ここから本文です
  • <<
  • 29 10
  • >>
  • ついに開幕、愛媛戦は勝利で幸先よくスタートしました。
    昨年は愛媛の玄人じみたサッカーに圧倒されましたが、今年はその差を覆しましたね。
    後半のセカンドボールの支配率が物を言ったと思います。

    加えて佐藤を中心に新加入のマラニョン、清原攻撃ポイントが多い中に杉浦・大橋が
    混ざる重厚い攻撃でバッテリーの上がってきた愛媛のDFラインを押し切りました。

    サッカーが自前の粘り強さで我慢する状態から余所行きのどこででも通用する
    落ち着きのあるそれに変わって来ました。
    かつてJ2昇格のあの状態からここまで来たんだなって感慨がある試合でした。

    開幕時の両者ベストコンディションの試合で勝てたパフォーマンスは大きいです。
    次のホーム讃岐戦もこの勢いを持ち込みたいですね。
    ホント凄いですわ。

  • ついに2018シーズンメンバー発表ですね。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00701181-soccerk-socc

    柳下監督が今年も監督で率いて頂けるのが一番の成果かもな。
    中美選手は長野で更なるご活躍を・・・。

    清原選手が帰って来ました。
    当時、ツエーゲンの戦力低下が目的の移籍策だった感じだったのでとても不安でしたが、
    ここは案の定でした。

    その間いろいろありまして、年々変わるメンバーでも全体レベルが他のJ2クラブに
    劣るでもない、J2常駐クラスの力は着いてきてるんじゃないかなぁと思えるまでになりました。

    DFラインはアランが新加入し競争が厳しそう。
    野田が残ってくれたので左サイドは新加入の藤村あたりと争うのか。
    右サイドは石田の鉄板でしょうか、更なる成長を期待です。

    MFは意外とタレント揃い。
    帰って来た清原に今年10番を担いだ宮崎、攻撃の起点となる杉浦、成長著しい大橋と
    これまた帰って来た山藤、新加入の梅鉢も忘れちゃいけないな。
    藤村も本職のボランチで定着したいだろうし、濃ゆいメンバーです。

    FWは昨年点数を稼いでくれた佐藤を中心に新加入のブラジル人マラニョン、確変の気配が
    ある垣田、円熟の山崎とレノファから加入の加藤とそれぞれ特徴がありますね。
    ジョーカーはやはり金子かな。

    GKは今年もやはり白井で決まりでしょうか。
    彼があんまり飛んだり跳ねたりしないような守備の構築が今年も課題ですね。

    アントラーズからの戦力加入をベースにしてるのは勝つことの史上命題に対する
    意識づけを期待してのことでしょうか。
    魅力あふれる柳下監督のアクションサッカーがいかに開花するかが見物ですね。
    一昨年は胃が痛くなるような我慢のサッカー、昨年は頭の痛くなるような沈んだり
    浮かんだりの破天荒サッカー、今年はもうちょっと安定した大人のサッカーを
    魅せてもらえると観客も増えると思うな。
    スタジアムでビールが飲みたくなるような・・・ね。
    クラブに対して何かしてる訳ではありませんが、危なっかしく駆け回る子供を
    ハラハラ見ながら、いつの間にか大人びた雰囲気になって行くような気分を日々
    愉しみにしています。

  • 今年もJ2残留で終えることができました。
    でも、余韻が全く違いますね。
    昨年は瀬戸際も瀬戸際、何とか土俵際で踏ん張って残留、この先どうしたものか・・・。

    一方、今年は早々に残留、もしかしたら昇格もあったんじゃないかって気分も味わえました。
    その後の反動みたいな負け負けは正直堪えましたが、柳下ツエーゲンは着実にその芽を出しています。
    加えて来年も柳下監督に続投してもらえたのが一番のご褒美かなぁと思います。

    そろそろと契約満了選手も出てますが、皆ツエーゲンを支えてくれた選手たちです。
    感謝と次の場での活躍を祈ってやみません。

    これからの移籍動向も目が離せませんね。
    レンタルの選手の行方、これから獲得に動く選手、所属選手、胃が痛いやら胸が弾むやら・・・。

    それより何より、J2クラブチームとしての根っ子が生えてくれてるんじゃないかって
    この感覚が一番の財産です。
    来年はDAZNばっかじゃなく、お外に出て観戦とビールを愉しみたいな。
    皆さん、今年もお疲れ様でした。

  • 福岡戦は敵地で雪辱しましたね。
    まさに「男子三日会わざれば刮目して見よ」と言った所でしょう。

    前回「攻撃ポイントが3点に増えた」と書きましたが、4点になりましたね。
    (佐藤)洸一、(中美)慶哉、(宮崎)幾笑、(杉浦)恭平で『4Kカルテット』ですか。
    今時のテレビみたいなネーミングだな。

    フィジカル的にも相手ブラジル人を崩して対応するあたりスタミナとあいまって
    向上していると思います。
    首位相手にここまで試合が出来ると降格回避以上の欲が出て来そうです。
    ひょっとして昇格争いも夢ではないのではないかと・・・(まだ泡沫の段階ですが)。
    この勢いをいかに持続させるかです。
    守備陣は1人獲得でしたかね、今節スタメン入りした庄司選手も期待ですが
    野田選手のコンディションが気になります。

    離脱者が少ないのが今年の良い所ですね。
    無事これ名馬です。

  • 強くなったねぇ・・・。
    守備は柳下監督のコメント通りイージーミスをなくさないとね。
    ですが、攻撃は佐藤、中美、宮崎と攻撃ポイントが3点に増えたので
    相手DFはやりくり大変だな。
    その効果は絶大で1点ビハインドから宮崎中心に2点取って逆転していく
    姿には正直シビレた。
    ここに金子・垣田の攻撃オプションも付いて杉浦が起点になるから
    前線はにわかに様になってきた。

    最初は存在感なしな感じの大橋も空回り気味の石田も伸びてきている。
    課題は多いけど、ツエーゲンもJ2並にサッカーし始めたなって。
    今日はいつになくエラソーですが、その実内心はよくぞここまでになって
    くださいました、と感涙ものです。

  • 京都戦は勝ちましたね。
    3点獲れたのが大きいかな、守備も白井選手はじめ頑張ったと思います。
    これで下位相手にボコボコ負けることがなければ降格圏内を遥か下に
    眺めることができた・・・ってのは贅沢な悩みか。
    暑さとジメジメさで失点が多い今節のJ2ですが、点が入るなら
    ツエーゲンも勝機が出て来ますね。

    問題は好調の宮崎選手に炎上中の新潟が「帰ってきてくれ」なんて言わないですよね、ね。

  • 讃岐戦は野心のあるスタメンでしたが下位争いの意地でしょうか勝てませんでした。

    山口戦は攻め込まれても相性がいい感じがしますか、何とか勝ちましたね。
    勝負を決めた宮崎選手の初得点が印象的でしたね。
    運動量の豊富さが取り柄の今の状況でよく走ってよく獲ってくれたって感じでしょうか。

    これから暑いですから総力戦が予想されますし、誰がどうって話じゃなくなると思います。
    ムラはありますが点は獲れて来ているのですし、徐々に良い方向じゃないかと・・・。

  • 松本にまたもコテンパンで名古屋に何でか勝った。
    首位争いイジメでもやってるのかしら・・・。
    大量失点でスイッチ入って覚醒したことにしておこう・・・きっとそーだ。

    とにかく2失点したことより3得点したことを喜ぼう。
    佐藤が2点で金子が1点、大槻の運動量は大したモンだが短時間で結果を出せる
    金子の得点力はイイよなぁ。
    最終ラインは榎本出せたのが今後どう影響するか。
    いろいろファクターがあってある意味観る価値あるよな、今のツエーゲン。

    今月は下にいる讃岐と山口との対戦があるからここを引き分け以上で推移したい。
    そして京都戦でまた上位イジメと・・・。
    森下サッカーは胃痛が頻発しそうだったが、柳下サッカーは頭痛が頻発しそうだ。
    果たしてどっちがいいんだろう?

  • ・・・ってなことを書いてると福岡戦はコテンパンになっちまうとか。

    マンツーマンだけに1対1負けると弱いかもなぁ。
    4バックは屈強なセンターバックがいないと撥ね返せずに苦労します。
    あとはセンターハーフの育成か。
    明らかに挌上のチーム相手には3バックの実質5バックで挑むとか、4バックと
    試合中使い分けていくとかシステム的なてこ入れもありかなぁと思わんでもない。
    そんだけ器用な選手がいるかによるけど・・・。

    今節の松本戦は怪我で抜ける選手も出てきているし苦しいでしょうが
    前節を引きずらずに臨んで勝ち負けにすべきでしょう。
    「ダラダラした試合はイラネーぞ」って感じで。

  • ここ3戦は1勝2分けと悪くない。
    プロ野球の野村克也氏は「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」と
    述べていますが、負けない試合を続けることが勝ち点稼ぎに繋がっていくのだと思います。

    早い時間に先制点を獲れているのが大きいと思います。
    ここで追加点を獲るとか効果的にカウンターを繰り出すとか試合巧者への道はまだまだです。
    足の速い選手とかいるとも少し楽なんですが、今は望めないかなと。

    次はJ1経験も豊かな福岡ですか。
    このJ2楽な対戦なんて一つもないですし一つ一つですね。
    今後暑くなってくるとシーズン前に仕込んだフィジカルの負荷次第でチームの優劣が
    変わって来ると思われます。
    アリとキリギリスみたいですね。

  • うーん勝てない、負けないゲームも出来ない。
    今節は相手が相手でしたけどね。

    漫画『イニシャルD』で主人公藤原拓海が現役プロレーサーこと舘 智幸と
    峠バトルで対戦するシーンがあります。
    舘はその時プロの壁にぶち当たってスランプ気味。
    それを見かねたのか元師匠の藤堂塾社長にアマチュアとのバトルを勧められます。
    乗り気ではない舘であったがプロレーサーとしての技術と駆け引きを駆使して
    拓海を圧倒・・・したかに見えた所で最後のアクシデントが原因で僅差で敗れる。

    敗れた舘はさばさばとした顔で

    『ついてない時はこんなもんだ。勝利の女神ってヤツがどこかにいるとしたら、
    そいつを感動させるだけの何かが今日のお前にあったって事だろう。
    プロとして高いモチベーションを保つ為には、戻るべき原点が必要なんだって。
    苦しくて迷った時、俺はどこに戻ればいいのか分かったんです』

    と言って自分に欠けていた・忘れていたものを見出してプロの世界に帰っていく。

    ツエーゲンにとって帰るべき原点とはどこだろう。
    とりあえずは昨年の入れ替え戦の心境ですかね。
    あの日勝ち獲ったものの大切さをもう一度思い出して欲しい。

    ※ただこの漫画読んでると公道でアクセル踏みたくなって危険なんだよなぁ

  • うーん、岐阜戦勝てないのは仕方ないとしても負けを引き分けに
    変える力を持たないとリーグ戦は苦しいですね。

    守備陣は1失点なら責められない。
    問題は攻撃陣、ショートカウンター対策で引かれると苦しくなりますね。
    ここの壁を打ち破っていくのが課題です。
    これから連戦や暑いシーズン突入ですので、フィジカルはどこのチームに
    しても落ちて来ます。
    そうなればスキも出て来るでしょうからやれるんじゃないかと。

    あと、徳島の馬渡選手については残念な行為でした。
    スポーツマンシップ、プロ選手である意味を再度理解し直す必要が
    あると思われます。
    サポーターも一般観客の一段上を行くマナー向上を目指すべきでしょう。

  • サッカーとは理詰めで行けばお互い点が入らない競技です。
    プレーヤーのミスや偶然がきっかけになって得点が入ってしまうみたいな。

    本日の熊本戦、グスタホの存在が気になりました。
    集中力のある勝負でその展開を打開するのは個の力、彼にはそれがあった。
    ツエーゲンも佐藤や中身が努力してましたが、ついぞ得点は獲れず大分戦同様後半押し切られてしまいました。

    試合を作る所までは来ましたが、決める所まではまだまだです。
    加えてショートカウンター戦術を読まれているきらいがありますね。
    一度控えと先発を取り替える等、『ゆらぎ』を作ってみる時期かもしれません。
    あとミドルが少ないですね、引いてる敵を引っ張り出さないと亀の甲羅を叩いてるようなものです。

    正々堂々はよいのですが、もう少し意地悪なツエーゲンをみたいですね。
    それもサッカーの醍醐味です。

  • 大分戦は柳下監督が唸った通りキビシーの一言でしたね。
    セカンドボールをことごとく獲られて最後は押し切られました。
    後半早々中美のワンチャンスが決められれば展開は変わってましたけど、それを言うのは酷ですかね。
    そんなチームならトップ争いやってますか。
    30度を超える暑さも災いしたかな。

    2連勝して気が抜けなかったとは言い切れないでしょうし、ここで気を入れ直して次節に向かって欲しいですね。
    一本調子からの脱却を先ずは意図してやれればもう少しゲームが楽になると思います。

  • 前節に期待した通りのパフォーマンスを維持して2連勝です。
    危ないシーンもありましたが、フィジカルとボール奪取即攻撃の戦術で押し切りましたね。
    廣井のゴールシーンがまさにそれでした。

    こうなって来るとこれからタイトな日程や暑い時期に備えてのパフォーマンス維持が気になってきますね。
    ベンチ内外のメンバーにも出番が回ってくること必定です。
    楽して勝てる方法はないでしょうけど、チームマネジメントを意識した次節以降になると思われます。

    それより何より、観戦していて胃がキリキリしないレベルまでツエーゲンのサッカーが向上してきているのが嬉しいです。
    ホームで美味いビールが飲める試合だと観客も増えそうかな・・・なんて。
    暑い時期を迎えるにあたってそれが愉しみです。

  • 初勝利ゲットしました。

    前半のモタツキは柳下監督の言の通りですね。
    あわやのシーンも白井が好セーブ、ここで失点がなかったのが幸いして
    後半の勝利につながりました。

    今節は全体的にツエーゲンの選手の方がフィジカルで上回っていました。
    今年に入ってフィジカルトレーニングの成果が出て来ていると思います。
    足が止まらない、当たり負けしない、あとはクレバーな試合運びがあれば
    安心して観てられるようになりますかね。
    先取点は焦りから来るルーズボールを中美選手が見事決めてくれましたが
    セットプレーや展開で先取点を奪えるようになれば上位進出もあり得ます。

    思ってたよりシーズン早めで形が整ってきましたね。
    次節以降が楽しみになってきました。

  • 町田戦は『危険な2点差』を目の当たりにした試合でしたね。
    谷澤・中島・イハンジェと実績のある選手を擁する町田の前半戦は実に圧巻でした。
    コレが諸刃の刃と言いますか、彼らがスタミナ的に衰えだした後半はツエーゲンが圧倒。

    佐藤のミドルから得点の匂いがし出しました。
    杉浦の供給から佐藤のゴールまで展開の中でゴールできたその価値は大きいです。
    中美の初ゴールも左サイドから抜け出してキレイに決まりました。
    あとのシュートシーンは高原のセーブに阻まれましたが、次はこの殻を破って勝ちたいですね。

    徐々に良くなって来ていると思います。
    あとは悪い展開時のリスク管理ですが、ここが踏ん張れれば勝てるって内容でしたし
    ここは山崎とか秋葉の出番かなと思います。
    柳下監督も札幌時代砂川誠のような軸がいる時は機能してましたし、ベテランの起用が
    前半戦の鍵を握ると思います。

  • 湘南戦はホーム開幕とあって気合の入った一戦となりましたね。
    惜しいシーンもありましたが白井のファインセーブに助けられた場面もありましたし
    連勝中の相手に引き分けは上々でしょう。

    システムは3-4-2-1でテコ入れしてきました。
    前二戦はサイドをえぐられていたのでここの点は修正できました。
    攻撃面ではサイドからの崩し一辺倒ってのは気になりました。
    も少しミドルレンジとか繰り出せればバリエーションが増えると思います。

    勝ち点1を得ましたし、次こそ得点、そして勝利を得たいですね。

  • 今節は中美が出場して何か変わるかなぁと思いましたが額面通りの負け負けでした。
    相手FWにある程度の決定力さえあれば愛媛戦もこんなものでしたから驚きはありませんね。

    柳下監督におかれては札幌時代もこんな感じだったと思うので、あまり悲観しておりません。
    J2残留云々はともかく、クラブとしての基礎を疎かにしてきたツケなのでここで小手先に
    走るようなことをしてもジリ貧になるだけです。
    ベンチに秋葉が入ってきているのでそこらへんのポジションをいじってどうなるかでしょう。
    あとは4バックのサイド守備ですかね、押し込まれ過ぎでしょう。
    公式戦の経験が少ない選手もいるので、もう少し節が進めばこなれると思います。

    タイトル同様「しなしなーと」ですな。

  • 今節は得点差以上の完敗ですね。

    白井のパスミスはチョンボですが、その後のファインセーブでチャラでしょう。
    佐藤が孤立、大槻は動いてるけどどっちらけ。
    両サイドは押し込まれ過ぎ、セカンドボールとられ過ぎ、FK下手過ぎ、
    ゲームマネジメントなさ過ぎ、その辺の処は秋葉や山崎の領域か・・・。
    現時点ではJ2生活が長い愛媛にクラブとして上回れました。

    現在位置を知るよい機会だったと思います、それが唯一の収穫だな。
    あとdaznダメ過ぎ、止まりっ放しだよ、もう。
    次はもチョット足掻いてみてくれ。

  • <<
  • 29 10
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