ここから本文です

>>19341

⬆Future of Society Conference 2018
ニュース
【MITテクノロジーレビュー 自動運転と都市の未来をテーマにカンファレンスを開催】
2018/11/16(金)
株式会社⾓川アスキー総合研究所が運営する『MITテクノロジーレビュー[⽇本版](以下、MITTR⽇本版)』は、⾃動運転をテーマにしたテクノロジー・カンファレンス・イベント『Future of Society Conference2018——⾃動運転が「再設計」する都市⽣活の未来——』を2018年11⽉30⽇、東京・港区のTEPIAホールで開催する。
「Future of Society Conference(以下、FSC)」は、マサチューセッツ⼯科⼤学(MIT)発のテクノロジー・メディアであるMITTRの⽇本版編集部が企画・運営するカンファレンス・イベント。第1回⽬となるFSC2018では「⾃動運転」をテーマに国内の学術研究者や起業家らを招き、自動運転テクノロジーが今後の社会に与える影響について議論する。
スペシャルゲストは、無印良品や蔦屋書店などの実績で知られるグラフィック・デザイナーの原研哉氏。パリとロンドンの科学博物館で開催された「JAPAN CAR」展のキュレーターを務めるなど、自動車への造詣も深い原氏に加え、日本発のスマートシティを提案している建築家の末光弘和氏、全国各地で自動運転の実証研究に取り組む群馬大学の小木津武樹氏が、完全自動運転車によって変わる移動と都市生活の未来像を語り合う予定だ。
このほか、本田技術研究所の横山利夫氏による基調講演、金沢大学の菅沼直樹氏によるテクノロジーセッション、明治大学自動運転総合研究所の中山幸二所長による法制度セッション、日の丸交通とともに都内での公道サービス実証を実施したZMPの西村明浩取締役による最新報告などを予定している。