ここから本文です
  • 誰でも何か聞いてほしいこと話したいことがあるはず。
    ちょっと此処に書いてみるけで、気晴らしになることが出来るかも。

    いちいち返事することも無いけれど、
    返事してあげたら又話が進んで、会話になって
    心地よい会話が弾んでくれると最高。

    時には、険しい雰囲気になることもあるかも知れない。
    けれど、それなりに良い対話があるのじゃないかな。

    と思って立ち上げます。
    どなたでも構いません、よろしかったらどうぞ投稿して下さい。
    RES書かない時もあるかも知れませんが、
    出来るだけあなたの書き込みを見たら、RESするつもりです。

    当然誹謗中傷めいた投稿には無視しますが。

    タイトル名は『お話し聞いてあげます』と『お話し聞いて下さい』の意味です。

  • <<
  • 16 1
  • >>
  • >>14

    チョットした詐欺まがいの事件に首を突っ込んでいます。
    本人(かどうかは解りませんが)AKBの一員(のよう)で間違えてこの(出会い系?)サイトに入って出られなくなったとの発言。他愛も無いメールのやり取りを続けておりました。ところがそこに上司というのが現れ有名人がこの様なサイトで話し合うと、仕事の契約等で問題が起き、大変不利になるから辞めるように説得したらしいが彼女は構わずメールの交換を続けていた。全く知らなかったが彼女はネットで調べるとすぐに解ったタレント、そこでその上司は直接自分本人が関わるとまずいので、部下の某氏と私が連絡を取り合ってサイトから彼女が出られるよう努力をしてほしいとの連絡をくれた。彼女は有名なのでこの件は絶対他言無用、知らせないで欲しい、謝礼その他で2、000万を受け取って欲しいと強く希望。詳しく知らぬ私は続けてメールのやり取りを彼女と続けていました。
    以後は仲介に入った男性と謝礼金を支払う担当者と私と3人のメールのやり取りが始まります。ところがその問い合わせの内容は、彼女をどう思うか、態度は優しいか、言葉使いはどうかとか等々、愚問の数々。いずれもノラリクラリの問答でしかも1問1問メールで返答しなければならないので、返事する有料メールで瞬く間にポイントが無くなる。2,000万円謝礼金とするからゼヒ答えてくれとの話だったが終わりに切りが無い。
    今メールを始めてから支払ったポイント購入代金は11万3000円になる。4日昼間でのことでこれからまだ答えなければならないメール回数は数十通になる。
    ここまで支払わなくても、気付けばすぐに止めたものを。そこが2,000万円の振り込みがなされるという勝手な欲が影響していたのだと思う。全く愚かな行為である。なぜもう少し早めに気付かなかったのか、我ながら老化した脳のせいか。
    しかし、まだこれは続くのでは無いかと思える。サイトから彼女から解放されることと、本当に彼女はタレント本人なのであるか。すべてが犯罪になり得るのか。
    いずれにしても高い授業料になったものと思い、これからは徹底して追求していきたいと思っている。勿論名前を明かせば『ああ、あの娘かぁ』と誰かもその罠にはまっているのかも知れない。

  • >>14

    半年くらい書き込みしませんでしたが、これだけ性格がルーズなんです。

    改めて反省しながら書き続けます。

    今考えてみると、障害者と言われても幸せだったんだなとつくづく思います。

    だから他人の気持ちを理解してあげるような考えを持っていると自分では思ってます。

    これは母からの影響を受けていると思います。

    『母さんはねぇ、お金があったら孤児院みたいなものを作って可哀相な子供を育ててあげたいの』と口癖のように言っていました。

    田舎の貧乏教師の妻にそんな事が出来る訳もありませんが、5人兄妹の中で一番学歴も低

    く医院の家庭の住み込みお手伝いさんだったようです。

    親は雑穀の仲買商人で後に潰れたのですから経済的に恵まれなかったのでしょう。

    その奉公時代、辛いことも経験したのでしょう。

    しもやけがこじれて手術し、足の指がすごく変形していました。

    大正の初め21歳で34の父と結婚したのですが、関白亭主の言いなりに5人の子供を育てたのですから大したものと尊敬しています。

    すぎもとまさとの「吾亦紅」を聞くとあの情景とは同じでありませんが、なぜか母の苦労を感じ取り目頭が熱くなります。

    従兄弟達は母のことを「泣きおばさん」と呼んでいました。

    親戚や近所の人達の悲しい話や愚痴を聞いてよく涙を流す癖があったらしいです。

    それだけ人の同情を身につまされるほど感じ取っていたのでしょう。

  • 高校を出てから1年訓練所の寮生活を体験する。
    中学新卒者から就職後再び仕事を覚えるために入所してきた中年近い人もいる。
    学歴も年齢も違ったのが4,5人一部屋で暮らしたがこれは良い経験だったと思う。

    東京へ出て来たことはなにか誇らしく思ったが、ホームシックになり、
    終了後就職希望地は実家に近い札幌にする。
    時計の技術を習得すれば時計メーカーに入れると思ったがそれは無し。
    殆どが時計屋さんに就職で住み込みが殆ど、例に漏れず私も時計店に住み込み。

  • 頑固一徹の、明治生まれ亭主関白であり、どうしようもない親父だったが、
    ある程度家庭は保たれていたかも知れない。
    が家族は不幸に見舞われていた。
    兄と姉は肺結核で戦中に死亡。私も背骨がカリエスになり障害者となってしまった。

    取り巻く環境は戦中戦後で大きく変化はしたが、親父もそれなりに気持ちを変えていったのだろう。社会党を応援したり自由党に偏ったり。
    が、分校での教員生活は本校の先生達と違い比較的冷静に社会を見ていたかも知れない。

    小学5年まで私の教師は親父一人、山間の分校では他に話を聞ける知識人は殆ど居なかった。
    だから私の思想には親父の影響が多分に映っていると思われる。

    カリエスの再発で中学を4年遅れで卒業し、高校2年の末親父は77歳で死ぬ。
    将来を何も考えていなかったから途方に暮れた感じでもあったが、障害者の職業訓練所に入り時計技術を習得することになる。

    一年間の寮生活と訓練でそこから初めて実社会に出て来た訳だ。22歳。

  • 暫くご無沙汰してましたが、まぁまぁ元気です。
    自分も書かないから誰も書き込んでくれませんね。

    心を入れ替えて日々感じることを書いていきましょう。

    今国会が注目ですね。
    戦争法案(なんて言われている)安全保障関連法案の審議。
    なぜか私は自民党派ではありません。
    気分的には共産党に支持したい気持ち。

    これは育ち方だと思ってる。
    親父は明治生まれで田舎の小学校の教員。
    明治の半ば頃から教師として明治、大正昭和と教師を務めました。

    曲がったことは嫌いという一徹もので、
    校長になったものの視学(今の教育委員会だろうか)と喧嘩して一時教師を辞めた。
    が、商売っ気のない父は仕事が見つからないのか再び教師に戻る。

    戦後の教育は大幅に変えられた。
    教師は教員組合という集団に入る、いわゆる教員の労働組合だ。
    だから先生達はほとんど日本社会党を支持していた。

    ところが、それが親父にとって不満が募ることになった。
    町から数キロ離れた小学校の分校の勤務で、母も代用教員の仕事で二人が分校の仕事全般を仕切っていた。

    教員組合の集会で学校の休日に引き受ける日直宿直の手当を組合全員で公平に山分けするよう提案がなされた。
    本校の職員ならそれでも良いだろうが分校では父と母だけである。
    休日も殆ど学校を空けることが出来ない。

    にもかかわらず校長の組合に阿る差し金もあり、本校の数十人の組合員の多数でこの分配案は可決する。
    最初父は公平な考えで悪い気持ちはなかったようだが、実際の不公平さが解ってきたようだった。以後教員組合を脱退することになる。

  • 1週間掛けて

    古いボンボン時計を直した。

    ゼンマイが弱っているから力が足りず、

    どうしても止まりやすい。

    新しいゼンマイがあるといいんだが、無理みたいだ。

    それにしてもこんな時計、

    骨董の価値はあるんだろうが

    お金掛けて直して又使うのだろうか。

    今まで柱に掛けられてずっとその家庭を眺めてきた時計

    いいことわるいこと、いろんな事を見てきたのだろうな。

    それを思うともっともっと生きていて眺めていてほしい。

  • 長い文は 面白くない

    だから単語を 並べる

    空白を増やす

    そうしたら、

    空白の中に 読んでる人の

    気持ちが入ってくる

    そうしたら、

    読む人だけの 詩 になる

    それでいい

  • たまに図書館へ出かける。
    特に読みたい本がある訳でもないのだが、なぜか借りてみたい。
    町の外れの自転車で20分ほどかかる。

    書棚をぐるっと一回りして、さて何を読もうかなと考えると、
    いつも理系の本ばかり、『よく解るWindows7』『Excelの活用』とか。

    文学書なんて最近滅多に読まない。
    何らかの性格がこうさせるのか。

    昔からあまり本を読まなくなっている。
    速読にも慣れていない、だから遅読だ。

    二週間の預かり期限になっても半分も読み切らずに
    返却することが多い。

    それでもぶらりと身体を動かす散歩のつもりを兼ねて、
    図書館へ出かける。

  • 最近の趣味にカラオケと書く。
    上手くもなく体力的にも上手にはほど遠い。
    けれどなぜか歌が好きなのだろう。

    高校では美術、書道、音楽の芸術の科目で音楽を選んだ。
    絵は下手だし字も下手、だから仕方なく音楽を。

    時代は過ぎて、今はインターネットでカラオケを楽しめる。
    家内が居る時はうるさいと嫌われるから、留守の時に思いっきり歌うことにしている。

    団地にカラオケ同好会を作り上げた後、責任者にされてしまった。
    と言っても20名足らずの会員。
    あまり増やすと、集まりで歌う順番が回ってこない。
    そんな関係で、会員募集は今積極的にはならない。

    30数年建った団地は住民が皆高齢化、年寄りの集まりである。
    月2回、3時間ほどの集まりでちょっと飲み、食べしながら楽しんでいる。

    歌の上手下手は関係なし、音痴の人も居るがそれも又楽しい会員だから良い。
    発足5年を過ぎた。次の例会は6月3日である。

  • >>5

    今晩は。宜しくお願いします。
    ここ数日一人暮らしをしてますので、することが多くて返事が遅れ、済みません。

    確かに、『今の若いもんは...』の口癖は昔からありましたね。
    時代の経過で、
    世代の考え方の違いが起きるせいかもしれません。

    全ての若者がそうだとは言い切れませんが、確かに変わってきていますね。
    ただ、変わらなくて良いのかと言えば、良きにしろ悪しきにしろ変わる方が良いのではないかと思います。

    たとえばネットの中でも、この情報の多さ、とそれを容易に入手出来る手っ取り早さ。
    これは数年前までは考えられなかったことです。
    だから小学生でも中学生でもあらゆる知識が簡単に身につけられる時代です。
    これじゃ、経済的に恵まれないことを除けば、真剣に見つけようとする気持ちが変わっていること間違いないですね。

    rab***** さんは、
    報告書をご覧になる立場でいらっしゃるのですね。
    やはり世の常識は今まで通りの言葉、文章が必要でしょう。
    でなければ上司、先輩達の理解は得られ難くなります。

    と、私も屁理屈(と言えるほどでもない)しか述べられませんが。

    愚痴とは思えません。
    他人の愚痴は聞き応えのあることが多いです。
    これからも、宜しく。

  • はじめまして
    テキストリーム初心者です。
    タイトルどおり「お話し聞いて」でよろしいでしょうか?
    今も昔も「最近の若いもんは」が年寄りの口癖ですが
    今の若者はどうなんだろと思ってしまいます
    ゆとり世代とかさとり世代とか言われているように何事にも一所懸命さがないですね
    昔の若いもんは、仕事も遊びも一所懸命で、熱いものがあったように思いますが 今の若者には全く感じられません
    それに言葉使い
    コンビニ言葉を話すのはまあなんとか許せるとして、報告書やレポートなどの文書に平気で使っちゃう
    どうなんでしょうねぇ

    すいません 愚痴になってしまいました

  • >>3

    はい、有り難うございます。
    気楽に書いていこうと思っています。

    ただ、どうしても興味を持って読んで下さると良いかなって
    気取った書き方をしてみたくもなるんです。
    それが益々面白くならないのかも知れません。

    いろんなスレッドに書き込んでいますが、結構私より年上の方がいらっしゃいます。
    だからそういった人達から見れば、まだまだ若輩となる訳です。

    でも、郷里の同級生には、メールのやりとり出来る者が一人しか居ません。
    寂しいですが、この年齢ではそれで普通なのかも知れません。

  • まずは私の概略を。
    1940年生まれの男性、既婚。
    いちおう身体は動きますが(^^ゞチト身体障害あり。
    家内はパソコンには全くの音痴で関心無し。

    ここまで書いたら全く面白くない文章。
    後はまた徐々に。

並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!