ここから本文です
ダイワ・US-REIT(毎月決算)B為替H無 - 株価チャート

3,036

-3(-0.10%)
  • 前日終値
    3,039(12/10)
  • 始値
    ---(09:00)
  • 高値
    ---(09:00)
  • 安値
    ---(09:00)
  • <<
  • 42 23
  • >>
  • 42(最新)

    YASUBŌ 12月11日 10:30

    2018/12/11

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,035円 → 基準価額 3,039円  差異 +4円

    ■ 判定:→△(お仲間の米リートの騰落率で比較すると健闘した方かもしれません)

    ■(参考)分配金利回り:15.79 %(前日比 +0.22 %↑)減配の目安:23,033 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):17,958.47(前日比 ▲107.37)(▲0.59 %)

    □ USD/JPY(仲値):113.11円(前日比 +0.59円)(円安)対 引値で▲0.23円でした!

    □ 今日の予測(目安):3,037円(前日比 ▲2円)

    □ (参考)米長期金利:2.8560 %(前日比 +0.0060↑)(+0.21 %)

    ・今日の予測レンジ(▲2円)仲値でのドル買いもなく、目安も+4円→▲2円へ (涙)

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは日経平均の下落や米長期金利の低下を手掛かりにドル円は112.24円へ
    反落後、時間外のダウ平均先物が下げ幅を縮め、米長期金利も上昇しLDNタイム入りには
    112.60円台へ切り返し、英議会でEU離脱案採決を翌日に控えたポンド売りをきっかけに
    ドル買いが優勢気味となりドル円は一時112.75円まで上昇しました。NYタイムに入ると、
    米・10月JOLT求人件数が高水準を維持し、一時507ドル安のNYダウがプラス圏を回復
    すると米長期金利が再上昇し、ドル円は一時113.37円まで反発し113.34円で引けました。

  • 2018/12/10

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,083円 → 基準価額 3,083円  差異 ±0円

    ■ 判定:→◎(レンジMAXでした!ドンピシャなので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:15.57 %(前日比 ▲0.38 %↓)減配の目安:23,033 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):18,065.84(前日比 ▲240.04)(▲1.31 %)

    □ USD/JPY(仲値):112.52円(前日比 ▲0.27円)(円高)ゴトー日も...

    □ 今日の予測(目安):3,035円(前日比 ▲48円)せっかくの週末の上昇分が...

    □ (参考)米長期金利:2.8500 %(前日比 ▲0.0260↓)(▲0.90 %)

    ・今日の予測レンジ(▲45~▲48円)米・中関係の悪化への懸念は消えそうにありません!

    <市場概況>
    2018/12/8【号外(悲報)】へ記載済みですので、そちらの方を参照願います。
    (紙面の都合で内容が記載出来なかった主な米経済指標)
    ・米・11月非農業部門雇用者数:+15.5万人予想:+19.8万人、10月:+23.7万←+25.0万)
    ・米・11月平均時給:前月比+0.2 %(予想:+0.3 %、10月:+0.1 %←+0.2 %)
    ・米・11月失業率:3.7 %(予想:3.7 %、10月:3.7 %)
    ・米・12月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値:97.5(予想:97.0、11月:97.5)
    ・米・12月ミシガン大学1年期待インフレ率速報値:2.7 %(11月:2.8 %)
    ・米・12月ミシガン大学5−10年期待インフレ率速報値:2.4 %(11月:2.6 %)
    ・米・10月卸売在庫改定値:前月比+0.8 %(予想:+0.7 %、速報値:+0.7 %)
    ・米・10月卸売売上高改定値:前月比-0.2 %(速報値:+0.1 %←+0.2 %)

  • >>39

    どーもです。fjordさん!お久でした!

    トータルリターンでのプラスおめでとうございます。
    私の方も、長期継続の保有で投資額は違うと思いますが、何とかトータルリターンでは
    昨日現在でfjordさんに負けじとfjordさんの25.5%↑位です(元手が掛かっていますが)(笑)
    今年最後の決算日も密かに満額の普通分配金を狙っております。(笑)

    ところで、このトピの件ですが、ここはYahoo!ファイナンスのトピなので大丈夫では?
    (チャート付きのものは、ここのトピも含めて元々「株式」のカテゴリですので)
    textreamは今年12月末日をもって「株式」「FX、為替」カテゴリを残してと書いてあり
    「株式」「FX、為替」カテゴリがYahoo!ファイナンス移管されると思っておりましたが?
    いづれにしても、年が明ければわかる事ですネ!fjordさんも良いお年をお迎えください!

  • >>38

    YASUBŌさん お久しぶりです♪

    2月に一旦この投信抜けてその後買いなおして今現在ここだけでもトータルリターン+500,206です(^^)

    で。今月でこのトピは無くなりますがYASUBŌさんのコメントは大変有益ですので
    IDをお気に入りに入れさせていただきました!

    来年どこかで投稿されてたら有り難いです!

    個人的にはイギリスEU離脱の来年3月29日までは株式はほぼデイトレのスタンスです!
    宵越しの銭は持たない方針(笑)

    年内はここには投稿しませんのでどうぞ良いお年を~

  • 2018/12/8

    【号外(悲報)】昨日の今日ですが... ~ 週明けはリバウンドでしょうか? ~

    USD/JPY(週末終値)時点での予測(目安)
    (12/7終値での試算ですので12/10(月)の公示仲値で基準価額の予測(目安)は変わります)
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):18,065.84(前日比 ▲240.04)(▲1.31 %)

    □ USD/JPY(週末終値):112.69円(前日比 ▲0.10円)(円高)

    □現時点(週末終値)での予測(目安):3,040円(前日比 ▲43円)

    □ (参考)米長期金利:2.8500 %(前日比▲0.0260↓)(▲0.90 %)

    ・終値での予測レンジ(▲40~▲43円)昨日の上昇分の半値強を持って行かれそうです(涙)

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは日経平均株価の上下への反応も乏しく、ドル円は仲値にかけた上昇も
    続きませんでしたが、後場の日経平均株価が底堅く推移するなか、一時112.93円まで上昇
    しました。欧州勢参入後は米雇用統計を前に様子見ムードの中、ドル円は112.80円を挟み
    小動きでしたが、非農業部門雇用者数や平均時給が予想を下回り112.62円へ下落後、一時
    ダウ先物が持ち直し112.91円まで上昇するも、NYダウが一時660ドル超え下落した事も
    あり、米長期金利の再低下も重しとなり一時112.56円まで下落し112.69円で引けました。

    ※ 尚、12/10の確定予測(目安)は当日の公示仲値後にアップデートを予定しております。

  • YASUBŌ 様 
    以前、同じような質問をしまして解ったつもりでしたが、この頃、米国ハイ・イールド債券ファンド(ブラジルレアルコース)が急落してるのを観て不安になりました。
    お手数お掛けしまた、誠に有り難うご座いました。

  • 今週分(12/3~12/7)「予測と結果」の総括

    項目:左から順次 日付→予測→結果→差異→判定
    12/03(月) 3,050円(+33円) 3,051円(+34円) + 1円  ○
    12/04(火) 3,064円(+13円) 3,071円(+20円) + 7円  △
    12/05(水) 3,008円(▲63円) 3,008円(▲63円) ± 0円  ◎
    12/06(木) 3,010円(+ 2円) 3,009円(+ 1円) ▲ 1円  ○
    12/07(金) 3,083円(+74円) 3,083円(+74円) ± 0円  ◎

    今週の基準価額の週足は+66円。波乱万丈の1週間でしたが、終わってみればhappy!

    *判定 ◎ 大当たり(ドンピシャ)
        ○ ±3円以内(近似値)
        △ ±9円以内(1桁以内)
        × ±10円以上(2桁以上)


    <US-REIT 今週の市場状況>(米国/Day:11/30~12/06)

    12/03(月):セクター別でみると、住居セクターを中心に幅広いセクターが上昇しました。
    米中首脳会談を控え、通商交渉が進展するとの期待からREITは買いが優勢となりました。

    12/04(火):セクター別では産業施設セクターを中心に幅広いセクターが上昇しました。
    先週パウエルFRB議長がハト派的な姿勢だった事で米長期金利が落ち着いた推移でした。

    12/05(水):米国株の大幅下落を背景に投資家心理が悪化し、森林セクターを中心に幅広い
    セクターが下落しました。中国での紙の需要が落ち込み、1ヵ月で7 %近く下落しています。

    12/06(木):12/5の米国REIT市場はブッシュ(父)元米大統領追悼日のため休場でした。

    12/07(金):。セクター別では森林セクターを中心に全セクターが上昇しました。米国の政策
    金利引き上げに対する市場見通しの後退を背景に米長期金利低下で米国REITは堅調でした。

  • >>34

    どーもです。青柳卓雄 さま

    回答になっているか分かりませんが、以前も書いたような気がしますが、(忘れました)(笑)
    →基準価額=純資産総額/総口数ですので、解約(売却)された分の金額が純資産総額から
    減りますが、それに見合った口数も同時に減りますので基準価額に影響を与えません。
    (純資産総額の増減は購入・解約以外にも投資や運用での変動もあるものと思われます)

    今回、昨日は米国が国民追悼の日でNYの株式・債券市場は休場でしたので▲8.09(億円)も
    解約(売却)によるものでなく、金額も相対的には少なく、その他の要因だと思われます。
    (また昨日の+1円は為替の影響分(為替H無)ですので、日本だけでの恩恵と思われます)

    基準価額は毎月分配金落ちが伴いますので、トータルリターンで捕える必要がありますネ。
    また、基準価額の変動要因はREIT市況と為替相場で決まりますので、長期的な展望では
    この辺の見極めになるかと思います。(もちろん、米国経済の堅調さが大前提ですが)

    ここ最近、従来の利上げ継続観測が弱まり、米長期金利は節目の3 %を割り込みましだ。
    来年以降もFRBでの金利政策の動向には要注意ですし、また、為替は日米の金利格差に
    影響を受けます。現在は110円~114円台で米ドルが上昇傾向と言えるかもしれません?

    最後に、投資は最終的には自分が決裁者であり、「自己責任」のもとお願い致します!!!

  • YASUBŌ 様 何時も楽しみに拝見させて戴いております。

    今日の予測レンジ(+70~74円)は大変嬉しいです。
    昨日、基準価格+1円でも純資産総額は-8.09(億円)とマイナスでした。
    長期的に基準価格がどの位まで下がるの心配です。

    H25年頃、アムンディ・りそな米国ハイ・イールド債券ファンド(ブラジルレアルコース)を分配金が良いので7,528円(1年チョイで損切りしました)買いましたが、昨日は2,354円に下落しております。
    こんな経験がありますので心配です。
    適当で結構です、宜しければ教えて下さい。

  • 2018/12/7

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,010円 → 基準価額 3,009円  差異 ▲1円

    ■ 判定:→○(2円出せないの?差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:15.95 %(前日比 ▲0.01 %↓)減配の目安:23,033 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):18,305.88(前日比 +465.90)(+2.61 %)でかいプラス生還!

    □ USD/JPY(仲値):113.79円(前日比 ▲0.15円)(円高)最悪の状況は脱しました!

    □ 今日の予測(目安):3,083円(前日比 +74円)これだけ出れば、この円高も何のその!

    □ (参考)米長期金利:2,8760 %(前日比 ▲0.0480↓)(▲1.64 %)

    ・今日の予測レンジ(+70~74円)VIX恐怖指数が21.19と一寸、不安定な動きですが

    <市場概況>
    昨日は中国通信機器大手ファーウェイの副会長が米国の要請によりカナダで逮捕の報道に
    端を発し、東京タイムでは日経平均の大幅安にも押されドル円は一時112.58円まで下落後、
    LDNタイム入りには中国が米中90日協議での合意に自信をみせた事から113.16円まで
    上昇するも貿易赤字の予想以上の拡大や冴えない雇用関連指標を受け、NYタイム入り後も
    米長期金利の低下で、ドル円は112.24円まで下落後、米・11月ISM非製造業景況指数が
    予想を上回ると下げ渋り、NYダウや米長期金利の回復で持ち直し112.68円で引けました。

  • 2018/12/6

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,008円 → 基準価額 3,008円  差異 ±0円

    ■ 判定:→◎(下振れず目安通りでした!ドンピシャなので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:15.96 %(前日比 +0.33 %↑)減配の目安:23,033 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):17,839.98(前日比 ±0.00)(+0.00 %)*前日同値(米国休日)

    □ USD/JPY(仲値):112.94円(前日比 +0.06円)(円安)引値113.19円から逮捕劇で

    □ 今日の予測(目安):3,010円(前日比 +2円)為替(ドル円)の影響分(円安)です!

    □ (参考)米長期金利:2,9240 %(前日比 ±0.0000↑↓)(±0.00 %)*前日同値(同上)

    ・今日の予測レンジ(+2円)ドル円はNY勢が不在の中、113円を回復した寸前なのに(涙)

    <市場概況>
    昨日の東京タイムはブッシュ米元大統領(第41代)の追悼で米国市場は休場を前に手控え
    ムードのなか、中国が米国産の大豆と液化天然ガスの輸入再開を準備しているとの報道も
    あり、ドル円は一時113.12円まで持ち直しました。LDNタイムでのドル円は113円を
    挟んでもみ合う展開となりました。NYタイムは「国民追悼の日」に伴い休場となる中、
    時間外のダウ先物や日経平均先物の上昇を手掛かりにドル円は一時113.23円まで強含み、
    ベージュブックに反応は限定的でしたが、113.24円と高値を付け113.19円で引けました。

    <緊急情報>
    中国の通信機器大手ファーウェイの孟晩舟CFO逮捕による時間外のダウ先物がスタートと
    同時に480ドル超安まで急落し、その後、反発したものの、東京タイムの取引開始を前に
    米国とイラン・中国との関係悪化の警戒感からドル円は一時113.01円まで下落しました。

  • 2018/12/5

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,064円 → 基準価額 3,071円  差異 +7円

    ■ 判定:→△(米国S&P先進国リート指数の騰落率(+0.66 %)(+19円)に匹敵しました)

    ■(参考)分配金利回り:15.63 %(前日比 ▲0.10 %↓)減配の目安:23,033 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):17,839.98(前日比 ▲257.09)(▲1.42 %)ギブアップ!(泣)

    □ USD/JPY(仲値):112.88円(前日比 ▲0.73円)(円高)ギブアップ!(泣)

    □ 今日の予測(目安):3,008円(前日比 ▲63円)かろうじて3,000円台キープか!

    □ (参考)米長期金利:2.9240 %(前日比 ▲0.0680↓)(▲2.27 %)

    ・今日の予測レンジ(▲63円)トランプおっさんの「私は関税マン!」も嫌気されました

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは日経平均が一時540円超安まで拡大し、米長期金利も低下も嫌気され
    ドル円は一時113.04円まで反落しました。LDNタイムでもFRBの利上げ打ち止め時期の
    前倒しに思惑が広がり、全般的にドル売り流れが継続しドル円は112.73円まで下値を広げ、
    NYタイムではウィリアムズ米NY連銀総裁のタカ派な発言受けてドル円は113.02円まで
    上昇後、米中貿易戦争休戦に関し不透明感や懐疑的見方が浮上し、NYダウも一時810ドル
    超え下落し、米長期金利の低下に伴いドル円は112.58円へ下落し113.78円で引けました。

  • 2018/12/4

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,050円 → 基準価額 3,051円  差異 +1円

    ■ 判定:→○(上振れましたが、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:15.73 %(前日比 ▲0.18 %↓)減配の目安:23,033 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):18,097.07(前日比 +79.89)(+0.44 %)

    □ USD/JPY(仲値):113.61円(前日比 ▲0.03円)(円高)僅かですが円高方向へ!

    □ 今日の予測(目安):3,064円(前日比 +13円)ありがたく頂いておきましょう!(笑)

    □ (参考)米長期金利:2.9920 %(前日比 ▲0.0210↓)(▲0.70 %)3 %を割り込む!

    ・今日の予測レンジ(+13円)「利上げ打ち止め」が近いとの観測も出て来ていますネ!

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは米中首脳会談での対中関税制裁猶予の合意で、ドル円は113.82円まで
    上昇するも、利益確定的なドル売りも出て113.44円まで下落し序盤の上げ幅を失いました。
    LDNタイムでは中国と経済のつながりが深いオセアニア通貨が対ドルで強含み、ドル円は
    一時113.38円まで下落後、ポンド売りをきっかけに一時113.60円まで持ち直しましたが、
    NYタイムに113.45円まで下押すも、予想外に上昇した米・11月ISM製造業景況指数や、
    一時440ドル超えしたNYダウにも支えられ113.71円まで上昇し113.67円で引けました。

  • 2018/12/3

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,020円 → 基準価額 3,017円  差異 ▲3円

    ■ 判定:→○(下振れましたが、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:15.91 %(前日比 +0.03 %↑)減配の目安:23,033 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):18,017.18(前日比 +169.88)(+0.95 %)

    □ USD/JPY(仲値):113.64円(前日比 +0.17円)(円安)週末終値から+0.07円↑

    □ 今日の予測(目安):3,050円(前日比 +33円)「米中首脳会談」の成果は何処に?

    □ (参考)米長期金利:3,0130 %(前日比 ▲0.0220↓)(▲0.72 %)

    ・今日の予測レンジ(+30~33円)週明けのオセアニアタイムで113.82円まで上昇も (涙)

    <市場概況>
    2018/11/24【週末経過状況】へ記載済みですので、そちらの方を参照願います。
    (紙面の都合で内容が記載出来なかった米経済指標、要人発言)
    ・米・11月シカゴ購買部協会景気指数:66.4(予想:58.5、10月:58.4)
    ・カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁【ハト派】(2020年FOMC投票権)
    「米国金利は中立金利に近い」、「中立金利の水準を巡る不透明感は高い」
    ・ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁【中間派】(常任FOMC投票権)
    「中立金利が低下している環境では、低すぎるインフレの回避が必要」

  • 2018/12/1

    【週末経過状況】 ~ブレイクタイム~ 週末の重要イベント!米・中首脳会談の行方は?

    USD/JPY(週末終値)時点での予測(目安)
    (週末終値での試算ですので12/3(月)の仲値で基準価額の予測(目安)は変わります)
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):18,017.18(前日比 +169.88)(+0.95 %)

    □ USD/JPY(週末終値):113.57円(前日比 +0.10円)(円安)

    □週末終値での目安:3,048円(前日比 +31円)

    □ (参考)米長期金利:3,0130 %(前日比 ▲0.0220↓)(▲0.72 %)

    ・終値での予測レンジ(+28~31円)今は為替の急変がないことを祈るばかりですが...

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは前日公表されたFOMC議事要旨から利上げ打ち止めが意識される中、
    日経平均が小幅安で前引けし、ドル円は113.34円まで下落後、米中首脳会談を明日に控え
    見極めのムードが強まり小幅なレンジ内取引が続きました。欧米タイムは対欧州通貨での
    ドル買いに支えられ、また、米・11月シカゴ購買部協会景気指数が予想を上回ったほか、
    トランプ大統領や中国政府の高官が米中首脳会談に楽観的な見方を示したため合意期待が
    高まり、ドル円は一時113.71円まで上昇し、週末イベントを前に113.57円で引けました。

    尚、12/3の確定予測(目安)は当日の仲値公示後にアップデートを予定しております。

    (参考)
    現在のDJRチャートです。(見にくい時はチャートをクリックorタップでお願いします)
    ・赤○印:25日移動平均線が200日移動平均線を下から上に突き抜けゴールデンクロス!
    ・青○印:25日移動平均線が75日移動平均線を下から上に突き抜けミニゴールデンクロス!
    ・現在値の下の75,200,25日移動平均線の3本線がサポートラインとして機能を継続中!
    (ド素人ですので、あまり当てにせず、参考程度くらいにしておいて下さいネ!)(笑)

    04312047 - ダイワ・US-REIT(毎月決算)B為替H無 2018/12/1  【週末経過状況】 ~ブレイクタイム~  週末の重要イベント!米・中首脳会談の行

  • 今週分(11/26~11/30)「予測と結果」の総括

    項目:左から順次 日付→予測→結果→差異→判定
    11/26(月) 2,960円(▲ 9円) 2,962円(▲ 7円) + 2円  ○
    11/27(火) 2,980円(+18円) 2,980円(+18円) ± 0円  ◎
    11/28(水) 3,000円(+20円) 3,002円(+22円) + 2円  ○
    11/29(木) 3,026円(+24円) 3,022円(+20円) ▲ 4円  △
    11/30(金) 3,020円(▲ 2円) 3,017円(▲ 5円) ▲ 3円  ○

    今週の基準価額の週足は+48円。何とか3,000円台をキープして終える事が出来ました

    *判定 ◎ 大当たり(ドンピシャ)
        ○ ±3円以内(近似値)
        △ ±9円以内(1桁以内)
        × ±10円以上(2桁以上)


    <US-REIT 今週の市場状況>(米国/Day:11/23~11/29)

    11/26(月):セクター別でみると、森林セクターを中心に幅広いセクターが売られました。
    感謝祭の翌日で市場参加者は少なく、原油価格下落での米株下落でREITも売られました。

    11/27(火):セクター別では特殊施設セクターやホテル・レジャーセクターが上昇しました。
    年末商戦の好調な滑り出しに米国株が上昇し、投資家心理が改善しREITも上昇しました。

    11/28(水):セクター別では医療施設セクターなどを中心に幅広いセクターが上昇しました。
    クドローNEC委員長の米中首脳会談に対して前向きな発言で米株、REITも上昇しました。

    11/29(木):セクター別でみると、オフィスセクターを中心に全セクターが上昇しました。
    パウエルFRB議長講演が利上げの打ち止め時期を意識させREITは買いが優勢となりました。

    11/30(金):セクター別で貸倉庫セクターが上昇した一方、オフィスセクターが下落しました。
    米国REITは方向感に欠ける展開となるなか、米国REIT市場はほぼ横ばいとなりました。

  • 2018/11/30

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,026円 → 基準価額 3,022円  差異 ▲4円

    ■ 判定:→△(下振れました!他の米REITに比べパフォーマンス不足のような気がします)

    ■(参考)分配金利回り:15.88 %(前日比 ▲0.11 %↓)減配の目安:23,033 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):17,847.30(前日比 +15.96)(+0.09 %)

    □ USD/JPY(仲値):113.47円(前日比 ▲0.17円)(円高)月末のゴトー日でした

    □ 今日の予測(目安):3,020円(前日比 ▲2円)

    □ (参考)米長期金利:3,0350 %(前日比 ▲0.0090↓)(▲0.30 %)

    ・今日の予測レンジ(▲2円 or ▲3円)焦点は明日のG20での米中首脳会談の如何次第?

    <市場概況>
    昨日の東京タイムはパウエルFRB議長のハト派と受けとめられた講演を背景に、米利上げ
    ペースの鈍化に思惑が広がり、米長期金利も3.02 %台まで低下し、ドル円は113.21円まで
    下げ幅拡大しました。欧米タイムでは米・個人消費支出(10月)は予想を上回ったものの
    米・個人消費支出(PCE)価格コア指数(10月)が予想を下回り、また、米・先週分新規失業
    保険申請件数も予想よりも弱い内容となりドル円は一時113.19円へ下落後、米長期金利が
    低下幅を縮め、米中首脳会談への期待感から113.56円まで反発し113.48円で引けました。

  • 2018/11/29

    ■ 前日の予測と結果:予測 3,000円 → 基準価額 3,002円  差異 +2円

    ■ 判定:→○(“祝”3,000円奪還!差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:15.99 %(前日比 ▲0.12 %↓)減配の目安:23,033 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):17,831.34(前日比 +162.40)(+0.92 %)

    □ USD/JPY(仲値):113.64円(前日比 ▲0.15円)(円高)凄まじい乱高下でした!

    □ 今日の予測(目安):3,026円(前日比 +24円)3,000円台固めと行きたいとこです!

    □ (参考)米長期金利:3.0440 %(前日比 ▲0.0110↓)(▲0.36 %)

    ・今日の予測レンジ(23円 or 24円)米国での金利の先高観は後退したようですが...?

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは日経平均も堅調にスタートし、ドル円は前日の高値113.84円を僅かに
    上抜けし一時113.85円まで上昇した後、引け後に一時113.90円と当日高値を付けました。
    LDNタイムでは時間外取引で米長期金利が低下傾向となり、ポンド買いをきっかけにして
    ドル円は113.72円まで弱含みました。NYタイムでは米株高に連れドル円は114.04円まで
    上昇するも、パウエルFRB議長のタカ派姿勢を弱めた発言で、利上げ打ち止めも近いとの
    見方が高まり113.44円へ急落後、NYダウの大幅高にも支えられ113.69円で引けました。

  • 2018/11/28

    ■ 前日の予測と結果:予測 2,980円 → 基準価額 2,980円  差異 ±0円

    ■ 判定:→◎(一点狙いでしたが、ドンピシャなので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:16.11 %(前日比 ▲0.10 %↓)減配の目安:23,033 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):17,668.94(前日比 +73.52)(+0.42 %)

    □ USD/JPY(仲値):113.79円(前日比 +0.28円)(円安)

    □ 今日の予測(目安):3,000円(前日比 +20円)3,000円台の尻尾をつかんで!(願)

    □ (参考)米長期金利:3.0550 %(前日比 ▲0.0170↓)(▲0.55 %)

    ・今日の予測レンジ(19円 or 20円)米中貿易戦争は「冷戦」と言うより「熱戦」ですネ

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは日経平均の上げ幅縮小を眺め、また、トランプ米大統領の中国製品への
    関税引き上げ示唆でドル円は一時113.42円へ下落後、中国外務省報道官から米中首脳間の
    通商合意報道があった模様で、ドル円は一時113.66円まで上昇しました。欧米タイムでは
    FRBのクラリダ副議長はFRBの段階的な利上げを支持する姿勢を示しましたが、低調な
    住宅関連の各価格指数を受け、ドル円は一時113.50円まで下落後、自動車関税を発動する
    可能性との独誌報道でのユーロ売りを背景に113.84円まで上昇し113.78円で引けました。

  • 2018/11/27

    ■ 前日の予測と結果:予測 2,960円 → 基準価額 2,962円  差異 +2円

    ■ 判定:→○(上振れましたが、差異が±3円以内なので合格ラインとさせて頂きます)

    ■(参考)分配金利回り:16.21 %(前日比 +0.04 %↑)減配の目安:23,033 %
    ========================================
    □ FNAR(All Equity):17,595.42(前日比 +32.97)(+0.19 %)

    □ USD/JPY(仲値):113.51円(前日比 +0.47円)(円安)

    □ 今日の予測(目安):2,980円(前日比 +18円)昨日の倍返しと行きたいとこです!

    □ (参考)米長期金利:3.0720 %(前日比 +0.0180↑)(+0.59 %)

    ・今日の予測レンジ(+18円)ブラックフライデー、サイバーマンデーも良好のようです

    <市場概況>
    昨日の東京タイムは日経平均や底堅い中国株などを背景にドル円は113.29円まで上昇し、
    上海総合指はその後下げに転じるも、米株先物の堅調地合いで113.20円台での推移でした。
    LDNタイム入りで欧州株が堅調に推移している事もありドル円は一時113.35円へ上昇後、
    113.20円台で揉み合いが続きました。NYタイムは好調な米・年末商戦や原油高を好感して
    NYダウが一時380ドル超え上昇し、米長期金利の上昇も相場の支援材料となり、ドル円は
    終盤にかけ徐々に水準を切り上げると一時113.65円まで上昇して113.59円で引けました。

  • <<
  • 42 23
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順