ここから本文です
  • 1

    *****

    はじめまして

    今年の年末には50歳になりますが、月7万円ぐらいで
    ドゥマゲッティに住もうかなと思っています。
    (もしかするとタクロバンあたりに変更の可能性もありますが)

    地方都市に住んでいらしゃる方、計画中の方
    宜しかったらいろんな話をしてみませんか

  • <<
  • 3763 3744
  • >>
  • >>3761

    アルバさんこんばんは~~

    またまた遅くなりまして申し訳ございません

    自分も自分なりの楽しみを見つけて
    生活を楽しむ、人生を楽しむ

    これって大事なことですよね

    マジメな日本人が家族の為にとストイック全開の生活を送っちゃうと
    最後には「なんで俺の苦労がわからないのか?」
    なんてことにもなりかねません

    元々違う民族ですし
    考え方も尺度も違う人たちに日本人を押し付けても
    それはムリなことですし

    彼らは彼らなりに貧しいながらも楽しみ方がありますし
    私たちも日本人なりの楽しみで暮らし
    ゆとりをもって接していきたいですよね

    お互いに無理をし過ぎない

    それも大事なことじゃないかと思っています

    年末渡比されますか、、、

    いいですね

    私も年末年始をフィリピン人と同じように過ごしたいのですが
    私の仕事がらそれは無理な相談でして、、、

    最初の年はカミさんもそれが信じられなくて

    「BIG SHOCK!!」

    それだけでした

    カミさんにしたら
    息子の誕生日を一緒に祝い
    クリスマスを一緒に過ごし
    私の誕生日とカウントダウンを一緒に楽しむ

    これがフィリピン人としての当たり前な幸せですし

    フィリピンの中で生きてきたのですから
    それは当然そう思いますよね

    そんなに貧しいわけでもないですから、、、

    しかし私は日本人ですし
    日本の社会の中で働き生計を立てて暮らしていますので
    日本人の尺度でものを考え
    日本人の社会の中で生き抜いていかなくちゃいけない

    それが結果として家族を守ることにつながる

    まあそこら辺は仕方のないことなんですよね

    アルバさんも良いことばかりの毎日ではないでしょうが
    年末の楽しみのために頑張ってください

    可愛い子供のためにも
    愛おしい家族のためにも

    ではでは

  • ゆきさん、お久しぶりでーす。

    ゆきさんがおっしゃるとおりです。
    家族の為に頑張らないと思いやりたいことを我慢して
    アパートと会社だけでしたが、ゆきさんが言われるように
    少しは、やりたいことを我慢してばかりでは、ストレスもたまり
    健康に良くないです。

    少しは、遊ぶことにしました。www

    今年の年末にフィリピンに帰り家族と触れ合ってきます。

    ゆきさん、シャルさん、お気楽さん
    また、トピの皆さんこれからも宜しくお願いします。

  • わ~お~~

    アルバさんが帰って来られてたのですね
    日本にもこの掲示板にも、、、

    遅くなってすみません
    いつもですが、、、

    今、カミさんと息子とSKYPEしていてちょっと空いた時間に
    なにげなく掲示板をクリックして気が付きました

    遅すぎますね

    私のところが超大型台風に直撃されてワタワタしているときからですから
    もうずいぶんと月日が経ちますが

    たぶん、、、アルバさん悪戦苦闘されてあるだろうな
    その苦労が報われたらいいな
    そう思ってましたが、、、

    なかなか難しかったようですね

    しかしこれで人生が終わったわけではないですし
    お子さんにも恵まれて

    今、がんばって生き抜いておられる

    それで良いのではないでしょうか

    家族は宝ですし
    この世の中で家族ほど大事なものはない

    日本にいるとなかなか見えてこないものが
    フィリピンに縁ができたおかげでハッキリと見えるようになった

    これだけでもフィリピンに感謝、感謝です

    それと、、、

    私も日本で働いて2年半ほど経ちますが
    家族の為に、、、だけではいけない
    以前はそれだけでしたが、今ではそれだけではダメだと
    思っています

    どうしても慣れない仕事ですし
    仕事のために1日が回っている、、、になってしまい
    それは家族のため

    それで自分を納得させてしまうのですが

    それがやがて自分を追いこんでいき
    今度は逆に家族を押しつぶすようになるかもしれません

    それではいけない
    大事な家族を守らなくちゃいけないが
    まず自分も守らなくちゃいけない

    自分も楽しみながら働き
    楽しむ時間をもって毎日を過ごすようにしなくちゃ

    安い給料ですから楽しむといってもたいしたことは出来ませんが、、、

    今はそう思いながら働いています

    8月28日~9月4日までラスピニャスに行っていました
    家族でロスバニョスのプ~ルで遊び
    カミさんも息子も大喜び

    自分にとっても家族にとっても楽しい時間を持てましたし
    良い休日でした

    アルバさん、、、
    お気楽さん、、、


    お互いに頑張っていきましょう


    ではでは

  • >>3758

    アルバさん、お気楽です。
    私はフィリピンの田舎で酷い目に遭いましたのでフィリピンには住まないと
    決めました。
    妻は子供を残して日本に来ましたので五年間実家に送金していましたが、
    リーマンショックで仕方なく送金を減らしたら時に先ず子供の弁当代
    を減らすなんて、考えられない事をする人達、子供の為に送ったお金なのに
    でも、それがフィリピン。子供達に日本に来て良かったですか、と聞けば
    ママと一緒に居られて良かったです。 他は まあまあかな。 と言います。

  • ご心配していただきありがとうございます。

    フィリピンでのビジネスは、大変でしたが苦い思い出か良い思い出になるでしょう。
    兎に角、今は近い将来のために一人で出稼ぎに来てます。

    家族と離れての生活は寂しいですが、これもまた、楽しい生活までの中間地点だと
    考えています。
    また、離れての生活は、家族との太い絆が作られているような気がします。

    兎に角、これからも宜しくお願いします。

    お気楽さんとお呼びして良いのでしょうか?

  • >>3756

    お久しぶりですアルバさん、記憶によれば私と結婚の時期が近かったような気がします
    大手の会社に勤めて見えて婚姻要件具備証明書も早く取得されたような。私は追加書類
    を求められて遅くなりました。渡比されて養殖の事業をされてたような記憶があります
    私は6年前に子供2人を呼び寄せ、その子たちは一昨年帰化申請を出して去年日本国籍
    になりました。上の子は今年高校を卒業して就職しました。下の子は高校在学中です。
    掲示板のやり取りは無かったですが、突然消えてその後どうなったのかが心配でした。

  • 皆さん、お久しぶりです。って、忘れられてるかもしれません。

    私も現在、日本に出稼ぎに来てます。(笑)
    やはり、慣れないビジネスそして自然災害には勝てません。

    今、日本に戻り働いて仕送りをしています。
    大変ですが、社員登用され厚生年金を納め退職後のために頑張らなければ!

    早く、フィリピンに戻りたいですけど今は我慢ですね。

    今、心配なのはミンダナオ島のISです。ジェンサンにも沢山のムスリムがいるので
    ジェンサンでドンパチやらないよう祈ってます。

    また、私にも娘ができました。子供は本当に宝物ですね。
    仕事がどんなに辛くても子供の写真やラインで顔を見ると
    自然と頑張れますね。

    これからも顔を出しますので宜しくお願いします。

  • あらま~~

    使い慣れていない掲示板ですので張り付けたつもりが送信してしまいました

    シャルさんはレイテで農作業
    私もそれをやりたくてレイテに家を建てたのですが
    あれやこれやで日本で生活費を稼がなくちゃいけない身の上です

    まあしかしそれはそれ、、、

    私の場合はそれで良かったのだろう、、、と思っています

    神様がいるのか?いないのか?はわかりませんが
    何かに導かれてフィリピンくんだりまで足を延ばし
    そこでカミさんと知り合い
    私にとって宝物の息子を授けてもらえて
    初めて愛情というものを教えられました

    その私の家族を守るためなら何だってやれますし
    やっていけます

    私は若いころからタクシ~の運転手なんて
    「最低の仕事だしクズの集まりだ」なんて思ってましたが

    若い人ならいざ知らず、、、年寄りにとってはこれ程良い仕事はないのです

    仕事を始める時間も終わる時間も
    仕事する休むも自分の自由に決めることができて
    ムリをすることもないし
    ただ運転するだけですのでラクですし
    そして人に干渉されることもなく自由で勝手気まま、、、
    事故さえ起こさず健康なら年齢も関係ないし

    ちなみに、、、
    うちの営業所の最高年齢は今年76歳
    隣の営業所は80歳

    「これでいいのか?」と思える年齢ですね

    天下りとか特殊技能を持っている人以外の年寄りにとって
    これほど恵まれた職場環境はないと思います


    私がフィリピンに縁ができて家族がいたからこそ
    飛び込んだこの世界

    「へ~~こんなおいしい世界があったんだ」と驚く始末で、、、

    もし私に家族がいなかったらたぶん入っていなかったでしょうし
    これも縁かもしれない

    レイテで農作業もしたかったけど
    まあこれはこれでいいや

    そんな気持ちで毎日を送っています

    シャルさんはシャルさんの道で
    私は折れ曲がって折れ曲がって違う方向になってしまいましたが

    ムリをせず
    楽しみながら
    自分のペ~スで、、、

    それでは、、、

    お互いに自分の大事な人生 自分の大事な家族ですから
    ボチボチと頑張っていきましょう


    ではでは

  • シャルさんおはようございま~す

    、、、とは言ってももうレイテに帰られて畑仕事に精を出されているでしょうが、、、


    昨日は正常に戻りましたが一昨日は12時間の爆睡
    母の49日が過ぎると寝るは寝るは、、、
    それまで4~6時間の睡眠でしたが最近は8~10時間
    まさしく爆睡と言ってもいいくらい熟睡の毎日でした

    そんな調子だったので疲れ切っていた身体も徐々に癒されてきて
    これからの梅雨時期、盛夏を何とか乗り切って行けそうです

  • ゆきさん今日は。
    いよいよ帰る日が来ました。
    一月間、食べたり、飲んだり、飲んだり食べたり。お陰で体重が5キロも増加してしまいました。このままでは確実に病気になってしまいます。
    フィリピンでは、食べたり飲んだり、飲んだり食べたりしていても体重が増えません。
    畑仕事のせいだからでしょう。
    同じフィリピンでも、もし都会に居住していればやはり体重は増加していたでしょう。
    フィリピンの田舎暮らしは大変不便ですが、私にとってはいい選択だったと思います。

    向上する、変化する、新しい発見がある、驚きがある等々。
    今なお、これらの連続です。
    ではまた来年の今時分に。
    どうかお元気で。

  • シャルさんおはようございま~す

    またまた遅くなりまして申し訳ございません

    5月24日が母の49日でやはり疲れていたのでしょうね
    それ以降は寝るは寝るは、、、
    朝帰って寝ても途中で起きることなく4時まで
    日曜日は早く切り上げて帰ってきても起きると4時40分
    休みの日には必ず父のところに5時までに行くようにしているのですが
    慌てて髭と歯を磨いて走っていく始末

    ただお陰様で、長く続いていた起きてもしばらくの間、頭がしびれているような感覚もなくなり
    回復に向かっているようです

    しかし息子は
    昨日「じゃあまた明日」と約束したのにと
    少々おかんむりです

    確かに子どもは宝物ですね
    この年になって、今から先も子どものために働かなくちゃいけないことは
    少々シンドイですが
    こどもは一直線に私に向かってきますし
    4~5歳までは本気でこの子のためだったら死ねる、、、そう思っていましたし
    そう思わせてくれるものを与えてくれた息子ですから
    がんばらなくちゃいけないですね

    話は変わりますが、、、

    フィリピンは血が濃いというか情が濃いというか
    近所付き合いも面倒なときもありますが
    やはり、いざというとき守ってくれるのも近所の人たちですから
    「イノム」「飲む」やっぱりトバですよね

    レイテの田舎ですからお金をかけずともコミュニケ~ションがとれて
    楽しい時間がみんなと持てる
    これが大事ですし

    これが自分と自分の家族を守ることにもつながりますから
    やっていくべきですよね

    私は呑み助ですから何も考えずに率先してやってましたが、、、

    それからお米ですけど
    一度おいしい米を食べたことがあります
    サンホセだったか?マグロなどの大型魚が上がるドラッグの一つ先の街の
    山手の産だといってましたが
    日本で売ってもいいくらいの味でした

    ただマニラではこれと同等のお米に出会うこともなく
    お米の価格は上がる一方なのに味は下がるばかり

    お米ならやっぱりレイテですね
    シャルさんのところやもっと山に近い
    ダガミ、ブラウエン、ラパスあのあたりで探せばおいしい米に出会えますね
    除草剤や農薬を使っているかいないかは近所の人に聞けばすぐわかりますし

    安全でおいしい御飯

    マニラや町の「混ぜてなんぼの米商売」ではまったく無理なことが
    レイテではカンタンに出来る

    これも田舎暮らしの良さですね


    ではでは

  • >>3749

     昔の歌人も言っていますが、子供は金や銀よりも尊い宝物であると。
    私も家内の間に2人の子供がいますが、子供は実に喧しくて手がかかります。がしかし、もしこの子達がいなかったら私達の生活はどうなっていただろうか、なんて想像すると背筋がぞっとします。やっぱり宝物なんですね。
    ゆきさんの文章からケンケン君への愛情が伝わってきて、こちらも嬉しくなります。
     トバは値上がりしていますが、ここらでは欠かせません。
    私も時折、「よし今夜はトバを飲もう」、と言うとみんな嬉々としてプルータン(おつまみ)などを用意して、あつまります。
    ビールを多く飲み過ぎると私は夜中に何度もトイレに行ったり、下痢症状になりますが、トバは不思議にそんなことはありません。
    ここらの人はトバは健康の為の薬だと言いますが、どうもトバは体にいいような感じがします。
     先日日本の友人と話をしていて、米栽培の話題になったとき、彼はフィリピンの米は細長いバサバサの米だと思っていたようです。フィリピンの米にもいろんな種類があって、例えばササニシキと同じような米もあります。ここらで栽培している米は日本の米と同じような米を栽培しています。
     今、政府は米作りを奨励していて、このあたりもようやく灌漑に目が向けられるようになりました。日本だと江戸時代から行われていた事業がようやく始まりました。
    気温は高くても、水がなくては稲は育ちません。雨頼みの米つくりで、水争いもあります。
     アイホンやタブ、パソコン、テレビ、自動車、等々日本と同じ文明の利器があふれています。でも今から灌漑用水路を作り始めるなんて・・・。すごいギャップです。
     しかし、用水路が整備されたら米の生産性が上がるはずです。少しでも生活が楽になれるかと、みんな期待しています。
    ではまた。


  • あ~~今日はよく寝ました

    、、、といっても6時間です
    普段は4時間で目が覚めるのですが
    昨日は1日中雨だったせいで疲れていたのでしょう

    雨の日の運転、特に夜はやっているときは必死で気が付きませんが
    疲労度が激しいのでしょうね

    私を目覚めさせてくれたのはケンケンからの電話
    携帯を見ると電話が2回、TEXTが1回
    SKYPEを開くと不在着信がズラリと並んでいます

    以前は日勤のとき
    こちらで夜の9時、フィリピンタイムで8時からSKYPEを始めるようにしていたのですが
    この息子は、、、

    朝8時に「PAPA」
    お昼に「PAPA」
    夜は7時くらいから「PAPA~~」

    3月末から母のことで大変になり
    私の売り上げも芳しくなくなったために息子には悪いですが夜勤にシフトを変え
    SKYPEもしばらくはお休み

    そうすると
    SKYPEに自分のビデオを張り付けて
    私に話しかけていました

    一人っ子で甘ちゃんですし
    欠点はいろいろありますが一途にこんな私を慕ってくれている
    やっぱりピノイの血でしょうかね

    それで正午から1時間だけSKYPEしよう
    2時からパパは夜仕事しなくちゃいけないし昼寝するから
    それ以上はダメだけど

    息子は私と話したがりますし
    そんな息子がいじらしくてついつい時間が伸びてしまうのですが
    深夜の運転するのに睡眠不足は厳禁

    それで最近は「3」「2」「1」 「カット」の合言葉で切るようにしています

    しかし今日はパパが遅刻

    息子にしたら必死になって話そうとしていたのでしょう

    「悪いことしたな」

    まあピノイですからすぐ許すし、すぐに忘れてしまうことでしょう

    私が甲斐性がないものですから側についてあげれないし
    日本人としていろいろと教えたいことは山ほどありますが
    何もしてやれません

    変則な家族ですが
    この年になって、こんな私でも一直線に向かってきてくれる息子を持てて
    私は幸せなんでしょうね

    その私の家族を守っていくために
    今晩もがんばってきます



  • 、、、と思いましたが

    昨日書いたものコピ~~でも貼り付けて

    これは飛ぶかどうか??


    シャルさんこんにちは~~
    またまた遅くなりまして申し訳ございません

    タクロバンは復興しているみたいですね
    もっとも私たちがいたレイテの田舎では
    壊れた家を建て直したり
    倒れた木を植え直したりでとても復興というほどのものではないかもしれません

    その彼らの限られた収入の中でもココナッツ林が壊滅
    これは痛いですよね

    そして彼らの楽しみであるトバも南レイテから運んできて高騰しているでしょうし

    トバで思い出しましたが
    ドラッグのお医者さんと最後に話したとき

    義兄である日本人が日本に戻ってしまい

    「もう一度一緒にトバを飲みたい」

    それを伝えてくれと頼まれたとき
    私の胸が「ジ~~ン」と熱くなるのがわかりました

    彼らはそんな時、ビ~ルでもなくブランディでもなく
    やっぱりトバでしょうし
    トバじゃなくちゃいけないのでしょうね

    話は変わりますが

    何か残すもの
    自分がそこで世話になったとき
    何かお返しになるものを残したい

    私も「木がいいな」
    それを考えました

    ヤシの木は神の木、宝の木なんですが
    建材としては長持ちしませんし
    やはり建材用の木が必要です

    それが土地さえあって植樹しておけば
    たとえ自分が死んだ後でも1日1日大きくなって30年後50年後
    自分の子孫や関係者に寄与できる

    これって男のロマンを感じますし
    男の夢でもありますよね

    ぜひ果物の木だけでなく建材用の木も植えられてください

    今回の母の死で
    人間生きているときもいろいろと人の世話になりますが
    死ぬ前、死んだ後でも本当に人の手を借りなくちゃいけない

    それは避けられないことだし
    本人にはどうすることもできない
    それを実感させられました

    だからこそ、、、

    なにかを残したい

    自分がここにいた証として、、、

    私もこれをレイテでやりたかったです

    数日前から何か書いていたのですが
    投稿できずに消えてしまい
    遅く、遅く、遅くなってすみませんでした


    さ~~~

    いってみろ~~!!!!

    気合を入れてクリックします


    ではでは

  • あら~~

    飛びましたね

    今までのはいったい何だったのだろう?

    しかし、、、

    夜勤明けでもう限界です

    ひと眠りして再度挑戦しますのでご容赦のほどを、、、

    失礼しました

  • 数日前からまったく投稿できずに書いては消しの連続です

    テストで

    「おりゃ~~!!」

    「この~~!!」

    「とんでいけ~~!!」

    いってみます

  • お母上がお亡くなりになられましたか・・・。
    謹んでお悔やみ申し上げます。
    私も前の家内や両親をずいぶん前に亡くしましたが、いずれの場合も実に大変でした。
    どうか、ご家族のためにがんばって下さい。

    タクロバンのロビンソンモールが拡張して2倍の大きさになりました。新しいホテルも併設しすぐにオープンするでしょう。また、南のパロ市にジョリビー、やシェイキーズがオオプンして結構お客が入っています。
    マッカーサーパーク近くのオリエンタルホテルは風と高潮で完全に壊滅しましたが、先日再開オープンしました。
    ホテルのプライベイトビーチは閉鎖中は大勢の人が無料で海水浴を楽しんでいましたが、ついにできなくなりました。私も何回か行きましたが。
    まだ一部は工事中ですが、料金は超一流です。

    復興による景気アップなのかどうかよく分かりません。レイテのココナッツと米の2大ビジネスのひとつが欠けた状態で、恐らくあと10年は続くでしょうが・・・。
     政府はココナッツ椰子の代わりにパーム椰子を栽培することを奨励しています。パームは10年前後で実がなるみたいで一見いいようですが、短期間で育つ木は建築材には向きません。
    その点ココナッツは20年以上かかりますがここらあたりでは唯一の建築材なのです。
    もっといい建築材用の木もありますが、先の台風でやられ、50年から100年かかります。
    多くの農家にとって悩ましい問題です。
     私が建てた家には100年前の木も使われています。100前に比人が植えて育てた恩恵を蒙っているのです。
     気休めの為に、50年後100年後にようやく使える苗木も実はいくらか植えていますが。
    ではまた。

  • <<
  • 3763 3744
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順