ここから本文です

書きとめたい言葉

  • 320
  • 5
  • 2017/06/16 11:16
  • rss
  • <<
  • 320 301
  • >>
  • 320(最新)

    ほし 6月16日 11:16

    見つけた言葉ですが
    とてもいいなーと思ったので

    『 あなたが生まれた時、あなたは泣いて、
    周りは笑っていたでしょう。
    だからあなたが死ぬ時は周りが泣いて、
    あなたが笑っているような人生を歩みなさい。』

  • この間、授業で自分は第一印象何歳に見られてるかっいうのがありまして
    まぁだいたい年相応か、少し下ぐらい?(笑)
    姉と話した結果、どうも目の周りの笑い皺?
    でも、笑い皺ができる人私は好きなんだけど、やっぱり年齢は感じる訳ですね(^_^;)
    で、笑い皺といえばやはり桜井和寿さん(笑)
    コードブルーがまたあるみたいですが、またまたHANABIに主題歌が決まったとか(^^)
    私も大好きです。


    どれくらいの値打ちがあるだろう?
    僕が今生きているこの世界に
    すべてが無意味だって思える
    ちょっと疲れてんのかなぁ

    手に入れたものと引き換えにして
    切り捨てたいくつもの輝き
    いちいち憂いていれるほど
    平和な世の中じゃないし

    一体どんな理想を描いたらいい?
    どんな希望を抱き進んだらいい?
    答えようもないその問いかけは
    日常に葬られてく

    君がいたらなんていうかなぁ
    「暗い」と茶化して笑うのかなぁ
    その柔らかな笑顔に触れて
    僕の憂鬱が吹き飛んだらいいのに

    決して捕まえることの出来ない
    花火のような光だとしたって
    もう一回 もう一回
    もう一回 もう一回
    僕はこの手を伸ばしたい
    誰も皆 悲しみを抱いてる
    だけど素敵な明日を願っている
    臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
    どれだけ愛することができるだろう?

    考えすぎで言葉に詰まる
    自分の不器用さが嫌い
    でも妙に器用に立ち振舞う自分は
    それ以上に嫌い

    笑っていても
    泣いて過ごしても平等に時は流れる
    未来が僕らを呼んでる
    その声は今 君にも聞こえていますか?

    さよならが迎えに来ることを
    最初からわかっていたとしたって
    もう一回 もう一回
    もう一回 もう一回
    何度でも君に逢いたい
    めぐり逢えたことでこんなに
    世界が美しく見えるなんて
    想像さえもしていない 単純だって笑うかい?
    君に心からありがとうを言うよ

    滞らないように 揺れて流れて
    透き通ってく水のような
    心であれたら

    逢いたくなったときの分まで
    寂しくなったときの分まで
    もう一回 もう一回
    もう一回 もう一回
    君を強く焼き付けたい
    誰も皆 問題を抱えている
    だけど素敵な明日を願っている
    臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
    どれだけ愛することができるだろう?
    もう一回 もう一回
    もう一回 もう一回

  • >>317

    ほしさん、お疲れ様です。
    季節の変わり目、体調崩されていませんか?
    喉の調子が思わしくないとのこと?!
    疲れが溜まっているのでは
    上大岡トメさんの著書「キッパリ」を参考に・・・
    「疲れたら、とにかく眠る・・」
    すべてを中断して数分でもいい、眠る決断を!らしいですよ。

    何年か前、大分は老後住みたい街ランキングの上位を独占していました。
    私も移住を考えたことがあります^^;
    大分は本当にいい所です!
    気候も温暖なせいか人も穏やかな人情味溢れる土地柄だと思います。
    エッ!津久見駅があのイルカの(なごり雪♪)ですか?!!
    知らなかった^^;
    歌詞を口ずさむと東京駅から就職先に向かったあの日を思い出す・・・。
    かれこれ45年前になりますか?
    ほしさん、なんか思い出して今、涙腺ゆるゆるに^^;
    綺麗だった彼女も何処かでおばばになっているだろう・・・

    ところで生活リズム変わられてどうですか?
    人間関係とかうまくいっていますか?

  • 最近大分のことを良く勉強してます(^ ^)
    去年、津久見駅が、なごり雪の作られた場所とはじめて知り驚きましたが、今度は宇佐に永遠の0のモデルになったゼロ戦や歴史があるときき、またもやびっくり。
    大分も奥深いと改めてひしひしと感じてます(^ ^)

    今日はなごり雪から

    いま、春が来て君は綺麗になった。
    去年よりずっと綺麗になった。。。

    春になると、なにかしら環境が変わる人が多く、こんな風に思われる人も多いでしょうね(^ ^)
    私も頑張らないと(笑)

  • >>315

    彷徨い人さん(^^)
    本当に貴方って人は‥
    ありがとう。。。
    涙出てきました。
    ゴールデンウィーク中に風邪こじらせ、声が全くでなくなり、でもバイト休めなくて‥
    今日は子供達がせっかく帰ってきてるのに、バイト。
    帰ってきたら、2人ともいなくて、寂しくて久々ここをみたもんだから、余計ですね。
    なんか本当に人生いろいろで、ふと疲れて何もかも嫌になり、なんてあるけど彷徨い人さんの書き込みみて元気もらいました(^^)
    頑張らないと、です。
    今日はドラマのセリフより

    人生を変えるのは
    死に物狂いの努力なんかじゃなくて

    一杯のコーヒー
    思いがけない美味しい食べ物
    見たことのない風景
    見知らぬ人との出会い

    そんなささいなことが 人生を変えていくんだ。


    美味しいコーヒー飲みましょうかね(^^)

  • >>314

    ご無沙汰しています。
    仕事燃えしているほしさんの姿を想像しては励まされています。
    ありがとう!
    掲示板のこの青い色は何故ですか?
    分からず、貴女の書き込みを読んでいるうちに原因が分かりだんだん腹立たしくなりました!
    のんのん時代から大切にされてきた掲示板に誰が・・・
    私はこんな幼稚な悪戯をする輩がいることを残念に思います。
    健気に「綺麗なブルーに変わった書き込みに少し癒され(笑)」
    ほしさんの言葉、何故こんなにも頑張っているほしさんに対して酷い仕打ちなのでは?
    (ブルーが好きだなんてもう言わないでください!)
    「最近モノクロの生活してたから
    今日の青空はすごく沁みます(^^)」
    こんな意地張って・・こっちまで泣けてくるわ
    だけど
    のんのん時代には無かったこの悪さ・・・
    私なりに読み返すうちにいろんなことが分かりました!
    敢えて誰とは申しませんがこのような稚拙な行為は慎まれるようお願いします。
    お願いですからほしさんのスレッドをもうこれ以上、汚さないでください。
    私もほしさんの父親くらいの歳だから加山雄三さんの若大将シリーズ
    全部観ました。
    (田沼雄一郎)に憧れ、団塊世代の人はみんな頑張ってたいたと思います。
    あれは「旅人よ♪」じゃなかったですか?
    下手くそなバンド組んでランチャーズのまねごとやってたので^^;
    ※高知のエミさん元気にされていればいいのですが・・・
    今もリハビリの毎日ですが許可がおりれば行きたいと思います。
    もちろん大分にも・・・。
    新しい仕事にはもう慣れましたか?
    人間関係は上手くいっていますか?
    貴女は気を遣い過ぎるところがあるから心配。
    ま、お互いがんばっていきまっしょい!
    では

  • >>313

    メダカさん(^^)
    綺麗なブルーに変わった書き込みに少し癒され(笑)
    ロムラーが多いのではなく、多分1人ぐらいが頑張って押してるんだろうな、と思います。
    なんとも思わないし、ブルー好きだから、嬉しいですね(^^)

    加山雄三さんは父が好きでよく歌ってましたね〜
    あと、初めて入社した会社の先輩が
    旅人たちが十八番。
    あれもいい歌ですね(^^)

    今日は色繋がりで
    ミスチルの彩りの歌詞の一部を。


    なんてことのない作業が この世界を回り回って
    何処の誰かも知らない人の笑い声を作ってゆく
    そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える
    モノクロの僕の毎日に 増やしていく 水色 オレンジ

    なんてことのない作業が 回り回り回り回って
    今 僕の目の前の人の笑い顔を作ってゆく
    そんな確かな生き甲斐が 日常に彩りを加える
    モノクロの僕の毎日に 頬が染まる 温かなピンク
    増やしていく きれいな彩り




    最近モノクロの生活してたから
    今日の青空はすごく沁みます(^^)

  • >>312

    ほしさん、
    ここのスレ、ロムラーが山ほどいて人気があるね~!
    今まで気が付かなかったけれど、「そう思わない」印で前の投稿文が一面真っ青になってる。
    どうして、そう思わないのか見当がつかない・・・(笑)
    でも、「そう思わない」印を付けてる人は、それだけで一縷の幸せを感じてるのかもしれない?

    幸せの定義・・・ぼくはやはりちょっと違う感じ方をするほうかも。
    何事もなく過ぎ去った日々が、実は幸せだった・・・ではなく、今という瞬間に幸せを感じてるかどうか?
    その意味で、虎舞竜の歌ではなく、加山雄三の歌!
    幸せだな~ ぼくは君といるときが一番幸せなんだ~・・・・(笑)

  • >>311

    メダカさん(^^)
    ひよっこはじまりましたね。
    まだ1話しか見れてませんが、有村架純ちゃんがやっぱり可愛いですね。
    歌は桑田佳祐さん。
    まだ堪能できてませんが、今週日曜日はちょっとゆっくりできそうなんで、じっくりと思ってます。

    メダカさんは、幸せが続くと当たり前になると書いてましたが、
    言葉は似てるけど内容がちょっと違うとは思うんですが

    当たり前の日々と思っていたものが、実は幸せだった。

    あっ!虎舞竜の歌と一緒ですね(笑)

    なんでもないようなことが幸せだったと思う

    では、バタバタでしたが、またゆっくりアップします(^^)

  • >>310

    ほしさん、
    「べっぴんさん」が終わって、今度は「ひよっこ」
    どちらも昭和の復興期が舞台となっているため、懐かしくとても身近に感じられます(笑)

    そう言えば、あの可愛かった「時をかける少女」の原田知世さん、今はもう49歳とか。
    彼女が昨年主演したNHKドラマ10の「運命に、似た恋」
    ラブストーリーの神様と呼ばれる北川悦吏子の脚本で、バツイチで子供を育てる女性の純愛物語だったけれど、どこからともなく彼女の色っぽさが出ていましたね~

    「幸せは、一人では感じられんもんなんやなぁ。誰かと分かち合うのが幸せなんや」
    このセリフ覚えていて、たぶん、ほしさんがここへ載せる気がしていました(笑)
    でも、「幸せだな~」と感じられるのは一瞬だけという気がします。
    一瞬だからこそ、幸せだと感じるのでしょうね?
    幸せが続いたら、幸せが転じて、当たり前のことになってしまうから(笑)

  • >>309

    メダカさん(^^)
    とってもわかります(笑)
    べっぴんさん、なんか最後に近づくほど、
    面白みが全くなくなりましたね。
    最近は、スミレちゃんの話し方さえイラつくとかいう人もでてきてるみたいで(^_^;)
    私はそんなことはないのだけど、メダカさんがいうみたいに老け感とかもう少し出すべき?
    あれ?でも今日は4月ですが、まだやってますよね?
    ちょっと録画見て見なきゃ。

    一度手放したものは、二度と同じ姿では戻ってこない

    確かにそうですね。。。
    あの日あの時あの場所に戻ることができない限りは難しいのでしょうね。
    にしても、最近のドラマや映画、漫画とかタイムリープする系のものが多い?
    昨日のべっぴんさんのバックで
    時をかける少女
    が流れてましたが、原田知世さん
    可愛かったですよねー(^^)

    今日もべっぴんさん繋がりで

    幸せは、一人では感じられんもんなんやなぁ。誰がと分かち合うのが幸せなんや

    今の私にちょっとぐさっとくるセリフでした(^_^;)

  • >>308

    ほしさん、
    「べっぴんさん」は今週を残すのみですね。
    でも、ここ何週間か、つまらなく感じています。
    理由は、すみれや他の女性たち皆んな年取って御婆ちゃんになってる筈なのに、若く見えすぎ(笑)
    皺とかシミなどの老け化粧を、NHKスタッフの化粧技術を用いてきちんとやってほしい。
    想い出として過去のシーンを何度も流してるけど、30年前も現在も同じ顔してる(笑)
    変わったのは髪型と服装、そして白髪を少し出した程度。
    なんか、ピ~ンと来なくって。

    今日の言葉・・・DVDで映画を観てたときのセリフ
    「一度手放したものは、二度と同じ姿では戻ってこない」
    胸にジ~ンと来るものが感じられました。

  • >>307

    メダカさん(^^)
    森昌子さんの歌、初めて知りました。

    なにかが終わり なにかが始まる。
    それが生きる

    今の時期にはぴったりな?(^^)
    私ももう子育ては終わります。
    四月から第2の人生?
    べっぴんさんもそんな展開になってますね。(^^)
    ドラマ関係はほぼ最終回を迎え、名言てんこもり。
    さて今日は何を書く?って感じですが
    やっぱりべっぴんさんで(^^)

    いつか花開く日を信じて、目の前の木のゆっくりとした成長を見守ることも大事なんやと改めて気付いたんです。

    かな?

    今日は今からみるけど、最終回?って思うような内容でした(笑)

  • >>306

    ほしさん、
    森昌子が離婚したあと、歌手として再デビューした歌で「バラ色の未来」という歌があります。
    曲名を聞いたときは、離婚した直後でもあり興味津々(笑)
    作詞:なかにし礼、作曲:浜圭介

    その中に、
    『バラ色の 未来があるから
    別れの時に 私は泣かない
    幸せな 思い出抱きしめ
    ありがとうと ひとこと言うだけ

    人生は 絶えまなく
    なにかが終わり なにかが始まる
    それが生きるということ』

    「なにかが終わり なにかが始まる」・・・割り切ることがバラ色の未来をもたらす?、みたいな(笑)
    でも、大事なことだと思います。

  • >>305

    メダカさん(^^)
    やるせない別れを体験されたのかな?
    ミスチルの歌に

    忘れ得ぬ人

    というのがあり、これ、凄くわかるって切なくなる時が



    何してたって 頭のどこかで 忘れ得ぬ人がそっと微笑んでいて
    憧れで 幸せで 僕を捕まえ立ち止まらせる


    いい歌です(^^)

  • >>304

    ほしさん、
    そうそう、福岡県は歌手をはじめ芸能人の産出地ですね~!
    どうしてこんなにも沢山生み出すのかと思いたくなるほどいるから驚きです(笑)
    福岡というところは、そういう土壌があるところなんでしょうかね~?
    今イチ不思議です。

    答えを生きる・・・なるほど!
    でも、年齢に関係なく、人生に迷いがない人なんて絶対いないと思います。
    たった一度っきりの短いようで長い人生、終わるときに「良い人生だった!」と言えれば最高なのでは?
    そう言い残せるようにお互い頑張りましょう!

    人は人と別れて愛の重さ覚え・・・・な~んか、「逃げた魚は大きい」という格言が浮かんできました(笑)
    やるせない別れの想い出は、永遠に無垢なまま人生の1ページに閉じ込められる気がします。

  • >>303

    メダカさん(^^)
    杉田かおるさんは確かに福岡出身です。
    福岡出身は沢山いますねー
    娘の大好きな吉瀬美智子さんも福岡には驚いたかなー
    あと、最近、お笑いのバカリズムさんとあのなんだっけ?スキンヘッドの‥
    あっ!小峠さん(^^)
    あの二人が福岡の番組をしだして、福岡出身としりビックリでした(笑)

    不適切者以外の人を皆んな救いあげるとか、メダカさんは凄いですねー
    私なんか、誰も救えないですよ(笑)
    救ってほしいなんていつも他力本願な気持ちで生きてますから。
    あと、
    答えを生きる。
    うん、多分、メダカさんがわからないかのは、もう人生に迷いがないからではないのですか?
    つまりは答えを生きてるんですよ。
    何をしたらいいかわからない。とりあえずやってみる。というのは問いを生きる、かな?と。
    まー私はまだ問いを生きてるんでしょうね(^^)

    今日は杉田かおるさん関連で

    鳥の詩から

    人は人と別れて、愛の重さ覚え
    鳥は鳥と別れて、春になる 秋になる

    この歌大好きで、よく歌ってた時期ありました(笑)
    もう春ですね(^^)

  • >>302

    ほしさん、
    杉田かおるを検索してみたら、生まれは福岡県でした。
    ひょっとして、子供のころ糸島に縁があったかもしれませんね?
    杉田かおると言えば、ぼくの記憶に残ってるのは、1983年の「男はつらいよ」口笛を吹く寅次郎!
    マドンナ役で岡山の実家へ出戻りしていた竹下景子の弟役中井貴一の恋人役で、当時彼女は19歳、おぼこい感じがする純情な役柄の女の子でしたよ(笑)
    古~い話ですね~、全く!(笑)

    北朝鮮問題がエスカレートしている背景で、
    今日選んだ四文字熟語は「摂取不捨」・・・生きているものをすべて見捨てず、救いあげること。
    ぼくの個人的な解釈は、一部の不適格者を間引きして大勢の人たちを救う、なんですがね~(笑)

    問いを生きるのではなく、答えを生きる・・・・う~ん、メダカには今イチ理解できないな~

  • >>301

    メダカさん(^^)
    杉田かおるさん、どうなんでしょうね〜
    ちょっと調べたら、今は湘南にいるとか?
    糸島にいたのも事実みたいですがね。
    調べてら、糸島で農業を学んだ方が亡くなった話があり、感動エピソード書いてたのでここに(^^)


    「いつも問題を抱えて、悩みながら生きてきて、それが人生だと思っていたんですけど、靖子さんの農園で答えを見つけました。ありのままの自然体で、自分に与えられた役割を精いっぱい生きること。『問いを生きるのではなく、答えを生きる』。これも靖子さんの言葉です」

    問いを生きるのではなく、答えを生きる


    いい言葉だな〜と思いました。



    温故知新

    国語の授業では馴染みのある四字熟語
    ありがとうございました(^^)

  • >>300

    ほしさん、
    そう言えば、去年だったか、財前直見さんのファミリーヒストリーを観てたとき、彼女が大分出身で、財前という珍しい名前は国東半島にいっぱいあると知りました。
    財前家は、平安時代に歌人で有名な紀貫之を出した紀氏の子孫だそうです。
    由緒ある家系なんですね。

    糸島は、海産物では牡蠣や鯛が有名だとか。
    漁港近くには牡蠣小屋がいっぱいあり、焼き牡蠣を楽しむ光景が放映されていました。
    杉田かおるさんは今では糸島住まいですか!
    やはり気に入る良いところなんでしょうね。

    べっぴんさんも、残り1ヶ月足らず
    最近は1~2日見過ごすと、どんどん進んでいてビックリです。
    「思いは形をかえて引き継がれていく」、さくらを嫁に出す決心をした親の気持ちが伝わります。

    一つ言葉が浮かびました
    「温故知新」・・・前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりし て、新たな道理や知識を見い出し自分のものとする
    人類の科学技術発展は温故知新の産物なのでしょうね。

  • <<
  • 320 301
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順