ここから本文です
現在位置:
  • 1

    *****

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお知らせ☆★

    この度居酒屋「Love&Peace」を開店いたします
    赤胴鈴之助・月光仮面・鉄人28号を知っている世代の店主です
    仕事で慣れないPCに向かっているオトーさん!
    そろそろ一杯やりませんか?
    昔「全共闘」・今「全狂頭」ですが、人生まだまだこれからです
    話題は何でも結構ですが、喧嘩や愚痴はご遠慮願います
    おつまみは持ち込み無料です
    どうぞ一度ご来店下さい

  • <<
  • 3336 3317
  • >>
  • 3336(最新)

    yaj***** 10月21日 08:52

    >>3335

    この店に集う皆様方は、歩くことにかけて [もうほとんどビョウキ]の状態です。「朝は変質者が歩いているから気をつけよ」とは、娘時代に聞かされた言葉です。

  • >>3334

    [病膏肓に入る]。とうとう私まで、浪士の墓にお参りして来ました。独りでは心細いので、女性のお供を従えて参りました。芳名帳を見ると、結構遠くからの人の記名がありました。事前に伊能忠敬や天狗党について、学習しました。数日来天候不順なのは、天神様と仲の良くない私が 勉強しているせいです。皆様、ご苦労様でした。

  • >>3332

    店主様
    お疲れ様でした、店主様はじめ、皆さん実にタフです。
    少し前なら熊野古道や金剛山トレイル(一部)など一人で歩きましたが、
    五関節不満足の今は、パスして正解だったと思います。
    天候の加減か、樋橋より少し手前のゴールだったようですね。

  • >>3332

    居酒屋店主Buildさまへ
    素晴らしい和田峠超えのレポートをありがとうございました。長丁場6時間のの歩行は、昔若い頃の登山と同じ、峠の登り同様下りも結構な勾配だったはず女性の皆さんに急き立てられて、皆さん見事に完歩。ほんとおめでとうございます。今年は下諏訪宿の手前まで来年春足元が良くなって塩尻峠超えですね
    来年も素晴らしい伊能ウォークになりますように期待しております。

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお 居酒屋店主Buildさまへ 素晴らしい和田峠超えのレポートをありがとうございました。長丁場6時間のの

  • >>3330

    今回歩いたところを地理院の地図にプロットしてみました。

    国道142号との合流地点で一息入れた後、トラックなどが行きかう舗装道路を歩きます。諏訪側からは登坂車線のある整備された道路ですが、右側(登坂車線側)を一列で歩く私たちのすぐ横を大型トラックが、轟音を立てて通り過ぎてゆきます。少し恐怖を感じながら歩くこと30分程で中山道は国道から右にそれます。

    分かれてすぐにパーライト工場に突き当たります。パーライトとは黒曜石を1,000℃くらいで熱して数倍に発泡した白い顆粒で、建材、土壌改良剤、緑化資材などに用いられます。その工場前から国道の下を潜り抜けて「浪人塚」に到着(14:45)しました。

    浪人塚の詳しい説明は写真の説明版をご覧ください。この戦いで松本藩・高島藩の連合軍は天狗党を迎え撃つために西餅屋を焼き払ったといいます。ここを今年の終点(来年の出発場所)とし、帰途に就くことにしました。このころから雨がポツポツと当たり始めましたが、予定時間より早めに到着していた貸し切りバスに乗り込み出発(15:00)しました。

    新和田トンネルを抜け、今朝の出発点の男女倉口までは15分でした。6時間ほどかけて歩いた和田峠をあっという間に通過したため、一同複雑な気持ちになりました。このトンネルの通行料金(普通車 620円)を高いとみるのか安いとみるのか?このトンネルの開通は昭和54年といいますので、東餅屋の閉店は別の理由だったようです。

    唐沢の一里塚の辺りで和田古峠で出会った旅人をバスは追い越し、和田宿ステーションに到着しました。ここで二日間お世話になった勝見氏たち4名とお別れです。ありがとうございました。

    近くのコンビニでそれぞれ飲み物を調達し、今年の信州伊能ウォークの完歩を祝い、来年の再会を祈念して乾杯!!

      完

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお 今回歩いたところを地理院の地図にプロットしてみました。  国道142号との合流地点で一息入れた後、ト

  • >>3330

    皆様のお載せ下さった古道の地図を、全部で何時間眺めたことか。始めの内は、何のことかと思いましたが、判り易い名文とお写真により、全体として中々に深いものが見えてきました。

  • >>3329

    いよいよ諏訪に入ります

    古峠で記念写真を撮って、いざ出発(12:30)となりました。道は一転して狭く急なジグザグ道となり、整備も必ずしも良好といえません。所々にガレ場があり、皇女和宮はいかにしてこの道を登ったのだろうか?と思いを巡らせます。諏訪方面からすれ違う二組目となったご夫婦と挨拶を交わし、やがて石小屋跡に到着します。今下ってきた道は険しく牛馬のすれ違いもできなかったので、避難所と荷置き場を兼ねて下原村の名主勝五郎が造ったといいます。

    ここから道は少し緩く広くなりますが、整備は和田側に及びません。かつての道だったと思しき所までカラマツが植林されて、道幅を狭くしています。林道と交差した広場で小休止をして、再び沢沿いの道を歩き始め国道を横切ってしばらく進むとようやく「西餅屋茶屋跡」に到着(13:20)しました。早速預かった写真を取り出し、風景と照合してこの場所に間違いないことを確認し納得しました。

    15分程休息をし、再び国道を横切り中山道に入るとすぐに「西餅屋の一里塚」がありました。江戸から五十三里、昨日の歩き始めから四泊、上組、鍛冶足、唐沢、東餅屋、西餅屋と六つ目の一里塚となり二十数キロ歩いてきたことになります。
    ここから先はガレ場が続き、崖の中腹に造られた道は極端に狭く30cmほどのところもあります。左側は砥川(餅屋川)の深い谷、足を踏み外したら・・・!!昔は桟橋を設けて通行していたのだそうです。最後の難所を慎重に下るとやがて国道に合流します。

     つづく・・・もう少しお付き合いください

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお いよいよ諏訪に入ります  古峠で記念写真を撮って、いざ出発(12:30)となりました。道は一転して狭

  • >>3328

    つづきです

    女子パワーに押されて歩き始めてすぐに勝見氏から「止まって、足元を観察しましょう」と指示があり、足元をよく見るとあちこちに黒曜石の欠片が散らばっていました。一人の女性から「ザクロ石(ガーネット)も採れるそうですね?」と質問があり、「この先で取れてましたが、採集禁止です」と回答がありました。実際その先の小川のほとりに採集禁止の看板が掲げられていました。やはり女性は宝石には興味が・・・

    やがて国道142号に合流し、五軒の茶屋があった東餅屋茶屋跡に到着しました。ここで伊能公らが中食をとったという記録が残っています。国道を挟んだ向かい側には"力餅"を販売していたドライブインがあったのですが、新和田トンネルが開通し交通量が激減した為か5~6年前に閉鎖されたそうです。その朽ち果てた建物の駐車場にも黒曜石の欠片が散らばっていました。

    ここから中山道を外れ、昼食を取るべく"農の駅"に予定より45分も早く到着(11:00)しました。ここで「お約束の"きのこ汁"」が全員に配られ、持参した昼食とともにいただき大満足でした。思いがけない団体客にホクホクの店では、黒曜石、ガーネットの他にきのこの塩漬けなどのお土産も販売していました。

    腹ごしらえを終えて再び中山道に戻り、いよいよ和田峠(古峠)向かって出発(11:40)です。相変わらずよく整備された古道を登り、3回ほどビーナスラインと交差します。そして最後の坂道を元気よく登り切ると古峠(標高約1,600m)に到着(12:00)となり、皆でハイタッチでした。あいにく遠くの山は見えませんでしたが、諏訪の町並は眼下に望めます。御嶽山遥拝所碑(写真②)や馬頭観音、賽の河原地蔵が建立され往時が忍ばれます。古峠が分水嶺となっていて、和田側に降った雨は千曲川に合流し日本海へ注ぎ、諏訪側に降った雨は諏訪湖に集まり天竜川となって太平洋に注ぎます。
    諏訪側から一人の旅人(シニアハイカー)が登ってきました。諏訪湖を8:00に出発し4時間かけて到着したそうで、今日は和田宿まで行くそうです。そして高崎まで歩く予定とか・・・街道歩きは結構人気があるようです。

      さらに続く

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお つづきです  女子パワーに押されて歩き始めてすぐに勝見氏から「止まって、足元を観察しましょう」と指示

  • >>3327

    こうしてお話を伺っていると、あー行けば良かったと思いますね。
    つづきも楽しみです。

  • >>3321

    お待たせしました。じんべい様の続きです。
    翌朝7時に朝食を摂り、予定より早く大屋駅から到着(8:00)したバスに乗り込み出発しました。和田宿ステーションで勝見氏と杉原氏、飯綱町から嫁いできたばかりの学芸員さんと長和町地域おこし協力隊の森美香さんが加わり、昨日の終点である男女倉口(標高1,100m)に到着しました。

    出発式では市川委員長から「今日は見どころが少なく、"体育の日"ですので・・・」と挨拶があり、準備体操を入念に行い5Kmで500m登る和田古峠に挑戦します。ここからは本格的な山道となり、かつて熊野権現社前に並んでいたという29体の観音菩薩像が見送ってくれました(三十三体観音)。依田川は男女倉沢川と分岐して、街道沿いに清流となって流れています。よく整備された道(念仏坂)を気持ちよく歩く私たちを勝見氏は懸命に撮影し始めました。11月23日に諏訪で開かれるフォーラムに発表させてほしいとのことです。

    小一時間ほど歩き赤坂を抜けると、再び国道142号と交わり「永代人馬施行所(国指定史跡)」に到着(9:20)し、15分の小休止となりました。ここでは、11月から3月まで立ち寄った旅人には粥一杯と焚火、そして牛馬には年中、桶一杯の飼葉が施されたといいます。その傍らには清水がコンコンと湧き出ていて、ポリタンクやペットボトルを持参した水汲みの車が絶えません(写真参照)。この水は天下一品の名水で、この水を飲んでいると癌にもかからない?との解説もありました。写真の左奥には窃盗犯護送中に犯人と格闘となり、この地で殉職(明治22年)した近藤巡査慰霊碑があります。

    再び旧中山道に戻り、長坂と呼ばれる山道の左側を流れる依田川は和田川と名前を変えていました。しばらく登って行くと、旅人のために古くからあった石畳を「歴史の道」として整備し直した道となります。そして、江戸から五十二里にあたる東餅屋の一里塚に到着しました(10:20)。昔は笹と葦の生い茂る原であったことから広原一里塚とも呼ばれていました。市川委員長から「ここで15分間の休息、あと1Kmほどで今日の昼食予定の"農の駅"。今そこに"きのこ汁"を予約いたしました」とアナウンスがあり、女性陣の中から「休息はもういいので早く行きましょう!」の声が上がりました。このパワー恐るべし!

      つづく

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお お待たせしました。じんべい様の続きです。 翌朝7時に朝食を摂り、予定より早く大屋駅から到着(8:00

  • >>3325

    yajirobei さまへ
    たぶんこの旧仮名遣いなる日本語は、たぶんyajirobei さまたちが最後でしょう、
    我々はとても旧仮名遣いは・・使いこなせません。(≧∇≦) 中山道・・下諏訪宿
    からなぜわざわざ上州に・・本当なら甲州から江戸のほうが楽なはずですが・・
    不思議が一杯ですよね。 またいろいろ教えてください。

  • >>3324

    この路はよく通るけれど、こうして写真で観る方が夢があります。なお私達は、[いてふ]など旧仮名遣いで小学校を終えました。

  • >>3322

    じんべえ さまへ
    お疲れ様でした、どことなく 市のマークが似ていて・・こじつけてしまいましたが
    塩尻のマークは しほじり・・と昔書かれたことに由来して ホの文字を4つ丸く書いたものがこのマークと聞いています。たぶん間違いないと思いますが、しほじり・・と書いてしおじりと読ます、なんてことがありましたよね、いてふやも同じてふてふも同じ、昔の人達は優秀でしたよね \(^o^)/ 霞ヶ浦気をつけて行ってらっしゃいませ
    写真は塩尻峠から塩尻宿への中山道の街道です

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお じんべえ さまへ お疲れ様でした、どことなく 市のマークが似ていて・・こじつけてしまいましたが 塩尻

  • >>3320

    おかげさまで、詳しくその写真の謂れなどが判ったり、そしてまたその場所も特定出来たりしまして、納得出来ました。ツマランことをお願いして・・ありがとうございました。この中山道写真はこの和田宿までが私の手持ちの全てなんです、ここから南の方に関して木曽街道の途中までありまして、昔の写真と現在の写真と比べてみて楽しんでおります。また来年の塩尻を楽しみにしております。

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお おかげさまで、詳しくその写真の謂れなどが判ったり、そしてまたその場所も特定出来たりしまして、納得出来

  • >>3319

    ワイコマ様
    見逃していました。
    我が三郷のマークをありがとうございます。
    サ、ト、が三つの単純なものです。
    お返しに塩尻のマークを。
    これは何でしょうね?
    やはり塩の結晶(四角形)が四つ、でしょうか。
    真中が塩で、四方から集まる、なんて見方もできますね。
    ご解答をお願いします。

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお ワイコマ様 見逃していました。 我が三郷のマークをありがとうございます。 サ、ト、が三つの単純なもの

  • 店主様、お疲れ様。
    まずは難関、和田峠越え、おめでとうございます。
    西餅屋の特定もご苦労様でした。
    バッチリですね。
    一日目のブログへのご配慮もありがとうございます。
    今日前半をアップしましたので、いつでもここで二日目を
    ご紹介下さい。
    楽しみにしております。

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお 店主様、お疲れ様。 まずは難関、和田峠越え、おめでとうございます。 西餅屋の特定もご苦労様でした。

  • >>3317

    和田峠越えを無事踏破いたしました。詳細はじんべい様のブログでお願いいたします。そのあとで二日目をご紹介いたします。

    まずは宿題の答えからご披露したいと思います。一日目の和田宿本陣の資料館でのこと、ご依頼の写真とそっくりな写真が展示してありました。説明書きには「西餅屋」(横浜開港資料館所蔵)とありました。写真の①にも同じ写真が使われています。じんべい様にも確認をお願いし、「西餅屋」の写真であることを確信いたしました。

    二日目に同所に到着して同アングルと思しきところで撮影した写真が③です。木立で山が隠れてしまって形が見えないので、少し下って国道142号から山を撮ってみました-④。そっくりの景色ですね。

    西餅屋には4軒の茶屋があって、伊能忠敬の一行は"小口金右衛門"に先発隊が、"日野屋六兵衛"に本人たちの後発隊が宿泊したという記録(測量日記)が残っています。⑤の復元図(明治35年)には"小口金右衛門"が左下にありますが、"日野屋六兵衛"は見当たりません。伊能公の宿泊が文化6年9月23日(西暦1809年10月31日)でしたので経営者が変わってしまっていたようです。ほかに犬飼家(右上)と小松家(右下)は確認できますので、たぶん⑤図面左上の武居家だったと推測します。まさに写真②の右手前の茶屋でしょう。

    何はともあれ場所が特定できてメデタシでした。

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお 和田峠越えを無事踏破いたしました。詳細はじんべい様のブログでお願いいたします。そのあとで二日目をご紹

  • >>3316

    じんべえ さまへ
    時代も、江戸から明治、大正、昭和、平成、来年は?? と変わっていますので、この先少子高齢化と都市部と地方の田舎の格差が更に広がって、田舎は人口が減少するばかり・・なので市区町村の合併はまだ更に進行する可能性が出てきます。
    じんべえさまの三郷市の市のマークがわが町の市票とよく似ていて、ビックリでした
    私が今から社会科の地理のテストを受ければおそらく惨敗でしょう (≧∇≦)
    https://www.city.shiojiri.lg.jp/

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお じんべえ さまへ 時代も、江戸から明治、大正、昭和、平成、来年は??  と変わっていますので、この先

  • >>3315

    yajirobei さまへ
    最近の市町村名は、さて?? と考えさせられる名前が多いですよね、平成の大合併の功罪、行政費用の軽減には役立ちましたが・・私らが社会科で勉強した市町村名が大きく変化して、消えてしまった名前が沢山ありますよね、完全に消えたわけではないのでしょうが、新しく作られた市町村名には・・ときどき戸惑いますね。

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお yajirobei さまへ 最近の市町村名は、さて?? と考えさせられる名前が多いですよね、平成の大

  • >>3313

    ご苦労さまです。明日あさってのお天気、雨の心配は無さそうです、ツマランお願い
    をして、申し訳ありません、何時か私も中山道を歩いて・・と思っていますが、明治の時代に素晴らしい写真の数々、いつか その昔の写真と現代の写真の見比べをして
    当時を偲んで見たいと思っています。いつか塩尻でお会いできるのを楽しみにしておりますよ、気をつけて行ってらっしゃいませ。

    ★☆居酒屋『Love&Peace』信州店_開店のお ご苦労さまです。明日あさってのお天気、雨の心配は無さそうです、ツマランお願い をして、申し訳ありませ

  • <<
  • 3336 3317
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!