ここから本文です
現在位置:
カリナン原石を探せ!

カリナン原石を探せ!

  • 2,070
  • 254
  • 2018/04/02 10:12
  • rss
  • <<
  • 2069 2049
  • >>
  • >>2057

    【水素ステーションに未来はあるの!?】
    日本は、 需要面の強化策としては、現在2千台にとどまるFCV販売を30年に80万台に引き上げる。現在100カ所の水素ステーションを30年に900カ所に増やし、無人化などの規制改革にも着手する。

    FCVへの開発・投資は日本に限った話ではない。中国は30年に水素ステーション数を現在の10倍の1千カ所に増やし、FCV台数を100万台にすることを目標にする。経産省によると、上海同済大や精華大が中国自動車大手と連携し、着々とFCVの開発を進めている。ドイツが23年に400カ所のステーション設置をめざすなど、欧米でも水素活用の動きがある。

    ただ、EV時代到来とも言われる中でFCVに力点を置きすぎれば、「ガラパゴス化の隘路(あいろ)に入り込むリスクはある」(政府関係者)。FCVだけでは将来の大量供給分を消化できないとの指摘もあり、バスや船舶、発電など多様な使い道を確保していく必要がある。

    太陽光や風力などで発電した電力を使って水から水素をつくり、ボイラーで燃やして熱源にしたり、余った電力を貯蔵したりする。水素にはFCV以外でもこうした様々な使い方が期待できる。本格普及に向け日本の官民はより多くの人や費用を投じていく構えだが、グローバルなEV市場や水素エネ技術の進展などをにらみつつバランス感覚が問われる戦略になる。

    ●化石燃料産油国(サウジ、オーストラリア等)が
    水素に舵を切るとおもしろいかもです(^^♪

  • 住友金属鉱山

    本日の日経ベェリタスp16,17に「注目企業ここが知りたい」で住友金属鉱山が特集されていましたので報告いたします。表題は「車の電動化時代、勝利の秘策は」で副題は「EV正極材、本業の技で競争力」

    住友金属鉱山は、瀬戸内海の2つの工場でEVに搭載するリチウムイオン二次電池の正極材料「ニッケル酸リチウム(NCA)」を月産能力3550㌧に倍増、6月には4550㌧体制にする予定。中里佳明社長は「EVが車のメインになれば、リチウムイオン電池は大きなメインストリームの1つになる」と述べている。市場は富士経済の予測によると2035年にはEVの販売台数は16年比で約13倍になり、EVやHVの普及に伴い、21年のリチウムイオン二次電池材料の世界市場は2兆9024億円と16年比で倍増するとしている。

    また住友金属鉱山の電池材料事業の強みとして、資源確保から精錬、材料部門までを一貫しててがけていることとしている。ニッケルは正極材には不可欠だが、今後、HVやEVが普及すればニッケルの確保が難しくなる恐れがあるが住友金属鉱山は「一貫体制で電池材料の安定供給を実現できる」と述べている。

    株価は足元は低調だが、材料事業に成長期待があり上振れ余地があるとしている。

  • >>2063

    エフピコ 見てみましたが 障がい者の雇用にかなり力を入れていますね。
    業種もまた 障害者の方々にとって 働きやすい業種であったことと、
    雇用側にとっても 仕事を障がい者の方々がより働きやすい環境をととの
    えていくことにもかなり注力した結果だと思います。非常にいい会社ですね。

    結果、障害者雇用率が非常に高いですね!

    現在の人手不足の中 障がい者の方々が働きやすい環境をしっかり整えてきたことが
    会社に必要な労働力の確保につながり それが安定した業績成長に寄与していますね。

  • >>2064

    『法律で定める民間企業の障害者雇用率が来年度以降、現在の2%から2・2%になる。
    「共生社会」の実現に向け、企業はさらなる対策を迫られるが、職場の事情にあわせて障害者を受け入れる手法では追いつかないのが現実だ。
     障害者の特性に応じ、会社全体の働く環境や組織のあり方をトップダウンで見直すことも重要になる。国は2020年度末までには雇用率を2・3%へ引き上げる計画だ。
     経営者の意識こそが問われている。
     現行の法定雇用率を義務付けられている従業員50人以上の企業は9万社強ある。厚生労働省によると、2%を満たすのは5割で、一人も雇っていない企業が3割あった。
     2・2%への引き上げに伴って、これまで雇用率の計算対象外だった発達障害やそううつ病を含む精神障害者が、来年度から対象になる。』

    これは、今年の3月5日の毎日新聞の社説ですが、ここでいう『来年度』は今年の4月1日からのことです。
    『経営者の意識こそが問われている』時代が来ると思います。

    すでに、2017年5月30日の日経新聞には
    『厚生労働省は30日、企業に義務付けている障害者の法定雇用率を引き上げることを決めた。まずは来年4月に現在の2.0%から2.2%に引き上げる。その後、障害者の就労環境の整備状況を見つつ、2020年度末までに2.3%にする計画だ。』
    とありましたね。

    やはり、今年の4月1日に向けて社会の潮流が動き出しました。

  • S社、凄いですね! 

    ショーシャンクさんが最初のころに投稿されていたのを思い出しました。。
    >1357
    「。。。この会社は来年4月に向けて大きな追い風が吹きます。
     地方自治体の要請もどんどん増えてくるでしょうし
     各企業の意識も強くなってきます。
     その波に乗って全国展開も視野に入ってくるでしょう。
     ブルーオーシャンを感じます。。。。」

    この「来年4月」は、2018年の4月のことで、追い風は、障害者雇用率アップの事だったと思います。
    障害者の人達は定職率が高いと個人的に思っています。
    もちろん、この会社は障害者だけに、目をむけているのではありませんが。

    >ホルダーとしても誇りをもって長く持つことができるでしょうし。
    「誇り」って、何だかうれしい。。。ありがとうございます。

  • >>2061

    トレイを作っているエフピコは積極的に障がい者を雇用していますね。
    株価、全然さがりません。

    w ww.fpco.jp/csr/societyeffort/handicap.html

  • >>2061

    そうですね。
    亀太郎さんが言われた『心を動かす』企業というのは
    これからひとつのキーワードになるかもしれませんね。

    ホルダーとしても誇りをもって長く持つことができるでしょうし。

  • >>2060

    同時にこの事業が結果を出している背景には この事業自体が
    取引先であったりする人たちの心を動かしたとも言えると思います。

    先日クリナップの担当の方と 交流する機会があったのですが、クリナップでは
    お菓子を作る子会社を作っていて、ここが 障害の方々を雇ったお菓子会社
    でして、クリナップは手土産に その お菓子会社の商品を持ってきてくれるのです。

    利益追求ばかりが 会社の在り方ではないと改めて考えさせられます。

  • >>2059

    人材派遣会社は悪 というイメージがありますが
    こういった人材紹介に近い業態でも 視点を変えてやるだけで
    それとはまったく正反対に作用するといいますか。面白いですね。

    社長はじめとする 従業員の方々の 意識の高さが生んだ成果
    なんでしょうね。

    人材派遣や 人材紹介会社の 一つの在り方や可能性を示してくれた
    気がします。

  • >>2058

    本当の社会貢献度が指標になる時代も来るかもしれませんね。

    その企業が社会に対して創出した幸福や満足の総和が企業価値であるというようになると、世界も変わるでしょう。
    いまはなるべく人件費を減らし非正規社員や派遣社員の比率を増やして会社利益を上げることがいいことのように思われていて株価も反応するのですが。

  • なんか記事が出ていますね。
    水素ステーション新会社。
    結構本気なんですね・・・

    カリナン原石を探せ! なんか記事が出ていますね。 水素ステーション新会社。 結構本気なんですね・・・

  • >>2055

    結局 維持費の面や 性能の面を天秤にかけると 現状ではどのタイプが最も
    乗りやすいか。という究極の理論になるとEVはいまだ厳しいかもしれませんね。
    技術の進歩はすさまじいですが、すでに確立された技術を向上させたHVなどの
    ほうからアプローチしていったほうが おそらくスムーズに環境車への転換が
    図れると思います。
    それに公式なデータは探せませんでしたが いろいろな人が 冬季の寒冷地での
    走行距離の低下などを ブログに乗せてくれたりしていますしいろいろと見ると
    まだまだな部分が多そうです。我々が普段使うスマホなどでも氷点下では起動
    しなかったりしますよね。

    ただ、ハイブリットにしても EV車にしても いずれにしても共通として技術面
    での向上に伴い必要とされていく分野は似通っていますし狙いは変わらないですが。

  • >>2054

    コメント有難うございます。
    確かにプラグインハイブリッドがいいですよね。
    そんな私も最近車を購入する機会がありました。PHEVが魅力的で検討しました。
    しかし、私の家は夜間電力が低料金ではない為に断念致しました。
    現状、家で充電が出来ないとガソリンモデルとPHEVとの価格差は埋められないと言われました。
    また、今でも気になる所ですが、バッテリーの放電はどれ位あるんでしょうね。
    ガソリンだと入れた分を全て使えますが、電気だと自然放電が有る為に微妙に減少していくのが気になります。(笑
    欧州なんかですとその割合も非常に多そうに思えます。

  • 環境車への取り組みの多様化は日本にとってはプラスだと思うし 結果ガソリン車から環境車への移行も
    よりスムーズになると思います。現状純粋なEV車だと 寒冷地などは厳しいと思いますし、一回の走行距離も
    短くなりますし。結局使い勝手のいい方を選ぶことになりますしね。
    プラグインハイブリットあたりが最も使用効率的に 結果として環境に貢献する気がします。
    ただ中国や欧州は妥協するとは思えないですが。

  • こんにちは。
    インド政府がEV化を撤回したそうですが、このまま世界的にEV待った!がかかるのでしょうか?!

  • >>2050

    リッチポンタさん
    こんにちは。

    Amazon Go 凄いですね。
    日本は改良しかできませんが、アメリカは変革してしまう。
    レジそのものをなくしてしまう発想は革新ですね。
    経営者にとってはレジの人件費は大きな問題で、その効率化は永遠の課題ですが、根本からなくしてしまうとはさすがです。
    もう、日本を含め世界の小売業は全部Amazonにやられてしまうでしょうね。
    Amazonは米国大手の高級スーパーを買収してますから、生鮮品を含め取り扱えないものがなくなってきています。
    カリスマ経営者が去ったあとのセブンイレブンも数年後は凋落するかもしれません。

    去年の夏に言いましたように、世界のEV大転換によって日本の凋落が避けられなくなっています。
    日本の国力は自動車産業で成り立っているのですから。
    去年の夏の時点では、実生活で周囲の人にいくら言っても『電気自動車なんか普及しない』『トヨタは電気自動車も作れるから凋落することはない』という反応ばかりでしたが
    たぶん、来年には、かなりの危機感を持って語られるようになるはずです。Amazon Goによって日本の小売業もかなりの危機感を持つようになると思います。

    ムニューシン米財務長官のドル安発言もトランプは否定しましたが、本音のところではトランプも同じでしょう。
    為替には注目していきましょう。

    今年の大河は久しぶりにいい作品のようでうれしいですね。
    篤姫のときはびっくりするくらい標準語でしたが、今回は方言も本格的で聞き取れない人もいるでしょうけど。

  • ショーシャンクさん、皆さん、今日は。

    TVで見ましたが、Amazon go 凄いですね。無人レジ、もう実現したなんて、この間まで持っていた暮れのIPOサインポストがどうなるのか、心配になります。

    それにしても2冊目が出たりで、トランプさんも大変ですが、株投資としては、ダウ絶好調なのは有り難い事です。現在の世界の株式状況を観ると、一時のかっての上海やギリシア、更にはドイツ銀行の危機は何だったんだろうという思いがします。

    五輪を利用した北の動向にも目が離せません。一時の偽りの平穏より、根本解決を切に願っていますが、北の狙い通り、核武装の脅威は半端じゃないですね。

    そんな中、ショーシャンクさん始め、皆さん今年の大河は好感を持たれているようで何よりに思います。私も、直虎程では無くても、ショーシャンクさんに教えて頂いた、歴史ドラマはファンタジーの思いで、(たとえば斉彬が西郷のそんな幼い時にに出会っていないなどと思うのは捨てて)大いに、皆様と一年、楽しみたいと思っていますので宜しくお願いします。

  • >>2047

    AMAZONはすごいですねー。
    すべてのサービスの窓口としての機能ですね。
    とりあえずどんなサービス Amazonを通せば 安くて良質
    のサービスが受けられる というイメージが確立されていますね。

  • <<
  • 2069 2049
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順