ここから本文です

ホークスファンでありベイスターズファンでもある私にとって
至高の日本シリーズが終わりました。

最後は総合力の差でホークスが勝つと思ってました。
監督・コーチ・選手・スタッフの皆さんおめでとうございます。

ベテラン・若手が混ざって完成形に近いホークスと
若さと勢いで勝ち上がって来た発展途上中のベイスターズが
ここまで手に焦握る戦を見せてくれるとは思いませんでした。

最後はワンプレー、この1球に対する読みや状況判断が勝負を分けましたね。
8回の長谷川は初球の気のない空振りは完全にブラフだと思いました。
砂田はあそこは1アウトと1点どちらを取るべきだったか難しいかった
城所をけん制する目線を切るのも早すぎたように見えました。

Goinngで赤星はストレート待ちから反応して打ったと言ってましたが
9回の内川は初球高めのストレートに全く反応してなかったので
インコースのツーシーム狙ってたと私は思います。

あの場面でベイスターズバッテリーはホームランだけは避けようと思ったら
低めに行く確率が高いツーシーム中心の配球になるのが当然ですからね。

川島のタイムリーは三上が勝負球はアウトコースにストレートでなく
一番得意なスライダーなら打ち取れた可能性高かったと思うし、少し甘かったよね。
ただ前進守備だったのであのタイミングだとたぶんアウトだと思って観てたら
晃のスタートが今日は驚くくらい早かった。

こういう1球の配球・ワンプレーの判断をどれだけ考えながら日頃ゲームに臨んでるかの
差が強いチームと弱いチームの差だと思います。
ベイスターズの選手はロペスとWBC経験がある筒香くらいしか経験値ないですからね。
強いホークスとシリーズで対戦したことでベイスターズは来年はもっと強くなると思います。

ホークスはもう少し若手に活躍して欲しかったかな?
東浜・千賀・甲斐・上林などCSは十分に力を発揮できなかったですからね。

兎に角両チームの皆さん見ごたえ十分の日本シリーズお疲れ様でした。

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!