ここから本文です
  • <<
  • 163 114
  • >>
  • 163(最新)

    yos***** 9月7日 21:02

    北海道の次は、東京かもしれない、大地震による津波、地下鉄はすべて水没、地下街も水没、大停電は防げない、首都破壊は目前です。想定外は禁句です。首都を拡散しないと、機能停止は、確実です。

  • .
    本州は電力会社同士での電力融通がやり易いだろうが
    北海道は限られるので、相当上回る発電設備を必要と
    されるのでしょう。

    ちなみに、予定では来年の3月に、本州との間で新たな電力融通
    可能な設備(今でも細々とは有るらしい)を作っているところ
    だったようだ。

    とはいえ、北海道に限らず広範囲の災害が起こると、本州で
    あってもブラックアウトが起こる可能性がある。
    そう考えると、いまの電力供給量より、相当上回る設備を
    用意しておかないといけないのかもしれない。

    この夏は暑かったために、東京電力管内の電力がひっ迫し
    中部電力から電気を融通してもらって急場をしのいだそうだ。
    暑いときに中部電力管内で、大きな地震でもあったら
    東京も大変なことになる可能性があるということでもある。

    ちなみに、中部地区は、伊勢湾から福井方面にかけての
    大きな地震の可能性が高まってきている。
    ,

  • ,
    南海トラフ発生確率「70~80%」に引き上げ
    2018年02月09日 19時11分

     政府の地震調査委員会(委員長=平田直なおし・東京大教授)は9日、静岡県から九州の太平洋側に延びる南海トラフで今後30年以内にマグニチュード(M)8~9級の巨大地震が発生する確率を「70~80%」に引き上げたと発表した。
    ¶ http://www.yomiuri.co.jp/science/20180209-OYT1T50102.html

  • ,

    毎日新聞によると「首都直下:特措法活用されず 緊急対策区域、計画未策定」と報じてます。 1

    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-0107m040100/
    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    首都直下:特措法活用されず 緊急対策区域、計画未策定

    2018年01月07日 07時45分 毎日新聞

     国が首都直下地震対策特別措置法で「緊急対策区域」に指定した1都9県の309区市町村のうち、同法に基づき緊急輸送道路を整備したり、燃料備蓄を増やしたりする計画を作った自治体が一つもないことを、内閣府が毎日新聞の取材に対して明らかにした。区域指定から約3年9カ月がたつのに特措法が生かされていないことに、自治体からは「国は説明不足だ」と声が上がっている。【金森崇之】

     特措法は東日本大震災の被害などを受け、今後発生が予想される首都直下地震対策を推進するため、2013年12月に施行された。政府は翌14年3月に緊急対策区域を指定。区域となった309区市町村と1都9県は、重点的に防災対策を進める必要があり、自治体ごとに地震に備えた対策計画を作ることができる。

     例えば309区市町村は、「特定緊急対策事業推進計画」を作り国に認められれば、建物内に現在の法律で認められた以上の燃料を備蓄できる。さらに、本来の目的以外には使えない公共施設を避難所に転用することも可能になるが、全く活用されていない。

     また、309区市町村のうち、国の重要施設や企業の本社が集まる東京都心の千代田、中央、港、新宿区は水道などライフラインの耐震補修や、帰宅困難者対策を重点的に進めることが必要な区に指定された。この4区が「首都中枢機能維持基盤整備計画」を作れば、街の再開発などを行う際、物資輸送がしやすくなるよう特例で道路を拡幅したり、一時避難などに使える公園を整備したりすることができるようになるが、計画を作った自治体はない。 東京都港区の防災課は「特措法で具体的にどんな防災対策ができるのか分からず、動けない」という。

    ,

  • ,
    NHKニュースによると南海トラフ巨大地震 予知前提の対策見直しを検討会が指摘と報じてます。 1

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170825/k10011112151000.html
    ーーーーーーーーーーーーーー
    南海トラフ巨大地震 予知前提の対策見直しを検討会が指摘

    8月25日 15時13分

    南海トラフ巨大地震について、国の検討会は新たな防災対策を示した報告書の案を25日、まとめました。南海トラフで起きる巨大地震の一つで、予知を前提として進められてきた「東海地震」の今の防災対策については改め、新たな制度の構築などを検討すべきだと指摘しています。

    南海トラフ巨大地震をめぐって、国は、6年前の東日本大震災をきっかけに想定を見直し、南海トラフ全域を震源域とする対策に切り替えたことなどから、去年、有識者による検討会を設置し、議論を進めてきました。

    25日まとまった報告書の案では南海トラフで起きる巨大地震の一つで、「大規模地震対策特別措置法」、いわゆる「大震法」に基づき予知を前提として対策が進められてきた「東海地震」について、鉄道の運行規制や会社や学校を休みにするなど社会活動や経済活動を大幅に規制する「警戒宣言」の発表につながるような確度の高い予測は、「できないのが実情だ」としています。

    そのうえで「大震法」に基づく今の防災対策は改めることが必要で、新たな制度の構築などを検討すべきだと指摘しています。

    此処、↓、からのコピーです
    ¶ https://textream.yahoo.co.jp/message/1835985/baa3daba4nbf7j9a1a2a5fa5la5sa4r8aba4f46adba4r

  • ,
    MEGA地震予測 2017年の最警戒ゾーンは「首都圏・東海」
            2017年01月12日 16時00分

    ¶ https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-480831/

    「MEGA地震予測」のベースになっているのが、全国1300か所に設置された国土地理院の「電子基準点」のGPSデータである。そのデータから、地表のわずかな動きを捉え、1週間ごとの基準点の上下動による「異常変動」、地表の長期的な「隆起・沈降」(上下動)、地表が東西南北のどの方向に動いているかの「水平方向の動き」の3つの指標を主に分析し、総合的に予測している。

     では、村井氏が2017年に「最警戒」を呼びかけているのはどの地域か。

    ■首都圏・東海警戒ゾーン

     2016年11月末には「富士山」で4cmの「異常変動」が観測された。マップにも示されない程度の変動だが、この「富士山の異常」は決して無視できないという。

    「富士山周辺に動きが見られることはよくあるが、富士山の電子基準点に異常変動が見られることはごく稀で、これは東日本大震災以来のこと。富士山の麓近くには関東大震災の震源とされる神奈川県大井町があることから、私は今、この異常を注視しています」(村井氏)

     周辺には韮崎7.72cm、天城湯ヶ島7.08cm、三宅8.59cmなど5cm以上の「異常変動」が集中している。2016年夏に全国一斉異常変動が見られたが、特にこの警戒ゾーンでは6月末から9月初めまでの短期間に、5回も一斉異常変動が観測されている。

    「水平方向の動きでは、伊豆半島南部、三浦半島、房総半島南端で周辺と異なる動きがあります。特に房総半島南端の野島崎は江戸時代に起きた元禄地震の震源とされている場所で注視しています。

     関東大震災は神奈川、元禄地震は千葉県が震源ですが、いずれも東京の被害が最も甚大でした。直下型でなくても、地盤の緩い首都圏が一番揺れるため、警戒が必要です」(村井氏)

  • 『NEWSポストセブン』 週刊ポストによると次に地震が発生するところとして「首都圏・東海警戒ゾーン」と報じてます。 3


    「瞬間的ですが、大井町の基準点が地震の前兆と思われる大きな異常変動を示したのです。設置間もないうえ、実験段階なので軽々に判断はできませんが、関東大震災同様、首都圏に壊滅的な被害を及ぼす可能性があるため、警告を発しました。しばらくは注意が必要です」(村井氏)

     その他、村井氏は「北陸・北信越警戒ゾーン」、「北海道中央部警戒ゾーン」、「奥羽山脈警戒ゾーン」、「南海・東南海警戒ゾーン」、「九州南部警戒ゾーン」を“最警戒”と位置付けている。
    ーーーーーーーーーーーーーー
    これが本当なら死者は数百万人発生するだろう。

    地震が昼間に発生すれば大都市部ではビルに閉じ込められる人は人口の2,3割、地下に閉じ込められるのは1,2割、震災後に動ける人は4割いれば良いほうだと思う。

    震災後に支援者を増やせる可能性があるのが、ビルに閉じ込められた人を地上に下ろせれば支援者が増やせられ、探しにくい地下に閉じ込められた人探しに奔走すれば、より多くの人が助けられると思います。

    どのみち一般人では装備がないことからできることは限られ、被災者がどこにいるかを探せれば、後に来る支援者に被災者が何処に居ると、情報提供することが出来れば、装備を持ってくる支援者を有効に働かせることが出来、より多くの人を救出することになる。

    ビルに閉じ込められた人が支援者を待てば、その分、支援者が分割され、助けられる人も助けられないということになる。

  • ,

    人災発言として日本で言えることは2月に総理が発した関東4県に躊躇無く14万人の支援者を投入と発言したことに有る。

    関東4県の人口を解って言っているのかはなはだ疑わしい、被災者になるであろう住民が真に受けて支援者を待てば多くの人が助けに来ないことで死亡する。

    3000万の人口をたった14万人の支援者が助けるなんてどだい無理な話、


    ,



  • 測量学の世界的権威である村井俊治・東大名誉教授の「MEGA地震予測」は、これまで驚異の的中率で読者を驚かせてきた。7月中旬から関東地方で相次いで発生した地震に不安が募るなか、村井氏は「全国で顕著な異常が見られる。いつ大地震が起きてもおかしくない」と警鐘を鳴らす。

     首都圏で大地震に対する不安が高まっている。関東地方では7月17日(茨城県南部)、19日(千葉県東方沖)、20日(茨城県南部)と立て続けに「震度4」、27日には茨城県北部で「震度5弱」を記録する地震が起きた。これらの地震では発表された震度以上の大きな横揺れを感じたという声が相次ぎ、「熊本の次は首都圏か」と、不安の声も聞こえてくる。

     そんな中、注目を集めているのが本誌で抜群の的中率を残してきた村井氏の「MEGA地震予測」である。村井氏が警告する。

    「全国で一斉異常変動が起きています。危険が大きい5センチ以上の異常変動を記録した電子基準点の数は、1月24日から7月23日までの半年間で約140。前回の『週刊ポスト』の記事(4月25日発売号)に掲載したマップは同じく半年間(2015年10月18日~16年4月16日)で約30でしたから4倍以上に増えている。いつ、どこで大地震が起きてもおかしくない。特に関東では顕著な異常が見られます。

     我々が発行するメルマガでは、首都圏を含む南関東を史上初の最高位『レベル5』に引き上げ、特別警戒を呼び掛けています」

     測量学の世界的権威として知られる村井氏が顧問を務める民間会社JESEA(地震科学探査機構)は、毎週発行のメールマガジン「MEGA地震予測」で最新版の地震予測を公開している。

    「MEGA地震予測」は全国1300か所に設置された国土地理院の「電子基準点」のGPSデータに基づいている。そのデータから地表のわずかな動きを捉え、1週間ごとの基準点の上下動による「異常変動」、地表の長期的な「隆起・沈降」(上下動)、地表が東西南北のどの方向に動いているかの「水平方向の動き」の3つの指標を主に分析し、総合的に予測している。
    ¶ http://www.news-postseven.com/archives/20160801_434586.html




  • ■首都圏直下M7級の前兆? 関東で連日の地震 識者「明日、来てもおかしくない」
    2016.07.21

     不気味な揺れが続いている。20日、通勤ラッシュの午前7時過ぎ、茨城県南部を震源とするマグニチュード(M)5・0(推定)が発生。同県土浦市、さいたま市などで震度4、東京都、千葉県などで震度3を観測した。19日には茨城県沖、千葉県東方沖でも地震が起き、突然増えた感じがする。専門家は「関東の地下はプレートが複雑に入り込んでいるため、地震が多い」と指摘、「極端なことを言えば、明日M7級が来てもおかしくない」と警告する。

     ここ数日、関東地方で地震が相次いでいる。20日午前7時25分ごろ、茨城県南部を震源とする震度4が起き、19日午後0時57分ごろには千葉県東方沖(M5・2、震度4)、同4時28分ごろにも茨城県沖(M4・1、震度3)で発生した。茨城県に限れば17日の昼過ぎにも同県南部でM5・0、震度4を観測している。

     これだけ続くと、いつ起きてもおかしくないという「首都圏直下M7級」が近づいているのかとさえ思え不安になる。

     夕刊フジで「警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識」を連載する武蔵野学院大の島村英紀特任教授は、「関東の地下はプレートが複雑に入り込んでいるため、地震が多く、『地震の巣』とたとえられる。20日の揺れはマグニチュード5だったが、たまたまその規模だっただけで、いつ“7”が起きてもおかしくない。脅かすわけではないが、明日“7”が来ても不思議ではない」と指摘する。

     猛暑の中での連発だっただけに地震と気温に何か関係があるのかとも考えたくなるが、「地震学では気温との関係は否定されている。(外気の)温度が地中の奥まで届かないためだ。ただ、関東大震災が起きたのは(1923年)9月1日。用心するに越したことはない」(島村氏)。
    ¶ http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160721/dms1607211700017-n1.htm


  • ,

             【 災害時に自給できる体制 】

    熊本刑務所は2016年4月15日夜、施設内にある武道場を地震で被災した近隣住民の避難所として開放。備蓄していた食事の提供や飲料水の配給を始めた。16日未明に発生した地震の影響もあり、ピーク時には約250人もの被災者が詰めかけた。

    もともと熊本刑務所には1週間分の食料が備蓄されていたほか、近隣の刑務所や法務局からも非常食や飲料水といった支援物資が届けられた。また、同刑務所では井戸水を利用していたため、断水の影響を受けることもなかった。そのため、一部の避難所で食料や生活用品の「不足」が叫ばれる中、安定した支援活動を行うことができたようだ。
    ¶ http://www.j-cast.com/2016/04/19264576.html?p=all





  • 1日昼前、三重県沖を震源とする地震があり、和歌山県で震度4の揺れを観測しました。気象庁によりますと、今回の地震は震源の深さや地震のメカニズムから、陸側と海側のプレートの境界付近で起きたと見られ、南海トラフの巨大地震の想定震源域の中にあたるということです。

    周辺の南東側では、12年前の平成16年9月にマグニチュード7クラスの地震が2回発生しましたが、今回、地震が起きたのはそれよりもやや陸に近い、地震活動があまり活発ではない領域で、プレートの境界付近でマグニチュード6前後の規模の地震はあまり発生していないということです。これまでのところ、余震はあまり観測されていないということです。
    気象庁は今回の地震は、想定される巨大地震に比べて規模が小さく、関連性は分からないとしたうえで、今後、同じ規模の地震が相次ぐなど、地震活動が活発する兆候がないか注意が必要だとしています。
    ¶ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160401/k10010464931000.html




  • ,

    応援部隊、最大14万人派遣=被災地の要請待たず-首都直下地震対応・中央防災会議
    じじつうしん
    2016年3月29日(火)15時33分配信 

     政府は29日、中央防災会議(会長・安倍晋三首相)の幹事会を開き、首都直下地震が発生した場合に国や自治体が行う救助や物資輸送などの応急対策について示した計画をまとめた。全国から自衛隊、消防、警察による広域応援部隊を東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県に最大約14万人派遣するなどの内容。発生から72時間を過ぎると厳しい状況に置かれた被災者の生存率が著しく下がることを踏まえ、応急対策には被災地の要請を待たずに取り組む。
     広域応援部隊の内訳としては、自衛隊が最大約11万人、消防が同1万6000人、警察が同1万4000人を想定している。
     計画は、死者数が最大で約2万3000人に上るとする最新の被害想定に基づき策定。応急対策は東京23区で震度6強以上の地震が発生した場合などに実施する。
     国の緊急対策本部の調整の下、被災地からの要請がなくても積極的な支援を行う「プッシュ型」の対応に重点を置いた。人口が過密な首都圏では被害や混乱が拡大する恐れがあるため、国や自治体などの関係機関が連携して車両撤去や傷病者の救助、帰宅困難者への対応を迅速に進めることも明記した。
     救援物資や燃料の緊急輸送ルートについては、東京外郭環状道路(外環道)や都心から放射状に伸びる8方向のルートを確保し、必要に応じて道路の応急復旧や交通規制を行う。自衛隊や消防、警察の各部隊が円滑に救助・消火活動を行えるよう、公園など宿営ができる約230カ所の拠点もあらかじめ設定した。 
    ¶ http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/jiji-2016032900551/1.htm




  • これまで、10メーターよりも浅い井戸を見てきました。

    ま、浅井井戸はそれなりに、簡単にかつ安価で、掘削時にも場所も取らず、とりあえずの水さえ有ればいいかってところでしょうか。

    では、今度は、50~60メーター或いはそれ以上深い、深井戸を見て見ます。
    ¶ https://www.youtube.com/watch?v=eQDn7XvR4o8&spfreload=1

    時間も費用も多くかかりますが、ほとんど涸れることなく、きれいな水を得ることが出来そうです


  • ,
    この井戸は、専門業者にたのんで、工事費、198000円だと。

    あ、出張代とポンプ代は、別途だそうで。

    ¶ https://www.youtube.com/watch?v=xxb_KrvW7m8


    大震災時に行政の活動が期待できない時も、安心!



  • ,
    こんなに簡単に掘れる井戸も、、、、。

    ¶ https://www.youtube.com/watch?v=_EAXkl82OzA


    狭いところでも、お庭の片隅にでも、

    しかも、意外にきれいな澄んだ水がでてきてますよね?

    ただ、飲用にできるかどうかは、それなりの機関で調べてもらわなくっちゃ、なりませんが・・・。


  • ,
    こんなに簡単に掘れる井戸も、、、、。

    ¶ https://www.youtube.com/watch?v=_EAXkl82OzA


    狭いところでも、お庭の片隅にでも、

    しかも、意外にきれいな澄んだ水がでてきてますよね?

    ただ、飲用にできるかどうかは、それなりの機関で調べてもらわなくっちゃ、なりませんが・・・。


    ,


  •       < 簡単に掘れる井戸 >
    ¶ https://www.youtube.com/watch?v=_EAXkl82OzA

    狭いところでも、お庭の片隅にでも、

    しかも、意外にきれいな澄んだ水がでてきてますよね?

    ただ、飲用にできるかどうかは、それなりの機関で調べてもらわなくっちゃ、なりませんが・・・。


  • <<
  • 163 114
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!