ここから本文です
現在位置:
  • 1

    *****

    白河トピック「白(はく)トピ」 白河とその付近のモノ・コトなど、ジャンル問わず何でも結構、微々細々で身近な情報も教えてください。
    白河の地域情報について掲載しているホームページを、紹介してください(更新&新着情報も)。
    白トピを見て、実際に行ったり、見たり、聞いたり、食べたり、体験したりした方は、出来れば感想・体験記のカキコもお願いします。
    白河とその付近に、観光・買い物・食べ歩き・遊び・ヤボ用などで行く方、在住・在勤・在学・出身の方など、男女年齢を問わず、情報交流致しましょう。

  • <<
  • 7122 7103
  • >>
  • 7122(最新)

    nan***** 12月11日 20:27

    >>7121

    埼玉の蜜柑
    >埼玉の親戚から蜜柑と柚子
    蜜柑というと暖かい地方のイメージです。
    私は単身赴任で愛媛の松山にいました。
    ここはもう蜜柑王国。
    とにかく色んな蜜柑が次々とスーパーに並ぶのです。

    しかし、ここでは埼玉の蜜柑。
    秩父の方なのですが、蜜柑が栽培されています。
    蜜柑が採れる北限とかも言われています。
    普通に民家の庭に植えてあったりもします。
    埼玉の蜜柑なんて知らない人も多いでしょう。

    ・・・・全く別件で、埼玉県に蕨市という市があります。
    日本で一番狭い市でして、羽田空港よりも狭い。
    その結果、人口密度は日本で一番高いのであります。
    実は、私も蕨に住んでいたことがあります。

    ここでリンゴの話ですが、蕨には6月頃に出荷するリンゴがあるのだそうで、
    これは全く知りませんでしたねえ。

    どんなリンゴなのでしょうか。

  • >>7120

    私も、会津の親戚からリンゴを送ってもらいました(こちらは商売で作っているもの)。埼玉の親戚から蜜柑と柚子を送ってもらいました(こちらは庭に植えてある自家消費用)。美味かったです。
    ボーナス出ました。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>7118

    1回目の忘年会
    退職しても色々おつきあいがありまして、今予定されている忘年会は
    3回。
    いずれも会社関係です。

    その1回目が本日あります。
    12時から。
    昼日中に年寄りが集まってお酒を飲んでいる訳ですから、周りの人は
    どう感じるのでしょうね。
    年金族は気楽で良いなあなどと思うのでしょうか。

    しかしそんなことは一切関係ない。
    二次会のカラオケも定番コースです。

    飲み過ぎないように楽しんできます。

    ・・・・シニア割引なんてのがあって、結構安くあがるのであります。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>7116

    今年最初の白菜漬け
    昨日ですけど、白菜と山東菜を収穫して漬けました。
    9月に入ってから種を播きましたので、無事育つかどうか心配はありましたが
    それなりに大きくなって収穫時期を迎えました。

    白菜はいまいちなんですけどね。
    山東菜はすごい。
    6㎏以上ありました。
    根元を包丁で切って手に抱えると、ずっしりとした重みがありました。

    白河では山東菜をよく使っていたと思います。
    漬け物よりは、炒め物とかけんちん汁とか。
    白菜に比べると、やや泥臭い印象がありますが、柔らかい葉っぱは魅力的です。
    埼玉県では越谷の特産になっています。

    ・・・昨日漬けましたので、食べ頃はこの週末くらいからですかね。
    そのまま食べたり、細かく刻んで納豆と混ぜたりして食べます。

  • >>7115

    急に寒くなってきて・・
    ついこの間、先月10月まで暑かったですよね。
    「暑さ」で、いろいろ記録を作ってきたんですけど、ここにきて急に
    寒くなってきました。

    初霜もあったんですよ。
    まだ収穫前の白菜や山東菜などの葉っぱみ霜が降りていました。
    高菜も大きくなって、もうそろそろ漬け物の時期でしょうか。

    ・・・異変ではないのでしょうが、まだピーマンが採れています。

    そうそう、一昨日、映画を観てきました。
    映画館で観るのは久しぶりです。
    観た映画は、今話題の「ボヘミアン ラプソディ」。
    クィーンのフレディ・マーキュリーの生涯を描いた映画です。

    いろいろ評価は分かれているようです。
    ストーリー(脚本)は平凡かなあ。
    でも、ライブ公演のシーンは圧倒的です(映画館の音響の効果もあって)。
    特に最後のイギリスとアメリカ両方で同時に行われたチャリティー公演のシーンでは
    こみ上げてくるものがありました。
    何故か涙が流れてきました。

    満足度の高い久しぶりの映画ででした。

  • >>7114

    クラス会
    昨日は40数年ぶり(ほぼ50年)のクラス会で白河までの往復でした。
    新幹線に乗るのは何年ぶりだろう?

    クラス会の前に白高を訪れました。
    建物も変わっているんですね。
    私たちが通った頃の面影は?・・・・門を入って左右のドウダンツツジとプラタナスでしょうか。
    当時からきれいでしたが、今回見て、良い感じでした。

    白高生遭難の慰霊碑に行きました。
    昭和30年5月、甲子山に行った白高生が急な天候の変化で遭難し、6名が亡くなりました。
    私が在学していた時でしたが、5月の遭難の日には、慰霊碑に線香が上がっていたのを覚えています。
    慰霊碑は大きな木の下にあります。
    この大きな木は「ビクトリアチューリップ」とかいう北米原産の木だったかと思います。
    ヨセミテの巨木のような雰囲気の木でありまして、その図体の割には可愛いチューリップに似た
    花を咲かせるのです。

    体育館でバスケットボールやバレーボールの練習を見、私たちの頃には無かった武道館で、
    剣道の女子部員の練習を見、少しの間、青春の自分に戻った気がします。
    皆、私に挨拶をしてくれて、好ましい気分でした。

    クラス会は・・・・まあ、50年近く会っていない訳ですから、誰が誰だか、分かる人は
    ごくわずかで、なかには、こんな人いたっけ?という人もいました。
    当然逆もあるわけで、私を知らない人もいるのであります。
    それでも昔話に花が咲きました。

    楽しい一日でした。

  • >>7113

    心旅・・・NHK

    火野正平さんが自転車で各地を回るこころ旅。
    先日、福島県を通る最後の日が白河でした。

    南湖をスタートして表郷のビャッコイの自生地が目的地でした。

    仕事に出る前に毎朝見ている番組でして、割と好きです。
    ちょい悪感が最高の火野正平さんの魅力が良く出ています。

    ところで、「ビャッコイ」。
    番組では「白虎葦」と書いてあったと思います。
    ・・・・珍しい植物のようですが、白河にいた頃(数十年前)には
    聞いたことが無かった記憶です。

    ・・・食事にカレーライスを食べていましたが、せっかくなのでラーメンを
    食べて欲しかったかな、なんて思いました。

    南湖も良かったですね。

  • >>7112

    クラス会
    なんとまあ、高校3年のときのクラス会をやるというのですね。

    幹事は小学校時代から知っている友人。
    彼からきた手紙によれば、高校3年の時の同級生が定年を機に白河に戻ると聞き、
    それではクラス会でもやろうかということになったとか。

    その白河に戻る人が誰かは分からないのですが、それでも良くやろうと決心したと思います。
    皆に連絡して、結局集まるのは8名くらいとか。

    私も参加します。
    今度の土曜日です。
    日帰りで行ってきます。

  • >>7111

    須賀川umareさん。
    お久しぶりです。すみません。

    ほんとに、こちらでは何も望んでいないのに、なにやらウィルスがどうの、
    変更を許可するかしないかとか、そんなメッセージが出てきて・・・腹が立つ。

    羽鳥湖の紅葉が見られて良かったですね。
    ・・・ここのところ紅葉を見にどこかに出かけると言うことが無くて・・・。

    どこか近所に行ってみます。

  • >>7110

    なんさんお久しぶりです。
    私も10月28日に白河行きました。
    親戚のお見舞いでしたが、羽鳥湖まで足を伸ばして紅葉見てきました。
    ちょうど見頃でしたね。

  • >>7109

    お久しぶりであります。

    最後の投稿が7月19日でしたから、3ヶ月半ぶり?

    白トピを開いて返信で投稿しようとしたらですね、変なメッセージが出てきてしまいまして、
    そこからなかなか抜け出せない。
    どうやったら良いか分からない。
    手に負えない状況でした。

    この3ヶ月半の間に色んなことがありましたね。
    それは別として、最新では、10月26日、27日に白河に行ってきました。
    中学以来の友人と年2回やっている小旅行です。

    いつもは県内の温泉宿に泊まるのですが、今回は趣向を変えて白河にしました。
    温泉は日帰り温泉にして、宿泊はビジネスホテル、夕食は市内の飲み屋でと言う形。
    ホテルは新白河駅前です。
    日帰り温泉は狐うち温泉、飲み屋は、一緒に行った友人の中学時代の部活の後輩がやっている
    本町の居酒屋でした。

    「戊申150年」ということで、市内の戊申ゆかりの地を回りました。
    しかし、こんなところにこんな場所があったのかと、自分の無知を知らされた思いです。
    棚倉まで足を伸ばして棚倉城も見てきました。小峰城より立派な感じです。

