ここから本文です
プラグ・パワー - 株価チャート

2.12

+0.1(+3.92%)
  • 前日終値
    2.04(08/17)
  • 始値
    2.02(22:30)
  • 高値
    2.12(03:49)
  • 安値
    2.01(23:11)
  • <<
  • 79 59
  • >>
  • 79(最新)

    No! poixit 8月11日 07:38

    おはようございます。
    一旦米株ポジション解消しようかなと思ってます。大底で売るのが得意だから上がるのかもしれませんが。

  • 78

    K.l.T.T. voice, 強く買いたい 8月10日 12:50

    今年の 2月に 最安値の 0.83
    そして決算発表で下落したと言えど 2$はキープ
    今年既に 2倍に 出直している訳だし
    どん底からの復活で
    イマイチ知名度と、水素関連で世界的な流れで水素が、注目されれば
    吹くな
    今は潜伏します 。

  • No! poixitさん
    K.l.T.T. voice,さん

    どうもです。
    「2017年のシステム導入から現金化への移行のタイミングを考えると、事実上、2017年の導入のためのすべての回収は後半に発生するでしょう。」
    と書かれているので、下期以降には良い方向へ行くのではないでしょうか。
    徐々に買って行こうと思います。

  • >>68

    たくさんの情報ありがとうございます 。

    少しずつ精査し咀嚼して行きたい

    10年足だと40迄上がっていた時期があり そこから転落の 2$まで来たんですよね
    もともと赤字で今回も赤字
    テスラも赤字で今回の2Qも赤字拡大
    それでもあげます

    打っ込むには未だ早そう
    水素関連としては常にチェック

  • 報告書つづき

    <2017年の展望>
    2017年通年のガイダンスを再確認しています。
    第3四半期は、トップラインを拡大し、コスト削減プログラムを拡大し、新規顧客を継続的に成長させ、2018年後半以降の持続的なプラスのキャッシュフローにつなげるベンチマークの四半期となります。
    さらに、上半期の当社の執行は、サイトおよびシステムの導入による現金を実現するため、今後の流動性ポジションへのプラスの影響をもたらす道を開いた。
    最近の当社の事業戦略の実行は、プラグパワーを通年の目標を達成するためのポジションに置くだけでなく、今後の展開への可視性や、当社が行っている投資を収益化する能力を含む長期的な重要な意味を持つ新しいアプリケーションと市場への拡大

    以上
    誤翻訳あったらスミマセン

  • 報告書つづき

    [第2四半期業績と財務実績]
    2017年の第2四半期の総GAAP総収入は、2216万ドルであったのに対し、2016年の第2四半期の2,050万ドルと比較して、2つのPPA契約を含む合計4つのサイトが反映されています。
    第2四半期の2017年の売上高は、経常収益の経常収支が前年比24.1%増加し、当社のビジネスモデルの継続的な成長と収入バックログを示しています。
    当社は、1年中の出荷を予定しているGenKeyサイトとGenDriveユニットへの強い視野を継続しており、ほぼすべての受注残がバックログに含まれています。
    私たちは、営業チームがQ4および2018展開のバックログをさらに構築するために新たな予約を引き続き締め切ると確信しています。
    当社の財務成績には、収益の減少として報告された普通株式ワラントの1.8百万ドルおよび普通株式ワラントの7.1百万ドルおよび関連費用が営業費用として計上されている。
    これらの費用は、アマゾン契約の一部として権利確定されたワラントの会計処理に関連している。
    関連するワラント契約および必要な会計処理を考慮すると、アマゾンとウォルマートの両方の配備からの経時的なワラントの公正価値のために、将来の減収が発生します。

    <キー操作メトリック:>
    •2017年6月30日に終了した3ヶ月間に展開されたGenDriveユニットの合計891台(2016年6月30日に終了した3ヶ月間の955台)
    •2016年6月30日に終了した3ヶ月間にインストールされた6つのサイト(PPAサイトとして完成した3つを含む)に対して、2017年6月30日に終了した3ヶ月間にインストールされた4つのサイト(PPAサイトとして完成した2つを含む)
    •2017年6月30日にサービスまたはPPA契約を締結している約13,000台のGenDriveユニット、2016年6月30日現在約10,000台のPPA契約
    •2017年6月30日現在の燃料送達契約に基づく46のサイト、2016年6月30日の31の契約サイト

    2017年の第2四半期のGAAP粗利益は、2016年の第2四半期のGAAP売上総利益率0.4百万ドル(売上高の1.9%)と比較して、350万ドル、すなわち売上高の17.0%であった。
    2017年の第2四半期の180万ドルのアマゾンワラントの費用を除いた調整後の売上総利益率は、売上高の7.6%減となりました。
    前年度のGAAP粗利率の減少は、主にアマゾンワラントの費用の引当金の結果であり、売上高構成の売上高に対する重み付けの重さが低く、定期的な流通に重点を置いており、 彼らは比較的新しいサービスですが、スケーリングしています。
    第2四半期の2つのハイライトは、31%のGenDrive総利益率と損益分岐点近くのサービスマージンでした。
    サービスは、四半期ごとにいくつかの変動性を見ますが、サービスコストの好調な傾向が見られており、2018年のサービスのための持続的な正味粗利益を引き続き目標としています

    2017年第2四半期の普通株主に帰属する純損失は、4260万ドル、希薄化ベースでは1株当たり0.19ドル、調整後ベースでは0.10ドルの損失でした。
    これは、2016年の第2四半期の普通株主に帰属する純損失を、1320万ドル、希薄化後の1株当たり0.07ドルと比較しています。

    <現金及び流動性:>
    2017年の第2四半期のフリー・キャッシュ・フローは、2016年の第2四半期の2,410万ドルに対し、4540万ドルの流出でした。
    フリー・キャッシュ・フローは、営業活動および投資活動からのキャッシュ・フローの合計とPPAサイトのプロジェクト・ファイナンスからの流入と定義されます。
    2017年のシステム導入から現金化への移行のタイミングを考えると、事実上、2017年の導入のためのすべての回収は後半に発生するでしょう。
    2017年6月30日現在、プラグ・パワーの現金総額は541百万ドル(現金および現金同等物2.1百万ドル、制限付現金52.0百万ドルを含む)でした。
    当社の現金の削減は、ウォルマート、アマゾンおよびその他の顧客との最近実施された契約に対する債権から現金への転換のタイミングを満たすために必要とされる先渡資本の増加によるものである。
    760万ドル以上の現金は、上半期に配備された3つのPPAサイトの資金調達の結果として7月5日に収集され、他の顧客の以前の配備から7月上旬に回収された現金と一緒になった。
    2017年7月21日に完了した2千万ドルのグリーン・バンクの資金調達を含むことで、当社は2017年の残余財源を確保するための資本を確保し、最終半年における未収金の回収により補填される1億3,000万ドルを超えました。
    当社はフリー・キャッシュ・フローが$ 25〜$ 35M(3億5千万ドル)であることについて、通期の見通しを再確認している。
    第2四半期の現金の使用は、2017年の導入時期と受取手形から現金への転換時期を考慮した通期の予想と一致していた。

  • 報告書つづき

    [欧州における執行と拡大]
    私たちは引き続き欧州市場の拡大を進めています。
    世界で2番目に大きな小売業者であるカルフールには、最初のサイトが開設されています。
    カルフールは、これらのユニットが運営する効率性とコスト削減に喜んでおり、2018年には追加のサイトを展開するよう議論しています。
    米国での当社の理念に反して、我々は長期的な関係を築くことができ、複数のサイトにわたるGenKey導入の価値を迅速に実現できる大規模な顧客に焦点を当てています。
    カルフールとの契約、IKEAなどとの協業は、この市場でより多くの大手小売業者を誘致し、北米で見られたようなヨーロッパで同様の成長軌道を追い始めるために重要でした。
    最後に、私たちは世界的に事業を展開している北米のお客様に、国際的に展開する方法について積極的に取り組んでいます。

    [新しいアプリケーションへのProGenインテグレーション]
    第1四半期には、最初のProGenユニットをFedExに出荷し、第2四半期に最初のプロトタイプの配送トラックのテストを開始しました。
    テストの結果は肯定的であり、電力、効率、および既存のWorkhorse電気自動車(EV)システムとの通信を確認しました。
    このテストの進行は予定どおりであり、Plug Power社は、フル機能のProGen搭載車が第3四半期にオンロード試験/試験を開始すると予想しています。
    最初のProGenシステムが5トンと7.5トンの配送トラックで使用するために中国に出荷されたことから、当社の期待に合った最初の規制試験結果が得られました。
    オンロードテストは既に開始されており、第3四半期にはオンロードテストを継続する予定です。
    フェデックスと中国のオンロード開発プログラムの成果は、新しい市場への参入を促進し迅速にするために、マテリアルハンドリングの成功から学んだことを活用する能力を実証しています。
    モジュラー型ProGenエンジン設計の柔軟性は、水素燃料電池技術が幅広いアプリケーションにわたって果たす役割に対する信頼を高めています。

  • 報告書つづき

    [顧客の拡大とエンゲージメント]
    2017年通年で約7,000万ドルの収益を生み出すアマゾンとの戦略的GenKey契約に署名し、2018年以降の継続的な成長が見込まれる第2四半期を打ち上げました。
    まもなく、7月21日に、当社は、今後3年間に北米の30の追加サイトにGenKey水素燃料電池エネルギーソリューションを提供するため、Walmartとの関係を拡大することを発表しました。
    これらのサイトのうち10件はすでに契約中で、2017年末までに完成予定です。
    これらの2つの取引は、プラグ・パワーの戦略的な軌道と長期的な財務上の可視性に大きな影響を与えます。
    具体的には、これらの契約は、当社のポジションを向上させ、収益への道のりを加速し、水素燃料電池技術に先駆けてチャンスを享受する2つの共同パートナーをPlug Powerに提供します。
    さらに、2つの卓越したグローバル企業からのコミットメントの大きさは、当社のGenKeyソリューションの重要な価値提案の現在および将来のPlug Power顧客に明確なメッセージを送り、ProGenエンジンを探索し、世界。
    最後に、これはプラグ・パワーに2017年以降に構築される強力なビジネス基盤を提供し、収益の拡大を続けるだけでなく、量と可視性が高まるにつれてコストを急速に引き下げ続けることです。

    [Walmartはプログラムを推定30の追加サイトに展開]
    ウォルマートは、プラグ・パワー社の長期的なパートナーであり、マテリアル・ハンドリング事業で水素燃料電池ソリューションを利用するパイオニアでもあります。
    Walmartは、2008年の初めに、現在のGenDrive製品ラインのベータシステムをテストする最初の顧客の1人でした。
    その後数年間にわたり、運用および技術データとともに貴重なフィードバックを提供し、迅速に設計を統合してパフォーマンスと信頼性を向上させ、コストを削減しました。これらのサポートは、ビジネスケースの理解を深め、製品開発を加速し、製品ラインの深みと幅を急速に拡大するのに役立ちました。
    2014年の最初のマルチサイト発表に先駆けて、当社はGenKey製品を導入した時点で、入力とフィードバックを提供していました。その後、最初の空冷式および液体式などの主要製品のベータテスターとしてベータテストを実施しました業界をリードする業界最高レベルのSiteView IoTベースのデータ集録/解析スイート、GenFuelインフラストラクチャーへの製品拡張を提供しています。
    現在、ウォルマートは北米全域の29以上の流通センターに6,600台を超える世界最大の水素燃料電池搭載電気自動車を運航しています。
    この新しい契約は、同社の既存の関係と、より良いポジションのPlug Powerによりバランスシートを強化し、新製品をさらに革新し、水素燃料電池ソリューションの世界的リーダーとしての地位を高めるものです。

    <新しい合意:>
    •当社の価値提案を再確認し、燃料電池が事業を提供できる価値を新たな潜在顧客に示す指標となる。
    •当社は、事業の可視性とコスト構造を改善し、利害関係者に高い財務予測可能性を与えることを可能にする。
    •材料処理のための燃料電池製品の開発、新しい可能性のある製品への歴史的に成功したコラボレーションを拡大する。 そして
    •ウォルマートは、プラグパワーで最大6億ドルを費やして成長するように設計された株式ポジションを提供し、当社の事業関係も強化しています。

    前述のとおり、合意には、資金調達コストを抑えてプロジェクトファイナンスにアクセスするための改訂された取引条件が含まれており、将来の取引をキャッシュフロー積極的に前向きにすることができることを嬉しく思っています。
    この資金調達の話題は非常に重要です。なぜなら、それは問題であり、我々が公然と議論してきた逆風であり、将来的にはより重点的に事業を拡大することができることを喜ばしく思います。

    ウォルマートの契約は、最初の10件の契約期間中に約8,000万ドルの価値が認識されると見込まれており、マテリアルハンドリングパワーソリューションを使用して世界をリードする小売業者を魅力的にする能力を証明しています。
    当社の株主にとって重要な価値を創出することに加え、マテリアルハンドリングの進歩は、ウォルマートとプラグパワーの継続的な共同作業においても活用され、新規および新規の原動力製品およびアプリケーションの評価、開発、テスト、 ProGen社の燃料電池エンジン製品ライン
    ウォルマートの将来のビジネスとプラグ・パワーの長期的な成功を調和させる努力の中で、ウォルマートは株式に応じた分割払いでウォンマートを付与し、潜在的なビジネスに合計6億ドルを計上しました。
    このワラント契約は、パートナーシップを固めさせるのに役立ち、ウォルマートがロックを解除するのに役立った価値創造の一部を獲得できるようになります。

  • 報告書つづき

    [エグゼクティブサマリー]
    ラタムのプラグ発電所は、当社が過去10年間で最大の4分の1の生産を達成するために製造を増強し、10のGenKeyサイトと約3,000のGenDriveユニットを導入するなど、積極的に活動しています。
    第2四半期には、このランプ調達部品の準備、サイトの準備、GenDriveユニットとGenFuelインフラを構築するための新規従業員の雇用と訓練、そして展開された新しいサイトのサポートを行いました。
    私たちは途方に暮れており、予定どおりに滞在しており、今後数ヶ月間に進捗状況と成果についてもっと分かち合うことを楽しみにしています。

    当社の事業拡大に加え、Plug Powerの第2四半期(2017年)には、ビジネスモデルの改善、マージンの改善、マルチサイト顧客基盤の拡大に向けた取り組みが引き続き実行されました。
    これらの努力により、プラグ・パワーは2017年の後半に入り、2017年通年の指針を再確認し、2018年の継続的な成長のための事業を確立することができます。

    Amazonの第2四半期のGenKey契約の第2四半期に、プラグ・パワー社は最近ウォルマートとのコラボレーションの拡大を発表した。
    これは、燃料電池技術の商業化と革新のリーダーとしての地位を強化する、もう一つの重要な取引です。 Plug Powerは、水素燃料電池システムの採用により、世界最大の小売業者がコストを削減し、生産性を向上させることを可能にしています。
    ウォルマートとの契約はプラグ・パワーの新しい展開の経済性を有意義に向上させ、資本コストを抑えて現金を必要とせずにプロジェクト・ファイナンスにアクセスできるように改訂された条件を含む。

    マテリアルハンドリング部門でのマルチサイト顧客基盤の大幅な進展の中で、当社はPlug Powerを長期的な成功のために位置づける他の主要イニシアチブを引き続き実行しています。
    GenDrive水素燃料電池とGenFuel水素給油所のコスト削減は引き続き予測され、FedExと中国の両方のプログラムのProGenプロトタイプエンジンの第2四半期における肯定的なテスト結果により、オンロードのアプリケーションへの普及は継続しています。
    加えて、7月にNY Green Bankの与信枠を25百万ドルから45百万ドルに拡大し、財務の柔軟性を増強し、戦略的資本を増強し、魅力的な成長機会を追求しながらマテリアルハンドリング事業を快適に成長させました。

    間違いなく、私たちのビジネスは急速に成長しており、今年の業績はこれまでのところ2月に予定されていた期待に沿って低下しています。
    Amazonを確保する当社の能力と、ウォルマートとの大幅なプロジェクト・ファイナンス・タームを組み合わせることで、私たちの背後にある大きな逆風の中で将来の目標を達成することができます。
    今後6カ月間を目処に、燃料電池市場におけるリーダーシップと継続的な事業執行に重点を置いていることから、上半期に締結された主要協定の経済的なプラスの影響を認識し始めます。 収益性への道を歩む

    私たちの長期的な戦略は、現在の成功を引き続き活用し、車両電化の採用が拡大するにつれて進化し続ける大規模な市場に効果的に浸透しています。
    当社は、新しいアプリケーションに対応し、迅速かつ収益性の高いグローバルな市場機会にアクセスすることが可能な立場にあるビジネスを構築しており、プラグ・パワーが引き続き株主価値を引き出すことを可能にする。

  • 報告書の翻訳をGoogle先生にお願いした
    以降、長文です・・・

    プラグパワー2017年第2四半期更新レター
    [2017年第2四半期およびそれ以降のイベントのハイライト]

    •マルチサイトGenKeyの導入と技術協力のためにAmazonとの契約を締結しました。 2017年の収益は約7000万ドルに相当する
    •2019年末までに30のGenKeyサイトを追加配備することを提案したウォルマート契約を締結し、2017年に展開予定の10サイトを約80.0百万ドルの契約価値
    •ウォルマートとの改訂プロジェクト資金調達条件の交渉により、単一桁の低金利を達成し、2017年以降の取引からの現金規制の廃止により、現金
    •フェデックスと中国のイニシアチブにおけるオンロードアプリケーション間でのProGenプロトタイプの内部テストと外部テストの継続的な進捗状況
    •新規契約の締結に4,700万ドルを完了し、これまでの年を合計して約112.0百万ドルにした
    ニューヨーク・グリーン銀行との間で修正されたローン・ファシリティを締結し、コミットメントを2,000万ドル増加させて合計45.0百万ドルとした
    •期待通りの4つの追加GenKeyサイト(PPA(パワー購入契約)サイト2つを含む)と891台のGenDriveユニットを導入
    •GAAP総収入22.6百万ドル
    •燃料電池システムおよびインフラストラクチャーの四半期売上総利益率は25%であり、GenDriveは31%となります。損益分岐点付近のサービス粗利益
    ・GAAP希薄化後1株当たり利益は0.19ドル、調整後1株当たり損失は0.10ドル(ワラント関連費用を除く)
    •GAAPの総収入130.0百万ドル、調整された総利益(現金以外のアマゾンおよびウォルマートのワラント報酬の影響を除く)を含めて、2011年通年のガイダンスを8%〜12%の範囲で、25.0ドルのフリーキャッシュフローの使用を再確認する - 3500万ドル

  • プラグパワーの第2四半期決算発表は変更されていました。
    明日の8日で 株価反映は日本時間 9日水曜日ですね

  • 65

    K.l.T.T. voice, 強く買いたい 8月6日 15:20

    企業の収益は 如何にいい仕事するか
    無駄な贅肉を落とすコスト削減にある

    プラグパワーのマテリアルハンリングはロジスティックを支える上
    益々期待できる

  • 64

    K.l.T.T. voice, 強く買いたい 8月5日 00:46

    中期的に $7から参戦してた 弟分の95%を利確して 5%残してます
    時間がかかり過ぎ効率が悪いと言う事で 第2決算で撤退
    7割を兄貴分 2割をここプラグパワーに充てました

    プラグパワーは現時点では 穴株ですが
    徐々に買い増しして行きたい

  • Amazonとの資本提携は最近だったので
    決算発表の株価反映は今回は なかった

    次の決算から徐々に反映して来ると思う
    それと同時に買い増しして行きたい
    プラグの将来のマーケットは規模が違います

  • プラグ・パワー(Plug Power)のアンディ・マーシュCEOには、自分の未来が見えている。それはフォークリフトが担っている。
    プラグ・パワーは、水素燃料電池を製造する小さな会社だが、20年近く顧客を見つけようと奮闘してきた。しかし、もうその必要はない。2017年4月にアマゾンが、自社倉庫のうち10カ所で使うフォークリフトでこの技術を試すことに合意したからだ。
    さらに、アマゾンとの6億ドルの取引に続き、7月にはウォルマートが同様の取引に合意した。プラグ・パワーの電池で動くフォークリフトを使う自社倉庫を2倍に増やし、58カ所にしたのだ。
    「ウォルマートもアマゾンも、未来を見据えているのは明らかだ」とマーシュCEOは語る。「小売業界最大手の2社が『この製品は自分たちのビジネスをさらに良くする』と言っているのだから、ここからがスタートだ」

  • >>60

    kittさん、いつも情報提供有難うございます🤗

    正直決算には期待して居ないのですが長期で勝ちにいきます!せめて3ドルあればな、、

  • FCフォークリフト導入は確実に増えてます
    北米でのシェアは 89%
    日本国内では北九州の実験段階で市販には至ってません
    H2USA など世界的な取り組みも然り 水素ならではのメリットは充填時間が3分で
    長い稼働が可能 防衛 安全保障(ロケット)軍需には不可欠な要素にある

    ただコスト面から 危険な水素をどう管理するか
    高圧水素タンクには鉄の強度の10倍軽さは4分の1炭素繊維プラスチック(CFRP)など
    採用されるなど研究開発は更に進むと思われる

    水素を中心とした世界的な流れは必ず来ると
    $2 ⚡️ プラグパワーに賭けてみる

  • <<
  • 79 59
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン