ここから本文です
  • 今晩は。
    安倍晋三という首相があいまい言葉を使って日本人を欺しているから、欺されないように。

     集団的自衛権= この「集団」は「アメリカ軍と集団を組んで」の意味。
     「自衛」は「アメリカ兵を守る」の意味

     だから、集団的自衛権(アメリカ軍と集団を組んでアメリカ兵を守る)を容認したら、日本自衛隊は中東でアメリカ兵と一緒に、中東のアルカイダ系武装組織と、殺し合う。

     アルカイダ系武装組織は強いからね(祖国をアメリカから守る<自衛>戦をしているからね)。
     (いっぽう中東へ<侵略した>ほうの)アメリカ兵はあまりにもたくさん殺されるから、アメリカ政府は中東からアメリカ兵を引き上げる方針だよ。

     そのアメリカ兵を助けるために、安倍晋三は日本自衛隊員が殺されてもいい、と考えている。だから集団的自衛権。

     安倍晋三や自民党国会議員はオジン、オッサンでトシだから、自分達は殺し合いに参加しないで、若い自衛隊員を殺させるのです。
     恐ろしい若者殺し屋。

     日本自衛隊員が殺されたら、どうなるか?
     自衛隊を志願する若い人がいなくなる。

     さあ、それでいよいよ、力ずくで若い人を兵士にするために徴兵制ができるぞ。(徴兵の兵士は月給も安いから、政府は助かるし)
     徴兵が嫌だと逃げたら、捕まえられて刑務所行きだからね。
     刑務所では拷問される。

     集団的自衛権をやめるまでは、若い人は戦争で殺されるか、刑務所で拷問殺害されるか、しかない。
     
     それでも、若い人は安倍晋三を支持するか、または無関心だから、
    「戦争を知らない20代!! 戦争で射殺される日が来たゾ !!」

  • <<
  • 13 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン