ここから本文です
  • <<
  • 453 434
  • >>
  • 453(最新)

    ste***** 5月20日 19:39

    連続無敗記録は、いつかは終わるもの。それが今日だったということ。5位に順位は下がったが、15試合で勝ち点26は出来すぎと考えたいですね。前節から三好がマークされてボールを失うことが多いですね。途中交代が続いています。どうもボールの持ちすぎというか、パスコースが見つけられないというか、チヤナも含めてシャドーの二人がマークされて都倉にボールが渡りませんでした。後半はジェイが入って相手のマークが分散されたような気がします。
    それにしても今日の神戸は良かったですね。
    次節ミンテと宮沢が出場停止ですが、2か月あるので何とかなるでしょう。ボランチは兵藤、稲本、荒野がいますし、3バックはのセンターは、横山、石川、福森もいるしね。中村、福森、進藤というラインも面白いかも? 福森、石川、進藤というラインもいいですね。ミシャならいろいろ試してみるんじゃないかな? 三好の代わりに宮下が使えればいいけどね。一回リセットして練習漬けの2か月になりそうですね。オフが5日間だけだとか? 今日の敗戦で悔しさが必死の練習に繋がってくれれば御の字です。

  • 無残な敗退でしたね。現地で最後まで応援をし続けたサポに拍手です。帰りの足取りは重かったでしょうね。やはり勝ちたいという気持ちが足りなかったかな? 集中力、走力、球際で負けていました。特に横山のミスからせっかくのチャンスを貰った稲本がまた同じ致命的なミスをやってしまったですね。2失点に絡むミスですから、CBとしてはしばらく使われないかな? 荒野があの決定的な場面でシュートを決めていたら、試合の流れはどうなっていたか分かりませんね。
    ケガで欠場した濱に代わって中村桐耶君が唯一の希望でしたね。守備もテセとせりあってボールを奪取できたし、パスも良かったですね。
    昨今、高校サッカーとユースとの実力の差がなくなっていている中でコンサのユースにはまだまだ可能性がありますね。濱、藤村に次いで中村の昇格が実現しそうですね。昨日は福田君のプレーも見てみたかったなあ。
    ヘイスは危険なFWでなくなってきたし、ジュリーニョも宮吉も消えていたな。目立っていたのは中村と菅野くらい。白井も今一だったような・・。
    これでルヴァンカップのトーナメントは終わったが、不思議なことに広島も東京も敗退とはね。
    サブチームは、練習からじっくり鍛えなおして天皇杯につなげていってほしいものです。今のままならリーグ戦出場できる選手がいませんね。練習でしっかるアピールできないと使ってもらえませんって。その意味では稲本、横山にもチャンスはまだ残っていますよね。チーム内での競争がないとチームの底上げが出来ませんからね。
    にちようびの神戸戦は勝利で終わって8月に向かいたいですね。

  • イニエスタ報道は不確かですね。まだまだ日本に来てくれるのか分かりませんね。

    先日の甲府戦。呆れかえりましたね。あまりにもお粗末でした。戦う姿勢が伝わってこないし、ミスは連発するし、言うことがありませんでしたね。サブ組も練習をしているのでしょうが、その成果が見られませんでした。兵藤が言っていましたが、こんな試合をしていたらリーグ戦には出られないと。甲府に2回もワンサイドゲームをやられるとはね。ミシャのサッカーは、メンバーの固定化が弱点ともいわれていますが、サブチームから這い上がってくる選手が見られないのは、心配です。素人の杞憂であってほしいものです。

    いよいよ日曜日にFC東京との決戦がありますが、三好の位置に誰が入るんでしょうかね? 入れそうな選手は皆90分出てましたしね。ヘイスの予想が出ていますが、90分持ちそうにないですね。まあ、省エネで走ってはいましたがね。

  • 他のチームの補強が話題になっていますね。トーレスに鳥栖がオファー5億だって? 神戸がイエニスタにオファーしてほぼ決まりだとか? 3年で32億だって? まだ不確かな情報ばかりですが、Jリーグも大物買いが増えて来ましたね。それでもジョーのように予想を下回る結果しか出せていない状況もあります。やはり一人の凄い選手の力だけでは、勝てないんですね。
    コンサはミシャの体制下で今いる選手で結果を出し続けてほしいものです。下部の選手の成長も期待したいですね。やはり生え抜きの選手が育ってくれると、チームの主力になってくれると応援にも力が入りますからね。
    明日は何としても勝ち点3を取ってほしいですね。ジュリーニョ、宮吉に期待です。ヘイスはどうしたんでしょうね。

  • とうとう10戦負けなしになりましたね。昨年までのコンサのサポなら考えられないことです。次節東京FCに勝てば2位に浮上です。モチベーションは高まるでしょうね。これでもまだ発展途上だとすれば、コンサの将来の目標は、やはり世界ですね。
    現時点で勝ち点は、25。残留までの目安の勝ち点までは後9。3勝だけです。まずはここをクリヤーしないとね。サッカーの世界はいつ何時何が起こるか分かりませんからね。
    都倉も8試合で5得点。手倉森コーチも注目してくれたようだし、更に進化して結果を出し続けてほしいなあと。
    今のコンサは、90分走れる。最後まで諦めることがない。選手層が厚くなってきた。特に若手が伸びている。戦術を途中で変更しても対応できる。何よりもチームの一体感が半端ではない。
    まずは残留を決める。次は4位以内を狙ってボーナスを貰う。更にはACL出場を狙う。このように目標を徐々に上げて行けばよいと思っています。社長がミシャに監督交代を決断した時には、最悪の場合J2に降格することも想定内としていたようですね。その大胆な未来設計が凄い! 
    心配なのは、三好のプレーが壁にぶち当たっているのかなということ。Wカップ後のコンサの中のレギュラーが変わっていることも予想されますね。良い意味で楽しみです。

  • 9戦負けなし。しかもアウェイでの勝利。更には前回のメンバーから4人を変えての試合。前半に0:0で終えたのが良かったですね。その後、こちらのイージーミスで失点。もうこれまでかとも思いました。でも、進藤のアシスト、ジュリのゴールで追いついた時は、勝ち点1をゲットできたと喜びましたが、なんと兵藤のふわりと浮かせた絶妙なタイミングでの縦パスに反応して抜け出したジュリのゴールでリード。その後の時間の長いこと・・・。ソンユンのナイスセーブがなければ、勝てなかったゲームでもありました。やはりジュリは相手にとって怖い選手ですね。ヘイスや早坂、内村と違ってゴールに向かう姿勢が強いですからね。
    次節も勝ちたいですね。G大阪は、昨日中二日で同じメンバーで勝利。疲労がかなり溜まっていると思います。また中二日で同じメンバーで来るはず。しかも厚別に移動して来ますからね。コンサは、今度も後半勝負でしょう。ただ菅と駒井の疲労が心配です。まあ、控えにジュリも宮吉も白井もいますから、大丈夫でしょう。連勝して川崎にプレッシャーを与えたいものです。

    今までのところ運があるなあと思われる試合も多くありましたが、ここまで勝ってくると力がアップしてきているんだなあ、強くなってきているんだなあと思わざるを得ません。ジェイは7月以降かな? 楽しみです。

  • 昨日は、仙台相手に大魚を釣り落した感じ。でも、仙台は予想以上に強かったし、その中で2:1に持ち込んだのだから良しとしましょう。駒井のチヤナへの喝が効いたようで良かった。
    11試合を消化して勝ち点19は立派なもの。降格位置にいるチームは、勝ち点が11に届いていません。ということは、試合数の勝ち点=残留の方程式が今のところ成立しています。
    スタメンをターンオーバーにしても良いのではという意見もありますが、監督やコーチの判断に任せるのが、いいですね。今のコンサのスタッフの中では、自由にコーチも監督に考えを受け入れてもらえているようですからね。横浜戦の時にはハーフタイム時に長澤コーチの4バックの意見が採用されたようですし、交代する選手に四方田さんが指示を直接出していましたからね。チーム一丸ですよ。
    ミンテが出場停止で代わりは、横山かな? 三好を休ませて宮吉でいいかな? チヤナの代わりに内村というのも面白いかな? ジュリもヘイスもいるしね。ジェイが戻って来てくれると、最高だけどね。宮澤は休めないかな? それでも稲本に任せてもいいかな?

  • 横浜Mによく逆転勝ちできましたね。前半はマリノスに押し込まれましたが、想定内だったようです。前半0:0で後半に勝負をつけるという作戦だったようですね。前半と後半ではマリノスもコンサも全く別のチームのようになりましたね。3バックから菅をSBにしてチヤナをサイドハーフにして、4バックにするなんて? 練習でもやっていたんでしょうね。でなければできないでしょう。進藤があの位置まで上がってきているとは、誰も想像していませんでしたね。ゴールが決まった瞬間、都倉かと思いましたもね。
    来季以降の契約も進藤は更新したという凄いニュース。彼もオリンピック代表になれるかも。
    それにしても都倉は凄いですね。32最なのにまだまだ進化しているというし、スタミナが凄いですね。前線でプレスをかけ続けていたかと思うと、ペナルティーエリア付近での守備。

    昨年は1勝2敗のペースで安心していたのに、今季は2勝1敗ペース。昨年は先制してから、引き籠って守り通す。「アディッショナルタイムは、後35分」だとかいっていたものね。最後にスタミナ切れで失点というパターンでしたが、今季は後半に相手がへばる、スタミナ切れすると読んで後半勝負。90分走り続けますからね。脚をつる選手が見当たらなくなりましたね。

    4位以内で終わってくれれば、お金が入って来ますからそこを狙ってほしいが、今年の目標はあくまでも残留です。そのためにも貯金はできるうちにしておいた方がいいですからね。勝ち点18は試合が半分消化した時の残留の勝ち点を岩回ってしまいました。

  • よく無失点で勝ち点1を獲得できましたね。試合内容は浦和の方が圧倒していましたけど、こちらにも勝機、ゴールの匂いはしていましたね。アウェイでのドローは喜んでもいいかな? やはり浦和は好調で強かったですね。ここまで圧倒された試合は、今季初めてかな?
    宮澤、深井、チヤナの復帰がよかった。ただ三好がイエロー3枚になってしまったね。相手が個々の選手の力量では上回っているという自信からか、ミラーゲームで勝てると考えたのでしょう。今後は他のチームもこの試合を参考にして対策を練って来そうですね。ジェイが復帰してくると、ゴールラッシュが期待できます。彼が万全の状態で復帰してくるまでに他の選手がアッピールを続けなければね・・・。横浜M、仙台は同じメンバーで臨むのかな? 少なくとも横浜M戦は数人状態の良い選手が出れるかもしれませんね。ジュリ辺りは相手も嫌でしょう。ヘイスがもう少し脅威を与えるようなギラギラ感を醸し出してくれると良いのですがね。

  • ルヴァンカップで初勝利! これで4連勝ですね。前回の磐田戦は内容はよかったが、結果が出なかった。今回は内容は悪かったが、結果が出た。どう見てもリーグチームとサブチームでは、力の差がありすぎ。それでも、内村、ジュリ、宮吉がゴールを決めて調子を上げてくれたので良しとしましょう。ジュリは1ゴール1アシスト。早坂のドリブル突破をみてやはり攻撃的な選手なんだなあと思いました。白井のプレーが一番目につきました。アシストのありましたし、足が速いです。楽しみな選手です。
    昨年は1勝2敗のペースでいけばオーライ。勝てそうなチームはこことここと数えるほどの少数。強いチームにはドローでOKという計算でしたが、今季は2勝1敗ペース。どことやっても負ける気がしないというのも嬉しい。それでも今季も残留がまずは当面の目標でいいでしょう。
    次節の浦和は監督が交代のようですね。オリベイラだとか。ミシャのためにも勝ってほしいものです。

  • 柏に勝利してただ今夢のような単独4位。8節の走行距離第1位は、コンサだそうな。今季シュート数が112本で1位。得点も12で1位タイ。やはり個の力の決定力が弱いということのようです。ジェイを除けば、決定力のある選手は、いないですね。ヘイスが調子を出してくれれば良いのですがね。都倉はシュートを良く打ちますし、守備でも90分動けれるので貴重な存在ですね。
    ジェイ、チヤナ、福森、宮沢、深井をケガで欠いていても結果を出せるコンサは凄いですね。宮吉がゴールを決めたのでスタメンに顔を出せれるようになってくれれば嬉しいですね。やはり前節のMVPは2アシストの三好ですね。あっちこっちでコンサの評価が高くなり、注目度が増しています。他のチームはやはりこれからもっとコンサの弱点をあぶり出してくることでしょう。それでもコンサは恐れずチームの戦略を熟成していけばよいのだと思います。
    ルヴァンカップでは、1トップにやはり都倉かな? ジェイは浦和戦に温存かな? 駒井の代わりに誰を起用するのかな? 明日も楽しみです。ジェイが浦和に間に合わないなら、ヘイスの1トップ。シャドーに内村がいいですね。

  • あの鹿島に劣らずどころか勝ってしまった手強い湘南によく圧倒して勝てたなあと正直驚いています。コンサの強さは本物だなあと思い始めています。問題はやはり決定力でしょうか? 3試合無失点の守備が安定してきたことが、最高の勝ちかなと。ポゼッションも、ボール奪取もデュアルもシュート数も相手を上回れるようになって来ました。中3日でも90分走れるというのは、キャンプでの地獄の練習と若手主体のチームだからできる芸当なのかなと思います。超攻撃的な戦略が守備の負担と体力の消耗を軽減してくれていることも確かですね。ミンテ、進藤が安定したプレーを見せてくれるようになりましたし、福森がここまで攻撃の起点になって頑張れるプレーヤーになるとは、思ってもいませんでした。後は守りに入ったチームをどう切り崩してゴールを決めるか、躍動感のあるセレッソのような試合が見たいものです。だんだん観戦が楽しみになって来ました。どことやっても負ける気がしないと感じているのは、サポだけではなく選手も手ごたえを感じていることでしょう。いつかは壁にぶち当たることがあるかもしれませんが、必ずぶれずに乗り越えてくれることでしょう。大きな大きな夢を、景色を見ることが近い将来に訪れて来る気がします。こんな期待の中で応援できる喜びを持てるサポは、最高に幸せですね。ミシャ、四方田コーチ、野々村社長、ありがとう!

  • 昨日の名古屋戦は痛快でしたね。昨日の私の縁起担ぎでは、4:0の予想が出ていたのですがね。ほぼ当たりました。同じ攻撃的なパスサッカー対決でしたが、ミシャは相手を上回れると自信を持っていたようですね。シュートが23本と7本の名古屋を圧倒していました。櫛引のOGも際どく危険なグラインダーのクロスが出せたからの結果でしょう。チャンスがたくさん作れるようになったことは、急激にミシャサッカーの神髄が定着しつつあるということなのでしょう。都倉一人で相手のシュート数を上回ったわけですからね。ハットトリックをとっても不思議ではなかったですね。あのシュートは、オーバーヘッドでもあり、バイシクルシュート(ボレーシュート)でもあるようですね。C・ロナルドのビデオを見ていたからのとっさのプレーだったようですね。
    今後、中3日で湘南、更に中2日で柏とのリーグ戦があります。若いチームなので他のチームと比べても回復も早いでしょう。荒野は、鹿島戦から中3日で昨日ほぼフル出場でしたから、脅威の体力ですね。湘南は強いですね。あのプレスをどうやってかいくぐるのか楽しみです。ミシャは選手を固定しないと言っています。白井やヘイス、宮吉、ジュリーニョが練習のアピール次第でで使われることもあり得ますね。

  • サブチームはまだまだですね。徐々に形が出いてきて良くなっているという感触を監督も選手も感じているようですから、良かったです。リーグ戦チームに刺激を与えることのできた選手というのは、白井だけかな? 宮吉はまあまあかな? 荒野は良い時と悪い時がはっきりしていましたね。稲本、小野ベテランのの体の切れも悪くミスも多かったようでこのままなら若手からポジションを奪うのはきつい状態ですね。
    クロスの精度、パスの精度、チャンスの決定どころ(精度)を高めていかなければ、勝てませんね。
    一番心配なのはルヴァンカップで第2ステージに進めなくなった時に、サブチームの試合が出来なくなることです。そのことによってリーグチームが固定され、誰かがけがで離脱した時にレベルが落ちることです。これは広島や浦和でミシャのサッカーが行き詰まった要因の一つになっていますから要注意ですね。

  • 鹿島戦は、凄かったですね。力関係が逆転していましたもね。コンサが終始圧倒していたように見えましたけど、ポゼッション率やシュート数はほぼ同じでしたね。鹿島の昌子がコンサの方がゲームを支配していたようなことを言っていましたね。前半の終了時にピッチの中でボードを使って修正のミーティングを急きょ行っていたしね。危機感が半端でなかったということでしょう。これからも同じような戦いができるのか、ちょっと不安です。ミシャが「出来すぎ」と言っていましたよね。ただ鹿島戦は無失点でした。これは四方田監督の指導も入ったのかな? 攻めるところは攻め、守るところは守るということが徹底されたのかな? ただ社長が言ってたように「今までの戦い方では、攻撃を受ける頻度が極端に激減している」というデータがあるらしいが、それでも超攻撃的一辺倒にならなかったということなんでしょうかね。三好と深井の途中交代は、足や膝の負荷を配慮した結果かな? この二人に代わってレベルを落とさずに入れるサブが育っているという証拠なのかな? 4日のサブメンバーによる清水戦が試金石になるかな? 
    なんはともあれミシャのサッカーがワクワクするサッカーであることだけは本物ですね。

  • 長崎戦の勝利を目の前で味わって来ました。気分最高でしたね。ボールポゼッション、パス数、走行距離は観るべきものがありましたが、得点の場面は、カウンターとフリーキックからのもの。ミシャのやり方とちょっと違うかなとも思いますが、その場所に選手がいるということが大事。
    宮澤が全体練習に合流できたのは、嬉しいですね。でも、ボランチはスタメン争いが熾烈です。深井、荒野、兵藤、宮沢と難しいですね。小野や稲本は無理のようですね。河合も復帰しつつあるようですし、まだなのは入籍したばかりの菊地だけかな? ジュリーニョの出番も怪しいですね。それだけ選手の層が厚くなったということなのでしょう。

    1万3千人とは少なかったですよね。まあ、他のチームと比較すればよい方かもしれませんがね。18日にドームに着いたら、「障害者席が満席になっています。」とのこと。「障害者の指定席の購入を。」と言われました。それでもその場所に行ってみると二人分のスペースがあったのでそこに落ち着きましたが、後から来た車いすの人二人が、席がないと係の人と揉めていました。そんなに混んでいないし、スペースがあるのに、しかも障害者席の前1列をテープで入れないようにもしていなかったので、残念にも思いました。障害者に階段を下りて自由席に座れという方が無理。昨年の後半からこういう風になって来ました。

  • なかなか初勝利を観られませんね。でも、忍の一字です。勝利という結果は出ていないけど、確実に内容が熟成してきています。前節の甲府に完敗したサブ組の試合なのによくなって来ています。微妙な審判の判定が、二つほどありましたしね。名波監督は、「都倉にロングボールを当てる昨年の戦いの方が脅威だった。」と言っていますが、コンサはまだまだ発展途上です。7月以降の結果に期待しましょう。5月中に終わるのは3分の1ほど。まだまだ大丈夫でしょう。ミシャが来てから確実にこの短期間で選手のプレーのレベルが上がっています。新規加入してきた選手の貢献もありますが、今まだのコンサなら新加入選手が、埋没してしまう傾向がありました。今季は、ベテランも必死がが出ています。小野も稲本も良いパフォーマンスを出せなければ、出場できません。やはり「走る、戦う、チャレンジする、規律を守る」のできない選手は、外されて仕方ありません。それだけチーム内競争は激しいですね。ブレずにネガティブにならずに応援していきましょう!

  • ミシャ監督の「すべてをネガティブに捉える必要はないと思っています。選手のパフォーマンスの中には良いものもありましたし、近い将来、こうした試合の中でも結果を出せるようになると思います。このチームは私自身、将来性があると思っていますし、いまはまだ勉強代を払っている状況ですが、必ずや結果を出せるチームになると思っています。われわれのチームはまだ成長過程にありますが、必ず1試合をとおして前半のようなパフォーマンスを出せるようになると思います。」この発言に自信を持ちました。一番悔しかったのは選手たちでしょうね。ルヴァンカップのベテランサブチームももっと上手になると、監督が言っていますしコンサが変わるにはこの劇薬しかないと思います。「冒険コンサドーレ」のフレーズがぴったりですね。さあ次節ホームの長崎戦に向けて準備をしましょう! 長崎はかなり手強いですね。しかし、サッカーは確かに相手あってのゲームですが、今のコンサは相手の試合内容よりも自分たちのチーム作りが優先です。また初勝利がお預けになるかもしれませんが、想定内です。夢に向かって期待を持ってぶれずにクラブ一丸になって応援するのみです。

  • 悔しかったですね。試合は監督の目指すところが随所に現れていて面白かったです。まだまだ始まったばかり。ルヴァンカップ戦の時よりミシャ方式の理解度が高かったですね。菅君が一度でもいいから決めてくれていればよかったけどね。若い選手なので監督はもう少し使い続けるでしょうね。ミンテが体を投げ出していれば、守れた失点がありましたね。ミンテの良さが良く分かりません。球際で競り負けるのは、どうしたものか? ビルドアップもあまり見えないしね。今日は負けたけど、まあこういう試合もあるさと思わないと、見ていられません。必ず結実しますよ。もう少しもう少し我慢ですね。いずれ爆発するチャンスが来ると信じています。

  • 昨夜のルヴァン杯はショックでしたね。サポは言うまでもなく、監督も選手も相手のチームもコンサの不甲斐なさにびっくりしたようですね。
    「走る。戦う。規律を守る。」どれをとっても甲府が上回っていました。コンサはベテラン組。このメンバーなら何とかなると思っていたのですがね・・・。ミシャの言うようにベテランは、新しいミシャ方式に順応できにくかったのかなあと。どうみても昨年の四方田方式に戻ったような、それでいて戻り方が中途半端な。ちゃんと戻れていたらそれなりに戦えたと思うのですが、ミシャ方式を取り入れようとしてどっちつかずのちぐはぐなプレーになったのかなと。過去の実績は必要ない。必要なのは結果を出すことというミシャの言葉が重いですね。稲本も小野もハーフで代えられましたよね。目についた収穫は、白井と荒野と菅野かな? ミシャ方式は、3拍子が整わなければ、うまくいかないんですね。それだけ時間も熟成にはかかるようです。そう意味ではあまり染まっていない若手の方が理解しやすいのかも。でも、この屈辱から立ち上がるベテラン勢の底上げを期待してしまいます。必ずコンサは生まれ変わるような気がします。選手層が厚くなったのも確かだし、選手が生き生きとプレーを楽しんでいるのも確かです。まだまだ紆余曲折はあると思いますが、何とかなるでしょう。ぶれずに応援しましょう!

  • <<
  • 453 434
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順