ここから本文です

8回表の北條の頭部死球を審判が見逃し北條も当たったのにそのままボール判定で続行したシーンだが、
何度もスローで検証したところ頭頂部に当たってボールが高く跳ね上がっている。
高山のホームランで投手は動揺しており1点差になった状況なので「危険球即退場」ならヤクルトは
大慌てで形勢が大きく変わっただろう。
北條が打ちたくてアッピールしなかったとすれば「大バカ者」だ。
こんな判断が出来ない選手は全てにおいてプロ選手として失格。
ボール判定にした審判も怪しい奴だが阪神ベンチも当該者の北條が何も言わないので動かなかった。
試合の行方を左右する場面だっただけに狐につままれた気分だ。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア