ここから本文です
現在位置:
  • 【(株)ジーエヌアイグループ】
    (株)ジーエヌアイグループについて話し合うスレッドです。
    ソースが不明な私的なデータや、なんでもかんでも私見と言っておけば逃れられると思ってるようなコメント、もしくは他にふさわしいスレッドがあるコメントは削除されることがあります。

    ・荒らし行為と思われる投稿には反応せず、密やかに違反報告して悪質なアカウントはつぶしましょう
    ・時々2160のスレにこちらへ誘導するリンクを貼っておきましょう
    ・こちらの更新頻度が高まれば検索エンジンで2160スレより上位に表示されるようになるので頑張りましょう

  • <<
  • 7043 7018
  • >>
  • 7043(最新)

    Yakushimaru♡ 11月18日 10:55

    お花畑news速報💌

    ■全球抗肿瘤高端论坛在海口召开 推动自主创新能力
    来源: 南海网 作者:姚少龙 徐振英 时间:2018-11-17 22:23:43   
    G翻訳:独立系イノベーションを促進するために、世界的な抗腫瘍ハイエンドフォーラムが海口で開催された。(中国海口新聞)以下略

    ●ルオ社長の今日朝のコメント
    金曜日、成田を経ち香港経由で久し振りの海口市だ。Hainanホテルは歩いてホリデービーチへ行ける。シャンシャイン、ビーチ、ヤシの木、絵に描いた美しさだ。千年の時の流れは海口に独特の深みのある文化を育てた。大好きな街だ。

    昨日は中国科学アカデミーの薬学部の学部長であるDing Jian博士、広東省人民病院の生命局長Wu Yilongなどに続き、GNI&Cullgenとして今後の癌治療創薬の可能性についてプレゼンをした。好評だったようだ。

    世界は免疫医療薬が脚光を浴びているが完全ではない。今開発のタンパク質誘導薬の時代は必ず来る。GNIの未来は明るいと確信したのである。

    2160 ‐(株)ジーエヌアイグループ お花畑news速報💌  ■全球抗肿瘤高端论坛在海口召开 推动自主创新能力  来源: 南海网 作者:姚

  • 非表示なので👇コメなし。

    2018年5月TPC調査。16年中国売上。()17年世界順位。中国人員。
    ファイザー     321,400百万円(3位) 720人
    アストラゼネカ   287,300百万円(13位)280
    バイエル      226,000百万円(7位)300
    ロシュ       191,000百万円(2位)200
    サノフィ      169,000百万円(6位)650
    ノボルディス    167,300百万円(23位)210
    ノバルティス    120,000百万円(4位)500
    メルク       109,300百万円(5位)500
    イーライリリ     69,800百万円(11位)200
    グラクソスミス    55,300百万円(8位)500

    武田薬品      57,600百万円(25位)75人
    エーザイ      49,300百万円(40位)15
    アステラス     42,000百万円(30位)30
    第一三共      33,800百万円(36位)50
    大日本住友     17,600百万円(46位)20
    大塚ホールデン   14,000百万円(32位)55
    参天製薬      10,400百万円( 位)15
    塩野義製薬      5,800百万円(54位)130
    田辺三菱       5,000百万円(48位)20
    協和キリン      4,000百万円(52位)15

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • ●結合組織疾患を伴う間質性肺疾患 (CTD-ILD) についてのお勉強。

    ■第3相臨床試験を実施中。皮膚筋炎については2019年中、強皮症ついては 2020年半ばまでに被験者登録が完了する見込み。 (説明会資料より)

    皮膚筋炎&強皮症ってあるけどどう違いますかね?次のレポートで少し納得。

    ★是非に及ばすブログより(途中略)倉沢和宏教授 (獨協医科大学リウマチ・膠原病内科)の寄稿の抜粋。

    『線維化薬は,特発性肺線維症(IPF)に対し,ピルフェニドンとニンテダニブが認可され使用されています。画像的には蜂窩肺が特徴的で病理像は通常型間質性肺炎(UIP)です。

    『近年IPFは損傷修復過程の異常が主病態であることが示され,抗線維化薬が開発されました。また,IPF以外の線維化性肺病変に対する有用性の報告があり,現在臨床試験が行われています。

    『CTD-ILDは膠原病患者の重要な臓器病変で,その発症には炎症が重要で,治療には免疫抑制薬が使用されます。
    筋炎に代表される急速進行性のタイプと,強皮症・関節リウマチ(RA)に代表される慢性進行し肺の線維化をきたすタイプがあります。
    なお,強皮症はNSIPが,RAはUIPが多く高頻度で急性増悪を併発します。

    『現在,慢性進行型CTD-ILDに対して,強皮症においてはシクロホスファミド,ミコフェノール酸モフェチル(MMF)等免疫抑制薬など,炎症を標的とした治療法の有用性が報告されていますが,まだ確立された治療法はありません。

    『慢性進行型CTD-ILDとIPFなど線維化性肺病変の類似性より,抗線維化療法は(抗炎症療法との併用を含め)肺病変の進行を抑制する治療法として期待されています。実際,強皮症に対し呼吸機能低下を抑制したとの報告があり,強皮症およびRAに対しての臨床試験が行われています。

    『抗線維化療法は線維化病変を形成する慢性進行型CTD-ILDに対してはその進行(および急性増悪の発症)を抑制する可能性が高い治療法ですが,その有用性は現在検証中です。現時点ではその使用は保険適用外で実験的治療との位置づけとし,注意深く行う必要があると考えます。』

    急げアイスーリュイ💛

  • ●結合組織疾患を伴う間質性肺疾患 (CTD-ILD) 👉第3相臨床試験を実施中。皮膚筋炎については2019年中、被験者登録が完了する見込み。 と説明会資料にあります。
    以前オリンピックの頃販売可能かと投稿してひんしゅくをかったことがあります。でもね若干の可能性はありそうでしょ。既に服用していることも社長発言にあったので。

    こんな医療現場の声もあります。オフェブとの併用もあり得るという話。

    ■さいたま赤十字病院呼吸内科2018年06月09日★間質性肺炎の治療について

    先日間質性肺炎に関する研究会がさいたま市で行われました。
    間質性肺炎のなかで約60%を占める特発性肺線維症(IPF)については近年抗線維化薬が上市されています。抗線維化薬は現在ピルフェニドン(ピレスパ)とニンテダニブ(オフェブ)の2種類が上市されており、その2種類の薬剤を個々の症例ごとに検討しながら治療薬剤を選択することになります。(途中省略)

    薬剤における効果(FVC低下抑制など)に関しては両者同等との評価であり、薬剤の選択については個々の主治医に任せられることになるかと思います。

    呼吸器内科医としては両薬剤の特徴をよく理解し、両薬剤をうまく使い切ることが重要であるかと思います。作用機序の違う2薬剤ですが、1剤にて効果を示さなかった症例にもう一剤を使用してもやはり効果が出なかったという報告があり、今後2剤併用による有効性の優位性なども興味のあるところです。

    抗線維化薬2剤をうまく使い切ることがIPF/UIP症例の将来に展望をもたらすのではないでしょうか?

    続きます👇

  • 上段よりつづく~

    また、近年間質性肺炎合併肺癌の手術において術前より抗線維化薬(ピレスパ)を内服させることにより術後の間質性肺炎急性増悪を防げるのではないかという報告が出ており、とても興味深く聞いていました。
    間質性肺炎合併肺癌の手術において一番の問題点は約10%に間質性肺炎急性増悪を来たし、その40%強は亡くなってしまうというデータが出ており、患者さんおよび家族のみでなく、手術を勧めた呼吸器内科医、手術をした呼吸器外科医すべてが辛い思いをします。その一番怖い間質性肺炎急性増悪を抗線維化薬のピレスパにて抑えることが出来るのであれば、本当に患者さんにとっては福音ではないかと思います。今後の症例の集積が必要かとは思いますが、もしかすると間質性肺炎合併進行肺癌に化学療法(抗癌剤投与)を行うとき、ある頻度で起こってくる薬剤性肺炎(薬剤による間質性肺炎急性増悪)も抗線維化薬が抑えれるかもしれないという期待もあるようです。

    👩アイスーリュイも幅広い領域への可能性を感じますね。

    がんばれGN愛(^^♪

  • >>7028

    >yakusimaruさんいつもいつも情報ありがとうございます。
    あっちの掲示板はGNIと関係のない投稿ばかりでまったく見ていません。
    こっちだけ見て状況を把握しています。
    >今後もROM専の為にも情報の共有をお願いします。

    pandoraBoxさん、お久しぶりです。素敵な動画有難う御座います💛
    バックMも動画の切れも👌 最高のなごみになりました。💖
    GNICMはこれでpandoraさんに決定も同然ですね😘

    過去GNI四天王、GNIトップガンなる動画もあり楽しかったですね😍
    今後ともよろしくです。🙇

    2160 ‐(株)ジーエヌアイグループ >yakusimaruさんいつもいつも情報ありがとうございます。 あっちの掲示板はGNIと関係

  • 時々書き込みさせていただいてます。
    決算みて、引き続き安心してホールド中です。
    株価は相変わらず荒波ですが、
    業績は安定成長そのもので良かったです。
    通期目標も達成できそうですね。
    売り上げ収益みると、BABの割合結構あるんですね。昨年分は途中からなので、比較できないのかと思いますが、BABだけの収益がどのくらい伸びていくのか、も先々面白そうですね。
    楽しみだらけです。

  • IPSでまた 京大ががん免疫降下発表。ゲノムで弱みをカバー、カルゲンの研究、期待します

  • サンバイオの上昇は何?
    そりゃ人様と比べてもしょうがないけれど
    前期比16倍で黒字 
    バイオ出身現在のカテゴリーは製薬
    そして世界にうってでている会社なんでけど~
    とはいえうらやましい。

    がんばって~GNI!

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • おはようございます。
    今日のPROTAC関連ニュースです。

    米国や韓国では蛋白質分解誘導薬の開発が活発に進んでいるようです。
    一方、日本の製薬メーカーはまだ蛋白質分解誘導薬について態度を明かにていません。
    今後の動きに注目です。
    そして、そこにCullgenがどう関わってくるのか? 
    がんばれ Cullgen !!

    ☆Dana-Farberの蛋白質分解治療研究所にDeerfieldが最大8000万ドルを出す

    世界屈指の癌研究/治療拠点Dana-Farber Cancer Instituteと医療分野投資会社Deerfieldが手を組み、Deerfieldが最大8000万ドルを拠出するタンパク質分解治療研究所Center for Protein Degradationが設立されます。

    このプロジェクトの最終目標には、プロテアソームによるタンパク質分解を導き、細胞の損傷または有害なタンパク質を分解して除去する複合体を利用する新しい小分子治療プラットフォームの構築が含まれます。

    このセンターは、Dana-Farberの研究室リーダーであるNathanael GrayとEric Fischerが指揮し
    2018/11/13


    ☆Kymera 病因蛋白質破壊薬を臨床開発まで進めるための資金6500万ドル調達

    11月14日、Kymera Therapeuticsは、6,500万ドルのシリーズBラウンドの資金調達を完了したことを発表しました。
    Kymeraは、標的タンパク質分解技術を用いた画期的な薬剤の開発に専念したバイオテクノロジー企業です。このラウンドの資金調達は、臨床研究段階に入り、腫瘍学および免疫学における同社の製品パイプライン開発を促進する、同社の最初の技術プラットフォームをサポートします


    ☆Ubix Therapeutics 韓国
    2018年6月に設立されたUbix Therapeuticsは、現在、韓国の化学技術研究所と韓国の研究所で開発された「分解技術」、「PROTAC技術」を導入することで、国内企業間で初めてPROTACの商業化を促進しています。国立科学技術会議が支援するクリエイティブコンバージェンス研究プロジェクトを通じたバイオサイエンスとバイオテクノロジー 特に、エピジェネティクスと新しい免疫チェックポイントタンパク質をターゲット

  • >>7022

    (笑)ほんと、今日 あしたと休みでPCから離れられなかったけど、まさか引け後にこんな癒される資料がでるとは。決算資料 穴があくほどみて P/L見ようとするけど 包括だし、当期純利益は、、、とか思っていたけど、利益出てるで十分。それより この資料の明るさはいいですね。安心がなにより。いつも ありがとうございます。

  • >>7021

    ままさん🐱ちゃんにしたのね💛アトム君も可愛かったけどぉ🆗

    説明会資料を読みました。随所に楽しいお話満載って感じ✨

    で、アイスの4Qの予想をしてみた。前年3Qvs4Qの伸び率で計算しても、下記グラフじゃ足りないわけで、最低14億円は保険実施も加味されていない数字。となるとどうなるの??そうよ、四季報の来期予想をクリアする訳なの。こりゃお茶菓子持って謝りに来てねってことね。そしてまた小長洋子記者に「恐るべき新GNIの野望」とかの特集を組んでもらうことになったとさ😍
    いえ~ぃ(^^♪GN愛💨

    2160 ‐(株)ジーエヌアイグループ ままさん🐱ちゃんにしたのね💛アトム君も可愛かったけどぉ🆗  説明会資料を読みました。随所に楽しいお話

  • >>7020

    こんにちは。金融機関が貸してくれたことは ほんとに誇らしいですね。ワラント騒動、辛かったですね。政府が補助金だしてまで 肺の病の対策せよといってるのですものね。ついでに その信用力でタミ輸入 早く決裁してほしいです。

  • 約9億300万円 なお、本件取得にかかる必要資金については、その全額を金融機関からの借入れで充当
    なにげに静かに会社を買った?私だけ知らなかったのかしら。お姉ちゃんの会社のときは借り入れできなかった。どの金融機関が貸してくれたんでしょう。
    おしゃれな外観の工場になってる。いつでも稼動できそうです。中を見たいです。
    タミバロテンって、まもなく売れるってことでしょうか?
    資料が具体的にIR発表されるたびに株価も上昇です。
    明日もがんばれ~

  • 決算も本日でほぼ終了しました。今日はリミックス、RIZAPが大騒ぎになってました。横目で見ながらGNIの成長ストーリーが嬉しく、安心できました。💛

    バイオ関連も出そろいましたね。下記👇

    ■ジーエヌアイ、1-9月期(3Q累計)税引き前が黒字浮上で着地・7-9月期は16倍増益

    ■リボミック、上期最終が赤字拡大で着地・7-9月期も赤字拡大
    ■CANBAS、7-9月期(1Q)最終は赤字縮小で着地
    ■リプロセル、上期経常が赤字縮小で着地・7-9月期も赤字縮小
    ■シンバイオ、1-9月期(3Q累計)最終が赤字縮小で着地・7-9月期も赤字縮小
    ■カルナバイオ、1-9月期(3Q累計)最終が赤字拡大で着地・7-9月期も赤字拡大
    ■テラ、上期最終が赤字拡大で着地・4-6月期も赤字拡大
    ■ラクオリア、1-9月期(3Q累計)経常が赤字拡大で着地・7-9月期も赤字拡大
    ■メドレックス、今期最終を赤字拡大に下方修正
    ■メディネット、今期最終は赤字縮小へ
    ■ブライトパス、上期最終が赤字拡大で着地・7-9月期も赤字拡大
    ■ナノキャリア、上期最終が赤字縮小で着地・7-9月期も赤字縮小
    ■ヘリオス、7-9月期(3Q)最終は赤字縮小
    ■ジーンテクノ、上期最終が赤字縮小で着地・7-9月期も赤字縮小
    ■ソレイジア、1-9月期(3Q累計)最終が赤字拡大で着地・7-9月期は赤字転落
    ■カイオム、1-9月期(3Q累計)経常が赤字拡大で着地・7-9月期も赤字拡大
    ■OTS、上期経常が赤字拡大で着地・7-9月期も赤字拡大
    ■そーせい、上期営業が赤字転落で着地・7-9月期も赤字転落
    ■DWTI、7-9月期(3Q)最終は赤字拡大
    ■オンコリス、7-9月期(3Q)最終は赤字縮小
    ■アンジェス、1-9月期(3Q累計)最終が赤字縮小で着地・7-9月期も赤字縮小
    ■サンバイオ、19年1月期第2四半期16.15億円の上方修正、赤字縮小

    頑張れGN愛(^^♪

  • おはようございます。
    気配の3300を見てがっかりしていましたが、けっこうなプラスじゃないですかぁ。
    一昨日の好決算がやっと広まったのでしょうか。
    昨日買っていたら利益です。いいですね。がんばれ~

  • <<
  • 7043 7018
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順