ここから本文です
  • <<
  • 104 80
  • >>
  • 天空魔城

    その後、ヒノノギ火山で再び人食い火竜と戦闘し、倒したあとハリマが元に戻り、「禁足地の鍵」をgetして勇者のつるぎ作成イベントを終えてから、現在天空魔城を攻略中です。
    まず、入り口で邪竜軍王ガリンガを倒してから天空魔城をくまなく攻略し、最深部で魔軍司令となったホメロスとの戦闘を終えてセーブしたところです。
    ここまでのplay時間は、PS4版は85時間、3DS版は75時間くらいでした。(平昌五輪を応援しながらなので少しplayが遅れ気味です。)

    ここまでのイベントで印象に残ったのは、ヒノノギ火山の攻略で人食い火竜を倒しやたの鏡でハリマが元に戻りヤヤクとハリマが仲良く天国へと旅立ったこと、そして仲間と力を合わせて勇者のつるぎを作ったこと、天空魔城での攻略と、そしてやはりグレイグとホメロスとの因縁の対決でしょうか...

    死んだベロニカのニセモノの幻影を見せたり、やっぱりホメロス顔はいいけどめっちゃ性格悪いと思いましたねー。
    なんかホメロスって製作者にすごく嫌われてるんだろうなーと思いながらイベント観てました。
    セーニャも怒ってましたけど、私もあれはちょっと死んだ者を冒涜するようなイベントだなと思いましたね。(>_<)
    そして、グレイグにこんな胸クソ悪いの見せるのは一人しかいないとかいわれていたのが、なんだか可笑しかったです。

    少年グレイグとホメロスのイベントでは、ホメロスもとても可愛らしかったのに、グレイグが英雄として功績を重ねるたびに、ホメロスはグレイグの影になっていったんでしょうね...
    そして性格が歪んでいったのでしょうか...?
    ホメロスあってのグレイグなのに、なんとも切ないキャラクターです。

    そして六軍王をすべて倒したので、天空魔城での敵は残るところあと魔王ウルノーガ1人となりました!
    ウルノーガ戦は敢えて残しておいて、ふしぎな鍛冶でメタルキングの武器や防具を作ったりクエストをこなしながらいろいろ時間稼ぎしてました。
    初回エンディングのときの感想は、以前は不満が残りましたが、2回目playの初回エンディングは果たしてどんな感想になるのでしょうか?

    Lilysa

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 勇者のつるぎ

    その後、神の乗り物ケトスで神の民の里へ行き聖なる種火をgetし、勇者のつるぎを作るべく天空の古戦場でオリハルコンをget、サマディー城でガイアのハンマーを入手し、そして現在ホムラの里でのヤヤクとハリマのイベント中で、これからヒノノギ火山の攻略へと向かうところです。
    ここまでのplay時間は、PS4版は80時間、3DS版は70時間くらいでした。(play始めてから合わせて約150時間のplayとなりました!)

    ここまでのイベントで印象に残ったのは、神の民の里で3つの苗木を調べて、3の勇者ローシュとその仲間たちの姿が明らかになったこと、天空の古戦場での攻略と、サマディー王国でファーリス王子と再会したことかな?
    あとは裏ボスの邪神二ズゼルファの名前が初めてでてきたことですねー
    でも、結局勇者の星を斬ったのは誰だったんでしょうね?
    もうあんまり記憶がないです。笑
    あと、ホムラの里では人食い火竜となった息子のハリマにヤヤクが食べられてしまったのは少しショッキングなイベントでしたね~。(>_<)

    3DS版の話ですが、時渡りの迷宮でまたいくつかの冒険の書の合言葉をgetしました!
    まず、7のエデンの祭壇のユバール族の休息地でのクエスト「キーファよ、ライラを救え」では、同じく7のエデンの祭壇でのカラーストーン採掘場に行き、奥でボスを倒してキーファを助けて無事clear。
    次の夜のユバール族の休息地の合言葉もget!
    次に、6の幻の大地の祭壇の天馬の塔でのクエスト「天馬の塔の魔物」で最上階へ行き、ボスを倒して無事clear。
    7の夜のユバール族の休息地でのクエスト「よみがえれ大地のトゥーラ」では、6の天馬の塔でフレイムドックを倒して「おうごんのたてがみ」をgetして、ライラに渡して無事clear。

    これで時渡りの迷宮の攻略も第7層まですべてclearとなりました! (宝箱もすべてgetしました)
    本編の次のヒノノギ火山の攻略も頑張りま~す!(*^^)v

    Lilysa

  • セーニャとの再会、ベロニカの死

    その後、黄金城での攻略後、シケスビア雪原を抜けて魔竜ネドラとの戦闘し、セーニャとの再会、ゼ―ランダ山を越えて、聖地ラムダの静寂の森でのベロニカの死、セーニャの涙の決意の後、ゼーランダ山の山頂で天空のフルートをgetしたところです。
    ここまでのplay時間は、PS4版は75時間、3DS版は65時間くらいでした。(ふしぎな鍛冶やクエストをこなしながらゆっくりplayしてます!)

    黄金城での攻略は、よくよく攻略してみるとほとんど1本道だったので、初回playよりそんなに苦戦しませんでしたね~。
    ここではやはり黄金になるのもいとわず、最後マヤを力強く抱きしめるカミュがカッコよかったです。何度見ても感動してしまう。(>_<)
    そしてシケスビア雪原では、魔竜ネドラとの戦闘で仲間が次々と倒れてピンチの中でのセーニャとの再会も、こちらもやはり何度見ても感動。
    そして、聖地ラムダではー。

    命の大樹でのイベントでのベロニカの死とその真相が、ついに明らかになりました。
    ベロニカはあのイベントで、小さな身体で自分の命を顧みず、必死で主人公と仲間を助けようとしていたんですね...しかも、仲間を助けたあと、あの口の動きは多分メガンテを唱えてますよね?
    可愛いしかも小さい女の子が犠牲になるなんて、あまりにも切なすぎる...そして、セーニャの言動も涙を誘う...
    長い髪をバッサリ切り、再び世界を救うことに向けて決意を新たにするセーニャ。

    もうこの辺りのイベントは名場面が多すぎて、せっかく天空のフルートをgetしてもなかなか次のイベントに進めず。
    あと3DS版では、時渡りの迷宮でまた冒険の書の合言葉をgetしました!
    1の始まりの祭壇のドムドーラのクエスト「在りし日の幻影」では、悪魔の騎士を倒して無事clear。
    本編同様、時渡りの迷宮は、まだまだ楽しめそうですね(^^♪
    平昌オリンピックを応援しながら、ドラクエ11の攻略も頑張りたいです!(*^^)v

    Lilysa

  • カミュと謎の黄金病

    その後、グロッタの町でマルティナが仲間になり、シルビア号で記憶を失ったカミュと再会し、マーメイドハープを入手したので外海へ行けるようになり、島々を巡りながらクレイモラン城へ行き、バイキングのアジトでカミュの過去が明らかになり、カミュが記憶を取り戻し、これから黄金城の攻略へと向かうところです。
    ここまでのplay時間は、PS4版は70時間、3DS版は60時間くらいでした。

    ここまでで印象に残ったイベントは、マルティナとの再会より、グロッタの町が魔物によってカジノになり、スロットで大勝ちしてすべての商品をgetするほどハマったこと。笑
    あと、記憶を失ったカミュと謎の黄金病の関係がカミュの過去によって徐々に明らかになり、カミュの妹マヤの存在と、カミュが記憶が取り戻して再び仲間になったことかな?
    これから黄金城の攻略へと向かいます。

    でもカジノのスロットは、私もハタチ過ぎた頃からパチンコとスロットに少々ハマった身としては、なかなか面白く中毒性があり、とても面白く幸せな時間を過ごすことができました!
    すべての賞品はへぼかったけどね。(最高賞品で魔法の聖水でした。ひのきのぼう、うまのふんもあったり)
    あとは、記憶を失ったカミュと妹マヤの過去のイベントも印象に残ってます。
    黄金城は初回playで結構苦戦したので、とりあえずカミュが仲間になり、この城攻略直前でセーブして終わりましたよ。(*^^)v

    あと3DS版では、まず9の星空の祭壇での見えざる魔神の道のまさゆきのクエスト「あぁ...すれちがい」で最深部にいるボス「ウルトラメタキン」を倒した後に、入り口にいるまさゆきに話かけて無事clear。
    そのあとに、このダンジョンにいるボス「終焉竜エンドラゴン」を倒してから女神の果実をgetし、天使界にいるイザヤールに女神の果実を渡して、クエスト「消えた女神の果実を追え!」も無事clear。
    次の冒険の書の合言葉をgetするのも楽しみです。(*^_^*)
    本編の黄金城の攻略も頑張りま~す!

    Lilysa

  • 時渡りの迷宮

    3DS版の話ですが、あのあと時渡りの迷宮で冒険の書の合言葉をいくつかgetしました!
    まず、6の幻の大地の祭壇のダーマ神殿でのクエスト「ぴちぴちギャルになりたい!」では、メダル女学園の図書館で「ぴちぴちギャル白書」を探して、ダーマ神殿の大神官に渡してclear。
    それから、4の導かれし者の祭壇のロザリーの部屋でのクエスト「大切な贈り物」は、5の迷いの森にいるシルバーデビルを倒して「あやかしの枝」をgetしてスライムに渡して無事clear。
    5の天空の花嫁の祭壇ではルドマンの屋敷でのクエスト「ルドマン家の呪い」で6のダーマ神殿にいるボス「サルマーン」を倒し、ルドマンに話しかけて無事clear。
    あと、8の呪われし姫君の祭壇のラパンハウスでは、5のルドマンの屋敷clear後に行くとイベントがあり、キラーパンサーと戦闘、まずは倒してからルドマンの屋敷にいるビアンカに話しかけて「ビアンカのリボン」を入手して再びラパンハウスに行くと、キラーパンサーは大人しくなり無事clear。
    同じく8の夕暮れのラパンハウスではクエスト「教育ママの苦悩」では、おてんばじてんがまだ手に入らず未clear。
    9の星空の祭壇の天使界でのクエスト「消えた女神の果実を追え!」もまだ未clear。
    このあと、9の見えざる魔神の道でのクエストをplayします。

    実は、3DS版は家でずっとplayしているのですが、近所でplayしている人がいるのか、2人のヨッチ族とすれ違って1人はランクがSという強いヨッチ族なので、結構助かって楽しくplayできてるんです。
    誰だか知らないけど、どうも有難うございます!

    Lilysa

  • ユグノア城の悲劇

    その後、メダル女学園へ行きプチャラオ村でのイベントを終えたあとシルビアが仲間になり、ソルティコの町でジエーゴに会い、あるイベントで預言者に出会ってネルセンの宿屋で不思議な夢をみてから、ちょうどユグノア城跡での16年前のユグノア城の悲劇のイベントが終えたところです。
    ここまでのplay時間は、PS4版では65時間、3DS版では55時間以上くらいでした。

    ここまでで印象に残ったのは、シルビアの可笑しくも明るいパレードはやっぱり楽しかったのですが、そのあとのバハトラとチェロンの親子愛のイベントにやっぱり感動し(何度見ても泣いてしまう)、シルビアとジエーゴの親子のやり取りもとても楽しかったです。
    が、楽しいのはここまでで、ユグノア城跡で嘆きの戦士もとい主人公の父親アーウェンの亡霊に会い、16年前のユグノア城での悲劇のイベントが詳細に再現されました。
    オープニングの重要なプロローグムービーの真相が明らかになります。

    世界を救う勇者(主人公)が生まれ、みんなにお披露目というおめでたい日になる予定だったはずが、突如魔物の大群に襲われ、魔王ウルノーガが現れデルカダール王に乗っ取り、アーウェンを倒すばかりがアーウェンに襲われたと、王妃エレノアにもマルティアをさらわれたと当時20歳と思われる少し老けているグレイグに嘘をつき、勇者は悪魔の子であると洗脳させるという。
    前の書き込みで、無力なただただ可哀想な父親と書きましたが、アーウェンは偉大で立派な尊敬を受けている王様であることがちゃんと描かれてましたね。
    初回playは、ストーリーを追うことで精一杯だったので、どうも失礼いたしました。m(__)m

    けど、初回playではあまり触れなかったのですが、魔王ウルノーガが誕生して世界が異変してからのストーリーがとても面白すぎて、最初は普通に仲間集め、オーブ集めが主だった時に比べて、今は止め時がわからないほどストーリーが何倍も面白いです、ドラクエ11!
    ていうか海底女王セレン、ニマ大師とか美人がでてきてどんどん面白くなるストーリーって感じですね! (主人公の母王妃エレノアもめっちゃ美人でした!)
    まだplayしていない人がいるなら是非playして欲しい!
    これからグロッタの町へ行ってマルティナと再会しますが、続きをplayするのが楽しみです(^^♪

    Lilysa

  • 将軍グレイグとホメロス

    その後、デルカダールの丘から地下水路を経て、デルカダール城での少年グレイグとホメロスのイベントのあと、王座の間でホメロスと再会、屍騎軍王ゾルデとの戦闘後、最後の砦に戻るとグレイグが仲間に!
    そして、ナプガーナ密林からソルティコの町に立ち寄ってから、ドゥーランダ山を越えてドゥルダ郷で覇王斬を覚えるイベントがあり、ロウも再び仲間になりました!
    ここまでのplay時間はPS4版は60時間、3DS版は50時間位でした。
    今日でドラクエ11を再playしてからちょうど1ヶ月、そして1ヶ月で110時間playしたことになりますね~。
    私にしてはかなり頑張ってplayしている方ですね! (それだけDQ11が面白いというですね(^^♪)

    ここまでのイベントで印象に残ったのが、やはり将軍グレイグとホメロスの関係で(だからタイトルにもつけたんですけど)、少年グレイグとホメロスのイベントがかなりツボだったので、この頃からホメロスに対する愛着が湧いたというか...
    ホメロスが悪に魂を売った理由が、グレイグの功績のせいだったというのが、なんとも切ないですね...
    いつも自分の前を歩くグレイグに、ホメロスは嫉妬していたんでしょうねー...
    なんとなくホメロスの気持ちも分かるようで、思わず同情してしまいます。(>_<)

    あとドゥルダ郷では冥府でニマ大師が初登場しました! 3DS版でもかなりの美人でした。
    グレイグに続いて仲間になるのが、回復以外あまり使わなそうなロウだったのがなんとも上手いというかなんというか...
    ロウはグランドクロスを覚えてかなり強くなりましたね!

    それと3DS版での時渡りの迷宮では、3つの冒険の書の合言葉をgetしました!
    まず6の幻の大地の祭壇のダーマ神殿でのクエスト「ぴちぴちギャルになりたい!」では、メダル女学園に行けないのでまだ未clear、10の目覚めし者の祭壇の神々の間での「乗っ取られた神々の間」では、1のガライの町にいる転生大王を倒して無事clear、4の導かれし者の祭壇ではパデキアの洞窟での「パデキアの種を守れ!」でボスほのおの戦士を倒して無事clear!(*^^)v
    これですべての祭壇に行けるようになりましたね~
    主人公達はこれから、メダチャット地方へと向かいます。続きをplayするのが楽しみです!

    Lilysa

  • 魔王ウルノーガ誕生

    その後、ゼーランダ山を越えて聖地ラムダに到着し、始祖の森を抜けて、命の大樹での軍師ホメロスとの戦闘に敗れ、グレイグとともに現れたデルカダール王に取り憑いていたウルノーガが登場、魔王ウルノーガが誕生し、命の大樹が枯れ果てて、ロトゼタシアの世界が死地へと異変するところまで進みました!
    ここまでのplay時間はPS4版は55時間くらい、3DS版は44時間くらいでした。(ふしぎな鍛冶やクエストをこなしながらゆっくりplayしてます!)

    海底王国女王セレンの機転によって、勇者は魚の姿へと変えられ、傷が癒えるまで海底王国ムウレアで避難してましたが、魔物によって海底王国ムウレアのバリアが壊され、女王セレンによって主人公は逃がされ(セレンは名言が多いけど、特に最後のセリフが好き)、安全な場所を求めて1人で最後の砦へ向かうことに。
    ここで幼馴染みのエマや育ての母親ペルラ、イシの村の人々と再会したんですけど、やっぱりエマが...
    主人公と再会できて嬉しいのは分かるんだけど、あの状況でも笑顔を作ったりとか、少し不謹慎じゃないかな?と思ったり。
    あと、グレイグとともに襲ってくる魔物を退けたあと、エマが「さすが私の○○○(主人公の名前)」と自慢するように言っていたのには思いっきり引きました...
    あの状況でもぶりっこは健在で、やっぱり私、エマあんまり好きじゃないみたいです。

    代わりにこの世界の異変で評価が上がったのが、将軍グレイグ。
    教会で子供を助けたり、とても強いし頼もしいけれど、最後の砦での住人から「強い者ほど心は優しい」という言葉を聞いて、グレイグは本当は優しい人間なんだなと思いました。
    特に子供を助けた場面で泣きました。(>_<)
    あとは、海底王国ムウレアでバリアが壊され、セレンによって主人公だけが逃がされた場面でも泣いたな...

    このあと、デルカダール王の策によって、デルカダールの丘から地下水路へと抜けて、グレイグとともにデルカダール城へと向かいます。
    グレイグはまだ仲間になっていないけれど、これから行動を共にするし、強いしホントに頼もしいキャラクターだと思います。
    主人公が勇者なら、グレイグはまさに英雄。36才で私と年が近いから、なんだか嬉しいです。(*^_^*)

    Lilysa

  • 氷の魔女リーズレットと女王シャール

    その後、氷に覆われたクレイモラン城下町での探索、クレイモラン地方からシケスピア雪原を抜けて、ミルレアンの森と古代図書館での攻略後、氷の魔女リーズレットを倒し、クレイモラン城で最後のブルーオーブを入手しました!
    ここまでのplay時間は、PS4版は約49時間、3DS版は39時間くらいでした。(クエストもこなしながらでずいぶんと半端な時間になってしまいましたが...)

    これで、レッドオーブ、ブルーオーブ、イエローオーブ、グリーンオーブ、パープルオーブ、シルバーオーブとすべてのオーブを入手したので、これからゼーランダ山を越えて、始祖の森へ行き、命の大樹へと向かいます。
    ここでは氷の魔女リーズレットが登場するんですけど、ミルレアンの森でのイベントでグレイグと再会しましたが、今度はホメロスがグレイグを倒せとかいう話になり、親友であるはずの将軍グレイグとホメロスの複雑な関係が明らかになってきましたね~。
    ホメロスは、今のところは謎な男として描かれていますね。(けど誓いのペンダントと髪型でわかる。笑)

    あと3DS版での時渡りの迷宮では、また冒険の書の合言葉をgetしました!
    次のクエストは5の天空の花嫁の祭壇で、迷いの森に行けるようになり、まどろみそうを倒し、ここでのクエスト「迷いの森の魔物」を無事clear。(*^^)v
    ベロニカが子供の姿でいる理由がなんとなくわかりました。(妖精の姿は子供にしかみえないので)

    クレイモラン城でのイベントをclearすると、夜の酒場に氷の魔女リーズレットと女王シャールが現れ、リーズレットがシャールの恋の相談に乗っている姿がなんだか微笑ましかったです。(*^_^*)
    けど、ブルーオーブも古代図書館の攻略に少し苦戦したくらいで、思ったほど長くはというか時間はかからなかったかな?
    このあと、ゼーランダ山を抜けてベロニカとセーニャの故郷である聖地ラムダへと向かいます。
    もう私、今回PS4版も3DS版も200時間以上playするつもりでいます!
    このトピに書き込みするのも多分今年までだと思うので、両方とも完全clear目指して頑張りますよ! (*^^)v

    Lilysa

  • 壁画世界と魔法のカギ

    その後、プチャラオ村の探索で迷子の少女メルに出会い、壁画世界での攻略、メルトアとの戦闘後、魔法のカギを入手し、バンデルフォン城跡でパープルオーブをgetし、残りの1つブルーオーブのある氷に覆われたクレイモラン城へと向かうところまで進みました!
    ここまでのplay時間は、PS4版は44時間以上、3DS版は34時間以上くらいでした。(入手した魔法のカギでいろんな街めぐりしてました!)

    壁画世界でのボス戦では、PS4版では直前でセーブできるからかやはりメルトア強いな~と感じましたが、3DS版では直前にセーブがなかったからか、あまり苦戦せずに倒せましたねー。
    それまでは通常戦闘では主人公のデインとカミュのブーメランによるパワフルスローが全体攻撃できて強いなーと思ってましたが、魔法のカギをgetしてからは、主人公とシルビアは魔法のカギとちいさなメダルで入手したはやぶさの剣を装備させ、カミュは魔法のカギでキラーピアスを入手したので、とりあえずカミュに装備させましたよ!
    マルティナは海底王国ムウレアのクエストで貰ったグラコスの槍を装備させてます。(*^^)v

    あとふしぎな鍛冶では、シルビアにはハンサムスーツとハンサムスカーフを装備させて、ロウにユグノアのマントとユグノアの王冠を装備させると、衣装が変化して見た目が変わりますね!
    特にロウは雰囲気が王様っぽくなります。(元王様だったので貫禄がありますね)

    それと3DS版での時渡りの迷宮では、また冒険の書の合言葉をgetしました!
    次のクエストは8の呪われし姫君の書で、ラパンハウスに行けるようになったんですけど、ラパンが留守ということでまだclearしてません。
    時渡りの迷宮もヨッチ族集めも引き続き頑張ってますけど、苦戦しつつもやはり楽しいです(^^♪

    今回イベントはプチャラオ村と壁画世界だけだったのであまり話のネタはないのですが、迷子の少女メルが登場して、私の甥がまだ3、4才くらいの頃に、甥にメルちゃんといわれていたことを思い出しました~!
    ただ、この少女メルが実はメルトアという悪役だったので、少し悲しかったです...(>_<)
    このあと、クレイモラン城でのイベントがありますね。
    攻略をみてると最後のオーブだからか、ブルーオーブをgetするまで結構長いイベントになりそうです。

    Lilysa

  • 海底王国の女王セレン

    その後、海底王国ムウレアの女王セレンに会いグリーンオーブを貰い、メダチャット地方からまずメダル女学園へ行き、怪鳥の幽谷でシルバーオーブを入手してから、プチャラオ村へと到着しました!
    ここまでのplay時間は、PS4版は40時間、3DS版は30時間くらいでした。(今回クエストもふしぎな鍛冶もこなしながらゆっくりplayしてます♪)
    これで、デルカダール神殿から盗み出したレッドオーブと、仮面武闘会の景品イエローオーブ、海底王国ムウレアでグリーンオーブ、怪鳥の幽谷でシルバーオーブと、入手したオーブは4つになり、残すところあと2つとなりました!
    ここまでで印象に残ったことといえば、やはりのちに勇者がお世話になる海底王国の女王セレンと初対面したことでしょうか...?
    それと、今回playしてメダル女学園の校長室?に入る右側の樹に、過去のイベントがみれる『旅のおもいで』があるのを初めて知りました。(^^;
    みんなは気づいてたかな~?

    あと装備の話だけど、主人公もふしぎな鍛冶でユグノアのよろい、ユグノアのかぶとを装備すると、衣装が変わって見た目が勇者っぽくなりますね!
    マルティナには、メダ女の制服とクエストでもらった思い出のリボンを装備させてます。(*^_^*)
    それと今回3DS版では、時渡りの迷宮で冒険の書の合言葉をgetできなかったのだけど、マルティナの公式設定年齢はどうやら26才らしくて、私ほぼ当たってましたね。笑

    ベロニカとセーニャは主人公と同じ16才だそうです。
    ベロニカは、オープニングでの姿をみる限り、16才という設定は納得ですけど、セーニャはもう少し上の17、8才くらいにみえますねー。
    でも2人とも一応双子なので、ね。
    この設定年齢を考えると、高校生の甥がセーニャが一番好きといっていたのは納得しますねー。(年齢がイチバン近いから...)
    ま、理由はそれだけじゃないことは、最後までplayした人なら理解(わか)ると思いますけど。
    このあと、プチャラオ村での探索後、ここでのイベントを終わらせて、残りのオーブではなく、たぶん魔法のカギを入手します。
    これで今まで入れなかったいろんな所に入れるので、続きをplayするのが楽しみです(^^♪

    Lilysa

  • 人魚ロミアとキナイ

    その後、水門を抜けてシルビア号で外海へ、白の入り江で人魚ロミアに出会い、ナギムナー村にいるキナイ探し、キナイの母親による人魚のこわい紙芝居をみた後、西の海にいるクラーゴン退治、そしてロミアとキナイの悲恋のあと、マーメイドハープをgetするところまで進みました!
    ここまでのplay時間は、PS4版は36時間、3DS版は26時間くらいでした。
    実はこの人魚ロミアとキナイのイベント、ロミアに真実を話すか嘘をつくかで、その後のストーリーが分岐するらしいです。
    私は初回playでは真実を話したイベントだけを観て終わったのですけど、今回、ロミアに嘘をついて死なずに待ち続けるというハッピーエンド?の両方のイベントをみてみました!
    でも、やっぱり嘘をつくのは心苦しいと思い(私はこれがハッピーエンドとは思えませんでした)、恋人キナイ・ユキは亡くなったという真実を話し、その後人魚ロミアも泡になって海に消えるという。。
    人間と人魚という種族を超えた両想いだったはずなのに、2人とも最期は幸せになれず、結局悲しい結末になってしまいました。(>_<)
    でも、子供の頃に読んだ童話の人魚姫の話も悲しい結末だったので、悲しいけれどこれはこれでアリかなと思いました。
    人魚ロミアがとても可愛らしかったのと、キナイの顔も地味だけどなかなか素敵なルックスだったのがせめてもの救いでしたねー。

    あと3DS版では、時渡りの迷宮で次の冒険の書の合言葉をまたgetしました!
    次のクエストは7のエデンの書のカラーストーン採掘場での「カラーストーン危機一髪」では、懐かしの女戦士マチルダさんがクイーンマチルダとなって、カラーストーンをモンスターにして操っていたという。
    クイーンマチルダを倒すとマチルダさんもカラーストーン採掘場も元に戻って、無事クエストclear。(*^^)v

    この後、入手したマーメイドハープで海底王国ムウレアへと向かいます。
    あと関係ないけど、最近ロード時間の豆知識の情報で、グレイグとホメロスが36才ということを今回playして初めて知りました。
    まぁ、流石に20代はありえないと思っていたので、ちょうどいい年齢かな?と思いましたけどね。
    じゃあマルティナも現在25、6才くらいなのかな?と思ったり。主人公生まれたとき、マルティナは確か10才くらいですよね?

    Lilysa

  • ロウとマルティナ姫

    あのあと、ユグノア城跡へと向かい、そこで待っていたロウとマルティナと合流、16年前に魔物に襲われユグノアが滅びたこと、ロウがユグノア王妃エレノアの父親であり、主人公の実の祖父そして、マルティナが死んだとされるデルカダールの姫であると明かされました。
    祖父ロウとの感動の再会、鎮魂の儀式もつかの間、ここでまたしてもデルカダール軍率いるグレイグの追撃に会う主人公たち。
    ここで、グレイグに追い詰められ、崖から落ちる主人公を必死で守ろうとするマルティナに心打たれました。(>_<)
    小屋で暖をとるマルティナとの話で、母親を亡くした後ユグノア王妃によくしてもらったこと、王妃に子供ができて自分に兄弟ができたようで嬉しかったこと、マルティナのユグノア王妃と主人公に対する想いがすごく伝わってきました!
    この2人が並ぶと、王子と王女で美男美女なので、お似合いかも...と思ったのは私だけじゃないハズ!
    そして、グレイグにまた追撃されるも、マルティナの機転で難を逃れ、その後仲間と合流し、ロウとマルティナが仲間に。
    マルティナは仲間になってからclearする最後までずっと私のスタメンでした! なので仲間になってとても嬉しいです(^^♪

    ふしぎな鍛冶ですが、カミュは大盗賊のマント、大盗賊のターバン、ベロニカはプリティエプロン、プリティキャップ、セーニャはラブリーエプロン、ラブリーバンドで衣装が変わりますね。
    装備すると見た目が変化するので、是非ともふしぎな鍛冶で作って装備して欲しいです!
    カミュは更にカッコよく、ベロニカとセーニャは色が逆転してとっても可愛いですよ~!! (*^_^*)

    3DS版では、時渡りの迷宮で次の冒険の書の合言葉をgetし、3の伝説への書の勇者の実家「結婚の行方」では、9の天使界に行って天使のきつけ薬を貰えたので、クエストclearできました!
    伝説への祭壇もスーファミ版っぽかったですね!
    勇者がまだ生まれる前で、オルテガが嫌われているという設定もなんだか面白かったです。笑

    ストーリーに戻るけど、虹色の枝で残りのオーブ集めの話になり、ロトゼタシアの世界をさらに旅するためにソルティコの町で執事セザールに水門を開けてもらい、船で外海へと向かいます。
    1度playしたとはいえ、話を忘れてることが多いので、この後の話も楽しみです(^^♪

    Lilysa

  • 仮面武闘会

    その後、シルビア号(船)で先にソルティコの町へ行き、南の島でアイテムを集め、バンデルフォン地方へ上陸し、ネルセンの宿屋に立ち寄って、グロッタの町でのイベントが終わりました!
    ここまでのplay時間は、PS4版は28時間以上、3DS版は20時間でした。(クエストのplay時間も含めて)
    グロッタの町では、仮面武闘会が開催されるんですけど、ここでようやくロウとマルティナが初登場しましたね~!
    ここでの優勝賞品が探していた虹色の枝ということで、主人公達も大会に参加することになったんですけど、マルティナは初登場から美人だし強いしセクシーだし、本当に憧れる~。(*^_^*)
    あとここで登場するシルビアのパートナーになるマスク・ザ・ハンサムの髪型がなんとなく元フィギュアスケートの町田くんっぽいなぁと思いながら、playしてました。笑
    それと仮面武闘会での音楽が4のエンドールの音楽でなんだか懐かしかったです。(戦闘も4の曲だったし)

    あと、ここではハンフリーという武闘家が登場するんですけど、孤児院で身寄りのない子供たちの世話をして子供たちにも慕われてる優しい性格なんだけど、実はドーピングしていたという...
    PS4版では最後は涙を見せたり感動するんですけど、3DS版では涙は見せずに終わったのが感動が薄れて少し残念でしたね。
    でも最後は更生してよかったですよね!
    結局主人公は大会に優勝したんですけど、優勝賞品の虹色の枝がロウによって盗まれてしまったり。なかなか手に入らないですね~。(>_<)
    結構プレイヤーを焦らしますよね。
    あと、3DS版でのヨッチ村の時渡りの迷宮での次のクエストは、意表をついて9の天使界でのイベントでした。このクエストはまだ未clearです。

    主人公達はこのあと、ロウの手紙に従い主人公の生まれ故郷であるユグノア城跡へと向かいます。
    ここでロウとマルティナが待っているという。
    ここではオープニングにも関係する主人公に関するある重要なイベントが待ってますね。
    主人公とロウ、マルティナの関係もここで明らかになります。
    これから続きをplayするのが楽しみです(^^♪

    Lilysa

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 軍師ホメロス

    その後、ダーハラ湿原を抜けて、ダーハルーネの町に到着し、霊水の洞くつを攻略して、シルビア号(船)をgetするところまで進みました!
    ここまでのplay時間は、PS4版は22時間、3DS版は16時間でした。(街の人全員の会話を拾ってるので、つい時間がかかってしまう)
    ここまでで印象に残ったイベントは、やっぱり軍師ホメロスが再登場したこと、これに尽きます(笑)
    ホメロスはPS4版では顔が全く崩れず、美形で綺麗な顔をしているんですけど、3DS版ではいろいろと表情がコミカルに変わって、PS4版と比べると、観ていてすごく面白かったです。笑
    ただ、罪のない町長ラハディオの息子ヤヒムに呪いをかけて声を失わせたり、勇者を狙って庇ったカミュにケガをさせたり、やってることはやっぱり悪役っぽいですね~。
    果たして、Switch版では改心して仲間になるのでしょうか...?

    あと、3DS版では実は最近ヨッチ族集めにハマってました!
    結構いろんな場所に点在しているので集めるだけで楽しいし、次の2の悪魔の書のムーンペタの町「王女の涙」のクエストもスーファミ版ぽくて懐かしく、昨日無事clearしました!
    時渡りの迷宮の攻略も楽しいし、今までplayしてきたドラクエのいろんな世界に行けるので、次の3でのクエストも楽しみです♪
    あと、霊水の洞くつではシーゴーレムとのボス戦があったんですけど、初回playよりは苦戦しなかったかな?
    そのあとのイベントでのホメロス戦も全く苦戦しませんでしたし...やっぱり難易度は(特に3DS版は)低めに設定されているようです。

    話戻るけど、セーニャが仲間になったとき、カミュは好みのタイプだったのか、最初からセーニャに好意を抱いているコメントをしていたけれど、今回ホメロスに見つかって主人公が逃げるとき、セーニャと主人公が手を繋いで逃げたり、カミュが捕まったときセーニャがカミュを心配したりと、やっぱりこの3人は3角関係っぽいですね~。
    ついついそういう目線で見ちゃうなぁ~。(*^_^*)
    だから私は、エマとの一直線ゴールはあんまり歓迎できませんでしたね~。
    こういうのは3角関係が成り立つと面白いと思う。5ではビアンカとフローラとアンディとの4角関係だったけれど。

    Lilysa

  • 補足

    前の書き込み読み返してみて、ちょっと補足。
    サマディーでPS4版が17時間弱かかったというのは、今までのplay時間全部合わせてです。
    サマディーだけで掛かった時間ではないです。
    ちょっと誤解を招くような書き方しちゃったみたいで...(初回playでは16時間内で終えたイベントでした)

    Lilysa

  • 旅芸人シルビア

    どうもしばらくお待たせ致しました! あのあと砂漠の国サマディーでのイベントが3日掛かりでようやく終わったので、早速play報告したいと思います!
    初回playのときは主にストーリーを追うことを目的に、街の住人の話はそこそこに進めていたのですが、今回街の住人の会話を昼夜イベントごとにすべて拾いながらplayしているので、すべてのイベントを終えて旅芸人シルビアが仲間になるまでに、PS4版では17時間弱も掛かってしまいました!(3DS版では12時間弱かな?)

    砂漠の国サマディーでは、流浪の旅芸人シルビアの他に、ファーリス王子も初登場しましたね~。
    サマディーの国宝である虹色の枝をネタに、ファーリス王子の代わりにウマレースに参加したり (私はシルビアに勝てず2位でした)、砂漠の殺し屋デスコピオンを退治しに行ったり...
    2回目playだからボス戦も楽勝かと思ってましたが、この砂漠の殺し屋デスコピオンが思ったよりも強く、初めはPS4版でも3DS版でも必ず誰かが死んだりして、私全滅しなくても誰か1人でも死ぬとリセットするタイプなんですけど、倒すまで結構何度も再挑戦しましたねー。(*^_^*)

    けど、ファーリス王子は派手に土下座したり、ルックスも言われていた程カッコいいとは思わなかったけど(最後に騎士道精神に目覚めて良かったけど)、シルビアはサーカスでのステージから始まってウマレース、最後のデスコピオンを倒すなど、最後にファーリス王子を騎士道精神に導いたり、オカマキャラだけど最初から最後までカッコいいなと思いました! (*^_^*)
    シルビアは後半もツッコミとかハッスルダンスとか重宝するキャラなので、仲間になってめっちゃ嬉しいです!
    これから虹色の枝を求めて港町ダーハルーネに向かいますが、これでパーティーメンバーが5人になったので、今回は戦闘メンバーは勇者、カミュ、シルビア、ベロニカを主に使いたいと思います。(ベロニカの魔法が結構強いしね!)

    Lilysa

  • ベロニカとセーニャとの出会い

    その後、約10時間ちょっとのplayでホムスビ山地のホムラの里の酒場でベロニカに出会い、荒野の地下迷宮を攻略して途中でセーニャとも出会い、ちょうどベロニカとセーニャが仲間になったところまで進みました!
    もうこの2人に出会うのずっと待ってました!
    やっぱり1度playしてclearすると、それぞれのキャラクターに対する愛着が違いますね~。
    職業は主人公は勇者でカミュが盗賊なら、ベロニカは魔法使い、セーニャは僧侶って役割になるのかな?

    あと3DS版では、ホムスビ山地に着いてすぐヨッチ族に出会い、さっそくヨッチ村に案内されました。
    ここでは始まりの書、悪霊の書、伝説への書、導かれし者の書、天空の花嫁の書、幻の大地の書、エデンの書、呪われし姫君の書、星空の書、目覚めし者の書と過去の作品が管理されてるんですけど、11で過去の世界に行けるなんてなんて豪華だな~、と。
    時渡りの迷宮では始まりの祭壇で、さっそく1のガライの町「お騒がせリサイタル」のクエストを終えたんですけど、ファミコン版のようにカニ歩きだったのと音楽も1の音楽だったので、懐かしいなと思いました。(*^-^*)

    ホムラの里では、蒸し風呂へ入るイベントがあるんですけど、ここで女湯に入った人も多いでしょうね~。
    あと、蒸し風呂ではぱふぱふ娘が初登場しましたね(笑)
    迷子になっていたルコの父親のルパスの情報は、後半のロード時間に結構何度も目にしていたんですけど、もうすっかり忘れていて、ずっとルパスって誰?とか思ってました...
    そして、情報屋ルパスから命の大樹に関係する?虹色の枝の話を聞いたので、これから砂漠の王国サマディーへと向かいます。
    サマディーではシルビアが初登場するので、これから続きをplayするのが楽しみです(^^♪

    Lilysa

  • <<
  • 104 80
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託