ここから本文です
  • <<
  • 371 352
  • >>
  • 371(最新)

    nerusonn 4月26日 18:08

    「浜北人骨」高校生調査 西部3校生徒、根堅遺跡で体験会

    本州最古の人骨化石「浜北人骨」が出土した浜松市浜北区の岩水寺境内にある根堅遺跡でこのほど、高校生対象の調査体験会が開かれた。県立浜名、浜松北、磐田南の3校から史学部や地学部に所属する生徒約30人が参加した。

     浜北人骨は1960年代に2体の一部が出土し、それぞれの年代は約1万4千年前と約1万8千年前と確認されている。生徒は調査史の概要や同遺跡周辺の地理などについて、同遺跡の再発掘調査団団長を務めるお茶の水女子大の近藤恵博士らから解説を受けた。同遺跡の岩をハンマーや竹べらなどで削る体験にも取り組んだ。

     調査体験会は、同遺跡の発掘調査に協力する「遠州山辺の道の会」が、高校生に地域資源への関心を高めてもらおうと開いた。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 「浜北人骨」高校生調査 西部3校生徒、根堅遺跡で体験会  本州最古の人骨化石「浜北人骨」が出土した浜

  • 今晩は、

    「きかんしゃトーマス」を運行する大井川鉄道(本社・島田市)は、6月9日から千頭駅(川根本町)で開始する「トーマスフェア」に、トーマスの仲間のレール点検車「ウィンストン」の乗り物遊具を新アトラクションとして設置すると25日発表した。

     ウィンストンは、物語に登場する鉄道局長が主に運転する点検車で、赤いボディーと優しい性格が特徴。トーマスフェア会場では、乗客が自転車をこぐようにして約80メートル区間のレール上を移動させる。3人まで乗車可能で、1回300円。

     トーマスフェアは、6月9日~10月14日のトーマス号とジェームス号の運転日に開催する。入場料金は小学生以上500円。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 今晩は、  「きかんしゃトーマス」を運行する大井川鉄道(本社・島田市)は、6月9日から千頭駅(川根本

  •  浜松の遠州鉄道が4月28日・29日・30日、遠州鉄道30形「モハ25号」の勇退記念特別列車を運行する。(浜松経済新聞)

     1978(昭和53)年に新車として導入された同車両。保有する営業車両の中では最も古く、約2年前まで現役として活躍していたが、車両の老朽化を理由に2年前からは予備車両として使われてきた。近年、各駅のホームに、順次転落防止用の固定柵を設け始め、古い型の車両は扉の位置が違うことから適さなくなってしまった。老朽化と安全性の問題から同車両は引退することになり、優待記念特別車両の運行イベントの開催を決めた。

     同社の中で唯一の吊り掛け式駆動となる同車両。正面の2枚窓と丸いヘッドライトが特徴的で、鉄道ファンから「湘南フェイス」と呼ばれ人気があるという。予備車両となってからの2年間、ファンの中から「乗りたい」という声が多く、夏休みに特別運行のイベントを開催。現在の車両とは違う外観や、うなるようなモーター駆動音を楽しむ人が多いという。「吊り掛け式の車両は路面電車ではまだ使っているところはあるが、走行スピードが出るような鉄道でまだ走っているところは全国的にも珍しい。主流だったころに乗っていた沿線の人や全国の鉄道ファンからは引退してしまうのは寂しいという声も多い」と同社営業所の黒田正人さん。

     イベント当日は新浜松駅から西鹿島駅の間を2往復し、1往復120人乗車する。同イベントは応募者のみの限定で、応募者の約半分が県外。東京や神奈川、大阪、名古屋など東西さまざまな地域からの応募があったという。人を乗せての運行は同イベントが最後。新浜松駅では優待記念乗車券の販売や、車両部品の販売も行い、車両番号の入ったプレートや刻印入りのプレート、車両の手すりなど、昨年引退した車両の部品を用意し、一般客も購入できる。

     イベント運行時間は各日2往復。1往復目=新浜松駅10時28分発~西鹿島駅11時4分着、西鹿島駅11時40分発~新浜松駅12時16分着。2往復目=新浜松駅13時28分~西鹿島駅14時4分着、西鹿島駅14時40分~新浜松駅15時16分。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。  浜松の遠州鉄道が4月28日・29日・30日、遠州鉄道30形「モハ25号」の勇退記念特別列車を運行す

  • 今晩は、

    浜松医科大医化学講座の中島光子准教授と才津浩智教授らの共同研究グループが、早期発症型のてんかん性脳症の原因になる遺伝子の突然変異を発見した。このほど、米国の科学雑誌で発表した。

     乳幼児期に発症する早期発症型てんかんは、脳神経系の発達に影響を及ぼし、重度の精神運動障害や知的障害を伴うことが多い。原因の多くは、遺伝子異常が関与されているとされる。

     研究グループは、699人の小児てんかん患者の遺伝子を解析した。そのうち重度の精神運動障害がある早期発症型てんかんの4人の患者から、細胞骨格の運動に重要なタンパク「アクチン」の動態を制御する重要な因子「WAVE調節複合体」の構成タンパク「CYFIP2」の遺伝子について、両親から受け継がれず患者だけに認められる突然変異を見つけた。いずれもCYFIP2の87番目のアミノ酸「アルギニン」が別のアミノ酸に置換する変異だった。

     中島准教授によると、アクチン動態を適度に制御する複合体の機能に異常が起こると、脳神経系の異常につながるという。実験では、CYFIP2の変異型タンパクを発現させた細胞に、アクチンタンパクの過剰な集積が確認された。本来、不活性化の状態で存在する複合体は、CYFIP2遺伝子の突然変異によって過剰に活性化し、アクチン動態を制御する機能に障害が生じることが分かった。

     中島准教授は「早期発症型のてんかん性脳症が起こる一つのメカニズムが分かった。効果的な治療薬の開発などにつながれば」と期待した。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 今晩は、  浜松医科大医化学講座の中島光子准教授と才津浩智教授らの共同研究グループが、早期発症型のて

  • 今晩は、

     音楽愛好者が1日限りの吹奏楽団を結成するイベント「自由演奏会in磐田市豊田」が22日、同市のアミューズ豊田で開かれた。静岡県内外の約330人が楽器を持って集まり、来場した市民に大合奏を届けた。

     市内の小学生バンドからベテラン愛好者まで幅広い年代と職業の参加者が、約2時間の直前練習を行い、本番に臨んだ。自由演奏会発起人のチューバ奏者杉山淳さんと指揮者の堺武弥さんの指揮で、「ドレミの歌」「たなばた」など7曲を披露した。

     各数十人編成でトランペットやサックスなどがそろった楽団の演奏は迫力満点で、聴衆は吹奏楽の魅力を満喫した。同市イメージキャラクターしっぺいのテーマソングの演奏では、客席の子どもたちも一緒にダンスを楽しんだ。

     同演奏会は合併前の旧豊田町時代に始まり、今回で14回目。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 今晩は、   音楽愛好者が1日限りの吹奏楽団を結成するイベント「自由演奏会in磐田市豊田」が22日、

  •  遠鉄百貨店は22日、多彩なランドセルを紹介する「キッズランドセルショー」を浜松市中区の同店で開いた。来春小学校に入学予定の男女20人の園児らがモデルとなり、最新のトレンドを紹介した。

     えんてつカードキッズクラブの会員を対象とした参加型イベント。同店の「百貨店ランドセルアドバイザー」が厳選した9社10種類のランドセルを子どもたちが背負ってステージに上がり、上質な素材や機能性などをPRした。園児らはランウエーを歩き、笑顔でポーズを決めた。

     天然の牛革製やフィット感の高い商品、かわいらしさと色の豊富さで女の子に人気のブランド「メゾピアノ」などが披露された。入学式にふさわしい衣装に身を包んだモデル役の子どもたちは、入学後の目標も発表した。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。  遠鉄百貨店は22日、多彩なランドセルを紹介する「キッズランドセルショー」を浜松市中区の同店で開いた

  • 今晩は、

     浜松市中区の野口町は22日、5月3~5日の浜松まつりで御殿屋台の共同展示などを行う友好町7町を招いた懇親会を同町公会堂で開き、結束を図った。

     屋台を一緒に展示する中島町本町、領家町、向宿町のほか、野口町と隣接する船越町、八幡町、古くから親交のある砂丘町、頭陀寺町とまつり組織委員会企画統制監理部から約100人が出席した。

     野口町の殿村真吾組長は「本番に向けて各町で準備が進んでいる。親睦を深めて」とあいさつ。参加者はラッパと太鼓の音に合わせて威勢よく乾杯した。

     2017年のミス浜松グランプリ辻奈々さん(21)とミス浜松まつりの石野成美さん(21)も訪問。辻さんは「今年もまつりが盛大に開かれるのを祈っている」と激励した。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 今晩は、   浜松市中区の野口町は22日、5月3~5日の浜松まつりで御殿屋台の共同展示などを行う友好

  •  静岡県温室農協クラウンメロン支所(袋井市)の青年部は21日、クラウンメロンの品評会を同市のホテル「葛城北の丸」で開いた。葛城北の丸では初開催で、市内外から来訪のある同所で広く特産品を周知する狙い。掛川市の沢木俊文さんが最高賞の優等賞に輝いた。

     地場産品をPRしたい葛城北の丸と同支所の考えが一致した。これまでは毎年夏に市役所で実施していたが、支所や県の品評会が今後続く前に先んじて行うことで生産者の意欲向上につなげようと4月に開催した。

     袋井と磐田、掛川、森の各市町から35歳以下の生産者16人が96玉を出品した。市場関係者ら13人が網目の張り方をはじめとした外観審査と、味わいを判断する内容審査に臨んだ。北の丸の来場者も品評会を見学した。

     青年部の八木一彰部長(30)=磐田市=は「北の丸の客層とクラウンメロンの消費者層も一致している。北の丸で品評会を開催できる意義は大きい」と強調した。

     その他の主な結果は次の通り。

     一等賞 河上尚史(袋井市)▽二等賞 中條友貴(同)▽三等賞 金原永典(同)

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。  静岡県温室農協クラウンメロン支所(袋井市)の青年部は21日、クラウンメロンの品評会を同市のホテル「

  • 浜名漁協と同漁協採貝組合連合会は21日、浜名湖でアサリとハマグリの密漁を防ぐ今シーズンのパトロールを開始した。

     浜松市西区の村櫛漁港で行われた初日の出発式には漁協関係者や浜松中央、湖西、細江3署の警察官、県職員ら約60人が集まった。浜名漁協の河合和弘組合長は「われわれの資源をしっかりと守っていくという思いを持って」と関係者らに呼び掛けた。

     参加者は「漁場監視船」ののぼりを掲げた漁船15隻に乗り込み、湖内を巡って密漁者に目を光らせた。

     浜名湖では近年アサリの不漁が続いている。潮干狩りなどはルールに基づいた形でしてもらおうと、同漁協などは8月下旬までパトロールを続ける。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 浜名漁協と同漁協採貝組合連合会は21日、浜名湖でアサリとハマグリの密漁を防ぐ今シーズンのパトロールを

  • 今晩は、

     浜松市天竜区佐久間町川合地区の大千瀬川に架かる下川合橋付近に、約90匹のこいのぼりがお目見えした。川の上空で優雅になびく姿と、水中を泳ぐように映し出された影が、道行く人々を楽しませている。5月13日まで飾られている。

     30年以上続く佐久間町の風物詩。端午の節句を前に、住民グループ「川合可祝連」のメンバーと住民有志が飾り付けた。町内外の家庭から募った大小さまざまなこいのぼりが、両岸の間約90メートルを彩っている。

     川沿いにはJR飯田線が並走し、こいのぼり越しに列車を撮影できる絶好のスポット。例年、多くの鉄道愛好家らがカメラを構えている。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 今晩は、   浜松市天竜区佐久間町川合地区の大千瀬川に架かる下川合橋付近に、約90匹のこいのぼりがお

  • 今晩は、

     JR浜松駅ビルの商業施設「メイワン」(浜松市中区)の開業30周年に合わせた企画展「メイワンのあゆみ」が20日、同ビルで始まった。パネル展示などで歴史を振り返る企画。内容を替えながら12月30日まで続ける。

     メイワンは1988年5月1日に開業した。フロアごとにコンセプトを変えたかつてのビル内の写真や、スペインから取り寄せて噴水に使った大理石のライオン像などを展示。訪れた人たちが懐かしそうに見入っている。

     当初は服飾系のテナントを多く集めた経緯から「ファッション」をテーマに、80、90年代に流行した婦人服なども飾った。運営する浜松ターミナル開発の担当者は「地元の人には自分自身のメイワンがあるはず。『あの時』を思い出してもらえれば」と話す。

     7月からはスポーツ、9月からは浜松駅開業130年をテーマにする。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 今晩は、   JR浜松駅ビルの商業施設「メイワン」(浜松市中区)の開業30周年に合わせた企画展「メイ

  • 今晩は、

     ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会に出場する20チームが期間中に1次リーグで使用する公認キャンプ地について、国際統括団体のワールドラグビー(WR)は20日、59自治体、52件が内定したと発表した。静岡県内は東京都内の2カ所とともに日本代表のキャンプ地になる浜松市をはじめ、静岡市、掛川市・磐田市、御前崎市の計5市、4件。大会組織委員会も同日発表した。

     浜松市は日本とスコットランド、静岡市はイタリア、掛川市・磐田市はアイルランド、ルーマニア、オーストラリア、御前崎市は南アフリカ、ジョージアの各代表チームのキャンプ地になる。いずれのチームもエコパスタジアム(袋井市)で1次リーグの試合が組まれている。

     出場チームは試合会場や移動に合わせ、複数の公認キャンプ地を回る。3連覇を狙うニュージーランド代表は大分県別府市など、前日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ監督が率いるイングランド代表は、共同応募した宮崎県と宮崎市や札幌市、神戸市、東京都府中市などに内定した。

     16年12月に締め切られた応募には37都道府県の90自治体、76件が候補地として名乗りを上げた。その後、基準を満たす練習施設などが不足したため、組織委が追加で確保を進めていた。

     出場チームは昨年秋以降、順次公認キャンプ地などの視察を行っており、意向を聞いたWR、組織委が調整した。

     大会前に使用される事前キャンプ地は組織委が選定に関与せず、チームと自治体の間で決定される。

     大会には20チームが出場し、計48試合を開催。来年9月20日に開幕し、11月2日に決勝を迎える。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 今晩は、   ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会に出場する20チームが期間中に1次リ

  • 浜松市天竜区春野町の養蜂農家「養紡屋」がこのほど、今春採れた桜のハチミツ「さくら蜜」の販売を始めた。4年前に同町へ移住して起業した塩見亮太さん(33)=神奈川県出身=は「ことしは天候が良くいい味に仕上がった」と話す。

     1瓶50グラム入りで500円。琥珀(こはく)色のハチミツを口に含むと、あっさりした甘さと濃厚な桜の香りが広がる。抗生物質不使用と非加熱製造にこだわり、豊かな風味に仕上げた。県内提携店やインターネットで販売している。

     さくら蜜は西洋ミツバチを使って町内の桜並木から採取した。塩見さんによると、ことしの桜シーズンは晴れの日が多く、例年より気温が高かったため、味と香りが濃くなったという。

     蜜採取シーズンは春から秋にかけて。同社は桜がことし最初の花。今後市内のミカン、ハゼノキ、クリなどの花から蜜を採る予定。

     問い合わせは同店<ファクス053(989)1755>へ。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 浜松市天竜区春野町の養蜂農家「養紡屋」がこのほど、今春採れた桜のハチミツ「さくら蜜」の販売を始めた。

  • 今晩は、

     浜松市東区積志町のJAとぴあ浜松積志支店に、重さ12キロと9キロの巨大なタケノコが展示されている。

     2本とも15日に同支店職員の西区和地町の山口輝彦さん宅の裏山で採れた。山口さんが土から15センチほど頭を出していたタケノコを掘り出してみると、重さ12キロのタケノコは、長さ約1メートル、胴回りは約80センチもあった。

     展示は25日まで。希望すれば触ったり持ち上げたりすることもできる。山口さんは「毎年50本ほど収穫しているが、今までこんな大きなタケノコは初めて」と語った。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 今晩は、   浜松市東区積志町のJAとぴあ浜松積志支店に、重さ12キロと9キロの巨大なタケノコが展示

  • 今晩は、

     浜松まつりを前に、浜松市中区出身の男性が作った大だこが、ケニアの首都ナイロビの空に舞い上がった。ナイロビで結核検査施設の建設に携わる藤波慎吾さん(41)が、現地で結核の予防を呼び掛ける大だこを揚げた。集まった子どもたちは初めて目にする大だこに大喜び。このほど一時帰国した藤波さんは「浜松の祭りのように人々が結束し、助け合いの心が世界に広がってくれれば」と語った。

     同市内などで建設業を営む藤波さんは2017年10月、世界の貧困問題などに取り組む非政府組織(NGO)「日本リザルツ」(東京都)のスタッフと都内で知り合い、結核検査施設の建設の協力を要請された。11月からナイロビのスラム街・カンゲミ地区で建築を進めている。

     同NGOはこれまでもパレスチナのガザ地区や埼玉県春日部市で結核予防啓発を目的にたこ揚げを行ってきた。今年も「世界結核デー」(3月24日)に合わせてナイロビでたこ揚げが予定されていたが、藤波さんが「どうせなら大きなたこを揚げよう」と提案し、2月中旬から準備に取りかかった。

     現地で見つけた竹林の所有者から5本の竹を譲り受け、なたで切ったりかんなで削ったりして竹ひごを作った。竹ひごを組み合わせたフレームに和紙を貼り、日本とケニア両国の国旗を描き、英語で「結核をなくそう」と記した。約1カ月かけて完成した大だこは、3メートル四方。作業には興味を持った住民も加わった。

     3月下旬、現地の小学校に集まった児童約2100人が、結核についての説明を受けた後、半紙大のたこを各自が作り、グラウンドを走り回った。続いて大だこが登場し、空を舞うと、児童らは歓声を上げたという。藤波さんは「みんながたこ揚げに満足してくれて良かった。結核を撲滅させる運動が盛んになれば」と話した。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 今晩は、   浜松まつりを前に、浜松市中区出身の男性が作った大だこが、ケニアの首都ナイロビの空に舞い

  • 今晩は、

     湖西市の新居文化公園で15日に開かれた「第20回こさい春の緑花フェア&きらく市」で、20周年記念として大切な人へ花束をプレゼントするイベントが行われた。

     市が企画した記念イベントのテーマは「家族に贈る感謝のブーケ」。事前に申し込んだ2組が参加し、愛知県東三河の花生産者らでつくる団体がブーケデザインに協力した。

     今年20歳の節目を迎える磐田市在住の公務員水野友菜さん(19)は、母親へのブーケを希望。観客の前で、水野さんがカーネーションやバラ、ガーベラなどの花を選び、団体のメンバーが即興で組み合わせてブーケに仕立てた。

     水野さんが母親の佐智子さん(46)に「心配や迷惑をかけてきたけど、ここまで育ててきてくれてありがとう」とブーケを手渡すと、来場者から温かな拍手が送られた。佐智子さんは「花を贈ってもらえると思っていなかった。ピンク色の花を選んでいたので、私の好みが分かっているなと思った」とうれしそうに話した。

     会場では園芸資材や花の苗の特価販売、花束作りの無料体験、音楽ステージなども行われ、家族連れでにぎわった。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 今晩は、   湖西市の新居文化公園で15日に開かれた「第20回こさい春の緑花フェア&きらく市」で、2

  • 国道152号、開通めど立たず 浜松・龍山の土砂崩れ現場

     浜松市天竜区龍山町瀬尻で発生した土砂崩れによる国道152号の一部通行止めは9日で1カ月。復旧作業を進めているが全面開通のめどは立っていない。市中心部とつながる迂回(うかい)路の県道は大型バスが通れず、日常生活の支障に加え、行楽期を控えた地元は観光への影響にも気をもんでいる。
     「自然豊かな北遠の散策がこれから本格化する。春の行楽シーズンなのに」。同区水窪町の地場産品直売所「国盗り」の従業員は、かき入れ時の主要道一部通行止めに伴う不安を口にする。
     区観光協会佐久間支部の邑瀬三男事務局長(67)は「迂回路は片側交互通行のため、時間が読みにくい。新緑で観光客が増える時期なので早く復旧してほしい」と話す。
     市天竜土木整備事務所によると、現在は崩れた山の斜面にモルタル吹き付けの作業中。今後、仮設の防護柵を設置し、4月末までに片側交互通行を可能にする予定。迂回路の県道大輪天竜線は道幅が狭く、市は日中の片側交互通行と夜間の中型車以上通行止めの規制を継続中だ。
     住民生活にも影響が出ている。同区水窪町と遠州鉄道西鹿島駅を結ぶ遠鉄バスの北遠本線は3月9日以降、現場北側のバス停から水窪町までの運行を休止し、現場南側で折り返し運転を行っている。
     バスで市街地の眼科や歯科へ通う1人暮らしの女性(90)=同区佐久間町=は「路線バスでの通院ができず、もしも状態が悪化したらと考えると不安。食料品も思うように買いに行けない」と話す。
     遠鉄は「大型の路線バスは使えないので代替交通手段を検討中。しかし、乗客の安全確保が十分でなければ本末転倒になる」と対応に苦慮している。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 国道152号、開通めど立たず 浜松・龍山の土砂崩れ現場   浜松市天竜区龍山町瀬尻で発生した土砂崩れ

  • 今晩は、

    浜松市西区の浜名湖ガーデンパークでフジの花が例年より早く見頃を迎え、来園者を楽しませている。

     パーク内の「花の美術館」周辺の所々で「黒龍」や「シロナガフジ」などが花を咲かせ、周囲に甘い香りを漂わせている。来園者は「フジの花の甘い香りがする」と眺めたり、写真撮影を楽しんだりしている。

     担当者によると、例年より10日ほど開花が早く、見頃は4月下旬までという。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 今晩は、  浜松市西区の浜名湖ガーデンパークでフジの花が例年より早く見頃を迎え、来園者を楽しませてい

  • 観光地で“イケメン武将”との恋―。浜松市西区舘山寺町の浜名湖かんざんじ温泉観光協会は25日から、スマートフォンの女性向け恋愛ゲームアプリ「イケメン戦国◆時をかける恋」とタイアップした宿泊プランを開始する。地元を素材にしたショートストーリーも配信し、ゲーム上の徳川家康や織田信長などと仮想恋愛を楽しむ女性の誘客を図る。

     ゲームを運営するサイバード(東京)、近畿日本ツーリスト中部(名古屋市)との合同企画。舘山寺町のホテル、旅館など6施設がキャラクターの等身大パネルやポスターなどを客室に飾り付け、宿泊客がゲームの世界を疑似体験できる空間を提供する。オリジナルグッズのプレゼントや限定販売なども行う予定。

     舘山寺や大草山の展望台、浜松市動物園へ行くと各所に絡めたショートストーリーがスマホに配信され、好きな武将と一緒に観光しているような世界を楽しめる。浜松城やフラワーパークではゲームのアイテムを獲得できるよう設定し、観光客の周遊も促す。ストーリーやアイテムの配信は日帰り客でも利用でき、昨年10、11月に岐阜市で実施した同様の企画では約1300人の女性が訪れた。

     浜松市に多くの観光客を呼び込んだ大河ドラマ「おんな城主 直虎」が終了し、“ポスト直虎”の誘客対策が急務。舘山寺町では今年1月の宿泊客数が前年比92%、2月は84%に落ち込んでいる。同町を訪れる観光客は家族連れや高齢夫婦、訪日外国人などが多く、ゲームを利用する若い女性を取り込むことで「新たな客層を獲得したい」(同協会)という。

     イケメン戦国のタイアップ企画は7月20日まで。プラン料金の目安は2万5千円で、宿泊施設によって異なる。申し込みは近畿日本ツーリスト中部のホームページから。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 観光地で“イケメン武将”との恋―。浜松市西区舘山寺町の浜名湖かんざんじ温泉観

  • 13日午前9時40分ごろ、浜松市中区北寺島町、男性方から出火し、鉄筋コンクリート造りの住宅などを焼いた。建物は4~5階とみられ、隣接する別の住宅にも延焼した。けが人はいないとみられる。市消防局と浜松中央署が出火原因を調べる。

     出火当時、近くのビル内で仕事をしていた40代男性は「ボンという音がして外を見ると、一気に煙が出てきた。その後火も見えた」と話した。

     現場はJR浜松駅から南東約500メートルの住宅街で、煙が立ち込め一時騒然となった。

    サロン浜名湖ღ❤ღ´ェ`*)・・・・・。 13日午前9時40分ごろ、浜松市中区北寺島町、男性方から出火し、鉄筋コンクリート造りの住宅などを焼い

  • <<
  • 371 352
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託