ここから本文です

>>1375681

僕はデータで調べてみたんですが、この年、田村は24登板で40イニングですから、1試合平均1回2/3も投げている事になります。
言われるように2回投げた事も間違いなくあった上、それ以上さえあったかも。
まして、緊張した場面での登板ばかりなので、精神的にきついばかりか、常に全力投球で肘への負担増となったのでしょう。
で、7月には離脱してしまっていますね。

にしても、”今にして思えば”、ですが、
もっと(シーズンの)先も見越し、田村の負担をシーズン当初からもう少し軽くし(せめて1イニング限定とか)、その分を先に挙げられた投手らでやりくりしていたら、田村の故障もそれほど酷くなる事なく1シーズン乗り越えられ、チーム結果は違ったものになっていたかもしれません。
まあ、長く優勝から遠ざかってる事で、焦って目先の1勝に拘ってしまったのでしょう。
ファンも同様にね。
当時、田村登板前、例えば7回に失点して負けた試合後なんか、僕は口にしたかもしれません。
「失点前の7回途中から抑えの田村を出せば良かったんや!」なんてね(笑)。
いや、間違いなくありそう。。。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン