ここから本文です
  • <<
  • 817 794
  • >>
  • >>816

    早速の返信ありがとうございます(^。^)
    研究成果展開事業の研究課題の一覧を見たら、マイクロの彼女になりそうな
    研究も散見できました。
     マイクロ抜きにしても、色々な研究にわくわくしました。
    MHD発電などは、確か20年以上前から知ってますが中々実現に至ってない
    んですね、海水淡水化や、クラゲ資源の有効利用など興味深いテーマがありました。
    資料提供有難うございます。

  • >>815

    お返事有り難うございます.
    新技術開発に課題はつきものでしょうが,あの発表の仕方は??ですね.
    まぁ,確かに新体制の方が研究が加速するような気はします.

    一応,関連テーマに対する助成金の参考リンクも貼っておきます.
    https://kaken.nii.ac.jp/d/p/25709011/2013/21/ja.ja.html
    https://kaken.nii.ac.jp/d/p/26390098/2014/1/ja.ja.html
    http://www.jst.go.jp/a-step/hyoka/tansaku_h2607/tansaku_a.html

  • >>814

      ccdさん、お久しぶりです(^。^)お気に入りに登録してあるので
    投稿に気付きました。
     さすがに、24日のマイクロのIRには、古参ホルダー達も落胆しましたね。
    かくゆう私も今迄で一番へこみました。
     最初、掲示板の情報無しで読んだ時は、マイクロも腹くくった決意表明と
    思いましたが、他の方々の投稿を読み不安にかられました。
     私の希望は、コストは度外視でとにかく化学電池でない物理電池の実物
    現在無停電電源に使われてる、MSE(鉛蓄電池)と同等の蓄電能力がある製品が見てみたいです。
     マイクロに関しては若干ポジションを減らしつつも長い目で見守るつもりです。
    PS ccdさんのお陰で握力が少しもどりました。
     ありがとうございます<(_ _)>

  • 久しぶりに書き込みをしてみます.もう誰も見ていないでしょうか?
    さて,マイクロニクスは量子電池について大学と共同研究するとのこと.
    共同研究先はわかりませんが,広島大学と九州大学で引き続き研究が行われているようですね.
    真空プロセスで再現性良く蓄電層を作り,蓄電機構も解明することを目指しています.
    コストは少し高くなりますが,塗布熱分解法よりも確実な手法だとは思います.
    マイクロニクスはどう考えているのでしょうかね....

  • マイクロニクス板で青色LEDについての書き込みがありました.
    今回ノーベル賞が授与された窒化物系のLEDはやはり赤崎先生の信念がなければ,
    完成することはなかったでしょう.
    先にZnSeなどの他の材料で性能は現在の青色LEDほどではないけれど,そこそこのものが完成し,
    窒化物系は陽の目を見ることがないという可能性もあったかもしれません.

    中村先生は,確かに青色LEDに大変な貢献をされました.
    彼の非常に高いアクティビティによって青色LEDの実用化が一気に進んだと思います.
    彼がいなければ,普及の速度はもっと遅くなり,
    ノーベル賞が窒化物系青色LED(とレーザー)に授与されることは
    なかった気がします.

    そして,中村先生の成果は日亜化学に非常に強力な特許を持たせることになりました.
    赤崎先生と一緒に進めていた豊田合成は,青色LEDで大きな利益を得ましたが,
    日亜化学と比較すると少なく,見劣りしてしまいます.

    量子電池に関して,マイクロニクスは豊田合成の様になるわけには行きません.
    株価はパッとしませんが,先行者利益を最大限に享受するためには
    情報を出さないのも致し方ないのかなと思っています.
    でも,早く色々と知りたいですね.

  • ソニーがイメージセンサの生産量を増やすという報道がありましたね.
    検査に使うプローブカードも増やすことになるでしょう.
    国内の半導体産業活性化のためにも,東芝のフラッシュとソニーのイメージセンサには
    頑張ってもらいたいものです.

  • >>808

    そうですね.
    キャパシタ並みの入出力性能で,高密度なので期待してしまいますね.
    生産量もいきなり大規模生産せずに参入できるかもしれません.

    個人的には,マイクロニクスの紹介にあったTFB(Thin Film Battery?)
    システム・オン・バッテリーも気になります.
    体内へのインプラントなど医療の分野に応用するとなると,
    これらがキーワードとなりそうです.
    リチウム電池はなんだか有害物質が漏れだしてきそうで
    自分の体に入れたくないですが,これなら許せるかなと思います.
    医療用途は実用化まで時間はかかるでしょうが,
    グエラテクノロジーが取り組んでいるとのことなので期待したいですね.

  • >>806

    こんばんは、株価の方は冴えない動きが続きますね。
    ccdさんもバテナイスの用途について色々お考えがおありでしょうが、
    私は電池としてだけでなく大容量キャパシタの置き換えとしても
    魅力的ではないかと考えます。 (スーパキャパシタで5wh/l 
    リチウムキャパシタで20wh/lの現状を鑑みて)
    (サイクル・出力密度・温度特性は同程度と考え)

    キャパシタは今、アイドリングストップや回生ブレーキなどで使われてますね
    目標の500wh/l未達(半分くらい250whlでも)十分席巻できそうですし
    キャパシタはとても高価なので、リチウム二次電池に比べコスト面でも参入しやすいのでは
    と考えます。
    また、ご意見お聞かせください

  • >>805

    バテナイスとは関係ないですが,最近の家電店の照明売り場はほぼLED一色です.
    何年か前は,蛍光灯の方が効率がよくLEDの普及は難しいと言われていましたが,一気に変わったという印象です.
    青色LED初期の特許が切れ始めたのがポイントかなと思います.

  • >>804

    はじめまして.
    最終的なコストはわかりませんが,材料については,高コストなものは無さそうですよね.
    ですが,歩留まりはどの程度なのかというのは気になります.
    サンプル提供は開始しているということですが,ばらつきはどの程度なのか?

    マイクロニクスは全く情報を出してくれませんが,日経テクノロジで触れられていた様に
    roll to rollで作れるのなら意外と最初から安価に出せるのかもしれません.
    とは言っても,真空プロセスが必要なので,大気開放条件でのroll to rollのラインに比べると高価格になりそうです.

    バテナイスの特長を考えると,今までの電池とは違う市場もありそうに思います.
    まずは,リチウムの数倍から数十倍の価格でも買ってもらえそうな
    特定の分野から入れば良いのではないでしょうか?

  • kuniさん,こんばんは.お返事ありがとうございました.

    バテナイスはタンクでなく薄膜!というお話もあったそうですが,
    絶縁するための簡易なパッケージングだけで良いと思われるので
    ウェアラブルでも有用でしょうね.
    既存のリチウム系固体電池は水と反応して劣化したり,ガスを発したりするような
    材料が使われている様なので,しっかりと気密封止する必要があります.

    私としては,バテナイスの初期の応用分野としては
    充放電回数が多いという利点を活かして,
    無線基地局などの分野が良いのかなと思っています.
    メンテナンスは人件費がかかるので,
    そこを減らせれば飛躍的なコストダウンができると思います.

  • >>801

    返答ありがとうございます。
    TiO2は、表面ですぐに紫外線投射を吸収して奥まで届かせにくそうですからねぇ
    でも青森ラインで厚くするつもりなので、既存の設備では解決法を見出しているものと
    (妄想ですが)思ってます。
    1μの充電層を厚くか、10μの基盤を薄くかが、とりあえずの向上方法でしょうから
    後者の方もがんばって薄くしてほしいです。
    ウチの台所にあるダ○ソーの100円のアルミホイルでも、今見たら11μmです。
    もっと薄い基盤で行けるよう頑張ってほしいものです。

    PS、私はウェアラブルなどだとインパクト抜群で嬉しいのになと思います。(妄想)

  • kuniさん,ご無沙汰してます.
    回転して増えましたと言いたいところですが,変わってないですねぇ.
    充電層は,正直なところ,えー!厚くできるの?と思ったのですが,
    トンネル効果は電極と充電層の間でしか必要ないと考えれば良いのかな?と思い直しました.

    それにしてもサンプル出荷先はどんなところでしょうね?
    まずは,高くてもバテナイスの性能が必要な分野なのでしょうけど・・・.

  • >>799

    ccdさん、お久しぶりです。
    厳しい株価が続きますが、お変わりありませんか?
    本板での技術的投稿等、大変参考になります。
    総会で技術本部長が言っていた「充電層の厚さの改善」
    良い解決法が見つかるとよいですね。1から1.5μmに改善出来るだけでも
    大幅な性能向上ですからね、また技術的なお話、お聞かせください!

  • 塩津家さん,総会に行かれたのですね.
    総会の内容を聞くと,やはり,マイクロニクスは本気でバテナイスを柱にする意気込みのようですね.
    私は来年も行けないことが既に確定しているのですが,再来年は行きたいなぁ.

  • 株主総会参加してきましたヽ(^。^)ノ
    社長の口から、5年前から苦渋の決断でリストラ断行中にもバテナイスの開発にかけて
    いた心意気を感じました。
    今日で潮目が変わったと思ってます。
    総会の雰囲気によっては、最悪2400円に向かう事も覚悟をしてましたが
    今後、株価が下がれば総会参加者で資金に余裕がある方々は買い増しに向かうと思います。

  • もう年末ですね。早いものです。
    マイクロニクスは先月の決算からあれよあれよと株価もさがり、また少しだけ保有数を増やしてしまいました。
    株主総会は参加できませんでしたが、本板では詳細なレポートを書いてくださる方々が居て内容を把握出来ました。
     充電層を厚くしようとしているとのこと。私が思っていたより充電層内の粒子間の電荷の移動は起こりやすいようです。無理に多層構造にしなくても、エネルギー密度の向上可能性があるということで嬉しいニュースです。
     また,低温動作と充放電回数について評価を受けているということで、インフラ関連の装置用として注目されてるのかな?と思いました。 メンテナンス性が上がるのであれば、多少高くても導入されそうな分野だと思います。
     来年は、試作ラインが軌道に乗って、技術的な情報ももっと開示されるといいな。

  •  皆さんこんばんは、マイクロは金曜日まさかの増配愛アールで11月18日の決算発表に向けて順調な感じですね♪
     最近気になってる株は、持ち株の朝日ラバーと、持ってないけどエナリスです。
    悪い情報に対して、否定する会社、しかし金曜日のS安、月曜日S安なら拾ってみたくなりました。
     あとエボラ関連がどうなるかですね、連日マスコミに取り上げながらも大して上げてない富士フィルムですが、あの黒岩氏が買い推薦してましたがどうなるか気になります。
     インするタイミングをまちがえると私みたいにエボラで失敗するので、みなさんもお気を付け下さい(^。^)

  • >>794

    お久しぶりです。
    マイクロの保有数はほぼ変わらないですよ〜。最近、竹槍攻撃でちょっと増えましたが、買った日は下がってばかりでした。

  • >>792

    ccdさん、お久しぶりです。お変わりありませんか
    (マイクロ保有数もお変わりありませんか(笑))
    最近はわたしも投稿数を減らしていますが、マイクロは相変わらずホールドを続けております。

    直近の株価はイマイチですが、マイクロの未来は明るいと信じております。
    また、なんらかの発表があったなら、ccdさんの技術的な意見を聞いたり、議論したいとおもっています。今後も宜しくお願いします。

  • <<
  • 817 794
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順