ここから本文です
  •  連日、テレビのワイドショーは、森友学園籠池理事長の「教育勅語」教育を批判し、稲田大臣の弁護士引き受けの事実誤認を批判しているが、民進党も、連日、国会で「国会を軽視している。」などと批判し稲田大臣の辞任を要求し、安倍首相には罷免まで要求している。 しかし、民進党は、漣舫代表の二重国籍問題に関して、未だに台湾国籍を放棄せず、二重国籍のままである事実につて国民に対して、明確な説明も、台湾国籍を放棄したとの証明もしていない。 これこそ大問題である。 テレビのワイドショーは、漣舫代表が自ら先に辞任してから稲田大臣の辞任を要求するのが筋であると言うべきである。

  • <<
  • 7 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン