ここから本文です

翔クン頑張れ♪

  • 729
  • 1
  • 2017/06/07 08:33
  • rss
  • 1

    中田 翔(なかた しょう、1989年4月22日生まれ)
    北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手。

    ☆来歴・人物
    プロ入り前
    広島鯉城シニア時代は連盟記録となる通算51本塁打。

    リトルシニア全日本選抜ではアメリカ遠征で4本塁打
    を打ち、投手としても141km/hを計測した。

    大阪桐蔭高校に進学すると、1年夏には五番・一塁手で
    レギュラーとなり、投手としても最速147km/hを計測。

    秋からはエースで四番を任され、翌2006年春には151km/h
    まで球速が伸びた。

    2年時は肩の故障で投手としては活躍が出来なかったものの
    4番・ライトで出場し、打者として大阪大会新記録となる
    4試合連続本塁打、甲子園では推定飛距離140メートル弾

    更に秋季近畿大会では紀三井寺野球場で推定飛距離170メートル
    の本塁打を打つ。この頃から「平成の怪物」と呼ばれるようになる。

    3年生時(2007年)の7月6日、全国高校野球大阪大会直前の練習試合
    ・生野工業高校戦にて当時の高校通算本塁打の新記録となる87本目
    の本塁打を記録。

    大阪大会の決勝ではエースの植松優友を擁する金光大阪高校と対戦し
    投手としては初回に3失点、打撃でも厳しいマークに遭い5打数無安打
    とふるわず、チームも敗戦し甲子園出場を逃した。

    高校通算87本塁打、甲子園でも歴代7位となる4本塁打を打った。

    同年10月3日のプロ野球ドラフト会議(高校生対象)においては
    佐藤由規、唐川侑己と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれた。

    北海道日本ハムファイターズ、阪神タイガース、オリックス・
    バファローズ、福岡ソフトバンクホークスに1巡目で指名され
    抽選で交渉権を獲得した日本ハムに入団。

    同年11月6日、高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円
    出来高5000万円、年俸1500万円(推定)で契約。

    背番号は同年オフに現役引退した田中幸雄の6を引き継いだ。

    ドラフト会議後、佐藤、唐川と共に『すぽると!』(フジテレビ)に
    出演した際に、「尊敬する人は?」との質問に対し「清原和博さんです」
    と答えた。

    清原本人も、中田に対して「俺の後継者」と期待を寄せている。

  • <<
  • 729 710
  • >>
  • <<
  • 729 710
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア