ここから本文です
  • 千葉市議会が小中学校にエアコンを導入して欲しいという要望を却下したという。「忍耐力を鍛える」ため、「生きる力を育てる」ため、「エアコン依存症にならない」ため・・・もっともらしい時代錯誤の議員さんの議事場や、党派別の部屋にエアコンはないのですか?自分たちは子供の頃暑かったけれど耐えてきた。もう年寄りだからエアコンが必要。>?????何とエゴイストな千葉市だろう。議員としての特権はいい加減に使い放題。子供には無関心。だいたいこの暑さは、尋常なものではない。科学の進歩を子供には与えず、自分たちで共有している野ははなはな逆の話ではないか。自分たちは耐えられてきたなら、議事場にも、議員の部屋にこそ撤廃するべきである。確かに東京、千葉、埼玉の人口集中がヒートアイランド現象を起こし、熊谷、館林、伊勢崎に耐えがたき暑さをもたらしているのは事実だ。しかし、その3都県にエアコンを撤廃せよとはいえまい。熱中症対策、学習への集中力の上昇、将来の国を担う子供たちに当たり前のエアコン導入は必至である。エアコンの温度を28度設定以下(冬22度以上)にできるなら、むしろ、夏休みも冬休みももっと短くてよい。その方が学力向上につながる。

  • <<
  • 21 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順