ここから本文です
現在位置:
  • 1

    *****

    賢弟たるか?

  • <<
  • 18060 18040
  • >>
  • 18060(最新)

    アレカ 1月23日 02:09

    >>18038

    【2017-2018 NカフェPOG Star Wars 3歳クラシックロード編】

    《12月最終週~1月最終週前の成績なの♪》

    12/28(木)
    阪神 新馬 アモーレジョディー【1.8×280=504pts】ととさま
    中山 ホープフルS【GⅠ】ルーカス6着 タイレルさん【2歳GⅠ出走BOUNS対象外デビュー+2番人気400pts】
    中山 ホープフルS【GⅠ】フラットレー13着 エアロさん【2歳GⅠ出走BOUNS対象外デビュー+3番人気300pts】
    中山 ホープフルS【GⅠ】ジャンダルム2着 石さん【2歳GⅠ出走BOUNS、400pts+4番人気200pts+賞金2800pts】
    1/7(日)
    京都 未勝利 イシュトヴァーン10着 石さん
    京都 未勝利 サトノコメット16着 ささくれさん
    1/8(月)
    京都 500万下 スワーヴポルトス13着 石さん
    京都 未勝利 トーセンブレイヴ7着 ととさま
    京都 シンザン記念 プリュス8着 エアロさん
    京都 シンザン記念 スターリーステージ6着 ささくれさん
    京都 シンザン記念 カシアス3着【1.8×950=1710pts】タイレルさん
    1/14(日)
    京都 新馬 ルナステラ2着【240pts】タイレルさん
    京都 新馬 メイショウトモシビ13着 タイレルさん
    1/20(土)
    中山 未勝利 オーフルテソーロ6着 タイレルさん
    1/21(日)
    京都 新馬 グレートウォリアー3着【150pts】石さん

    集計ポイント
    http://pog.netkeiba.com/?pid=tool_group&group_id=63213
    1位 ささくれさん 17124pts
    2位 タイレルさん 15289pts
    3位 石さん 13125pts
    4位 エアロさん 8426pts
    5位 ととさま 4778pts

  • >>18046

    【ディアデラ画伯のオースサイン】

    ふああああ
             , -―-  、  /
            /::::::::::::;:::::::::::: X
    眠ぃ… /::/::/:::/l::::;::::::::l::ト、
          ,:::::;l/レ'  |/ |:::/::|::l \
          |::::l―-  _ j/!::::|::|
          |::::|'',-、__  ̄l:::::|::|
        /|:r/^7   ) '' |:::::!::\ かあさま、まだ寝ないの?
        >':::〈  〈T/⌒ ー‐|::::::\:::)_, またスケッチぃ?
      ((_):::::)〉 /     >:∠ハノ
        `/ヘ/        丶---'\
        / /   l        /
       {_」   _n.」__」__,.ィ'´
        /  { ||       |
    あれ?お義母さんは?

    ザリコなら大北牧場に通夜に行ってるわよ。今日は帰らないでしょ。
                        /:.,r'´;: : : : : : : :`丶: \ノ
                   /:///:/:/´ヽト、: : ; : V: ヘ
                    l/: /  |' |' |  | l:/|:/l: V: l
         r┐         |: :i _ -- 、_,!  / |' j' l: :i: :l
        _|_ l, ┐         l: :| y示㍉    -―-、l: :l: l もうちょっと…
       / 、__`ァ       r_l: K ヒr:〉 }   , 二.._ l: l:/
      {  '┴'、 {        | l:l  ¨´     '´ ̄ Y |:/ヘ
      〈  ー 、 〉ヽ      \|ハ     '       /!⌒)
      {  ー 、〉 }       `l:i:\  ´ ヽ    /士イ
      ヽ ー、_.〉 /        |:i: : :\__  イ: : : : : |
        ト   } /}       , ┬― |: :l{     |:|: :l: : : :l
        l| /|      l/\  l: :l\   ヽl: :ヽ: : :l
       { ̄´ /}ヽ    /   |  \:\\__ ト、: ト、:l
       /ヘ`二 イ |  /    ト、   ヽ:ヽ ヽ 7 l: l |!
       |         |  !     l l   ヽ:ヽ ∨  l: | /|

    マドレ「なんで大北牧場?」

    ノビア「さあ…いつまでも電車もまともに通らないような旧時代の山奥に、っ…と、…ふう(こうかな?)
    …ゴリラの野蛮な遺伝子がナニカ惹かれて感じるものがあるんでしょうよ。」

    マドレ「ふーん…~おやすみぃ~」

    ノビア「ちゃんと歯を磨いてから寝るのよ?マドレ」

    マドレ「はあ~い」 バタン

    ノビア「……。バッカみたい、ヒロインは私一人で十分なのに。」

                         , -‐=ニ、)_
     …うーん…             /. : : : : : : `ヽ.)
      描き直しね… ゴソゴソ /. : : : : : : : : : : :ハ
                     /. : : : : : : : : : : : : ::}
                  ,. : :´: : : : : : ; -- 、: ィ: /.:ノ
                 /: : : : : :/:/     Yj: /´
                /: : : : : :/l:/ /     /リ:/
             /: ;ィ: : / /'  /     //:/
           /レノリ/_    /     //:/
          / -― ´     /    {''
         /            ∧    〈 ザリコのやつ、おみやげ買って
       / , _____.、  /  ヽ.    ヽ こなかったら承知しないんだから…
       レ ――――‐、\  }l   \   }
      |   、       \Y人___廴_ノーュ___
         、 ーヽ      ヽー'  ̄ ̄'ー一'´  ̄ l'| __
         ヽ   l       ',               l'|  ̄l'|
            ヽ   ヽ      ',          l'|   l'|
           \  \       ',             l'|   l'|
             / ー 〉   / }RTH FRIGHT l'|   l'|

  • >>18053

    【京アニ大賞って、初めて知ったなの!】

    応募小説からおこすって、分量的に考えて(まとまりのよい作品とすると)ふんわりした作風多くなんないかな?
    なんとなくなのだけど傾向に偏りでるんじゃないかなって予感。ひゃくまんえんはアレカに渡してほしい!!

    2017年度 漫画賞
    「MAJOR 2nd(メジャーセカンド)」満田拓也

    ヤングジャンプは殺伐としすぎてて(作者もおかしい人なのかな?と思うことすらちらほらで…)病気の人が読む漫画雑誌になってきてる。ああいうのがカッコいいと思ってGOサインだしてるのが怖い。一方のジャンプは萌えジャンプになっちゃった。
    雑誌を好くするには編集を総とっかえした方が早そう。たぶん、現・編集世代が少年時代に良いものを読み込めてないか、時代が出版社に感受性のある人を送り込んでないかだと思う。作者達は(世間がグロをもとめるから描いてるとゆー感じで、昭和の大先生みたくプロパガンダの持ち主はいないと思うし)迷走してる風で、指揮者の(要は読者の)問題と感じる肌ザワリが多いなの…
    社会問題にされてもメディアや世論に抵抗してく気迫、愚民の弱さにビンタして引っ張りあげるのがジャンプのとんがったいいとこだったのに、いつしか愚昧愚衆のごきげん伺いをする三流漫画雑誌になっちゃったね感。売れないことを恐れて行動指針を決定してってるもん。イイモノなら売れる!の精神を前提にできてないから、風見鶏で、中身がない。熱がない。

    感じて漫画に熱(ココロ)のある人が見限って店を去り、熱(ココロ)のない人が無責任にああだこうだと注文をつける殺伐としたレストランに。ご主人様のごきげんを損ねないようにの発想から余計に(ジャンプは)萌え、(ヤングジャンプは)グロ、というバカの一つ覚え的なウケ狙いに奔走する。そうなってしまったジャンプを嘆かない人達、今がよければ、この瞬間、空間の気分がよければいいや(漫画雑誌のあとのこと、漫画文化のあとのことなんて知ったことかー)で人の苦労(良心や精神性、アイデアに想像がゆかず)安易に不満のはけぐちとできる人の小道具と堕ちてく。

    でも、いつの時代にも人の弱さ、大衆に愚痴はある。なので出版社の人間というのは「流される人々」に意見する、社会に問題提起できる良心を強い気迫でもつ人達、で形成されてきた。いまのジャンプの問題の根にあるのは、編集部に正しい人間力が欠けているのが原因だろなってととさまクラスなると直感するものがある。おそらく〝他人をジャッジする立場に据える人物〟の選定をどこかで間違えたはず。想像だけど、でもたぶんそだろうなって確信がととさまの脳には流れてくるなの。

    文字を…読めなくなって次代の大人たちがつぎつぎに当然の読解力まで失えば、連れて漫画も死ぬものなのかも知れないね。字と絵は一見べつものにみえるけど…じつは深いとこで繋がっていて。

    黄金期なら.280くらいのバッターである尾田さん、どちらかと言うと漫画的な表現・見せ方は「ヘタ」な部類に入るワンピースの作者を天狗にしてて、ちゃんとダメ出しできない良心レベルの編集なのでね、看板作品ですらその程度なら他の作品のレベルも推して知るべしってことで。

    メジャーセカンドのいいとこは、サンデーのいいとこでもあるだけど、

    ・読者に疲れさせない、安心の画力とコマ割りのうまさ。
    (脳がリラックスしたままスイスイ読める。サンデーにありがちな大コマもむだに多用しないなので中身もつまってる。)
    ワンショットならあだち充先生の絵が好きって人もそれなり多いだろけど…野球のシーンの表現の引き出しの数って部分では今この人以上の作家さんっているのかな。ってくらい、どんな場面も苦もなく自然に描けてるのがすごい。

    ・女の子たちがかわいい。
    (一部では作者は野球より女の子を描くことを生きがいにしてるだとか、隠れエロ漫画だとか言われる始末。だけどそれでもって本筋のクオリティが落ちるわけではないのよね。作者の趣味には気づく人は気づくという程度で、ストーリーの面白さの脇の楽しみレベルに留めてるのが逆にすごい。)

    ・一世風靡した有名作の続編なのに、二番煎じにならない安定の面白さ。
    (ほのぼの感があるのに苦悩も描ける。人間を切り刻むグロを書かないと主人公のリアルや熱を表現できないと宣言してしまってるジャンプとはもはやレベルが違う。)

    などなど♪

    と言っても、例えるなら(今さら)高橋留美子作品の次回作をほめちぎってもね?という程度には本来、「普通」のポジションであるべき良作のひとつと思う。問題はやっぱりそれだけ、やっぱりベテランは違うね♪って再評価しなきゃなんないほど他が、他の作品のやってることが、嘆きたくもなるくらい堕ちてしまったねってことと思う。

    ちなみに、ジャンルを問わず(萌えもゆるしたとして)、それでも少年ジャンプから選べとゆーことなら、(過去、既にととさま大賞を授けてる作品を除くとすると)絵柄・表現画力・コマ割りの妙・ストーリー展開・キャラづけ等々…漫画作品としてみて総合力で優秀で、作者も有能だね、という漫画はこれになる。
    HUNTER×HUNTERの再開がないと買うのが惜しいレベルになってきてるなのよ!(ぷんぷん)

    ニューヨークカフェの狂気と狂喜!? 【京アニ大賞って、初めて知ったなの!】  応募小説からおこすって、分量的に考えて(まとまりのよい作品

  • 【今、凄いことが起きている】

    オブセッションは評判になっているのを知って「そんな馬いたかな?」と記録を見直しました(一応、2歳戦は全て見ていた筈なので)。

    ユーチューブで映像を見直しましたが、ぱっと見で私の記憶に止まらなかったのは分かりました。緩くてフワフワというかフワンフワンしている。現状ではそれほど強くない。レース振りが派手に見えたのは、坂で前が止まったせいでしょう。しかし、現状で緩いのなら逆に将来は伸びる可能性がある。

    ダノンプレミアムは現状で筋肉量が多くあまり伸びて行くとは思えない。ワグネリアンもちょっと窮屈で、ブロードアピールの血が強く感じるのはこれから完成が近付き距離が伸びて行く上でどうか。


    シルバーステートのレースはろくに見たことがなかったのですが、今週になってユーチューブで初めて見ました。

    形はそれほど良くないですが、漲り溢れ出る筋力の怪物。屈腱炎になってちょっとフォームが変わったように思いましたが、古馬になってからの質量感からすると2歳時はまだ細い。

    すると、それより形が良いヘンリーバローズが、兄と同じようにパワーアップしていったら凄いことになる。現状でも感嘆していたのに、兄の姿を知ってさらに末恐ろしいと感じるようになりました。

  • 【今期の私は少しは違うが】

    アッシュゴールドとかヴァナヘイムとかムギュッとし過ぎていて動けないというのを、エアロさんらに痛烈に批判され続けていたので、さすがの私も反省しましてね。

    だから今年はゆったりした馬を選ぼうと心掛けた部分はありました。それがラッキーライラックでもあります。

    私が、胴が短いような馬を選びがちなのは、そういう馬の方が緊張感があって動きそうに見えるからです。逆に、ゆったりしていると、本当にこの馬が動く筋力があるのか?と不安になります。競馬場で走っていればそんなことは感じないのですが、POGで選んでいる上では、です。

    (それと、牝馬ばかりになったのは、あの時点ですっきりしていた方が良く見えがちだったというためでしょう。しかし、ヘンリー教に入信したこれからはそれも変わるでしょう)

    ラッキーライラックはこれまでと異なるタイプの馬として選んだ部分があったので、これで動くのか?と思う反面、と言ってもこれ相当良いんじゃないか?という思いも強くありました。

    逆に、スターリーステージは従来と同じような傾向で、上が活躍しているのもあって安易に選んでしまったかなと。

    アーモンドアイは、下位まで続けてきて似たような馬ばかり選んでいるという気持ちが強くなっていて(ラッキーライラックとスターリーステージとこの馬が似ているという意味ではなく、ノーザンの馬だから。でも、仕上げ方が似ているというのはあるかも?)、だからもう終わりにしておこうと、牡馬に移って指名しなかった馬でした。

    ロードカナロア産でピックアップしていたのはこの馬だけだった筈ですし、一本釣りできていればカッコ良かったのに。当初の方針からすれば、この馬をスターリーステージより上位ですべきだったのではないかと、凄い脚を見てちょっと後悔しています。

  • 【Re: 沖縄の人たちは本土の人間を嫌っている】

    昨年、ある雑誌の記事を読みました。それを書いたのが沖縄のライターであるとか、記事の内容の「観光客で来る分にはお金を落としてくれる相手なので愛想良くするが、本心では本土の人間を嫌っている。他に利害関係のない外国人観光客の方がよほど好きだ」というのがどこまで本当なのか確認は出来ませんが、理屈としては理解出来るものでした。

    琉球王朝を祖とする本土の人間とは別の民族だと沖縄の人が考えているというのはどのくらい本当なのかこれも分かりませんが、太平洋戦争のときは時間稼ぎのための捨て石にして今も米軍基地の大部分を押し付けているのを恨んでいるというのは本当だろうと思います。

    年末年始に読んだ本に「(本土の)日本人は安全保障を沖縄にタダ乗りしている」と書かれていました。厳密に言って完全にタダではありませんが、上手い表現だと思ったので使いたいと思います。(この他にも様々なものがタダ乗りとして批判されていましたが、自分が応援している政党が政権を取ったら相手側にその政策を押し付けるのに、応援している政党が政権を取れなかったら相手の政策を受け入れないというのもタダ乗りだという論は、最もなるほどと感心しました)

