ここから本文です
現在位置:
  • <<
  • 77709 77686
  • >>
  • >>77702

    23日には、「米中摩擦の懸念は一服」と記事になってたが。。。
    今朝はwww

    貿易摩擦、中国市場に打撃
    2018/06/23 21:21 日経速報ニュース 661文字
     【上海=張勇祥、香港=木原雄士】米中貿易摩擦を受け、中国・香港市場への打撃が大きくなっている。米国による制裁措置の影響を強く受けるとみられる銘柄に業績悪化を懸念した売りが集中する展開となっている。
     深圳市場に上場する通信機器大手の中興通訊(ZTE)は、13日の取引再開から7営業日連続で値幅制限の下限(ストップ安)まで売られた。4月の取引停止前からの下落率は5割を超えた。
     2つの国有銀行に1兆2千億円規模の融資枠を求める計画を発表、資金繰りへの懸念は後退しつつある。だが、「米国での事業立て直しへの道筋はみえない」(地場の証券会社)との見方が多く、売りが続いている。
     液晶パネルなどを手掛ける京東方科技集団(BOE)の株価も1月につけた年初来高値から5割近く下落している。
     トランプ米政権は技術移転や知的財産の侵害で中国側を繰り返し糾弾しているが、BOEもその1社に含まれているとの見方が株安につながっている。BOEはZTEとも取引があり、ZTEの業績悪化懸念が飛び火した面もある。
     電気自動車(EV)、電池大手の比亜迪(BYD)も下げがきつい。エコカーは中国政府が産業の高度化を目指して策定した「中国製造2025」戦略の柱の一つ。トランプ米政権は同戦略に警戒感を強めており、BYDの事業が制約を受けるリスクは捨てきれない。
     香港市場では豚肉加工世界最大手の万州国際も下落が目立つ。米国事業の売上高の割合が高く、米国産豚肉への関税上乗せの影響が大きいとされる。5月下旬ころから急落し、今年のピークから3割超下げている。



    貿易戦争、中国が「原油関税」で報復 米石油企業が犠牲
    こんな記事も出ていたなあ

  • 元本確保型とは唱えても、理論上は、元本保証までは無理な筈。
    未経験層の取り込みがテーマには賛成だが
    確保と保証の違いを、購入者にキチンと説明したら、どれだけ継続できるかが。。
    すでに「毎月分配型」のマジックにも、初心者での気づかされてる昨今なんで(笑)


    投信に元本確保型 アセマネOne
    2018/06/23 23:48 日経速報ニュース

     投資したお金が目減りしない仕組みの投資信託が登場する。資産運用会社大手、アセットマネジメントOneが新たに設定する「ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018―07」だ。国内外の株式・債券の運用成績に連動する特殊な債券を組み入れる。満期時には元本が原則戻るという債券の特性を利用し、投資資金の目減りを防ぐ。運用リスクを抑えて未経験層を取り込み、「貯蓄から投資」を進めていく。
     新型の投信は7月11~30日に大和証券で販売する。今後も継続的に設定し、基幹商品として育てていく。約6000本ある国内の公募投信のうち、為替リスクのない円建てで、投資したお金が目減りしない「元本確保型」は他にはない。
     運用期間は10年で、組み入れる債券は米金融大手ゴールドマン・サックスが発行する。同債券が連動する国内外の株式・債券での運用はブレの小さい安定型とする。運用が順調なら債券の利払いが増え、投信の分配金を押し上げる仕組みだ。
     一方、運用が不調なら債券の評価額は低下する。このため、10年間の運用期間中に投信を解約すると損失を被る可能性もある半面、満期まで待てば元本が目減りしないで戻ってくる。発行体の財務悪化で債券に悪影響が出ないよう、経営の安定度が高いゴールドマンを選んだ。ヘッジ(損失回避)取引なども必要に応じて活用する。
     この債券には年0.3%の固定金利も付き、運用コストにあたる信託報酬(同約0.29%)をほぼ相殺できる。一方、運用収益の約1割は成功報酬として差し引く。
     家計の金融資産の約半分は依然として預貯金に滞留し、「貯蓄から投資」は足踏みしている。アセットマネジメントOneによる調査では「元本割れへの警戒感」が投資を妨げる最大の理由だと分かり、新商品の開発につなげた。投信業界では未経験層の取り込みが大きなテーマとなっており、今後はリスク抑制に工夫を凝らした商品が相次ぐ可能性がある。

  • 13倍後半から少し下げて来たな


    東証株式の株価収益率(連結ベース・6月22日)
    2018/06/22 18:28 日経速報ニュース
          前期基準 予 想
    1部225種   12.53  13.33
    JPX日経400   13.97  14.60
    1部300    13.41  14.13
    1部500種   14.15  14.68
    1部全銘柄  14.64  15.06
    2部全銘柄  7.95  6.46
    ジャスダック 24.61  14.75
               (倍)

  • 欧米中銀、今週の要人発言 FRB議長「利上げ継続が必要」
    2018/06/23 05:07 日経速報ニュース

     今週(18~22日)は米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が20日に講演し「米失業率は1960年代以来となる3%台半ばまで低下すると予測される」と述べた上で、雇用逼迫による物価の急上昇を抑えるためにも「利上げ継続が必要だ」と強調した。発言を受け、米市場では長期金利が上昇する場面があった。

    <米国>
    ▼ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁=18日
    「米景気は非常に好調。堅調な経済成長と力強い労働市場、政策目標に近い物価上昇率は政策当局者が望むことだ」

    ▼パウエル・FRB議長=20日
    「米失業率は1960年代以来となる3%台半ばまで低下すると予測される」
    「先行きのリスクは上下で均衡しており、段階的な利上げの継続が適切だ」

    <欧州>
    ▼ドラギ・欧州中央銀行(ECB)総裁=19日
    「ECBは利上げ開始時期の決定では辛抱強さを保ち、その後の政策調整は段階的に進める」

    ▼リーカネン・フィンランド中銀総裁=19日
    「必要なら2019年夏以降も政策金利を現状の水準に据え置く」

    ▼イングランド銀行金融政策委員会の声明=21日
    「国債などの保有資産残高は、政策金利が2%程度に上昇するまで減らさないとしていたが、これを1.5%とする」

  • 米中貿易摩擦、一服したとは思えないがなあ(笑)

    米国株、ダウ119ドル高で9日ぶり反発 石油株高い、米中摩擦の懸念は一服
    2018/06/23 05:34 日経速報ニュース

    【NQNニューヨーク=古江敦子】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は9営業日ぶりに反発した。前日比119ドル19セント(0.5%)高の2万4580ドル89セントで終えた。石油輸出国機構(OPEC)の原油増産は緩やかにとどまるとの見方から原油相場が上昇。石油株が買われて相場を押し上げた。ダウ平均は前日までの8日続落で約860ドル下げていたため、押し目買いが入りやすかった面もある。

     OPECは22日の総会で、昨年始めた協調減産を7月から弱めることで合意した。減産目標の順守率が150%を超えていたため、これを100%にするまで生産を増やす。余力が乏しい加盟国もあるため「実際の増産は緩やかに進む」との見方が多く、22日の米原油先物相場が大幅に上昇。エクソンモービルやシェブロンなど石油株の多くが上昇した。

     米中貿易摩擦への警戒感から売られてきたボーイングやキャタピラーなど、中国売上比率が高い銘柄への売りも一服した。市場では「米中は摩擦回避に向けて交渉を続ける見込みと伝わり、内容を見極めたい」(BライリーFBRのアート・ホーガン氏)との声が聞かれた。過度な懸念がひとまず後退した。ダウ平均の上げ幅は一時200ドルを超えた。

     ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、前日比20.134ポイント(0.3%)安の7692.818で終了した。アマゾン・ドット・コムやマイクロソフトなどの主力株に加え、エヌビディアなど半導体株が下げ指数を押し下げた。

     前日夕に発表した業績見通しが市場予想を下回り、無償基本ソフト(OS)関連サービスのレッドハットが大幅に下げた。クラウド関連の不振が意識され、IT(情報技術)銘柄の売りにつながった。

     オートバイのハーレーダビッドソンが大幅安。欧州連合(EU)が22日に発動した報復関税の対象となり売られた

  • 上昇したと思ってるヒトは、先物やってるヒトには少ないと思うけどねえ(笑)


    日経平均先物、夜間取引で上昇 30円高の2万2490円で終了
    2018/06/23 05:49 日経速報ニュース

    【NQNニューヨーク=森田理恵】日本時間23日早朝の大阪取引所の夜間取引で日経平均先物は上昇した。9月物は前日の清算値と比べ30円高い2万2490円で終えた。売買高は1万5302枚だった

  • NY円、小反落 1ドル=109円95銭~110円05銭で終了、米株上昇で
    2018/06/23 06:29 日経速報ニュース

    【NQNニューヨーク=横内理恵】22日のニューヨーク外国為替市場で円相場は小反落し、前日比05銭円安・ドル高の1ドル=109円95銭~110円05銭で取引を終えた。米株式市場でダウ工業株30種平均が9営業日ぶりに反発し、低リスク通貨とされる円の売りを誘った。だた、米景気指標が弱かったことから円の下値は堅かった。

     引けにかけて売りが優勢になった。前日まで8日続落していたダウ平均が上げて終え、米株安への過度の警戒感が和らいだ。相対的に金利が低く、運用の際の調達通貨とされる円の重荷となった。週末で持ち高調整の円売りも出た。

     円は小高く推移する場面もあった。IHSマークイットが発表した6月の米国の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が市場予想以上に落ち込み、米景気の減速懸念が浮上した。対ユーロでドル売りが優勢だったことも円買い・ドル売りにつながった。

     通商問題の不透明感がくすぶり、リスク回避の際に買われやすい円を支えた面もあった。欧州連合(EU)は22日から米に対する報復関税を発動した。トランプ米大統領は「EUが関税や貿易障壁を取り除かなければ、欧州からの輸入車に20%関税をかける」とツイッターに投稿した。米と主要国の間で報復関税の応酬が広がれば、世界経済に悪影響を与えるとの懸念が強い。

     この日の円の安値は110円19銭、高値は109円80銭だった。

     円は対ユーロで反落し、前日比55銭円安・ユーロ高の1ユーロ=128円15~25銭で取引を終えた。

     ユーロは対ドルで続伸し、前日比0.0050ドル高い1ユーロ=1.1650~60ドルで終えた。米景気指標が弱含む一方、ユーロ圏の指標の一部が持ち直した。前日に約11カ月ぶりのユーロ安・ドル高水準を付けていたため、持ち高調整や利益確定目的の買いも入った。

     この日のユーロの高値は1.1667ドル、安値は1.1618ドルだった。

  • 最近なくし物みたいなのが頻発なので、バックを変えようかと、朝早くから出かけたのは良いが、
    よく使っていた店が、閉店しちゃってたりにあって、断念して昼過ぎには帰ってきた。
    疲れたんで、帰宅後は昼寝。
    まだ新聞も読んでなかったのでww

  • おいらと、相方のポジションも、変化なく週明けに臨みます

    おいら

    この間6/22ナイト入り前の決済分は省略。
    6/12 火 22,750 9 L


    相方

    この間6/22ナイト入り前の決済分は省略。
    5/22 火 22,920 9 L
    6/15 金 22,720 9 L




    相方は、2件持ちだが、5/22に22920円買いする気になれるほどその前に稼いだのと、
    22920円買いから22720買い増しまでの間にも、
    5/22 火 22,920 9 L
    5/23 水 22,810 9 L 6/11 月 22,850 40
    6/6 水 22,530 9 S 6/8 金 22,500 30
    6/12 火 22,750 9 L 6/12 火 22,850 100
    6/12 火 22,750 9 L 6/12 火 22,850 100
    6/14 木 22,750 9 L 6/14 木 22,800 50
    6/14 木 22,730 9 L 6/14 木 22,800 70
    6/15 金 22,720 9 L
    と、390円も稼いでるので、実質は、22600円台半ばの建て玉持ってる気分で居て良いのです。

  • ナイト、後場比25円高じゃ、日計り回転益の50円@日のノルマの代わりにもなれない(笑)

    週明けは、日計り回転小掬いトレードしなきゃならなくなるかなあ(笑)

  • 昨夜は、どちらも寝てたときだが、

    23:30からの急落、昨夜の安値22450円をつけた時と

    4時から5時までの100円近い下げには、

    ダウとも為替とも、連動どころか逆に動いて下げた日経先物だ。

    この異常な下げは、日銀に、異常と言われるような上げを作ってもらうしかないな(笑)

  • 一先ず、ダウは、110ドル高でひけた。

    そういう意味では、\CME日経も、今朝は100円高で引けたことになってる(笑)

    日経先物は、昨日後場、21日比140円安の、22465円で引けた。
    これをナイトで、125円高の22590円まで上げてくれたところまであったが、
    売り方の事情で、そのままにはしておけなかったということかな、

    しばらく、先物は、ナイトで下げ、日中場で、年金や日銀の、忖度買いに期待するしかなさそうだな。

    昨夜約定順とどかずで、買い出来なかった22525円買い指し。
    その後22560円超え迄上げたのを見て、この後22525円まで下げてくるようなら
    リスク高くなるので、買い指しキャンセルしたと投稿したが、

    さすがにVWAPちょい割れの株価22525円だった。
    3時から始まった急落も、22525円でまた一旦下げ留まって、22550円まで上げてドスンと下げたが。
    寝るにあたっては、22525円買い指しキャンセルは正解だったな。
    約定音(今は、以前の約定音使えないので気付けないリスクが高いw)で起きられなかったら、22490円まで下げた買建て、持ち越しになるところだった(笑)

  • >>77693

    ダウのヘタレは4:45からなので、

    日経先物の3時から5時までの下げは、為替でかなと思ったが、

    為替なら3時から一気に円高に向かったが、

    3時半からはむしろ円安へ戻し5時には、109円の呪いから抜け出し110円をつけていた。

    5時にかけて出来高も増えて下げたので、00時前に売りして、買戻ししそこなった筋が、再度買い戻しのチャンス作るために下げたんだろうな。

    売り方筋がいるって事だな。

  • >3~4時くらいにダウのヘタレが始まっても、大きく下げなければ

    まさにその3時から下げが始まったのか。
    あ~あ、大きく下げたんだなあ
    5時丁度には、22470円とナイトの最安値近くまで、というより後場引け値同値まで5円差まで。
    引け値も22490円と、500円にもとどかず。

    日銀、月曜日は、今月6日目になるETF買いしてもらわなきゃ(笑)

  • 今夜は、睡魔に勝てない。

    もう寝ます。

    3~4時くらいにダウのヘタレが始まっても、大きく下げなければ

    日経先物、22600円タッチもあるかもです。

    ナイト引け値が、22600~22650円になってくれたら、6/21日の引け値を縫えkたことになります

  • これから22525の買い指し、取り消しします

    この後、22525が来るようじゃ、買いしてもリスクもあるし

  • <<
  • 77709 77686
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