ここから本文です
  • 1

     ハクションさまお元気ですか。久しぶりに掲示板にかきます。

    今年は6月9日に出発です。プラハに入りフランクフルトから帰国です。
     プラハ(3泊)→ニュルンベルグ(2泊)→フロンテン(4泊)→ウールディンゲン(3泊)→ヒルシュホルン(2泊)の予定です。

     今までわたしに同伴された方は、15名になります。1回だけの方が6名、2回の方が5名、3回の方が2名、5回以上の方が2名となります。
    今年は、5回以上の方が2名、初回の方が1名の4人旅となります。
     フロンテンは、ドイツ南部のオーストリア国境の村です。10年以上前に「ヨーロッパアルプストレッキング」という番組で、女優の麻生ユミさんがこのフロンテンからノイシュバンシュタイン城、リンダーホフ城を経由して
    ツークシュピッツまでトレッキングしました。忘れていましたが、昨年の
    朝ドラ「カーネーション」で小原糸子の母親役で麻生ユミさんが出演されていました。麻生さんがトレッキングする番組を思い出し、改めて観ました。フロンテンに行ってみたいと思いました。
     わたしのドイツ語の教科書「Themen 1」の第10課にボーデン湖を紹介している頁があります。その中で、Grasser一家が毎年ボーデン湖畔の村ウールディンゲンで休暇を楽しむ記事があります。ここは、花の島マイナウまで、船で15分、Birnau修道院まで徒歩25分、Pfahlbaudorf(直訳すれば、杭の上の家の集落、6000年前の住居跡)まで徒歩10分です。9年前、ユーバーリンゲンからメーアスブルグまでバスで向かう途中、通過した村ですが、一度泊まってみたいと思っていました。
     途中、チェスキクルムロフへ日帰りバスの旅(初回の方が初めて)、
    ローテンブルグへ日帰り汽車の旅(2名の方が初めて)、ノイシュバンシュタイン城へ日帰りバスの旅(3名の方が初めて)、マイナウ島(2名の方が始めて)、ドナウエッシンゲンへ日帰り汽車の旅(2名の方が始めて)の小旅行を予定しています。
     
     最後のヒルシュホルン(Hirschhorn)は、ネッカー川の川岸の村です。6年前、このネッカー川の川岸の村、ネッカーシュタイナッハに宿泊し、船でハイデルベルグ見学に行きました。この村の東となりがヒルシュホルンです。
     いつも安いペンションやユースホステルを利用していますので、ここでは
    少し奮発して古城ホテルに泊まる予定です。
      
     
     
     

  • <<
  • 334 314
  • >>
  • 334(最新)

    ter***** 8月24日 09:58

    チロルさんこんにちは

     チロルさんのにドイツ語の本のエスリンゲンが載っていて嬉しいです。
    Dicken Turmからネッカー川と15世紀に建造されたInnnere Brueckenなどの良い眺め
    とても楽しみです。
     エスリンゲンの事は「ドイツファンタスティック夢紀行」の本を持っていまして
    知りました。
    初めての個人旅行の時、チュービンゲンやホーエンツォレルン城 
    コンスタンツなどの情報が、とても参考になった本です。
     
    ネッカー川の源流近く町とドナウ川の源流の町が14kmしか離れていないのですね。
    川を辿って地図を見るのはとても興味深く楽しいです。
     ボーデン湖の古代遺跡のウンターウールディンゲンに是非行こうと思います。
    ありがとうございます。

                  はくしょん

  • >>332

    はくしょん 様

     計画が出来上がってよかったですね。地球の歩き方「ドイツ’95~'96版」にはEsslingenは載っていませんが、エスリンゲンを選ばれたのはどのような理由からですか。DK社出版のドイツ語の本
    「Deutschland」にはEsslingenが載っていました。Dicken Turmからの眺めが良く、町、ネッカー川、Innere Brueckeが見える、とあります。写真には、家並と教会、15世紀に建造されたInnere Brueckeが写っています。

     Google mapでEsslingenの位置を調べました。ネッカー川沿いにある町ですね。この町の正式名称はEsslingen am Neckarですね。ついでにネッカー川を遡ってみました。上流の町にSchwenningen(Neckar)という町があり、何とこの町の南14kmにDonaueschingenの町がありました。ドナウの源流とネッカー川の源流(Schwenningenは源流の近くのようです)がこれほど近くにあったのは驚きでした。

     ご指摘の通り、10月には限られた時期しかゲンゲンバッハを通る列車はありませんね。オッフェンブルグからジンゲンへの幹線の途中にあるゲンゲンバッハを通る列車がなく代替バスとなっているのは不思議ですね。

     ボーデン湖のお薦め:ウンターウールディンゲンです。マイナウ島の南東にメーアスブルグ、北東にウンターウールディンゲンがあります。ウンターウールディンゲンはマイナウ島から船で15分ほどの近距離です。船着き場のそばにある「Pfahlbaudorf」(湖上住居村)は見所です(写真)。6000年前の住居です(吉野ケ里遺跡よりも古い遺跡です)。ここから湖岸沿い北3.9KmにBirnau修道院があり、南5.1Kmにメーアスブルグがあります。1時間前後の散策が楽しめます。そしていずれもワインの産地です。

    2012年ヨーロッパの田舎の旅 1 はくしょん 様   計画が出来上がってよかったですね。地球の歩き方「ドイツ’95~�

  • チロルさんこんにちは

    ようやくホテルをbooking.comで予約しました。
    フランクフルト 1泊
    ウルム     1泊
    コンスタンツ  3泊
    エスリンゲン  3泊 となりました。
    チロルさんに詳しく教えていただいた葡萄畑に囲まれたザスバッハヴァルデン村や
    ゲンゲンバッハにとても心惹かれたのですが、ゲンゲンバッハも10月の頃はバスを使わないと行けないようです。
    英語もドイツ語もあまり話せない旅の初心者ですので、簡単に行けそうな都会になってしまい、せっかくのアドバイスを生かせなくてすみません。
    でも知らなかった素敵な所を教えて頂けて、とても嬉しく感謝しています。
    ありがとうございました。

                    はくしょん

  • >>330

    はくしょん 様

     わたしが、宿泊先ザスバッハヴァルデン、適当な宿泊日をbooking.comに入力して調べたのは、貴方が10月に旅行する、とあったからです。わたしは年金生活者の身ですから年に2回の海外旅行は不可能です。来年度は、英国の湖水地方を予定していますが、ザスバッハヴァルデンのことを話題にしていましたら、予定を変更してザスバッハヴァルデンに行ってみたい、と思った次第です。それでも、国内旅行には出かけるつもりです。今年はすでに、3月に京都、5月に佐賀のバルーンフェスタ→武雄温泉→ハウステンボスのバラ展、7月に武雄温泉→ハウステンボスの花火大会とドローンショウ(ハウステンボスの年間チケットがあります)に行きましたが、あと2~3回は旅行したいですね。

     貴方の好みとわたしのそれは少し違うようですね。貴方は都会が好きで、わたしは田舎が好きなようですね。都会は活動的で、時間の経つのが早く、見学するところが多くあります。それに比し、田舎は退屈で、見学するところは少ししかありません。しかし、時間がゆっくりと経過し、自然に包まれています。わたしは、自然のなかを散歩し、バルコニーでゆったりとした気分でお茶をとるのが大好きです。しかし、わたしの友人の多くはヨーロッパが初めてなので、大都会に憧れます。当然の理です。したがって、田舎に泊まり都会に出かけます。ハイデルベルグではネッカー川畔、ザルツブルグではフッシュル湖畔、ミュンヘンではS-bahnで20分ほどの郊外、ルッツェルンでは四森州湖畔のブルンネン、インスブルックではチロルの田舎に泊まり都会に出かけます。

     便宜上、黒い森の町と村を、田舎、中間、都会に分けると、ザスバッハヴァルデンは田舎、カルフ、ゲンゲンバッハ、ドナウエッシンゲン、トリベルグは中間、ハイデルベルグ、バーデン・バーデン、シュットトガルト、チュービンゲン、フライブルグは都会となります。これらのうちから宿泊地を選び、訪問先を決めるわけですが、8日間ではとても回り切れるものではありません。

     トリベルグ:時計店、時計博物館、滝(写真)が見どころです。

     貴方のご主人は交通(とくに車)に興味があるのですか。即ち、シュトットガルトの交通博物館、フライブルグの交通制度です。

     10月まで、充分時間がありますので、旅程の作成をゆっくり楽しんでください。

    2012年ヨーロッパの田舎の旅 1 はくしょん 様   わたしが、宿泊先ザスバッハヴァルデン、適当な宿泊日をbooking.comに入力

  • >>329

    チロルさんこんにちは

     情けない事にまだ行き先を迷っています。
    ザスバッハヴァルデンより、列車で行けるゲンゲンバッハかなあ・・と思ったり
    フライブルク近郊とシュトットゥガルト近郊を考えています。

    チロルさんも同じ時期にそちら方面にお越しなら、何処かでお会いできそうでしょうか。
    私達は3日から11日までの予定です
    もうホテルの予約をしなければと思っていますが、
    優柔不断でなかなか決まりません(;´д`)トホホ

                  はくしょん

  • >>328

    はくしょん 様

     わたしがよく利用する宿泊地サイトbooking.comで、行く先:ザスバッハヴァルデン/Baden-Wurttemburg、チェックイン:10月10日、チェックアウト:10月14を入力しますと15軒の宿泊先が出ました。Landhaus Schneiderもありました。
     これをみますと、2002年当時と料金はあまり変わっていないようですね。わたしも、またここに行ってみたくなってきました。美しい花、ブドー畑、自然あふれる風景、美味しい白ワイン。

     ゲンゲンバッハについては、この欄の119~126で投稿していますので省略します。

     写真はザスバッハヴァルデンから日帰りで行ったシュトラースブールのグーテンベルグ広場です。

    2012年ヨーロッパの田舎の旅 1 はくしょん 様   わたしがよく利用する宿泊地サイトbooking.comで、行く先:ザスバッハヴァ

  • >>320

    ぶどう畑に囲まれた小さな村のザスバッハヴァルデンは花の綺麗な素敵な所ですね。
    ペンションLandhaus Schneiderも安くて、清潔で、自然がいっぱい。いいですねぇ!
    グーグルマップで見てみます♪

  • >>319

    チロルさんこんにちは

    ザスバッハヴァルデンとゲンゲンバッハの位置と経路を詳しく教えてくださってありがとうございます。地球の歩きの地図やを見ながら書いて頂いた地名を追って、Baden-Wurttemberg州の地理も少しずつ理解できてきました。ありがとうございます。

  • >>325

    ザスバッハヴァルデン続き

     いろいろ調べ、やっとペンションの領収書を見つけました。このペンションの正式な名はLandhaus Schneiderです。Webもありました。
      http://www.landhaus-schneider-sasbachwalden.de/

    2002年7月14日付けで、444ユーロです。4名で3泊ですので、一人当たり一泊37ユーロです。そして日本円で4440円と記してしますので当時のレートは1ユーロ=120円だったようです。このペンションは、booking.comには紹介されていませんが、booking.comに紹介されている4つの宿泊所と比べてみるのも良いと思います。

  • >>322

    ザスバッハヴァルデン続き

     ペンションです。一階すべてが使用できました。バス室、シャワー室、厨房、寝室3部屋、20畳ほどの居間。朝食付きでした。当初、三叉路の傍のホテルに頼みましたが、満室でしたのでこのペンションになりました。今まで、いろいろなペンションに泊まりましたが、ここが最高です。値段が安く、部屋は清潔で、周りは自然がいっぱいです。

    2012年ヨーロッパの田舎の旅 1 ザスバッハヴァルデン続き   ペンションです。一階すべてが使用できました。バス室、シャワー室、厨房、

  • >>321

    ザスバッハヴァルデン続き

     途中、ペンションに至る道路の左側に広がっているブドー畑です。この道からもペンションに行けます。

    2012年ヨーロッパの田舎の旅 1 ザスバッハヴァルデン続き   途中、ペンションに至る道路の左側に広がっているブドー畑です。この道から

  • >>320

    ザスバッハヴァルデン続き

     前回紹介した花の民家の右側の道がこの村のメイン道路です。この道の右側がAchern駅に延びています(手前側は役場へ)。少し先に、三叉路があります。右に行くと、わたしたちのペンションです。三叉路のあたりに、ホテル、ペンションが数軒あります。スーパーもあります。ここで1本7ユーロの白ワインを買い、ペンションで飲みました。
     三叉路を右におれペンションに行く途中を紹介します。

    2012年ヨーロッパの田舎の旅 1 ザスバッハヴァルデン続き   前回紹介した花の民家の右側の道がこの村のメイン道路です。この道の右側が

  • >>319

    前回はザスバッハヴァルデンとゲンゲンバッハのアクセスでしたが、今回は村の様子です。

     ザスバッハヴァルデンは、BS3の「ヨーロッパ花の旅」を観たのがきっかけでした。人口1400人ほどの典型的な田舎です。村の三叉路を丘側に200mほど登ったところの村はずれのペンションを予約しました。周りには、ブドー畑が広がっており、わたしの大好きな風景です。
     写真は三叉路の近くにある民家の花ですが、これがBS3で紹介されました。3泊しましが、とても雰囲気の良いペンションでした。ママさんからAchern駅までは送り迎えしますよ、と言っていただきましたが、最初の迎えだけ頼みました。インターネットで予約しましたが、白いベンツで迎えに行きます、とありました。ほう、ベンツでね、と思いましたが、ここはドイツです。ベンツはありふれた車です。朝食後は忙しい時間帯です。駅とこの村の往復は、バスあるいはタクシーでした。

    2012年ヨーロッパの田舎の旅 1 前回はザスバッハヴァルデンとゲンゲンバッハのアクセスでしたが、今回は村の様子です。   ザスバッハヴ

  • >>318

    ザスバッハヴァルデンとゲンゲンバッハ

     ご存知と思いますが、Baden-Wurttemberg州はかなり広い地域です。Frankfurt空港駅からライン川を下る方面へはMainzを経由しますが、ライン川を遡る路線はManheimを経由します。ManheimはBaden-Wurttemberg州の始まりです。ここからネッカー川沿いの路線がHeiderberg(宿泊1回、日帰り5度)Neckargemund、Neckarsteinach(2006年2泊)、Hirschhorn(2012年2泊)に向かいます。途中、Neckargemundから南東に向かう路線が、Bad Wimpfen(2016年3泊)へ至ります。ネッカー川は東から南へと方角を変えますので、このBad Wimpfenで再び出会います。

    ザスバッハヴァルデン:Manheimからライン川沿いの路線がドイツ国境のFreiburgへと向かいます。途中の主な駅は、Karlsruhe、Baden-Baden(2013年日帰り旅行)、Offenburgです。Karlsruheから東のStuttgardに向かう路線があります。途中のPforzheimで乗り換え、南に向かうとわたしの興味の対象、ヘルマンヘッセの生誕地Calw(2009年3泊)に着きます。Baden-Badenから南へ5つ目の各駅停車駅がAchernです。Sasbachwalden(花の美しい村、2002年3泊)はこの駅からバスで10分の田舎です。

    ゲンゲンバッハ:Offenburgから東のKonstanzへ延びる路線があります。途中Gengenbach(2013年2泊)、Hausach、Triberg(時計で有名な所2009年日帰り旅行)、Donauessingen(ドナウ川の源流、1996年一泊、日帰りで数度)、Singen(スイスへの乗り換え駅)、Radolfzell(東のFriedrichshafenへの乗り換え駅)を経由します。HausachからFreudenstadtへ向かう路線が出ています。この路線はOffenberg発Freudenstadt行きの直通列車があります。GengenbachはOffenburgから二つ目の駅で各駅停車しか停まりせんが、この列車は停まります。なおCalwへはFreudenstadt経由で行くことも出来ます。

  • >>317

    チロルさん ドイツ旅のアドバイスをお願いします。
    黒い森のザスバッハヴァルデンとゲンゲンバッハが気になりますが、交通のハードルが高いのではと心配です。
    行き方や町の様子など教えて頂ければと思っています。

    今の所の候補地は
    ☆ボーデン湖(コンスタンツに2泊してシュタインアムライン・メーアスブルク・マイナウ島に         行った事があります)
    ☆フライブルク(初)
    ☆ザスバッハヴァルデンorゲンゲンバッハ(初)
    ☆エスリンゲン・シュトットゥガルト(初) ・・・

     アドバイスをお願いできたらと思います。
     宜しくお願い致します。         はくしょん

  • チロルさんこんにちは

     チロルさんのテラスでは、沢山の野菜が育っているのですね。
    ウリが芝生上に葉っぱの影から見えますね。毎日の水やりも楽しくなりそうです。
    広い芝生の手入れも大変ですね!
    私のうちでも2時間位かけ、夫が芝刈り。
    お庭の手入れは涼しい時間にしたいと思い早起きしております。

    チロルさんに私たちのドイツ旅へのアドバイスを頂きたいと願っております。
    どうぞよろしくお願い致します。
    一泊目はフランクフルトの駅前から、南の方面で残り7泊と思っています。

  • >>315

    はくしょん 様

     お心遣いありがとうございます。幸いにも、わたしの住んでいる近辺では、豪雨による水害はありませんでした。台風の影響で、テラスの鉢が倒れたくらいでした。一階に庭に面しているテラスです。今年は、テラスの鉢とプランターにトマトを11本、ナスビを1本、キュウリを1本、別のプランターにカボチャを2本、ウリを1本植えています。おかげで、トマトは毎日2~3個食べています。写真はプランターに植えたウリです。つるが延びて芝生の上をはっていますが、小さな実が一つついています。大きくなるのが楽しみです。

     さて、今年のはくしょん様のドイツ旅行です。わたしは、フライブルグには行ったことはありません。黒い森のザスバッハヴァルデン(花の村)に3泊したおり、ヴァルト・キルヒェにドイツ人と結婚している友人宅を訪ねたことがあります。彼女は「ドイツ語を習うため週に数度フライブルグを訪ねていました(代わりにマッサージをし、授業料はチャラとのことでした)。フライブルグは大きな都会で美しい町だ」、と聞きました。それともう一つ、バーデンバーデン駅で仏のストラースブール行きの列車を待っているとき、若い日本人女性と話す機会がありました。彼女はフライブルグ大学に留学中で、昨夜(土曜日)バーデンバーデンでコンサートを聴いた後、友人宅に泊めてもらい、今からフライブルグに戻る、とのことでした。
     モーゼル川は、はくしょん様も行かれたコッヘムしか知りません。一度きりです。おそらく、ブドウ畑にも行かれたはくしょん様の方が詳しいかと思います。
     ドナウ川については、その源流の町ドナウエッシンゲンに一泊し、日帰りで2度訪れています。ウルム、レーゲンスブルグは汽車で通過したのみです。源流の周辺の黒い森に位置するカルフとゲンゲンバッハにはそれぞれ数泊しました。ヘルマンヘッセに興味があるからです。
     ボーデン湖はかなり詳しいと自認しています。ボーデン湖畔のメーアスブルグ、フリードリッヒハーフェン、ウンターウールディンゲン、コンスタンツに宿泊しました。マイナウ島は3度訪れています。また、スイスのアッペンツエル地方には4度宿泊しました。この際、必ずボーデン湖に出かけていました。

     旧東ドイツも良いところがたくさんあります。お役にたてればと思っております。

    2012年ヨーロッパの田舎の旅 1 はくしょん 様   お心遣いありがとうございます。幸いにも、わたしの住んでいる近辺では、豪雨による水

  • チロルさんこんにちは

    北九州の非常な豪雨で、とても多くの方々が被害に遭われました事を
    心よりお見舞い申し上げます。
    チロルさんも大変な状況なのではと心配しております。
    どうぞ熱中症などの対策をされて、お体大切に過ごされますように。

                          はくしょん

  • >>313

    オーストリアの旅6

     Zugspitzekからの帰路の途中、MittenwaldかSeefeld in Tirolに寄って夕食を食べたかったのですが、JenbachからMayerhofenに向かうバスの最終は21:15ですので、これはかないません。幸いにも最終の一つ前の20:20発のバスにのることができました。ひとつ手前のバス停Schlitters Dorfplatzで降り(20:28)、ここのホテルのレストランで夕食をとりました。リンゴのソーダ1杯、ビール1杯、Rumpsteak(美味しくない牛肉)1、Wiener schnitzel(ブタ)1です。このような田舎のホテルのレストランには、Rindersteakはありません。仕方ありません。料理が早く提供されましたの、最終バスの21:23に間に合いました。

    6月7日 晴れ チロル4日目
     Jenbachは観光地への乗り換え駅です。即ち、南はMayerhofenへのZillertalbahn、北はAchen湖へのAchenseebahn(蒸気機関車)の始発駅です。友人の希望でアッヘン湖に行くことにしました。Achenseebahnでアッヘン湖船着き場に行き、ここから船で有名な避暑地Pertisauに向かいます。

    ペルチザウは5度目です。3度はここに宿泊しました。ペルチザウの村はずれのゴンドラでKarwendelに登り、昼食はアッヘン湖畔のホテルでとりました。ホテルEinwallerでとったメニューです。Tee 1、Bier 1、Spirelli Schafsfkaese 1(写真)、SpaghettiBongognese(スパゲッティ・ミートソースです) 1です。格式のある4つ星ホテルです。ウエイターは運動靴と軽装のわたしたちの姿を見、胡散臭そうに応対しました。ふだんは2~3Eのチップをわたますが、腹が立ったので、今回は0.6Eです。即ち食事代29.4Eのおつりの0.6Eのみです。

    2012年ヨーロッパの田舎の旅 1 オーストリアの旅6   Zugspitzekからの帰路の途中、MittenwaldかSeefeld

  • <<
  • 334 314
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン