ここから本文です

皆さん、おはようございます。
ダウは193ドルの下落、米長期金利が昨日から3%を本格的に超えてきて、3.1%に迫る勢いとなってきました。
今年のボラティリティを考えると、この程度の下落で済んだことは、2月からの調整である程度金利の上昇を折り込んだ面もあるのでしょうか。
米長期金利の上昇を受けて為替は110円を突破、ただ先物は若干ですが下落となっています。
米長期金利が上昇すると円安は進むものの、ダウが下落しやすいというジレンマに陥るのか、今晩のダウは注目となりそうです。
ダウは下落しましたが、円安も進み、今日も底堅い展開を期待したいところではあります。