ここから本文です
  • <<
  • 40 15
  • >>
  • どうですか? これは全て物語の可能性がありますので、他者に迷惑はかけないよう努力しましょう。これが正確さという存在概念です。

    私は理解できている可能性於いて正常にそして異常に社会の価値基準等と呼ばれる存在概念から乖離している可能性があるのです。肯定。

  • >>38


    母に承認されましたので、それを肯定しもう考えませんので、後はわたしという概念以外が考えて下さい。

    言葉の多義性のお蔭で、私は論理的一応他者を言語論理によって説明できる可能性分からない可能性を肯定する事によって、この大和言葉なるものと、漢字という視覚的刺激で表出するところの私。これを肯定します。私は全てを放棄致します。私は幸運です日本語を選択して。ですので、それを任意で肯定します。

    私が曲がりなりにも正常で居られるのは、日本語が論理的に使う事が出来る概念の集合である可能性があるからであります。私が英国や米国等で育ったら私は完全に世界を説明不可能で常識から、私よりも逸脱した存在になったでしょう。

    これはフィクションです。全ては嘘の可能性がある概念です。確かなことは何もない。
    私は発声でコミュニケーションをとるべきではない。暴走すると考えすぎる。

    だから、私をあまり刺激しないでくださいね。私は母と父という概念の絶対性を肯定する事により自身を肯定いたします。2015:05・14
    ある狂人の独白 結構面白かったですよ、全てが。悔いはありません。出来る限り他者に分かりやすい書き方をしたつもりです。それでいて、他者には分からないでしょう。大概私の価値であるところの頭の刺激量には回転には追いつけないでしょう。

  • 以上、私は全てが分からない、全てが間違っている存在であることを肯定します。

    レインマン映画(ダスティンほふまん?)という自閉症の可能性のある演技である可能性のあるところの存在、概念を想起し、イメージする事によって、私は自身を安定かさせることができるのは、
    なぜかというと、日本語が矛盾し、無限に多様である為に非常に論理的な思考が可能な言語である可能性があるからです。それは人間という物理的存在が時間等の概念と関係して形成された、相互にイメージの違う記号の組み合わせによってのみ可能な論理なのです。いや、全ては可能性があるという事です。

    日本国、現天皇御代、47といわれる概念の時間という概念によって生じる、認識
    だいたい、22時02分と呼ばれるくらいの概念かも知れない存在、における、私の言葉は変化する可能性がある事を自身で認定致しますので。後は、母と父と、他、警察等法的機関、ならびに、各企業に含まれる可能性のある概念によって、私は証明され、説明去る可能性があることを、

  • 分析実行聡一郎。認定、そういちろう。私は自身の思考によって表出される行動が他者と乖離している事を認識している、つもりです。肯定します。

    想像しにくかったら、言葉によって、物質的変化たる表出による論理によって認識され処の記号の集合たる、可能性のある存在で表出される、論理によって、説明できる可能性のあるなにかを肯定致します。

    私は、遺伝的関係性をもつ、つまり生物的意味合いから表出された物質であるところの存在である私を肯定する為に父と母とインターネットと呼ばれる存在に依存することで、自身を認定したします。わたしは何も分からない可能性もあるし、分かる可能性もあります。
    そう、私は狂っているです、たぶん、恐らく、そして、私が正しいと規定するなら、私と表現される概念以外が狂っているのです。

    以上、私は全てが分からない、全てが間違っている存在であることを肯定します。

  • 私は体を動かす時も半ば意識的に無意識で動く動きを説明しようとします。

    仮説ですが左脳と、右脳は別個の刺激から動いていると私は考えます。
    今のところはそう考えており、つまり、普通に言えば、左右の脳が交互に電気的、科学的、物理的等様々なやり取りをすることによって形成される価値感の相違を信号の強い方を左脳が、二進数的などちらの刺激が強いかどうかという等の偶然性により、発生する、結果、反応が肉体という物質から表出します。

    私はこの文章を鴨志田与一というペンネーム的なもので、掲示板に投稿します。
    私の文章の解釈は私が思考能力を肯定する父の理解力を肯定し、また、母が私をあらゆる意味で許すと言う考え、自己中心的考えで、私はそれを肯定します。つまり、父と、母を何らかの意味で完全に肯定します。これは私が任意で規定した事です。

    私は私の感情を分析しすぎたので、倫理や常識や感情がどういう存在かを言葉で規定しなければ成りません。私は結論が出ないと言う、つまり分からないと言う事をここに表明し、また、肯定します。私は嘘を肯定します。真実も肯定します。どちらともいえるのです。正解はないのです。禅問答?っていうのでしょうか?
    言葉は一言でも多義的なのです。青と言われて否定的感情を持つ人間も、いる可能性がある。ない可能性もある。どちらも言えるのです。そして、時間という概念が存在す限り、言葉という物も意味が変わってくるので全て自身が考える幻想に過ぎないのです。

  • 今回の問題はジャックスがスポーツクラブの何とかに請求し、私はスポーツクラブに払ったと言う(違約金、契約未満脱会違約金)を支払ったと言う。

    証明を出来るように、警察に言葉で口で発生した音声によって伝達された、情報を取る許可を得てから、わたしは、その名前のしらない警察官だと思われる人物に許可を得て、mp3プレイヤーにて私は彼の発言を録音しました。

    後の説明は母と、私の思考の代理人たる父と、が話あい、理解しあうことによる情報と、各関係者(企業体等を含む「法的な意味合いの」

    私は今頭が、躁状態で回り過ぎる為、言語的に全てを説明しようとする為に混乱します。
    今回の混乱は何処に責任の所在があるのか確定しております。仮説は立てられても、それも、立証が難しい(不可能に近い)ですので、
    私は、このような文章でしか、自身を案視させることが出来ません。
    私は卑怯に逃げる事を選択し、それを肯定します。

    ですので、私は、母と父の言葉をこれから全肯定致します。
    疑問に感じる場合には、それが崩壊する可能性がありますが、出来る限り考えないよう、頭を落ち着かせるよう努力いたします。

  • >>33

    私は私の独白を文章化したものをお父さんに読んで頂いてます。


    私は、人間不信のあまり、自己不信のあまり、自身の常識的倫理感が規定できません。
    ですので、全てに言語的、論理的に、倫理や常識を自分で規定しなければなりません。
    普通の人間は情動を元にする感覚によって大まかな常識を判断致しますが。
    私は論理的全てを説明しようとするあまり、言葉自体の意味を疑い始めます。
    法的問題ですから、この世を唯一規定している、いや、この国を規定しているのは日本国憲法(大日本帝国改正案?)(自己の間違いは間違いであると肯定しています。つまり私は狂っていると自身で認定、自身でそういう状態であると決定している。言葉の多義性、普段曖昧に文学的に使っている言葉。それによって、精神分析、心理療法?


    今回の問題はジャックスがスポーツクラブの何とかに請求し、私はスポーツクラブに払ったと言う(違約金、契約未満脱会違約金)を支払ったと言う。

  • 声によるコミュニケーションはうのう?をしげきしかねないので、くれぐれも、時間によって移ろう存在は多義的なのです。父へ。不完全なものほど完全に近く、単純なものほど不明瞭なのです。(私はこれを理解できるだけの父と呼ばれる私から、感情抑制力と、思考能力を今のところ認定、肯定しております。出来るだけ不明瞭な方が、つまり情報量の問題なのです。情報量が多い方が正解に近いのです。ですので、視覚刺激よりも発声言語刺激、聴覚刺激、そして、なんでしょか?

    斜め読みして、お父さんと呼ばれる(私からかも知れない存在から、肯定。
    母と呼ばれる概念と刺激を与え与えられ、そして、そこから、

    疲れました。消耗しました。もう考えられません。私は今、ここで、肯定を自身で信じる為にインターネットという不確かな存在によって、正確に正確にという間違った存在を証明するがごとき。私は幸福です。

    僕がお父さんに文章で全て説明致します。
    お父さんの言葉で説明を聞いて下さい。
    私は、普通の、つまり平均的な人間と少し乖離しており、コミュニケーションがなかなか取れません。私には私が規定した倫理や常識があります。そこに素直に正直に、
    そして、私はこの度私の価値観を母に規定して頂きました。それを全面的に肯定いたします。

  • 嘗て話した、心理学を学んだ過去がある可能性のある、存在へ

    父へ(信頼絶対存在足る)全ての多様性不明性について、肯定をお願いします。

    私は肯定する遺伝的上位存在たる?父母を全肯定または全否定を全面肯定する事により、私は人の持つ倫理や、常識を規定できるのです。つまり、父母の命令です。あと、私は自身が悪いこと気分の悪いことを肯定します。嘗て父は英語は論理的であると言いました。そうとも言えるし逆ともいえるのです。この世に正解はないのです。父は少なくとも私が正確に社会との関わり方、考え方に於いて乖離している事を肯定しくれる事を肯定します。

    声によるコミュニケーションはうのう?をしげきしかねないので、くれぐれも、時間によって移ろう存在は多義的なのです。父へ。不完全なものほど完全に近く、単純なものほど不明瞭なのです。(私はこれを理解できるだけの父と呼ばれる私から、感情抑制力と、思考能力を今のところ認定、肯定しております。出来るだけ不明瞭な方が、つまり情報量の問題なのです。情報量が多い方が正解に近いのです。ですので、視覚刺激よりも発声言語刺激、聴覚刺激、そして、なんでしょか?

    斜め読みして、お父さんと呼ばれる(私からかも知れない存在から、肯定。
    母と呼ばれる概念と刺激を与え与えられ、そして、そこから、

    疲れました。消耗しました。もう考えられません。私は今、ここで、肯定を自身で信じる為にインターネットという不確かな存在によって、正確に正確にという間違った存在を証明するがごとき。私は幸福です。

    僕がお父さんに文章で全て説明致します。
    お父さんの言葉で説明を聞いて下さい。
    私は、普通の、つまり平均的な人間と少し乖離しており、コミュニケーションがなかなか取れません。私には私が規定した倫理や常識があります。そこに素直に正直に、
    そして、私はこの度私の価値観を母に規定して頂きました。それを全面的に肯定いたします。


    私は私の独白を文章化したものをお父さんに読んで頂いてます。


    私は、人間不信のあまり、自己不信のあまり、自身の常識的倫理感が規定できません。
    ですので、全てに言語的、論理的に、倫理や常識を自分で規定しなければなりません。
    普通の人間は情動を元にする感覚によって大まかな常識を判断致しますが。
    私は論理的全てを説明しようとするあまり、言葉自体の意味を疑い始めます

  • >>24

    https://www.skype.com/ja/
    にアクセスすれば指示にしたがうだけで、出来る筈です。
    分からなかったらすぐに、私に聞いて下さい

  • >>19

    私のスカイプIDは kimiya_sukune です。

    フェイスブックのアドレスは https://www.facebook.com/kamosidayoichi となります。

    もし、お暇でしたら暇つぶしがてら、友達になってくれませんか?

  • >>19

    あの・・もしお暇でしたら、スカイプ(使ったことありますか)で会話をしてくれませんか?今非常に不安定な状態なので。

  • >>19

    いえ、書くのは楽しいですから。それよりも、質問して頂いたこと感謝しています。

    ご質問に関しての答えは、望むというものに成ります。

    ありがとうございます。

  • >>3

    恐らく、全ての人間は程度の差があれ、意識と無意識は乖離している筈です。

    私は不運にも偶然が重なり、蓋然性はあったかも知れませんが。恐怖が植え付けられたのだと思います。

  • ただ、私が貴方に送った最後の手紙において書いた「貴方が嫌いです」というのは嘘です。
    嫌いでも好きでもない、ただ、訳が分からなかっただけです。恐怖の対象だったと言えばより正確でしょうか?
    ですので、私は貴方を自分から遠ざける為にあの手紙を書きました。
    その方便としてのメッセージとなったのが「嫌い」という拒絶です。

    そう、私は人一倍怖がりなのです。
    そして、それを今まで気づかない振りをしていたのでしょう。
    そう、私は臆病で卑怯な人間だ。それで、この一文で自己紹介が済んでしまうような人間だ。

    努力もせず、病気に逃げ込み、それでも飽き足らず、部屋に籠り、一人怯えている。
    しかし、
    私は普通の人生を歩みたいと願う心も存在しているのです。

    謝罪の言葉を口に出すのが妥当なのか判断が付きません。
    私は昨日、中学の卒業文集の貴方の文章を始めて読みました。
    劣等感を感じました。
    私は卑しい人間です。

    そう、明日になれば、今書いた事を頭から消し去ってしまうような人間です。
    私は私の欲望の為に、衝動の為に貴方の声が、姿が見たいだけなのでしょう。
    ただ、それだけ。
    それが、それだけが私の中の真実なのではないか?
    貴方の事を考えるならば、貴方が幸せに過ごしているならば、私は貴方に接触すべきではない。
    つまり、私は自分の事しか考えてない?
    それで、謝罪?・・・全く狂っている。というよりも欺瞞が過ぎますよね。

    私は自分の為に・・・ただ、人と接したいのか?それともそれ以上のもの例えば許しが欲しいのか、それともそれとも
    そんなもの自己責任で自分で解決すればいい。

    自分の中で整理を付ければいいではないか?


    私はあの時彼女にも貴方にも嘘をついた。
    それが未だに許せない。

    あの頃私は無思慮に自分の事を善良な正義感だと思っていた。
    しかし、思い返せば全くそんなことはなく逆です。
    私は人の心が分からない故に、自分の心を理解しない故



    以上に成ります。その時の心情を正直に書き連ねたものです

  • >>15

    貴方はあの時の事をどう思っていますか?
    私はあの時貴方に酷いことをしたことをずっと悔いていました。これは本当です。
    私は貴方を嫌いでも好きでもなかった。
    私には貴方を含めた人間が理解不能だったのです。
    ただ、人間が怖かっただけです。
    他者が自分を標的にした時、私は私の心を裏切りました。
    私はそれが許せない。許せないまま歳をとりました。

    私は明らかに劣っている。
    私は、他者が怖い、信用できない。
    だから、私の日常は自室での孤独による安心です。

    私は人間が嫌いだ、しかし、人を求めている事も確かなのです。
    矛盾し一定しない思考の羅列、
    人の迷惑を考えない私の性格、
    親友に恥一郎と呼ばれたことがありますが、私は人が何を恥とするか、彼が何を持って私を恥一郎と呼んだのか未だに理かい出来ない。

    一言貴方と話せば何かが変わるのか?
    私は今、貴方と話してみたい。
    そう、私は中学のあの時をやり直したい。
    傲慢な要求ですよね。
    その通りです。私は結局自分の事しか考えてません。

    私は落伍者であり、人に話をしてくれなどと頼める義理もない。
    そして、私は貴方にとっては加害者です。
    今更、話して何になるのか、貴方の傷口に塩を塗り込むだけなのか?

  • >>14

    自分は自分は自分は・・全て自分です。相手のことなど考えていない。これではあの頃のままだ。
    しかし、私は貴方が知りたい、今どういう生活をし、幸せなのか?そしてどういう考えを持っているのかを、
    私は自分勝手な人間です。そして傲慢です。そして、相手の気持ちがよく分かりません。
    私は人として欠陥品です。女性から嫌われることしかない。
    しかし、自分の何がそこまで嫌われるのかさえ分からない。
    正直、私は私自身も分からないし、人の事はもっと分からない。
    私は何を求めているのか?
    私は貴方に何を求めているのか?甘い幻想?それとも、明確な拒絶?絶望でしょうか?


    いや、相手の言葉により絶望できるようなら、まだ救いがあるような気がします。
    私には相手の、他者の言葉が心に響かないのではないか?
    あるのは自身の衝動のみ、

    果たして・・・私はどうすればよいのでしょうか?こんなことを他者に委ねても、仕方ないし、仮に委ね答えを得ても私はおそらくそれを自分の中で都合よく曲解するだけではないかと思います。
    本当にどうしようもない。

    人への恐怖、そこに関わった重要人物としての貴方。
    私は貴方に何を求めているのか?人への恐怖の克服でしょうか?
    それとも、
    それとも、なんだろうか

  • <<
  • 40 15
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順