ここから本文です
ダイワ・US-REIT(毎月決算)B為替H無 - 株価チャート

3,010

-68(-2.21%)
  • 前日終値
    3,078(06/15)
  • 始値
    ---(09:00)
  • 高値
    ---(09:00)
  • 安値
    ---(09:00)
  • <<
  • 795 776
  • >>
  • 795(最新)

    YASUBŌ 6月18日 10:30

    <この度の大地震に際し、大阪府および近郊の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。>

    2018/6/18

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,079円 → 基準価額 3,078円  差異 ▲1円

    ■ 判定:→○(レンジ内に収まり、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:23.39 %(前日比 ▲0.29 %↓)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):16,951.38(前日比 ▲20.36)(▲0.12 %)

    □ USD/JPY(仲値):110.57円(前日比 ▲0.11円)(円高)米中貿易摩擦エスカレート!

    □ 今日の予測(目安):3,011円(前日比 ▲67円)但し決算日の分配金落ち(▲60円)含む

    □ (参考)米長期金利:2.9240 %(前日比 ▲0.0220↓)(▲0.75 %)

    ・今日の予測レンジ(▲67円)今日は決算日!減配なし(60円)想定での算出

    <市場概況>
    先週末の欧米タイムでは米国が中国に1000億ドル規模の追加関税のリストを計画中との
    報道が嫌気されドル円は一時110.38円まで下落後、米・6月NY連銀製造業景気指数が
    予想を上回るも、トランプ政権が500億ドル規模の中国製品に7/6から25 %の輸入関税を
    かけるとの正式な発表に対し、すぐさま中国も7/6から同規模の報復関税措置を表明して
    米中貿易戦争の本格突入が現実味を帯びてきました。ドル円は110.41円へ反落後、良好な
    米・6月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値を好感し再び上昇し110.66円で引けました。

  • 今週分(6/11~6/15)「予測と結果」の総括

    項目:左から順次 日付→予測→結果→差異→判定
    6/11(月) 3,063円(▲ 2円) 3,065円(± 0円) + 2円  ○
    6/12(火) 3,088円(+23円) 3,080円(+15円) ▲ 8円  △
    6/13(水) 3,103円(+23円) 3,098円(+18円) ▲ 5円  △
    6/14(木) 3,033円(▲65円) 3,040円(▲58円) + 7円  △
    6/15(金) 3,079円(+39円) 3,078円(+38円) ▲ 1円  ○

    今週の基準価額の週足は+13円。米欧日の金融政策の週でしたが、何とか3,000円台を維持

    *判定 ◎ 大当たり(ドンピシャ)
        ○ ±3円以内(近似値)
        △ ±9円以内(1桁以内)
        × ±10円以上(2桁以上)

  • 2018/6/15

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,033円 → 基準価額 3,040円  差異 +7円

    ■ 判定:→△(目安の▲60円台から▲50円台へ!何故かホットとしている自分がいます)

    ■(参考)分配金利回り:23.68 %(前日比 +0.44 %↑)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):16,971.74(前日比 +159.30)(+0.95 %)

    □ USD/JPY(仲値):110.68円(前日比 +0.35円)(円安)

    □ 今日の予測(目安):3,079円(前日比 +39円)ちょっと強気かもしれませんが?

    □ (参考)米長期金利:2.9460 %(前日比 ▲0.0310↓)(▲1.04 %)

    ・今日の予測レンジ(+34~39円)相場格言に“三分の二戻しは全値戻し”なんちゃて!

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは海外市場の流れを引き継ぎ、早朝からポジション調整の売りが先行し、
    110.09円まで下押し後、NYダウ下落に日経平均が連れ安となり、また、日銀のオペ減額も
    あり、LDNタイム入りに一時109.92円へ下落しました。しかし、米・5月米小売売上高や
    米・新規失業保険申請件数の良好な結果を受け、また、ECB理事会後のドラギ総裁会見で
    利上げは少なくとも2019年夏以降になると低金利の公約でユーロは急落し、対ユーロでの
    ドル買いが加速し、ドル円は110.06円から110.69円まで上昇し110.63円で引けました。

  • 2018/6/14

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,103円 → 基準価額 3,098円  差異 ▲5円

    ■ 判定:→△(レンジ内のMAXで挑戦するも、今回も+20円に届かず!残念!)

    ■(参考)分配金利回り:23.24 %(前日比 ▲0.14 %↓)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):16,812.44(前日比 ▲338.01)(▲1.97 %)今朝、唖然としました!

    □ USD/JPY(仲値):110.33円(前日比 ▲0.15円)(円高)またもやトランプ絡みか!

    □ 今日の予測(目安):3,033円(前日比 ▲65円)今日は決算日でもないのに!

    □ (参考)米長期金利:2.9770 %(前日比 +0.0200↑)(+0.68 %)

    ・今日の予測レンジ(▲62~▲66円)せっかくの上げ調子が台無しに!(怒) (泣)

    <市場概況>
    昨夜のNY市場は米・5月生産者物価指数が予想以上に上昇したほか、FOMCで予想通り
    0.25%の利上げが決定し、利上げ見通しも年4回に引き上げられ、利上げペース加速観測で
    110.40円台で膠着していたドル円は一時110.84円まで急伸しましたが、しかし、その後、
    WSJ紙で米国が中国に対する輸入関税品目を金曜日に公表予定と報道が伝わるとドル円は
    一転して対中国輸入関税への警戒感から当日安値の110.27円まで急反落して往って来いの
    展開となり110.34円で引けましたが、今朝方もドル円は一時110.09円まで下落しました。

  • 2018/6/13

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,088円 → 基準価額 3,080円  差異 ▲8円

    ■ 判定:→△(ホテル・レジャーセクターの下落が目立ち、ベンチマークから外れた要因か?)

    ■(参考)分配金利回り:23.38 %(前日比 ▲0.11 %↓)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):17,150.45(前日比 +108.33)(+0.64 %)

    □ USD/JPY(仲値):110.48円(前日比 +0.12円)(円安)

    □ 今日の予測(目安):3,103円(前日比 +23円)昨日の目安に再挑戦! (笑)

    □ (参考)米長期金利:2.9570 %(前日比 ±0.0000↑↓)(±0.00 %)

    ・今日の予測レンジ(+20~23円)今日こそ、ベンチマーク通り何とか+20円台を!

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは米朝首脳会談成功への期待でドル円は一時110.49円へ上昇しましたが、
    日経平均が一時マイナス圏に沈むなど神経質な動きや米長期金利の低下で一時110.12円へ
    下落後、米朝関係懸念が後退すると再び110.43円付近まで反発するも東京タイム終盤から
    LDNタイム入りには110円台前半での推移となりました。米・5月消費者物価指数は予想
    通りでしたが、パウエルFRB議長が毎回のFOMC後に記者会見を行うとの報道が入ると
    利上げペース加速の思惑も強まり、ドル円は110.49円まで上昇し110.37円で引けました。

    (参考)現在のDJRのチャートです。(見にくい時はチャートのクリックで拡大を!)
    代表的なリート指数“DJR”のチャートも、なかなか良い感じで推移しています!

    04312047 - ダイワ・US-REIT(毎月決算)B為替H無 2018/6/13  ■ 前日の予測と結果:予測 3,088円 → 基準価額 3,080円

  • 2018/6/12

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,063円 → 基準価額 3,065円  差異 +2円

    ■ 判定:→○(±0円へ上振れ、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:23.49 %(前日比 ±0.00 %↑↓)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):17,042.12(前日比 ▲22.46)(▲0.13 %)

    □ USD/JPY(仲値):110.36円(前日比 +0.95円)(円安)米朝首脳会談への期待感!

    □ 今日の予測(目安):3,088円(前日比 +23円)ドル円 引値より+9円位アップ?

    □ (参考)米長期金利:2.9570 %(前日比 +0.0200↑)(+0.68 %)

    ・今日の予測レンジ(22円 or 23円)今日は素直に為替救済の恩恵にあずかりましょう(笑)

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは週末に開催されたG7サミットで米国と他の参加国との対立が鮮明と
    なった通商問題を背景に、ドル円は109.31円まで下落後、日経平均がプラス圏へ浮上し、
    LDNタイム入りにはクロス円の上昇も続き一段高となり一時110.06円へ上昇し、その後、
    英経済指標の軒並み弱い結果を嫌気したポンド売りに押され伸び悩みました。NYタイムは
    午前に実施された3年債入札と同様、午後での10年債入札も好調で需要は強かった事や、
    米長期金利が2.968 %まで上昇し、ドル円は110.12円まで上昇し110.05円で引けました。

  • 2018/6/11

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,068円 → 基準価額 3,065円  差異 ▲3円

    ■ 判定:→○(下振れましたが、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:23.49 %(前日比 +0.09 %↑)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):17,064.58(前日比 +57.97)(+0.34 %)

    □ USD/JPY(仲値):109.41円(前日比 ▲0.46円)(円高)

    □ 今日の予測(目安):3,063円(前日比 ▲2円)週末終値では+1,2円の予定が...(涙)

    □ (参考)米長期金利:2.9370 %(前日比 +0.0040↑)(+0.14 %)

    ・今日の予測レンジ(▲2円)トランプ親父がG7サミット首脳宣言を拒否した影響か?

    <市場概況>
    先週末の東京タイムでのドル円は朝方に109.61円まで下落し、実質ゴトー日での国内勢の
    ドル買いで109.85円まで強含みましたが、G7サミットを控えて様子見ムードが広がる中、
    日経平均が3桁安で引け後、LDNタイム入りには欧州株の全面安や、米株式先物の軟調な
    地合を受け、米長期金利も2.88 %台まで低下し109.20円まで下落しました。NYタイムは
    米主要株式3指数がプラスで引けるも、G7サミットや米朝首脳会談への懸念がくすぶり、
    ドル円は伸び悩み一時109.60円まで上昇後、109.34円まで下落し109.55円で引けました。

  • 今週分(6/4~6/8)「予測と結果」の総括

    項目:左から順次 日付→予測→結果→差異→判定
    6/04(月) 3,044円(+33円) 3,044円(+33円) ± 0円  ◎
    6/05(火) 3,079円(+35円) 3,080円(+36円) + 1円  ○
    6/06(水) 3,065円(▲15円) 3,062円(▲18円) ▲ 3円  ○
    6/07(木) 3,079円(+17円) 3,077円(+15円) ▲ 2円  ○
    6/08(金) 3,068円(▲ 9円) 3,065円(▲12円) ▲ 3円  ○

    今週の基準価額の週足は+54円。ここ3週間で基準価額は+122円の上昇となりました

    *判定 ◎ 大当たり(ドンピシャ)
        ○ ±3円以内(近似値)
        △ ±9円以内(1桁以内)
        × ±10円以上(2桁以上)

  • 2018/6/8

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,079円 → 基準価額 3,077円  差異 ▲2円

    ■ 判定:→○(残念ながら下振れ、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:23.40 %(前日比 ▲0.11 %↓)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):17,006.61(前日比 ▲5.86)(▲0.03 %)

    □ USD/JPY(仲値):109.87円(前日比 ▲0.29円)(円高)今日は実質のゴトー日

    □ 今日の予測(目安):3,068円(前日比 ▲9円)

    □ (参考)米長期金利:2.9330 %(前日比 ▲0.0420↓)(▲1.41 %)

    ・今日の予測レンジ(▲9円 or ▲10円)G7サミットでトランプ親父の強硬路線が炸裂?

    <市場概況>
    昨日の東京タイムでは時間外での米長期金利が2.98 %台へ上昇すると、ドル円は110.22円
    まで上昇しましたが、買い一巡後には利益確定売りが優勢となり一転して、109.87円まで
    失速しました。LDNタイム入りでもECBの出口戦略への思惑からユーロ主導のドル安を
    受けて109.84円へ下値を広げるも下げ渋り、109.90円台で推移しました。NYタイムでは
    トランプ大統領が米朝首脳会談では北朝鮮の核プログラム放棄が合意の条件と述べた事で、
    地政学リスクが警戒され、ドル円は当日安値の109.48円へ反落し109.70円で引けました。

  • 2018/6/7

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,065円 → 基準価額 3,062円  差異 ▲3円

    ■ 判定:→○(下振れましたが、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:23.51 %(前日比 +0.13 %↑)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):17,012.47(前日比 +45.46)(+0.27 %)

    □ USD/JPY(仲値):110.16円(前日比 +0.33円)(円安)

    □ 今日の予測(目安):3,079円(前日比 +17円)

    □ (参考)米長期金利:2.9750 %(前日比 +0.0560↑)(+1.92 %)

    ・今日の予測レンジ(+17円)昨日の下落分まであと1円上振れて欲しいですが (笑)

    <市場概況>
    昨日の東京タイムの午後には日経平均が一時3桁を超える上げ幅を見せた事で、ドル円は
    一時109.97円までじり高となりました。LDNタイムではドル円は110円を上抜けると、
    NYダウ先物の上昇や米長期金利が2.96 %台へ上昇した事で110.23円まで上昇しました。
    米・4月貿易収支での赤字は予想外に縮小し、米主要株式3指数が堅調スタートしたNY勢
    参入後はドル円の利食い売り意欲で109.89円へ弱含んだ後、NYダウが340ドル超高まで
    上昇した事や日経先物の反発を受けドル円は110.27円まで上昇し110.18円で引けました。

  • 2018/6/6

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,079円 → 基準価額 3,080円  差異 +1円

    ■ 判定:→○(上振れましたが、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:23.38 %(前日比 ▲0.27 %↓)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):16,967.01(前日比 ▲69.32)(▲0.41 %)

    □ USD/JPY(仲値):109.83円(前日比 ▲0.09円)(円高)

    □ 今日の予測(目安):3,065円(前日比 ▲15円)

    □ (参考)米長期金利:2.9190 %(前日比 ▲0.0180↓)(▲0.61 %)

    ・今日の予測レンジ(▲15円)リート指数もドル円も一時はチャンスがあったのですが

    <市場概況>
    昨日の東京タイム午後にドル円は110.00円にワンタッチしましたが、厚い売りオーダーに
    上値を抑えられ失速し、その後、米長期金利の低下もあり一時109.73円まで下落しました。
    欧州勢はドル売りで参入し、米長期金利の低下を背景にドル円は僅かながら109.60円まで
    下値を広げ上値が重くなりました。NYタイムでは米・5月ISM非製造業総合景況指数や
    米・4月JOLT求人件数が予想を上回ったことを受け、ドル円は一時109.90円まで上昇後、
    NYダウの下落や米長期金利の低下を背景に109.47円まで反落し109.78円で引けました。

  • 2018/6/5

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,044円 → 基準価額 3,044円  差異 ±0円

    ■ 判定:→◎(一点狙いでの大当たり、ドンピシャなので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:23.65 %(前日比 ▲0.26 %↓)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):17,036.33(前日比 +153.20)(+0.91 %)1/9以来の17,000台

    □ USD/JPY(仲値):109.92円(前日比 +0.26円)(円安)ゴトー日(5・10日)

    □ 今日の予測(目安):3,079円(前日比 +35円)

    □ (参考)米長期金利:2.9370 %(前日比 +0.0420↑)(+1.45 %)

    ・今日の予測レンジ(34円 or 35円)昨日を上回る目安となりましたが、如何に???

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは日経平均が堅調に推移し、ドル円は先週末に抜ける事が出来なかった
    109.73円を超えて一時109.77円まで上値を広げ、109.60円台での値動きに終始しました。
    欧米タイムは伊連立政権発足でのEU離脱に向かう動きはひとまず回避されたことを好感
    したユーロの買い戻しでのドル売りが先行し、ドル円は一時109.37円へ値を下げましたが、
    NYタイムの午後には米主要株式3指数も堅調推移し、米長期金利の2.94 %台への上昇も
    後押しとなり、ドル円は当日高値を上抜けて109.85円まで上昇し109.81円で引けました。

  • 2018/6/4

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,014円 → 基準価額 3,011円  差異 ▲3円

    ■ 判定:→○(レンジ内に収まり、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:23.91 %(前日比 +0.04 %↑)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):16,883.13(前日比 +71.86)(+0.43 %)

    □ USD/JPY(仲値):109.66円(前日比 +0.72円)(円安)

    □ 今日の予測(目安):3,044円(前日比 +33円)

    □ (参考)米長期金利:2.8950 %(前日比 +0.0730↑)(+2.59 %)

    ・今日の予測レンジ(+33円)米・雇用統計が貿易戦争・南欧政局を飲み込んで一服中?

    <市場概況>
    先週末の東京タイムでのドル円は日銀の買いオペに伴う円買いで、午前中に108.72円まで
    弱含みましたが、109.24円まで切り返しました。欧米タイムに入っても欧州株が全面高、
    米株式先物もプラス圏で推移し、注目された米・雇用統計は軒並み予想を上待った結果と
    なった事で、ドル円は109.73円まで上昇し当日高値を更新しました。その後は米通商問題
    懸念が再燃している事もドル円の上値を圧迫し、米長期金利の上昇幅の縮小や戻り売りに
    押され110円台を試す動きには至らず、109円半ばに押し戻され109.53円で引けました。

  • 2018/6/2

    【号外】~ 週明けは良好な米・雇用統計を背景に、好スタートが切れそうです ~

    USD/JPY(週末終値)時点での予測(目安)
    (週末終値での試算ですので6/4(月)の仲値で基準価額の予測(目安)は変わります)
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):16,883.13(前日比 +71.86)(+0.43 %)

    □ USD/JPY(週末終値):109.53円(前日比 +0.59円)(円安)

    □現時点(週末終値)での予測(目安):3,040円(前日比 +29円)

    □ (参考)米長期金利:2.8950 %(前日比 +0.0730↑)(+2.59 %)

    ・今日の予測レンジ(+29円)強い米・雇用統計を受け、先ず先ずのスタートか?

    <参考:リート指数(DJR)状況>
    現在のDJR(日足)のチャートです。(見にくい時はチャートのクリックで拡大を!)
    ファンダメンタルズ次第でしょうが、チャートも大分いい感じになってきました!
    ・各移動平均線が抵抗線となってくれれば良いのですが... (願)
    ・もしかしてゴールデン・クロスしている?(ダマシじゃないと良いのですが...)(祈)

    04312047 - ダイワ・US-REIT(毎月決算)B為替H無 2018/6/2  【号外】~ 週明けは良好な米・雇用統計を背景に、好スタートが切れそうです ~

  • 今週分(5/28~6/1)「予測と結果」の総括

    項目:左から順次 日付→予測→結果→差異→判定
    5/28(月) 2,986円(+12円) 2,982円(+ 8円) ▲ 4円  △
    5/29(火) 2,974円(▲ 8円) 2,974円(▲ 8円) ± 0円  ◎
    5/30(水) 2,964円(▲10円) 2,965円(▲ 9円) + 1円  ○
    5/31(木) 3,014円(+49円) 3,016円(+51円) + 2円  ○
    6/01(金) 3,014円(▲ 2円) 3,011円(▲ 5円) ▲ 3円  ○

    今週の基準価額の週足は+37円。何とか基準価額3,000円台、分配金利回り23 %台キープ中!

    *判定 ◎ 大当たり(ドンピシャ)
        ○ ±3円以内(近似値)
        △ ±9円以内(1桁以内)
        × ±10円以上(2桁以上)

  • 2018/6/1

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,014円 → 基準価額 3,016円  差異 +2円

    ■ 判定:→○(上振れましたが、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:23.87 %(前日比 ▲0.41 %↓)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):16,811.27(前日比 ▲47.57)(▲0.28 %)

    □ USD/JPY(仲値):108.94円(前日比 +0.24円)(円安)国内輸入企業の円売りドル買い

    □ 今日の予測(目安):3,014円(前日比 ▲2円)仲値の右寄り決済で大分救われました

    □ (参考)米長期金利:2.8220 %(前日比 ▲0.0200↓)(▲0.70 %)

    ・今日の予測レンジ(▲2~▲5円)本日はスペイン首相の不信任決議案の採決予定日です

    <市場概況>
    昨日のNYタイムで、まちまちな経済指標が発表された後、トランプ政権が一時的に適用を
    除外してきたEU、カナダ、メキシコに鉄鋼・アルミ関税を6/1から発動との発表を受け、
    EUなどは対抗措置を導入する方針を表明し、貿易戦争への懸念からNYダウは250ドル
    超安まで反落し、米長期金利も2.82 %割れまで低下し、LDNタイムに一時109.00円まで
    上昇したドル円は108.55円近辺から108.39円へ弱含んだ後、米長期金利の低下が一服し、
    伊政治不安の後退もあり、方向感は限られ108円後半で揉み合い108.82円で引けました。

  • 2018/5/31

    ■ 前日の予測と結果:予測 2,964円 → 基準価額 2,965円  差異 +1円

    ■ 判定:→○(気分的に▲1桁台へ!差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:24.28 %(前日比 +0.07 %↑)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):16,858.84(前日比 +229.52)(+1.38 %)

    □ USD/JPY(仲値):108.70円(前日比 +0.29円)(円安)円安も引値より▲0.21円

    □ 今日の予測(目安):3,014円(前日比 +49円)3,000円台の再奪還?

    □ (参考)米長期金利:2.8420 %(前日比 +0.0740↑)(+2.67 %)

    ・今日の予測レンジ(+47~49円)北朝鮮の寧辺核施設が稼働していると一部報道あり!

    <市場概況>
    昨日の東京タイムでのドル円は日経平均や米長期金利に振らされ、108.35円まで下落後、
    マッタレッラ伊大統領が真夏の再選挙の実施は避けたいとの発言によりユーロ円が買われ
    108.88円まで反発しました。欧米タイムでは米国の5月ADP雇用統計が予想を下回り、
    1-3月期GDP改定値も下方修正でドル売りが先行するも五つ星運動がパオロ・サボナ氏の
    財務相指名の取りやめを提案との報道もあり、ユーロ買いが再燃しドル円は一時109.07円
    まで連れ高となり、ベージュブックの強弱への反応は限定的であり108.91円で引けました。

  • 2018/5/30

    ■ 前日の予測と結果:予測 2,974円 → 基準価額 2,974円  差異 ±0円

    ■ 判定:→◎(為替の影響分だけですが、ドンピシャなので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:24.21 %(前日比 +0.07 %↑)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):16,629.45(前日比 +70.49)(+0.43 %)

    □ USD/JPY(仲値):108.41円(前日比 ▲0.84円)(円高)仲値で7連日の円高!

    □ 今日の予測(目安):2,964円(前日比 ▲10円)引値では±0前後の予定が...(涙)

    □ (参考)米長期金利:2.7680 %(前日比 ▲0.1630↓)(▲5.56 %)

    ・今日の予測レンジ(▲10円)南欧での政局不安が拡大・長期化しないと良いのですが?

    <市場概況>
    昨日の東京タイムでイタリアやスペインの政治情勢への懸念からユーロドルとユーロ円の
    売りが続き、ドル円は夕方にかけ午前の安値108.92円を下抜けて108.71円まで弱含み、
    LDNタイム入りに米長期金利が2.80 %台に落ち込んだ事もあり、一時108.44円まで下落
    しました。NYタイムに入ると米長期金利が2.88%台まで上昇した事で一時109.11円まで
    戻す場面もありましたが、伊政局の混乱を嫌気したNYダウの一時500ドル超安の暴落や
    米長期金利の2.75 %台まで低下でドル円は108.12円まで下落後、108.77円で引けました。

  • 2018/5/29

    ■ 前日の予測と結果:予測 2,986円 → 基準価額 2,982円  差異 ▲4円

    ■ 判定:→△(下振れて1桁台のプラス!直近2日分のマイナスを取り戻しチャラですネ)

    ■(参考)分配金利回り:24.14 %(前日比 ▲0.07 %↓)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):16,558.83(前日比 ±0.00)(±0.00 %)*前日同値(米国休日)

    □ USD/JPY(仲値):109.25円(前日比 ▲0.28円)(円高)時間外米長期金利が2.89 %!

    □ 今日の予測(目安):2,974円(前日比 ▲8円)米国が休場のため為替の影響分です

    □ (参考)米長期金利:2.9310 %(前日比 ±0.0000)(±0.00 %)*前日同値(米国休日)

    ・今日の予測レンジ(▲8円)米国休場で米長期金利が時間外でギャップを作りスタート!

    <市場概況>
    週末から強まった米朝首脳会談の開催期待を背景に週明けのオセアニアタイムでドル円は
    109.83円へ上昇するも、東京タイムではトランプ政権の自動車輸入関税への警戒感などを
    背景に仲値近辺から上値が重くなり一時109.32円へ下落後、クロス円の上昇とドル売りに
    挟まれ109.40円前後で揉み合いとなりました。英米が休場で閑散取引のなか、欧州市場は
    イタリアやスペインの政治不安で欧州通貨が売られ、円が避難通貨として買われ、ドル円は
    109.24円まで当日安値を更新し、109.40円前後で膠着相場が続き109.42円で引けました。

  • 2018/5/28

    ■ 前日の予測と結果:予測 2,969円 → 基準価額 2,974円  差異 +5円

    ■ 判定:→△(2桁台のマイナス予定が1桁台へ!しかも目安の半分で済みました)

    ■(参考)分配金利回り:24.21 %(前日比 +0.04 %↑)減配の目安:25.918 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):16,558.83(前日比 +73.89)(+0.45 %)

    □ USD/JPY(仲値):109.53円(前日比 ▲0.05円)(円高)通過時に上値が重くなりました!

    □ 今日の予測(目安):2,986円(前日比 +12円)

    □ (参考)米長期金利:2.9310 %(前日比 ▲0.0500↓)(▲1.68 %)

    ・今日の予測レンジ(11円 or 12円)今週もトランプおっさんの動向次第でしょうか?

    <市場概況>
    先週末の東京タイムは北朝鮮がいつでも会談に応じる姿勢を示した事で、また、NY市場の
    3連休を控えたゴトー日でもあり、ドル円は一時109.74円へ上昇しました。LDNタイムは
    米長期金利が2.95 %台に低下し、ドル円は109.40円台を中心に方向感のない動きでした。
    NYタイムでは序盤こそ一時109.12円まで下落ししたものの、トランプ米大統領が6/12の
    米朝首脳会談の可能性が残されていると発言した事でドル円は109円半ばへ戻しましたが、
    欧州の政局不安によるクロス円での円買い意欲で上値を抑えられ109.38円で引けました。

  • <<
  • 795 776
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順