ここから本文です
現在位置:
  • 5月21日、琴奨菊戦で1回待った、2回目、琴奨菊が両手をついて立ち合いを合わせようとしているのに白鵬は手をつかず奇襲立ち合い。NHKテレビで解説の鏡山親方が白鵬が手をついてないことを申していました。普通は確実に行事、土俵下の審判員が「まだまだ」と言って止めてやり直させるはずが・・・・??
    白鵬は特別なのか?今の政治の世界みたい。ルールは誰に対しても公平でなければなりません。
    白鵬が力のある相手に必ず使う張り手、分厚いサポータを付けた肘で反則のエルボー(相撲技のかち上げではない。プロレス技)、プラス今回の手つかず奇襲立ち合い。八角さ理事長!横綱は全力士のお手本ですよ!正しく指導しなさい!力士全員が白鵬みたい相撲を取ったらどうなります?力士達にまだ正義と常識があるうち白鵬を厳しく指導しなさい。日馬富士暴力事件を見ても白鵬は正義感に燃えた、正々堂々した横綱には値しない。もし全力士が白鵬みたいな取り口をしてきたら、今の白鵬の優勝回数はないと思います。

  • <<
  • 8 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!