ここから本文です

>>1353594

>原口の立ち位置は、走者が3塁を廻った時点で(大和の送球前にすでに廻っていたのは画像では明白です)、ホームベースに被っています。(上からの画像がないので、正確ではありませんが、バックネット裏・センター方向から見る限りそう見えます)

そこからですか。ふ〜ん。
ホームベースに被って捕球を待っていたことが
違反していたという解釈ですか。
ということは、原口が悪かったということですね。

なかなか浸透するまで時間がかかるルールかな?

外野手はホームめがけて投げるんじゃなく
捕手の位置をめがけて投げなくてはいけませんね。

なんか、つまらんルールですね。
ついていけそうにないなw

しかし、ま、事故防止なら仕方ないですね。

  • >>1353598

    ルールの運用のもっと適切にしないと。本来コリジョンルールってビデオ判定で判断しなきゃいけないものではないですし。
    打球を補給する前の立ち位置が問題になるのであれば進路を妨害した段階で補給する前に宣告されてしかるべきルールですかね。

    同種のルールの守備妨害、走塁妨害がビデオ判定対象外でコリジョンルールのみがビデオ判定対象というのもおかしな話ですし。
    あとビデオ判定する際は審判団のみでやるのでなく両チームの監督も立ち会ってその場で説明を受けれるようにしないと。
    ビデオ判定後の抗議や説明を求めることは一切禁止っていうのもおかしなルール。

    一度はアウトという宣告してそれがビデオ判定で覆ったということは紛れもなく誤審をしたということなのにそれに対して一切説明、弁解を求めてはいけないっていうのは納得いかないでしょう

  • >>1353598

    >ホームベースに被って捕球を待っていたことが
    違反していたという解釈ですか。

    ここじゃなくてその前に野手が処理してるときに3塁線上に立って様子眺めしてたところが引っかかったみたいだね

    捕球での動きは制限されていない
    捕球でもないのに走路に立っていたことが走塁妨害ととられたよう

    ホーム上は明らかにまたいでるから進路を妨害していない

    ただ判定してしまったから無理やりの苦しい言い訳だね

    本来は衝突を避けることが目的
    走者が走ってない時点での3塁線上なんて何の問題もないはず
    2塁からの走者だったからね

    そりゃ走ってきてるのに捕球でもないのにボーっと突っ立てたら問題だろうけどね

    外野手の捕球や送球処理なんかを見るために3塁側へ位置するなんてよくあること
    それがたまたま3塁線上だった

    走者は2塁からだったからその時点ではホームプレートには近づいてはいない
    全く問題ないはず
    それでも2塁からの走者の走路を塞いだと解釈されてしまった

    これからは外野に飛んだらたとえ走者2塁でも3塁側に出ちゃいけないね


    元々は捕手と走者双方を守るためのルール
    どちらかというと捕手が弱い
    捕手は送球を待つから前向きになることが多い
    無防備な状態
    走者は捕手の動きが分かった上でタックルできるからね

    これまでも捕手がよく怪我をした
    捕手走者とも平等に守らなきゃならないがどちらかというと無防備な捕手よりに運営して丁度くらい

    それが走者有利になってしまっている
    捕手の方により責任を押し付けてしまっている
    これじゃ走者だけを保護するためのルールになってしまう

    向こうの真似はいいがルールの履き違えだね
    捕手も守ってやらなきゃこんなもの導入した意味がなくなる

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン