ここから本文です

昨日の城所のバントは工藤監督によればセーフティーバントらしい。
城所がバントする前サードコーチャーを見てたからサインなんでしょうね。
ノーアウト1,3塁にして城所の盗塁を期待したと工藤監督は言ってる。
最悪、昨日のようにワンアウト3塁でも良いとの判断なんでしょう。
しかし、わざわざ城所を代打に出してしかも初球をセーフティーするって、相手も警戒するでしょう。

それと2回に1点リードで江川に進塁打のサインを出していたようだが、これも皆が指摘しているように不器用な彼には負担だろう。
バントできる選手であればあそこはまずバントさせていただろうが、たぶん江川はバントも不得手なので右打ちのサインを出したのだろう。

西武野球の流れからなんだろうが、工藤監督はとにかく繋ぐこと、進塁を意識しすぎる面がある。
これは大切な事なんだが、過ぎたるは及ばざるがごときですな。

代打城所の場面は長谷川を出して畳み掛けるべきだし、江川の場面はバントできないならば彼に自由に打たせるべきだ。

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!