    1年前に沖縄に行きましたが、お店の人としか話していないので地元の人の気持ちは分かりません。しかしそもそも私が「沖縄の人たちは基地のことをどう思ってるのだろうな?」といった気持ちでいて、タダ乗りの自覚が希薄であったのだと後になって思いました。

  • 【グリーンチャンネルを解約した】

    海外レースの画質が悪いので解約しました。

    最初からその品質なら腹も立ちませんし、維持するのに余計に費用が掛かるから料金が上がるというのも納得できますが、黙ってサービスの質を下げられたものに同じ料金を支払い続けるというのが、腹が立って仕方ないので。

    そうこうしていて思い出しましたが、元々グリーンチャンネルを契約した最大の理由は、海外のレースを観たかったからなのですよね。平場のレースは付属でしかありませんでした。

    取りあえず、他に見たい番組もないし・・・・・・。
    平場のレースはしばらく我慢しようと。

    欧米でクラシックが始まる春になったら再契約するつもりですが、ドバイが無料放送ならとりあえず3月までは解約したままでいいな(とすると多分、4月はスカパーからのプレゼントで無料契約できる筈)。

  • 【あぶねー】

    昨年、特に秋クールに観たアニメがつまらないのばかりで(他には面白いのがあったのに私が観たのが外れだっただけかも知れませんが)、さすがにうんざりしてしまいました。

    それで1月から観る新作は『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』だけにして、後は昔の名作を見直そうと思っていました。

    ところが『斉木楠雄』の2期もあったのです。毎週立ち読みしているのにアニメ化の情報を見逃しているなんてまさかでした。危なかったです。


    「最近の~~がつまらない」と感じると、私の心が鈍くなったのではないかと疑うのですが、昔の名作を観たらそうではないと確信することが出来ました。面白過ぎて止まらない。つまらないと感じるのは、やっぱり最近のアニメが事実つまらないからなのでした。

    『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』はストーリーにはあまり期待していません(期待して裏切られるとがっかりが酷くなるからという理由もありますが)。史上初めて京アニ大賞を獲得した作品ですが、かつて奨励賞の作品がつまらなかったので、選考者のセンスに問題があるか、応募作品のレベルが低いのではないかと疑っているのです。

    映像が綺麗であればそれだけでいいと。

    https://www.youtube.com/watch?v=0CJeDetA45Q

  • >>18048

    【相馬の道は一日にしてならずじゃ!】

    タイレルさん、ありがと!
    なんか、顔格好に味のある金シャチさんだね! ととさまもご満悦だよ♪

    こうみえてととさまもお馬さんのおべんきょうだけは日々(仕事中も)欠かしたことない努力(給料ドロボー)の人なので…今もまだ、何ヶ月かに一段(発見)だけど、階段を昇ってってるの。

    真のととさま、本当の意味でかっこいいととさまをちゃんとお見せできるよう、精進させますなので。

    今年もよろしくなの!

  • 【ロードカナロア産で唯一の】

    アーモンドアイはアレカちゃんパワーを止めていなければ指名していただろう馬でした。こういう馬を、ラッキーライラックもですが、もっと上に評価できれば良かったと思いますが。

    それはそうとして、この馬は昨年2歳戦を見ていた中、ロードカナロア産で唯一、柔らかみがあって将来楽しみだと感じた馬でした。ロードカナロア産ってよく勝ち上がっていますが、凝り固まったマイラーみたいな馬ばかりで全然面白さがないのですよね。

  • 【原作絵じゃないと愛せない】

    福井県あわら市は、綿谷新の故郷とされている場所です。行って来ました。

    あわら市というか、JR芦原温泉駅周辺のプッシュ具合は、今まで色々な作品の聖地に行きましたがその中でも一番でした。スタンプラリーやってたし。

    しかし元々観光地ではないのであまり人はいません(あわら湯の町付近が温泉街で観光地なの)。

    ただここは、基本的にアニメ版準拠なのですよね。駅の看板とか等身大パネルとかはアニメの絵を使用しています。グッズも基本的にアニメ版の絵です。そこに、原作絵のポスターとか実写映画版のポスターとかが混在しています。

    新の地元がこの街であることは、アニメ版でははっきり分かりますが、原作ではあまり印象が残るように描かれていません。原作で場所がはっきり描かれているのは、近江神宮と修学旅行で行った京都の施設くらいでしょう。府中、分倍河原付近も場所はそれほど明確ではない。

    だから、芦原温泉駅周辺が、アニメ版に準拠するのは分かります。

    でも私は、アニメ版は演出も絵もそれほど認めていないのですよね。原作信者だから。ですから、街の雰囲気を楽しむくらいは出来ても、アニメ絵のグッズを買う気にはなれませんでした。

    しかし、原作絵の商品があってそれは買いました。それに、知らないうちにスタンプラリーの応募基準を満たすくらいのところは回っていました。スタンプ押してもらってないけど。まあ、私はそういうのに応募する性質ではないのですが、その程度は地元の経済に貢献してきたぞと。

    ニューヨークカフェの狂気と狂喜!? 【原作絵じゃないと愛せない】  福井県あわら市は、綿谷新の故郷とされている場所です。行って来ました。

  • 【消えたロードカナロア産?】

    ホープフルSは狙おうと思っていた馬がいました。秋の中山で結構強い勝ち方をしたロードカナロア産でダノン何とかという馬です。

    ところが、ホープフルSのダノンを見たら父はロードカナロアではないのです。

    そこで調べてみたのですが、秋の中山開催で特別レースを勝ったダノンのロードカナロア産自体が存在しませんでした。

    近い時期だと、京都でもみじSを勝ったダノンスマッシュがいますが、中山ではないですし、馬の形の記憶が違います。

    すると、名前などの情報の記憶が間違っていたのだろうと調べ直したら、恐らくレッドレグナントなのです。他に秋の中山で特別レースを勝ったロードカナロア産いないし・・・・・・。まあ、レッドとダノンだと私の中でイメージが似てなくはありません。まあ、馬の形の記憶もこの馬なら一致すると思いました。ホープフルSと考えると推せるか微妙でしたが。

  • 【明けましておめでとうございます】

    昨年末、会社の社内報コラムで「今年の漢字は'健'」という事を書いて、仕事納めの挨拶で「安全第一、健康第一」とスピーチ。
    こういうのを同一の法則というのか。
    いや、同じ趣味で集まった面々、少なからず似ているところはあるだろうから、偶然時期を同じくして思考が重なったということか。
    アレキさん優勝おめでとうございます。
    謹賀新年よりめでたいことであると心より思っております。ささくれさんの真似じゃないですよ。
    テンのスピードから最後の脚まで衰えることなく、まさにキタサンブラックな活躍だったような気がします。
    なによりも初めてアレキさんのかっこいいとこを見たことが、ぼくの中では「3歳で強かった馬は4歳でも強かった!グラスワンダーです!」な感じの、復活の実力証明シーズンだったなと思っています。

    その後の吉田さんの「いや~感動しました」は、今季の大逆転劇を楽しみにして取って置きます。
    内胚葉ヘンリーバローズ、外胚葉シルヴァンシャーとなんとも見所ある馬達ですもんね。

    2016-2017シーズン優勝、本当におめでとうございました!
    圧倒的優勝ということで、ぼくの方から「金鯱賞」を贈らせて頂きます。

    ニューヨークカフェの狂気と狂喜!? 【明けましておめでとうございます】  昨年末、会社の社内報コラムで「今年の漢字は'健�

  • 【あけおめ ことよろ マジ卍】

    関東連合 なぜ弱い 箱根 検索

    箱根駅伝 留年 検索

  • >>17969

    【謹賀新年】

    お仲間のみなさま、読者のみなさま、あけまして、おめでとなの!

    サラブレッドにかぎらず人間も足をけがすると死に直結する。まず、身動きがとれなくなる。無理しても無意識に痛めた足を庇うなので他のすじ、筋肉まで傷める。俵を背負って歩くような筋肉の緊張が四六時中続くなので体力の消耗が極端に激しくなる。数分で疲れるなのでますます動けなくなる。はぁはぁになるなので休む。そうして無理しないで休んでると今度は元の体力がどんどん低下する(※1)するとさっきまでできたこともできなくなる。やばいと思って動こうとするけど運動不足で骨盤、スジ、柔軟性、体幹まで奪われていってちょっと動けばブチッブチッとこしょうする体になる(※2) また病院へ。
    この恐怖のルーティンがだんだん実感でなるほどとわかってくると、動かなきゃ命に関わる予感が駆け巡るようになってくる…なのだけど痛くて動けない。いや、まだ動ける!がんばらなきゃ!とおもって動こうすると体が悲鳴をあげて怪我するの。で…ベッドに寝かされる。あきらめる。寝たきりなる。死ぬ。

    ※1 若い内は休んでも細胞の生産のが優って元体力が落ちないどころか自動ホイミが身体に宿ってるのと一緒なのでケガしたらただ休んでれば体力MAXに回復する!
    ※2 けど30代半ばを過ぎた頃だったかなー、中年寄りになってくると自動ホイミ機能は消えて(誰しも気持ちは若いのでここに気づかないのが怖いとこだね)逆に体力ゲージを奪いさってく毒が体内をおかしてる状態なの。最低限、日常レベルの行動(運動)してることで毒は待機状態のままなのだけど、ちょっと弱ると体内に潜んでる毒要素を呼応させて足やメンタルをきっかけに「あちこちの健康」を崩してく。

    人が亡くなるときは大抵こーゆーコンボです。おじいちゃんおばあちゃんが亡くなるときも足をわるくしたのがきっかけだったりするのはすごく多いなの。足が命なのは、サラブレッドだけではないの。心が病んでも(そう感じても)五体が無事なら、その闇は案外と自分の心が作り出してるだけの闇かも知れない。脳の病気ならぬ考え方の病気であるから、物事の捉え方や環境を変えれば助かる。めんどくさがらずに勇気をだしてけば。けど、足は…物理的に身体の自由を、命を奪ってくとこ。

    健康第一。そんな、ありふれた表現には言葉慣れてしまっていて案外と魔力が宿らないものなんだよね。
    まだ、手も、足も、大丈夫…と動くのなら。
    故人先人達が死を予感して味わったはずの危機感と、
    同時に、今の己の欲望にみちた贅沢さ、己の命のありがたさを感じてください。
    メンタルの病は理解されにくい怖さも含めてもっとも重篤なものだけど、だからこそ、己が己さえ知ってさえいれば、救える「気」の病があるということも知っておいて損はありません。

    足を入念に、身体を入念にほぐして一年を過ごしてね。

    アレキサンドライト王国の新しいおふれでした!

    以上。

    今年もディアデラ物語の文字絵はAAReadableで読んでね!

    ニューヨークカフェの狂気と狂喜!? 【謹賀新年】  お仲間のみなさま、読者のみなさま、あけまして、おめでとなの!  サラブレッドにかぎら

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 【乃木坂の方が可愛い】

    西野七瀬はなんとか四十いくつグループシリーズの中では一番好みです。
    が、乃木坂は歌があまりぱっとしない。今年はね。

    欅坂の方が曲は良い。かつ、振り付けが独特なのでダンスが魅力的。枝野幸男に忖度して決まった「不協和音」は曲を知っていただけで踊っているのは初めて見ましたが好かったです。


    ああそうか。平尾昌晃が亡くなったので「蛍の光」の指揮は誰がやるのでしょうか? 寺尾聰かな? らおが合っているから。

  • 【全ての2歳戦をチェックして】

    12月28日分はまだですが、他は年始に有権者の皆様にお約束した通り、中央の全ての2歳戦をチェックしました(一応)。では感想を。

    ①2歳戦が始まったばかりの6月は週に3、4レースでしたが、12月の3場開催ともなると週に30レースくらいになり、最後の直線を見るだけでも時間が掛かって苦痛になりました。

    ②まあしかし、GⅠを勝つ馬を、新馬から継続して見ることができたのは良かったと思います。ダノンプレミアムのデビューは6月で余裕があった時期なのでパドックから見て馬券も買っていたレースでした。ダノンプレミアムは後肢が動かなそうだと思って切りました。

    ③父馬を書き出していて分かったのですが、ある日の同じ競馬場で、同じ父の馬が複数勝つことがあります。リーディング上位の勝ち数が多い種牡馬ではなく、あまり勝っていない種牡馬でもありました。ダートにしろ芝にしろ、その日の状態によって適性のある馬が勝ち易いので、同じ父の馬が勝ち易い道理はあります。が、芝とダートで勝っていた日もありますし、率をを考えるとそれ以上のものがあるのではないかと思いました。コースの状態だけでなく、競馬場の雰囲気とか、またはめぐり合わせとかあるのかなと。

    ④ダート短距離はレベルが低いというか、面白みはありません。レベルが低いレースはダート短距離以外でも散在しています。そういうレベルが低いレースを見ていて、制限無く選べる状況で、こんなレベルを勝つ馬すら選べないのでは本当に不甲斐ないなと感じました。

  • >>18038

    【優勝おめでとうございます】

    初めての参戦でしたが ある程度は満足できる結果が得られました
    馬を見る自分なりのポイントのブレがもう少し狭くできるように
    精進していきたいと思います

    来年もよろしくお願いします

  • 【2017年の漢字一文字は「病」】

    3月に背中の左や左脇腹が痛くなる。
    すい臓がんなのではないかと心配になり、1週間くらいして内科に行ったら帯状疱疹という診断。そんなに強い痛みではなかったのに。

    そう診断されても、私としては半信半疑でした。まあ、医者が信用されない感じだからです。

    薬を飲み終わって2週間くらいした3月末のある日、痛みが最大に。脇腹を殴られたような感じ。まあ、激しかったのはその一日だけでしたが、10月になって違和感が強くなったり、今でもたまに、少し違和感はあります。

    本当に帯状疱疹で、この痛みはその後遺症なのか、最初から半信半疑で、他に病気があるのではないかという不安もありました。まあ、すい臓がんでそんなに痛みが続いていたら、今頃命がなくなりそうな時期である筈なので、ようやく安心したというところです。

    5、6月頃から、ストレスのせいか鬱っぽくなり、楽しいと感じることが少なくなる。

    8月はストレスが最大。不眠で睡眠薬をもらい、どっぷり頼ればよかったのですが、なるべく使いたくないなどと考えてたら8月下旬にストレスと不眠と疲れでどん底に。

    血圧異常、狭心症?、動悸、不整脈、頭痛で、生まれて初めて命の危険を感じました。

    8月末に、ストレスがかなり軽減されたと同時に風邪を引く。多分風邪。しかし、それから咳、微熱、胸の苦しさが何度もぶり返したり、だるさが1ヶ月くらい続き、さすがにこれはおかしいのではないか、あれだけ疲れがあって免疫力が下がっていたから結核にでもなったのではないかと検査してもらいました。

    レントゲンとか、白血球の数値とかは異常なし。ただ、仮に本当に結核だったとして菌の検査をしても、そう簡単に検出されない場合もあるらしいので不安は取り除けませんでした。その後、だるさは解消したものの、少し咳が出るという状態は10月も続き、11月に風邪をひいたせいで(このときは本当に咳が酷かった)、結局咳が完治したと言えるまで3ヶ月以上掛かりました。


    夏頃からは、今年中に献血に行くというのが目標になりました。献血は、健康じゃないとできませんからね。12月に行ったのですよ。そして、ルームに行って献血しないで帰ってきました。病気ではなく、ちょっとしたアクシデントがあったからです。12月は環境が変わり、ストレスも大幅に軽減されたのでかなり体調が良いです。

  • <<
  • 18060 18040
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順