ここから本文です
  • 昨年9月、テレビ東京や番組制作会社幹部らが都内に石坂浩二を呼び「開運!なんでも鑑定団」の降板通告した。

    石坂浩二は94年4月の放送開始から同局の看板として約21年間続く番組を、知恵袋として支えてきた功労者。

    同番組での石坂をめぐってはここ2年ほど、ネット上などで視聴者から「放送中、ほとんどしゃべっていない」との指摘が相次いでいた。制作スタッフは「収録中はたくさんしゃべっている」と証言。にもかかわらず、約2年にわたり、ほぼ発言が放送されていない。別のスタッフは「コーナーが多く、出演者を問わず発言はカットされがち」としつつ、「収録での石坂さんの言葉数からすると違和感がある」と、意図的に編集している可能性を指摘する。

  • <<
  • 30 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン