たちを、結局最後まで、誰ひとりとして愛せなかった。
    むしろあいつらの、アマチュア臭い、のっぺらりんとした顔みるだけでむかついていた。
    そんな1年だった。

    しかし「選手の入れ替えはほとんどないし、ガラッと何かを変える、ということはしない。それをやったら、選手がまた迷ってしまうからね。」って、3人が去ることなんかまるで想定していなかったのかね。相変わらずフロントとの意思疎通がチグハグだな。

    リアクションサッカーはしない、などとも言ってるけど、サッカースタイルを選べるほどのメンツではない気がするぞ。

    「勝ちたい気持ちが希薄」ってのがすべてじゃないかな。
    その意味では山形戦は悪くなかった。

    当たり前に90分走れる選手、球際で戦える選手、気持ちの強い、貪欲な、つまりはプロフェッショナルとして当然の前提的な資質を持った選手が欲しいね。

    そのためならいまのチームの土台が全部ブッ壊れたって悔やむほどの

    高邁な話はそれからだろ。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141228-00010002-sportiva-socc

  • 前田移籍決定

    FC東京へ行くことが決まった。正式発表は秒読みです。

    前田ありきの攻撃は今日、死んだ。

  • 残り物に福は残っているか?

    日本人即戦力選手の獲得に関して磐田は出遅れてしまった。今季の主力FWを全て失う可能性が高く、新体制始動時にFW登録は新人の岩元君だけという悲惨な状況も現実味を帯びてきている。このままならOMFをFWで使うことも考えなければならないが、OMFは人数は居ても役立たずか実力未知数という選手が殆ど。松井選手が移籍したらどうなるのかという怖いもの見たさに気持ちが傾いてしまう。

    守備の方も深刻だ。藤田選手&伊野波選手は13~14シーズンで磐田の守備を完全崩壊させた。この2人がCBで並べるだけの信用はない。これに木下選手しかいないというのは負けるためだけに試合をするようなもの。ボランチでプレーした田中選手を使うという手もあるが、人数・質は危険状態。今季J2ワースト5位の失点を改善しなければ、16シーズンはJ3だ。

  • 前田については、前田にとってはもちろん、磐田にとっても、もう潮時だろうという気がする。

    J2残留が決まった今季も、ゴール数だけは帳尻を合わせているが、「勝利」のためのコンテンツが薄かった。それは、鳥栖の豊田あたりと比べてみれば歴然だ。

    彼には結局、自分の力で磐田を昇格に向け、鼓舞するほどの力はなかった。

    彼は最後まで、生真面目だがリーダーシップに欠ける中山、高原の「三男坊」にしかなれなかった。

    ファミリーの鉄火場を凌ぎ、強いリーダーシップでファミリーを再興する「マイケル・コルレオーネ」にはなれなかった。

    そういうことだろう。

    リーダーであることを求められない強いチームで、余生にもう一華咲かせてください。

  • 「世界に通用する日本人のFWを育てたい。」
    首(外国人FW)を付け替えるだけの他チームに対し、磐田はかつてこのような理想を打ち出していたような気がする。
    そして、実際に中山→高原→前田とその系譜が受け継がれてきたと自負している。
    点はもちろんたくさん取るが、それだけではなく、中盤と連動し、全体を構成する上で欠かせないパーツである。
    しかし、今、極端に言ってしまえば、その家系が断絶してしまう危機にある。
    後継者を育ててこなかったつけか。
    もちろん、年齢的にも能力的にも山崎、金園あたりは、2部リーグでウジウジしているレベルではないとは思うが、まさか、全員がチームを去る事態は想定していなかった。
    新人に期待できるのか。名波監督は3年計画を目論んでいるようだが、1人前に育て上げるには、うまくいかなかった場合も考えれば、その何倍もの時間が必要だろう。
    外国人に頼ってみたところで、すぐにフィットするのは難しいだろう。ようやく慣れてきたシーズン後半には勝点で上位とは差がついてしまっており、また、来年頑張りましょうということが容易に想像できる。

    社長交替が発表された今に至っても、何を考えているのか不明である。
    やはり、トップはサッカーがわかっている人が努めた方がよい。

  • 金>人

    磐田のフロントは人を残すことよりも経営を選んだ。
    事実かどうかは不明だが、一部の報道では前田選手と契約更新をする場合、年棒が今季よりも50%減を提示されているという。
    前田選手は所属選手の中で最古参でチーム貢献度は今季でも筆頭候補。そういう選手をこのような待遇では移籍を決断する方が賢明だろう。

    能力が高く、実績を残した選手が冷遇され移籍を決断する中で、能力も無く、何の実績も挙げられない役立たず達がチームに居座り続ける。こういう選手が主体となって構成されたチームでは勝てないのは当然だろう。

    これでJ1復帰を目指せるチームとは言えない。子供達に「将来の夢はプロサッカー選手」と言わせることが出来るチームではなくなってしまった。

  • 前田、山崎、金園、阿部の移籍が決定的とか。地元磐田のサポーターはどう思っているんだろう。年俸がどうとか、J2残留がどうとか、そんなこと以上に、サポーターが選手の要不要を診断するより早く、選手が「このクラブにはもはや一片の魅力も残っていない。」と判断したということだと思っている。磐田はもともと、サポーターが選手を育てたのではなく、かつて全国平均から頭ふたつみっつレベルが高かった静岡出身の選手が中心となってサポーターを育て、磐田という地名の知名度を上げてくれたクラブ。応援はもともと目も当てられぬくらいしょぼかった。全国津々浦々のサッカーレベルが上がり、磐田が静岡県内ですら「ただの田舎」に還り、マネージメントが彼ら過去の優良資産に寄りかかり続けてきたいま、磐田にJクラブは可能なのか?磐田というクラブを本当に地元は必要とし、ホームタウンのサポーターは支えていけるのか?というJ加盟の原点からこのクラブの存続可能性を探るべきところまで、すでに(とっくに)至っているようだ。今年の入場者数がそれを示している。親会社の熱意とホームタウンのサポーターの本気度が試されているような気がします。

  • 継続不可

    前田・金園は移籍が濃厚もしくは決定らしいし、山崎も新潟からオファーが来ている状況。
    前田・金園の両者移籍となれば4-5-1は無理でしょう。そもそも過去3年間主に4-5-1を採用したもののトップ下の能力不足を解消できず1トップの孤立を招いたことを忘れてはいけない。今までの磐田サッカー???はJ2レベルでさえも通用しないのに前線の2枚放出では得点どころか試合の中で1本でもシュートを打てれば良い方だろう。
    トップ下不在、絶対的FWも不在で4-5-1は継続不可能と見るのが妥当。

    今日の中日新聞朝刊で高比良が新外国人選手2名の獲得が内定していると語ったそうだが、何処のポジションでどういう選手なのかは明らかにしていない。補強に関しては新人選手の獲得は例年より多いことは評価できるが、弱点を補う即戦力選手の獲得においては出遅れ感が否めない。

    OMFもチャンスメイクは出来ない、点は取らないような選手ばかりで期待薄。来季の開幕までにどれだけ攻撃意欲を高められるかに期待するしかないだろう。

    以上攻撃面での現状評価。

  • 前田や金園、山崎らの移籍が濃厚となり、更には櫻内にも移籍の噂があるらしいジュビロ。
    昇格を逃したツケか、予想以上の草刈り場になってしまっています。

    こうなると名波監督が当初描いていたであろう青写真からずいぶんかけ離れてしまっているでしょうし、
    いっそのこと思い切った若手の抜擢でチーム全体を一新する方向へ舵を切るのも一つの策かと思います。

    現状のメンバー&新加入確定選手でチームを組めばだいたいこんな感じかと。

                         岩元
                        (阿部)

                 清水      小林      松井
                (松井)    (松浦)    (ペク)
                
                      田中    上村
                     (岡田)  (上原)
                 宮崎              小川
                (駒野)            (石田)
                      木下    伊野波
                     (藤田)   (田中)
                          志村
                         (八田)

    流石にこのままシーズンに突入する様な無謀な事はやらないと思いたいですが、
    一気に前線の層が薄くなってしまった事もあり、即戦力となるCFとCBの補強は必須。
    こうなってしまった以上、前田の系譜を継ぐ万能型CFとして岩元に期待をかけるしかないですが、
    それでもベテラン阿部との二人三脚で戦い抜きつつ「結果」も残すのは至難の業。
    彼の負担を減らす為にもCFと左WGをこなせるアタッカーと
    上背があってCBとDHをこなせるDFにターゲットを絞って補強してもらいたいですね。

    幸いというべきか、来季から加入となる高卒新人は岩元といい、志村といい、
    非常にハイレベルな選手が揃っているので、彼らに未来を託すつもりで
    応援したいと思います。

    特に岩元は鹿児島城西が選手権に出場する事もあり、チーム加入の前に直接目にするチャンスも十分。
    初戦の星稜も難敵ですが今から活躍を楽しみにしたいと思います。

  • 移籍か残留か?

    前田選手にFC東京からオファーが来ている模様。磐田からは年棒半減の提示が出ているらしい。移籍ならばチームとっては大幅な戦力ダウンになること間違いなし。
    今の磐田は攻撃も守備も前田選手に頼りすぎている。チームを立て直す策として荒療治ではあるが、移籍を容認しても良いではないか。
    前田選手は十分にチームに貢献してくれたのだから。

  • 今日でチームとしての活動は終了。シーズンの最終盤になってかすかに若い芽吹きがあったものの、中堅選手が鳴かず飛ばずの有様ではどうしようもなかった。プレーオフの山形戦での敗北は語り草となって磐田に付きまとうだろう。この恥をジュビロ磐田は消滅するまで忘れてはいけない。選手には2部で結果を出せないということはプロ選手だけでは生きていけないレベルに居るということを自覚するべきだ。

    12月2日の契約終了選手の発表後の選手の出入りの発表がないのが気になる。竹重選手の移籍が濃厚という報道以外に出てこないのが寂しい。磐田にとって戦力強化はどのポジションでも必須のはず。やはり2部のチームではなかなか良い選手が取れないというのが実情だろう。2部では古い力に頼りすぎてはいけないし若い力が躍動し台頭しないと1部には上がれないし、定着も出来ない。今季の磐田が得た教訓だろう。

  • 練習参加

    韓国から2人の選手が練習に参加中。
    DFのユウ・ジョンヒ(26歳)、FWのパクヒョンミン(18歳)で韓国の2部リーグに在籍していたそうです。
    ユウは196cm93キロの大型センターバック、パクは187cmで中盤もプレイ可能だとか。韓国の2部リーグのレベルはどのくらいかは知らないので何とも言えませんが、長身のセンターバックはなかなか得がたい人材ではないでしょうか。攻撃的なポジションも点を取れる選手が1人でも欲しいところだが、18歳という若さは魅力でもあるが未知数の部分が欠点にもなるだけにこちらの方が、見極めが難しいだろう。

    若手の方では、清水を退団する柏瀬も21歳と若い。清水は若い選手が多く居るため、余剰戦力になって放出された可能性もある。FWだったが攻撃的なポジションの人材を磐田は欲しているはず、清水はライバルチームだが、退団するとなれば起きて破りでもないだろう。狙ってみてもいいのでは。

  • センターラインというかGKーCBーDH-OMFーFWの戦力強化は必須事項だという意見は正しい。攻守の軸であるし、このラインが機能しないことには勝負にならない。

    磐田に関して言えばFWの前田選手だけが機能を果たしているが、あとは問題外のレベル。特にCBは深刻なレベルも超えている。FWにして前田選手の年齢や契約動向を考えてもCB並みに強化を急ぐ必要がある。

    補強に関して言えば、予算の縮小は避けられないはず。前述の理由を考えれば、CBとFWにはある程度投資をしないと戦えないだろう。
    中盤は成長が見込める選手と役立たずに近い選手が混在する。見込みがありそうな選手を優先し、若手中心になってもいいかもしれない。
    GKは絶対的な存在がいないし、もっと機会を与えて競争を煽ってもいいな。
    レンタルも巧く活用しないといけないね。

  • 資金が更に限られた来季のジュビロが取るべきは、
    ポイントを絞って的確な補強をし、余剰戦力を放出し、
    在籍する選手は最大限に活用することでしょう。

    セレッソや徳島、大宮が落ちてきた来季のJ2は
    間違いなく今季以上に熾烈な争いになるのは明白。

    間違いなく補強が必要と思われるのは、
    GK、CB、CH、CFの4つのポジションかと。

    まずGKは竹重が栃木への移籍が決定的となっている状況で
    現状の戦力は八田、牲川、藤ヶ谷、高卒ルーキー志村の4人。
    藤ヶ谷はスタメンで使わないなら本人の為にも放出はやむなしかと思うし、
    エスパルスの様に牲川を主軸の一人に据えて競わせるというやり方もあるけど、
    八田をすぐに押し退けてスタメンを取れる即戦力となると札幌の金山あたりが適任かと。
    本人もイ・ホスン復帰後はベンチが定位置となっているし、決して現状に満足しては
    いないはず。実力は折り紙付きだと思うが、問題は強化部が目をつけているかどうか・・

    次にCB。ここは一番どうしようもないというか危険なポジション。
    現状では森下も坪内も1月末が来ればレンタル終了で所属チームに帰ってしまうし、
    過去に様々なチームを渡り歩いてきた伊野波も去就は不透明、既に菅沼の退団も
    決まっているし、来季も在籍してそうなのは高卒で2年目になる木下と
    ベテランのマルチロール藤田のみで何とも心許ない。
    出来ればハイボールの競り合いに強く身体能力の高いタイプと
    DFリーダーになれるタイプを両方獲りたい処だけれど・・・

    それからCH。司令塔不在で相手に主導権を譲り渡した試合が何回あったか
    分からないほどだし、ここは明らかに改善が必要。
    候補としては今季まったく出番がなく消化不良に終わったユース出身の上村、
    ユースから昇格の上原、そしてレンタル終了で復帰が濃厚な生え抜きの山本康の3人。
    採用するフォーメーションにもよるけど
    若手主体で行くつもりならこの3人が居れば十分だし、
    チームの心臓部だけにやはり生え抜きが軸になってもらいたい気持ちは強い。

    最後にCF。
    前田が残留してくれれば安定感という意味では心強いが、
    金園もポテンシャルは高くてもケガが多過ぎるし、
    阿部は活用出来ていない状況とあって少なくとも一人は
    高卒ルーキーの岩元以外に前田と競える、あるいは
    後継者となれるだけの選手を補強したい所。

    高卒ルーキーの岩元はポテンシャルは高そうだけれど
    流石に開幕からフル稼働を期待するのは酷というものだし、
    ジュビロに縁のある選手でいうとスルガ銀行チャンピオンシップでの
    鮮烈な活躍が印象的だった静岡出身の荒田、
    上背は無いけどゼロトップ的に使えて得点力も抜群の押谷らがいるけど、
    さすがに昇格の直接のライバルとあって岡山も手放さないかな・・

  • 駄目ですか。

    私は出来る限り生え抜き選手になってなってもらいたいが、見当たらないのが残念ですね。

    11月24日のファン交流イベントで乾杯の音頭を執ったのは岡田選手だったことが驚きだったな。彼は出場試合が少なく、パフォーマンスも弱かった選手の1人。チームが勝てていないときにこういう選手がイベントに先頭に出てくるというはどうかと思う。

    それにこのイベントがシーズン終了の前祝的なものの様にに感じてしまったのは私だけかな?

  • >>307

    >山本選手主将候補の1人だろう。

    彼が主将になれる程度のチームではJ2定着は免れない。

    無理。

    主将は、言葉と行いの両方を兼ね備えていなければ無理。

  • 来季の戦力について語るには早すぎるが、残留してくれたら軸になってほしい選手

    山崎選手
    リーグ終盤ではスーパーサブ的な扱いだったが、自力はついたと思う。あとは前田選手を凌ぐ存在になれるかだ。FWとしての我侭さも出しても良いかな。

    小林選手
    トップ下へのコンバートで新たな課題ができた。トップ下適性は現時点ではあまり感じないが可能性はある。FWやサイドアタッカーを経験させても面白いかもしれない。

    田中選手
    出場機会は極めて少なかったが、出場した試合では役割を堅実にこなしている。こういう選手が埋もれているのは損失。スタミナに課題があるもののトップでの試合経験が少ないということもあるはず。彼には是非レギュラーとして使うべきだ。

    小川選手
    リーグ終盤でようやく実戦デビューを果たし、期待に沿うだけの働きはしていた。櫻内選手との兼ね合いもあるが、駒野選手を押しのけて欲しい。

    櫻内選手
    スタミナに課題を残すものの、攻撃においてはプロ初得点を記録した。攻撃的なポジションの方が面白いかもしれない。

    山本選手
    復帰が確定していないが、軸になって欲しい選手。守備的なポジションよりも攻撃的なポジションでの起用を望む。主将候補の1人だろう。

  • 松浦選手やぺクソンドン選手はメッシの~とかと言われたり目指してるとか言っていたことがあるらしいけど、本家には全く及びませんね。磐田に来たことが失敗だったのか、それとも才能がないのか分かりませんけど、磐田では殆ど活躍していないのに何故か解雇されないのだけは共通してる。

  • <<
  • 328 306
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順