    夕食は、地元にいる友人も加わって、賑やかでした。
    料理は海の幸が中心。登龍とかいうお酒も飲みました。

    久しぶりにじっくりと白河の情報を聞くことができました。

    次の日は雨。
    お城山でやっているラーメン合戦には行けませんでした。

    ・・・・また時々来ますので、よろしぐない。

  • 彼岸花

    相変わらず、あっちこっち出歩きの日々です。
    彼岸花が、道沿いに長く長くずっと先まで咲いている街道で、足を止めて
    碑(いしぶみ)の文字を読んでいると、すぐ近くで車が止まりました。
    「どこまで行きなさるね。乗っていかんね」そう声をかけてくださいました。
    こうしたケースは割りとあります。「いえ、歩いているので。ありがとうございます」
    晴れの日も曇りの日もあります。穏やかな日々です。
    では、また。

  • 秋空

    日中の暑さは相変わらずですが、見上げる空には秋の気配がうかがえます。
    昨年末以来の書き込みになります。
    これまで旅に多くの日を費やしておりました。旧街道をたどる旅、のつもり
    の旅です。勝手な思い込みの、でたらめな行程にもとづく行き先があったり、
    なかったりの気ままな旅を繰り返しております。
    主要な目的地まではワゴン車で移動し、そこからは折りたたみ自転車で、時には
    徒歩で、あちこちを見てきました。
    名所旧跡も行かない訳ではありませんが、どちらかと言えば郊外の集落や、そこに
    ある石碑、神社などに心惹かれます。
    今は使われていないと思われる集乳所(跡)、かつて豚舎だったと思われる低い屋根の
    建物など、家畜を飼育しながら暮らしてきた様子が見えるところには足が止まります。
    車で通り過ぎてしまえば一瞬なので、歩くくらいの速さで見ないとわからない風景が
    まだ残っているのを感じます。3、4日から10日程度の旅程を繰り返してきましたが、
    コンビニや道の駅、公共の温泉施設などを利用すると気軽に旅を続けることができます。
    ビジネスホテルへの宿泊が多いのですが、車に寝具を積んで休んだこともあります。
    週間天気予報と、自分の体調と相談しながら、これからしばらくはあっちこっち巡りたい
    と考えています。nanさん、またね。

  • >>7105

    殺人的な暑さ
    体温よりも高い38℃とか39℃とか。
    これは確かに身の危険を感じさせる暑さです。

    太陽の光が刺すように痛く感じます。
    いつまで続くんでしょうか。

    立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前の18日間を土用というんだそうで、
    その中で今年の立秋は8月7日ですから、18日前というと明日、7月20日が
    夏の土用の入りです。

    それで、1日前ですが、今日から梅干しを干しています。
    三日三晩といいます。
    このカッとした暑さに当ててやります。

    1個1個、ザルに並べるのも大変ですけど、これは毎年のことです。

    最近、スーパーで売っている梅干しは塩分控えめですが、我が家の梅干しは
    昔ながらのしょっぱくて酸っぱい梅干しです。
    ちなみに塩分濃度は18%です。

  • >>7104

    しばらくです
    ちょっと離れてました。

    感覚的には、梅雨に入ったらあっという間に明けてしまった、
    というところです。

    その後が、暑い暑い。
    猛暑、酷暑、激暑・・・。

    今日の最高気温は37℃の予報です。

  • >>7102

    暑い
    梅雨が明けたみたいな好天と暑さです。
    昨日は35℃まで気温が上がりました。

    今の仕事はニンニクの新芽を水耕栽培で育てるというもので、屋内作業です。
    更に空調で室内温度を20℃に維持していますので、むしろ肌寒いくらいで
    外の猛暑を忘れるくらいです。

    梅干しは次の段階に入りました。
    この時期になって売られている赤紫蘇を梅を塩漬けしている樽に加える作業です。
    赤紫蘇の葉っぱを洗ってから水気を切り、少量の塩を加えて揉んでアクをとります。
    塩を加えて揉むということを3回繰り返すと、ザルにあふれるほど大量にあった紫蘇が
    ソフトボールくらいの大きさまでになります。

    これを、梅の上に隙間無く敷き詰めて、また軽く重しを乗せておきます。
    梅酢が鮮やかな紫色に変わります。
    こうして梅雨が明けた土用の時期に干すのですね。
    三日三晩の土用干しなんて言いますから、あの真夏のカッとした太陽に当てるのです。

    なかなか大変なのであります。

  • <<
  • 7122 7103
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!