ここから本文です
現在位置:
  • 最近、大相撲の暴力沙汰がよく話題になります。
    大相撲の世界では、殴る蹴るの暴力沙汰は昔から当たり前のこととして容認されてきました。
    平手打ちは、暴力の中に入ってすらいない大相撲の世界です。
    近年、暴力行為により死亡する力士もでて、大相撲の暴力行為に対する世間の目も厳しくなってきています。
    暴力行為の基準が世間とずれている大相撲の世界において、どこまでが容認される暴力なのか、それとも暴力は一切容認すべきではないのか、考えてみましょう。
    最近の事例としては、日馬富士が貴ノ岩に対して暴行したことが問題になり、日馬富士は引退せざるを得なくなりました。
    ところが被害者である貴ノ岩も過去に他力士に暴行したと言う記事も散見されます。
    大相撲の世界は被害者が加害者にもなるまさに暴力が飛び交う世界のようです。
    大相撲の暴力について、ご意見を投稿してください。

  • <<
  • 23 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順