ここから本文です

南無全値戻心経

  • 863
  • 1
  • 2018/01/14 17:33
  • rss
  • <<
  • 863 841
  • >>
  • 円以外の主要通貨も、対ドルで、上げてるんじゃないですか。

    円高というより、ドル安。

    従って、おっしゃることは、フェイクニュースです。

  • [東京 12日 ロイター] - 金融市場を大きく揺り動かす投機筋の間で、円と米国債が今年最初の有力な取引の標的となりつつある。日銀の金融政策変更を見越した円買いや、対中情勢の不透明感などを背景とする米金利の上昇シナリオで、いずれも今年は小幅な変動にとどまるとする大方の予想の裏側を突こうとする戦略だ。円相場の主戦場である東京の外為市場関係者は、そうした海外勢の動きをまだ冷めた目で眺めているが、勝負はまだ始まったばかりだ。

    <「必ず負ける」戦略に賭けた海外勢>

    市場関係者も円高派と円安派に割れる今年の円相場。結局どちらにも大きく動くことはないだろうとの声が多かった中で、異変が起こったのは今月9日だった。

    日銀が通告した国債買い入れオペで、残存10年超25年以下と同25年超をそれぞれ前回から100億円減額。国債市場では先物が売られ、長期・超長期ゾーンの金利も上昇。それを受けて円JPY=は対ドルで112円半ばへ70銭近く一気に上昇した。

  • この局面で円を買い込んだのは、海外投機筋が中心だったとされる。新年度入り後は超長期国債の発行が減額されるため、オペもそれに伴って減額されるとの見方は、多くの国内勢にとって周知の事実。時期の不透明さはあったとはいえ、大きく進むはずのなかった円高に鋭く反応した海外勢に、在京のある大手銀幹部は「全然分かってない。彼らは必ず(円が反落して賭けに)負ける」と吐き捨てた。

    だが、日本の事情に理解の乏しい海外勢が、安易に日銀の政策変更を期待して円を買い仕掛けただけとの見方は早計かもしれない。9日以降にしつこく円を買い上げた海外勢の間では、その後大きく取りざたされることになる米中貿易摩擦の可能性などが、すでに話題になっていたとみられるためだ。

    <キーワードは年初来の「米中貿易摩擦への懸念」>

    翌10日。中国の外貨準備当局者らが、米国債の購入ペースを落とすか、購入を停止する提言を行ったとの報道が手がかりとなって、米国債市場では10年債利回りUS10YT=RRが急上昇。一時2.5%台と10カ月ぶり高水準に到達した。

    通常であれば、米金利高はドルの押し上げ圧力。しかし今回は、その要因が米中関係の悪化を懸念させる事象だったことで、市場のうねりはリスクオフ的な動きとなって、円がさらに買われる展開となった。ドルは12日早朝に111.05円と1カ月半ぶり安値を更新。この1週間で2円超の円高が進んだ。

    布石はあった。年初来、米政府は中国アリババ・グループ(BABA.N)傘下企業による米企業の買収を阻止したほか、米AT&T(T.N)は中国の華為技術HWT.UL製スマートフォン販売の合意を理由が曖昧なまま、突然撤回していたのだ。

    相次ぐ不穏な動きに続いて流れた米国債売却を想起させる報道。市場では、一連の米国の姿勢に不信感を強めた中国側が「貿易摩擦問題の台頭を受けた、米政府への一種のけん制」(野村証券の郭穎アナリスト)を狙って仕掛けたのではないかとの思惑が、静かに広がっている。

  • <米金利高の背景に中国の通貨政策変更>

    「中国発の米金利上昇」とも呼べる動きは、これだけではない。中国人民銀行(中央銀行)が基準値算出のため概算値を提出している銀行に対し、算出に用いる手法として昨年5月に導入した「カウンターシクリカル要因」の影響を緩和するよう指示していたことが判明したのだ。

    中国当局は明言していないが、この仕組みはもともと、昨年来の資本流出に伴う元安を抑制する手段。同時に、元安に歯止めがかかれば元買い/ドル売り介入が減少し、米国債売り圧力が低減するため、米金利の上昇に歯止めがかかりやすくなる構造でもあった。

    その措置が緩和されたことで、報道のあった9日にも米金利は急上昇。同日昼から台頭した日銀政策変更への思惑を背景とする円高と、米金利高が同時に進行する異例の「ゆがみ」が発生するきっかけとなった。

    <思惑先行の円高、日本当局の姿勢が今後の鍵>

    こうした読みが正しければ、市場では当面、海外投機筋の思惑通り、日銀の出口戦略やリスクオフ懸念を意識した円高と、米中関係の不穏さなどを手がかりとする米金利上昇が続くことになる。「事態はそう単純ではない」(トレーダー)と冷ややかな声も根強いが、特に円相場は昨年来高水準に積み上がったままの大規模な円売りポジションがいつ解消されるかも焦点のひとつで、上昇圧力がかかりやすい情勢でもある。

    ただ、思惑先行の円高は日本経済への打撃となるのはもちろん、日銀の出口戦略にも大きな影響を与えかねない。三井住友銀行・市場営業部副部長の呉田真二氏は「市場を過度に反応させず、しかし正常化への道をある程度織り込ませないといけない。政策当局者は注意深くコミュニケーションをする必要がある」と指摘している。

  • だが、日本の事情に理解の乏しい海外勢が、安易に日銀の政策変更を期待して円を買い仕掛けただけとの見方は早計かもしれない。9日以降にしつこく円を買い上げた海外勢の間では、その後大きく取りざたされることになる米中貿易摩擦の可能性などが、すでに話題になっていたとみられるためだ。


    102500-108000-94000
    まず二月第3週

  •  ――危機防止へ銀行システムの「錬金術」を正すべきだと主張していますね。具体的にはどういうことですか。

     「短期預金を集めて長期融資に充てるという銀行システムは、実体経済と金融市場を飛躍的に成長させたと考えられてきた。しかし、それは銀行がひとたび短期資金を確保できなくなると、取り付け騒ぎが起きて金融システムが崩壊寸前に追い込まれる錬金術にほかならない。いざとなれば政府が救済するという甘えがあるから、貸し出し基準がさらに緩むという悪循環を招いている」

     「私が提案するのは『最後の貸し手』としての中央銀行システムの改革だ。民間銀行は取り付けが起きないよう、常に預金や1年未満の短期無担保負債を全額払い戻せるようにする。そのために、預金量に応じてあらかじめ現金を持つか、換金しやすい流動性の高い証券を保有するよう義務付ける。中央銀行はそれを厳密に管理し、金融危機時にはそれを担保にして民間銀行に資金供給できるようにする」

     「例えば中央銀行は、流動性の高い証券には90%、流動性の低い債券には50%などと緊急資金供給の比率を決めておく。いわば担保を厳密に評価して資金を貸し出す『質屋』のようなものだ。預金など短期資金を保護することで取り付けの懸念はなくなる。一方で長期融資などのリスクは民間銀行が負うことで、モラルハザードに陥ることも避けられる。10~20年かけて改革すれば、金融システムへの影響も小さくできる」

  • 謹賀年末

    江戸りんも。ことしは。

    そのぶん、らいねんは。。

    うまくいかないときもあるよね


    🗽

  • 政府高官は「極限まで緊張を高めれば北朝鮮は対話にでてくると思う」と解説する。米国は戦争寸前まで追い込む構えのようだ。日米関係筋によれば、2018年夏ごろにかけて、極東地域への米軍増派や外国人保護などで緊迫した事態が起こりうるという。

    北朝鮮が譲歩しなかったら? 先の政府高官は「米国は軍事行動にでるでしょうね。少なくともその可能性はある」とみる。巡航ミサイルによる限定空爆や金正恩氏の殺害作戦、大規模戦闘まで幅広いシナリオがある。圧力を加える過程で米朝が偶発的に衝突するリスクもある。

    北朝鮮が反撃すれば被害は甚大だ。だから、軍事行動に至らない筋書きもある。トランプ氏には、米本土を狙う核ミサイル開発の凍結で妥協したり、核放棄をするかどうか確信のないまま米朝協議を始めたりする選択肢もある。脅威認識への対処には「脅威がなくなったことにする」政治的な決着もあるからだ。

    そうであっても、現時点で「米軍の軍事行動は絶対にない」とは、とても言えない。戦争寸前だって十分、怖い。企業は韓国駐在員や家族の待避計画、事業継続のプランを再点検しておかないと、それこそ不作為になる。(ペン尻)

  • 円安の限界

     円相場が対ドルで9月半ば以降は安定している。1ドル=110円台前半で概ね推移するが、今後は円高に振れやすくなるだろう。足元のような水準が続くと考えるべきではない。

     円の全体的な強弱を示す実質実効為替レートは現在、過去10年の平均に対して15%ほど円安の水準にある。国際通貨基金(IMF)の推計では、日米の物価水準が均衡する為替レートを示す「購買力平価」は1ドル=100円程度。円は10%以上「割安」だ。

     国内総生産(GDP)と比べた経常黒字の割合をみても、円には割安感がある。IMFの見通しでは、今年は日本が中国やユーロ圏よりも大きい。米国は経常赤字だ。失業率も日本が欧米より低い。

     為替レートは各国の金利水準などにも左右されるため、円の割安感がすぐ解消されるとは限らない。米連邦準備理事会(FRB)は12月に追加利上げに踏み切る公算が大きく、教科書的には日米の金利差が開きやすい状況だ。

     ただ、米国で3月と6月に利上げされたにもかかわらず、為替レートに影響を与える米10年物国債利回りは年初の水準を下回っている。追加利上げで米景気が減速するとの懸念が広がったり、税制改革の審議が難航したりすると、米国債利回りが低下し、円買い・ドル売りの圧力が掛かるかもしれない。

     シカゴ通貨先物市場では、投機筋は円を大幅に売り持ちしている。投資家が運用リスクを積極的にとる局面で「安全資産」とされる円が売られやすいことを示すが、想定外の事態が起こると資金の歯車は逆回転する。世界的に株式相場の変動率が高まり、米国では低格付け社債と国債の利回りの水準が拡大。投資家がリスク回避にカジを切る兆しも出始めた。投機筋が円売りポジションを解消し、円を買い戻す可能性もある。

    (野村アセットマネジメント 運用調査本部 チーフ・ストラテジスト 榊 茂樹)

  • >>844

    3111ミカレディ 2017/11/16  12:41                             
    待てば懐炉の日和あり
    あー暖房が恋しい

    1357逆指数すごいわ
    指数騰貴の際にはひどく下げ
    下落時しょぼい上げ
    遊んでるのか
    次回1200割れだのう


    ℃シロート替刃の先週の見立てでは
    今週やろこいと欲の深い連れにデンワで告げ
    内容(濃い理由)はBBSに置いたぁる

    7月からコッチ初旬が高うて中・下旬がやろこい
    最終週からバスケット買い?でアレ アレレ
    いつもどおりヘンテコリンなものが飛ぶんだろう
    あとデレデレデレデレーになるんちゃうのん


    .

  • 短期の売りで一気にとるなら、来年の4月のショートが効率的かえ。

    明日、12月7日と変化日があるが、週足・日脚でそろってくるのは4月になるのか。

    検証が必要であるが、ドル円はそれまでに115円20銭をつける可能性がある。
    ショートは注意が必要だろう。

  • >>842

    >  「平常は傍観していて1年に1度でも、2年に1度でもぐっと腹に感じた時に出動すれば恐らく外れることはない。ところが、相場好きとなると、1日でも持ち玉がないと寂しくて、世の中から遠ざかっていくような気がするのですが、これがいけないのです」
    >
    >  囲碁でいう「岡目八目」ではないが、相場も建玉しないで見ているとよく分かるものだと角谷はいう。そして「ぐっと腹に感じた時」にここぞと勝負に出る。勝負に出るのは1年に1度か、2年に1度というが、それだけ待つのは相当な忍耐と精神力を要するだろう。
    >
    >  「相場は売り方買い方に取って、お互いに戦争であっても、命を狙う戦争ではないのだから、戦いに勝っても、しつこく相手を追い詰めるのは見る目もみにくいし、また福を転じてわざわいとなす例が多い」。角谷は相手の命までは取るなという。角谷という相場師のやさしさが読み取れる。=敬称略
    >

    > ・大勢に逆らうな
    > ・人為は大勢にはかなわない
    > ・休むと相場はよくみえる
    > ・ぐっと腹に感じた時出動する

  •  「平常は傍観していて1年に1度でも、2年に1度でもぐっと腹に感じた時に出動すれば恐らく外れることはない。ところが、相場好きとなると、1日でも持ち玉がないと寂しくて、世の中から遠ざかっていくような気がするのですが、これがいけないのです」

     囲碁でいう「岡目八目」ではないが、相場も建玉しないで見ているとよく分かるものだと角谷はいう。そして「ぐっと腹に感じた時」にここぞと勝負に出る。勝負に出るのは1年に1度か、2年に1度というが、それだけ待つのは相当な忍耐と精神力を要するだろう。

     「相場は売り方買い方に取って、お互いに戦争であっても、命を狙う戦争ではないのだから、戦いに勝っても、しつこく相手を追い詰めるのは見る目もみにくいし、また福を転じてわざわいとなす例が多い」。角谷は相手の命までは取るなという。角谷という相場師のやさしさが読み取れる。=敬称略

    信条
    ・大勢に逆らうな
    ・人為は大勢にはかなわない
    ・休むと相場はよくみえる
    ・ぐっと腹に感じた時出動する

    ( かくたに ていのすけ 1869-没年不詳 )
     明治12年東京都出身、大手米穀商で仲買人の伴田六之助のもとで少年店員として働き、同20年貿易商・菱谷商会で海外貿易を見習い、同26年東京米穀取引所仲買人となる。屋号は「澤」。売買高ランキングではコンスタントに上位を占め、しばしば入賞、「君の着実な営業振りは社会の信を受けること厚く、顧客は常に門前に幅輳(そう)す」(大正人名辞典)
    (写真は東京毎夕新聞社刊「日本米界人名辞彙」より)

  • <<
  • 863 841
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン