ここから本文です

日本化学会 第98春季年会 (2018)
2018年3月20日(火)~23日(金)
日本大学理工学部 船橋キャンパス

アドバンスト・テクロノロジー・プログラム(ATP)

T3. C. ヘルスケア革新を目指したバイオベンチャーのフロンティア
オーガナイザー:菅 裕明(東大院理)

趣旨 医療の課題として患者のQOL(Quality of Life)改善が求められる中,バイオベンチャー企業によるアンメット・メディカルニーズに対する取り組みや,次世代バイオ医薬に関する研究開発の役割は非常に大きいです。本サブセッションでは昨年度に引き続き,バイオベンチャー企業からグローバル展開を視野に入れた独自技術,ビジネス戦略等を紹介し,またベンチャーキャピタルからも将来のヘルスケア分野を支援する取り組みについても紹介します。

ttp://www.csj.jp/nenkai/98haru/5-1.html#atp3C