ここから本文です
  • テレビはそのものはメディアである、放送のメディア・媒体である。SDカードと同じ、記録メディアでもある

    では、マスコミとは何か?
    権力の暴走を監視したりするメディアであるというのが欧米の自由主義の主張に基く定義だろう

    では、日本のマスコミは?
    権力の手先になって国民を誤誘導の先頭に立つメディアである、のか?
    そんな情ない金儲け主義者でしかないのか

    私がマスコミとメディアの違いを考えてこのスレを立てたのは、読売テレビ(関西ローカル)で1月17日に放映された「キミに伝えたい」の中で、どうみてもテレビが自己免罪を企てているとしかみえない場面があったからである
    それは、テレビから消えた死体の場面だ
    なぜ高校生が出場している、というか出場させられたのかがそれで理解出来た

    かつての経験だが、私がいつも乗っているバスが、雨が降っている為だろうか、いつになく乗客が多かった
    とあるバス停で停車して乗降客が終わりドアを閉めようとしている時に突然本人でも付き添いでもなく回りの人が「降ります降ります」と叫びだしたのだ
    わかるでしょう、障害者と名乗れば何でも自分の通りになるという論理、それを「もっと早くに言え」と呟いたのだが、私が降りようとしたバス停で私のバッグを脇腹に挟んで「いたた」などと猿芝居をした高校生。

    辛坊がどうであったかはわからないが、読売はこういう似非正義を頼りにしてこのような高校生を参加させたのは間違いない

    私としては、カメラを持ったなら鬼の如く記録を残すべきであり、放送されないからカメラを回さないなどというのはアマ唐四郎未満だと軽蔑する
    何故ならば、カメラを持った人間はマスコミではなくメディアの人間でありその誇りと意地を持つべきだからだ。マスゴミには勝手に編集させればよい

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン